今日 12件
昨日 77件
合計 178,376件

333回目 「壱岐大学の公開講座を終えて」

  • 333回目 「壱岐大学の公開講座を終えて」

9月13日の18時30分から壱岐産業で取り組んでいる社内大学の壱岐大学の公開講座が行われました。

今回で2回目になります。

 

今回のテーマは自己紹介とPOP作りでした。

参加者には事前にこちらから資料をお送りしましたので、わかりやすかったのではないでしょうか?

 

大学というと難しいイメージがあるかもしれませんが、そんなことは全くありません。

ワーク(実践)を中心とした内容で、どちらかというと気楽な感じです。

 

来年には3回目もやる予定みたいです。

軽い気持ちで学びと壱岐産業の社員がどんな感じかご覧いただけると嬉しいです。

 

過去の事例はHPでも紹介しております。

↓  ↓  ↓   ↓  ↓  ↓

http://iki-sangyo.co.jp/iki_university/

 

 

 

 

2021.09.21:ooshita:コメント(0):[コンテンツ]

332回目 「なんだかシュールな写真」

  • 332回目 「なんだかシュールな写真」

緊急事態宣言が出る前の八木山動物公園で撮った写真です。

 

 

象、キリン、ライオンにそれぞれ入ってますが

笑うことなくただ収まっているだけ。

 

天気もあいにくの曇り。

 

この写真こそシュールという表現がふさわしいのでは。

 

現場からは以上です。

2021.09.14:ooshita:コメント(0):[コンテンツ]

331回目 「東北の元気を応援 山形そば竹屋(仙台)」

  • 331回目 「東北の元気を応援 山形そば竹屋(仙台)」

仙台市太白区の秋保に向かう途中のお蕎麦屋さん「竹屋」。

 

店自体はそんなに大きくなく10人も入れば満席になるお店です。

時間帯にもよりますが、人が多いイメージのお店です。

 

 

今回の写真はランチメニューで鳥そばハーフとミニたれカツ丼のセットです。

板そばやゲソ天ぷらもあります。

 

コロナ前は漬物とかもバイキング形式でありましたが

今はストップしている様子です。

 

お昼の時間しか営業していないみたいなので、ご興味がある方はお早めに。

以上、東北のおいしいもの紹介でした。

 

壱岐産業は東北の元気を応援しています。

2021.09.07:ooshita:コメント(0):[コンテンツ]

330回目 「キャプテンマークのような腕章」

  • 330回目 「キャプテンマークのような腕章」

まずはこちらをご覧ください

↓  ↓  ↓

http://iki-sangyo.co.jp/log/?l=430931

 

当社のHPでも紹介しております「フィット腕章」です。

 

一般的な腕章であればマジックテープで付けますが、フィット腕章はサッカーのキャプテンマークのような腕章です。

 

一般的な腕章だと落ちないように安全ピンで固定しますが、安全ピンだと例えば雨合羽などにつけると折角の合羽に穴が開いてしまい、そこから水が入る可能性だって考えられます。

 

その点、フィット腕章だと腕に通すだけなので合羽などに穴が開く心配がありません。

 

フィット腕章は枚数で金額が決まります。

どんなデザインでも枚数で金額がきまります。

色数が多い、版の種類がたくさん。関係ありません。枚数で金額が決まります。

 

大事なところなので3回言いました(笑)

 

腕章のデザインも壱岐産業には2名の優秀なデザイナーがおりますので安心してお任せください。

 

新感覚腕章、その名も「フィット腕章」。

是非一度使ってみてください。

 

サンプルご希望の方は壱岐産業までご連絡下さい。

 

以上、1日早いですが9月の商品紹介でした。

 

2021.08.31:ooshita:コメント(0):[コンテンツ]

329回目 「今年の甲子園は試合以外での悪い話題が目立つ」

  • 329回目 「今年の甲子園は試合以外での悪い話題が目立つ」

現在熱戦が繰り広げられている甲子園。

ただ今年の甲子園は例年と違い色々と難しい問題が出てきています。

 

ひとつは雨による試合の中止。

23日時点で5日中止。そして1日は1試合はやりましたが、途中コールドで終了し後味が悪い終わり方でした。

この合わせて6日中止は史上初とのことです。

これ以上中止になるとプロ野球の日程にも影響があるため大会側も難しい運営が迫られます。

 

ここからあくまでも個人の意