大浦ぶどう酒

大浦ぶどう酒
ログイン

「『やまがたワインバル2016inかみのやま温泉』のお知らせ」のサムネイル「『第45回ワインフェスティバルin南陽』」のサムネイル「ZERO☆23」のサムネイル「『第45回ワインフェスティバルin南陽』のお知らせ」のサムネイル「搾りかす運搬」のサムネイル
「『やまがたワインバル2016inかみのやま温泉』のお知らせ」の画像
赤湯のワインフェスティバルが終わったばりですが、来月の9日(土)お隣の上山市で『やまがたワインバル2016inかみのやま温泉』が行われます。今年で3回目のワインイベントです。今年は山形県内のワイナリー全社(12社)揃います。そして、他県から5社参加なので、全部で17ワイナリーのワインが楽しめます(*'▽')

詳しくは公式ホームページをご覧下さい。
http://kaminoyama-spa.com/news/2016/06/000847.php
https://www.facebook.com/yamagatawainbal/

公式HP
大浦葡萄酒の商品
「『第45回ワインフェスティバルin南陽』」の画像
えくぼプラザ前の道路を通行止めにして行われる毎年6月のワインフェスティバル。残念ながらここ数年、梅雨時ということもあり雨に当たってしまい天候に見放されたイベントでしたが、今回は例年より1週早め、それが功を奏し18日(土)は晴天に恵まれました(^o^)
例年より多くのお客さんが入場され、赤湯4社のワインを堪能しました。その他、フードコートにも例年より多く出店して頂き、ワインに合う地元産のフードも充実したラインナップでした。


ワイン5アイテムと、運転手、子供さん用にジュースも1アイテム。今回は「うすにごりナイアガラ」、「タルベリー」、「オオウラスパークリングシャララ(白)」、「オオウラスパークリング(ロゼ)」、「バレルエージング(ブラン)」、「デラウェアのジュース」をお持ちしました。赤ワイン人気で「タルベリー」が一番人気でした。


市役所の長沢さんより画像拝借。3時間みっちりワインサービスで終わりました(^-^;


天気が良くワイン日和でした。今年度まで実行委員長なので、今回のイベント無事に終わりホッとしてます。次回8月末にハイジアパーク南陽で「第46回ワインフェスティバルin南陽」を開催します。詳しくはまた後日(^^)/

公式HP
大浦葡萄酒の商品
「ZERO☆23」の画像
山形の情報誌「ZERO☆23」の6月号が山形県のワイン特集です。各ワイナリーのおすすめワイン情報や、山形のワインの特徴、山形のワインが飲める飲食店の紹介、来月かみのやま温泉で開催のワインバルの情報など内容盛りだくさんです。


プレゼントコーナーもあります。是非読んでみでけろ(^^)/

公式HP
大浦葡萄酒の商品
「『第45回ワインフェスティバルin南陽』のお知らせ」の画像
6月18日(土)16時から、今年もえくぼプラザ前の車道(きらやか銀行赤湯支店から山形銀行赤湯支店までの道路)を歩行者天国にして、赤湯4ワイナリーのワインフェスティバルを行います!チケットは前売り1シート1,000円(当日券は1,500円になります)。ワインの種類によって、チケットの枚数は異なります。ワインに合うフードコーナーもあります。フードに関しては現金のお支払いになります。

チケット只今発売中です。枚数に限りがありますので、お早目にどうぞ!
昨年は開始早々どしゃぶりになって大変でしたが、今年は晴天になるように願います☀

公式HP
大浦葡萄酒の商品
「搾りかす運搬」の画像
毎年この時期恒例の搾りかす運搬作業をしました。1年分のぶどうやリンゴやラ・フランスの搾ったかすを堆肥として畑に撒きます。今日はギリッと暑い日でハウスの中ということもあり、痩せるには丁度良い作業でした。







公式HP
大浦葡萄酒の商品
「懐かしい瓶」の画像
古瓶回収をしたら、なんと昭和の最後の頃まで製造していたおらいの「シャルマンオレンヂ液」の空瓶を発見(オレンジではなくオレンヂ)。製造年月日は昭和60年でした。一体誰がこの瓶を30年位保存しったっけんだべ?
よく小学校の頃飲んでたのを思い出します。キリンレモンで割ったりして。ちなみにこのシャルマンシリーズ、他にパイン液、アップル液もありました。しかも当時は830mlという容量。現在もぶどう液だけは550mlの瓶で健在です。

公式HP
大浦葡萄酒の商品
「催事のお知らせ(めざみの里・5月1日〜5月5日)」の画像
いよいよ今日からゴールデンウィークが始まりました。大浦葡萄酒は休まず営業しております。

5月1日(日)から5日(木)までの5日間、飯豊町めざみの里観光物産館でも試飲即売会を行っております。今おすすめのワインや、ストレート100%ジュースをお持ちしてますので、是非ござっとごぇ。

公式HP
大浦葡萄酒の商品
「山ぶどう搾り」の画像
舟形町山ぶどうの会が栽培した山ぶどうで造ったストレート果汁「山ぶどう搾り」。昨年収穫した山ぶどうを当社で委託製造させて頂き、舟形町内で販売を開始しました。その記事が昨日の山形新聞に載ってます。


舟形の山ぶどうは酸味はもちろん、糖度もしっかりしているので飲み易い仕上がりです。550mlで¥1,900。販売先は舟形町の万世商店、若あゆ温泉、新庄市のゆめりあ等。

公式HP
大浦葡萄酒の商品
「赤湯温泉桜まつり点灯式」の画像
昨日は「赤湯温泉桜まつり」の点灯式へ出席しました。いやーかんなし風強くて寒がった(>_<) んだげんと今年は例年になく開花が早く、普段まだ咲いてない点灯式に見頃を迎えました(^o^)


点灯式。


桜まつり期間中、夕方から提灯に明かりが灯されます。


御神坂口。


大鳥居。


おかめ会の三味線を聞きながら直会。


直会後、夜桜を見ながら赤湯の街へ。

公式HP
大浦葡萄酒の商品
「当駐車場より」の画像
今年は桜の開花が例年よりかなり早く、赤湯の烏帽子山も満開に近い状態になって来ました。普通まだこの時期咲いてません。当駐車場からも山一面の桜が今年はきれいに見えます。今週末が見頃だべが?

公式HP
大浦葡萄酒の商品
「開花しました」の画像
間もなく、桜まつりが開催されるので今日は烏帽子山のクリーン作戦。毎年この時期は咲いてないのが普通ですが、今年は雪が少なく暖冬の影響もあり桜の進み具合が早く、もう咲いているところも。御神坂のところの桜も満開に近い状態なってました。


今年に限っては花見しながらの掃除になりました。

公式HP
大浦葡萄酒の商品
「甲州2015澱引き」の画像
2015年産の甲州の澱引きをしました。昨年仕込んだワインでは最後の澱引きです。


甲州だけすぐに澱引きしないで、澱の上に一冬ワインを貯蔵するシュール・リー製法を行ってます。発酵終了後澱引きをしないで、沈澱して澱となった酵母が自己消化し、アミノ酸が溶け出すため、ワインに豊かなボディと独特の香味を付与します。


上澄みを移動させ残った澱。搾って酒粕状にします。

公式HP
大浦葡萄酒の商品
「平成27年度山形県若手葡萄酒産地研究会第3回勉強会」の画像
昨日、メトロポリタン山形で山形県若手葡萄酒産地研究会の今年度最後の勉強会を行いました。毎年、この回の担当幹事をしているので、正直緊張する一日です(・_・;)


一部は工業技術センター村岡研究員のセミナー。ワインのフレーバー(香気成分)についてのワークショップスタイルのセミナーです。毎回テーマを変えて行ってます。今回はベリーA等に見られるフラネオール、最近、甲州でも見られる3MH(3−メルカプトヘキサノール)。


第二部はグラスの大手メーカー、リーデルよりシニア・グラス・エディケーターの庄司さんをお招きし、グラステイスティングセミナー。






様々な形のグラスでワインをテイスティング。形によって、舌を流れる箇所が違うため、同じワインでも感じ方は違います。こういった高級なワイングラスで普段飲むことがないので、新たな発見でした。


懇親会、二次会と終わり3次会は恒例の「五十番ラーメン」締め。まだ事務処理は残ってだげんと、幹事の仕事が一段落してホッとする瞬間です。好物のエビそば。

公式HP
大浦葡萄酒の商品
「値上げのご案内」の画像
この度はいつもご用命頂いております「大浦葡萄酒720ml」、「大浦葡萄酒1,800ml」、「おしょうしなワイン1,800ml」、「赤湯ヌーヴォー720ml」、「赤湯ヌーヴォー1,800ml」についてご連絡致します。

毎年安定した商品提供に努めておりますが、ここ近年ぶどう生産者数が減り原料確保も以前から比べ難しくなっており、ぶどうの価格が上がっている状況や、各資材類のコストも年々上がり、今までの価格での販売が非常に難しくなりました。
大変恐れ入りますが、上記商品を2016年4月1日より希望小売価格を値上げさせて頂きたくお願い申し上げます(赤湯ヌーヴォーに関しては2016年の秋から)。

公式HP
大浦葡萄酒の商品
「28年度赤湯温泉桜まつり」の画像
今年の赤湯温泉桜まつりは4月15日(金)〜5月5日(木)までです。ポスターを頂きました。毎年見頃が微妙に違いますが、今年は暖冬の影響でどうなっぺ?

公式HP
大浦葡萄酒の商品
powered by samidare
powered by samidare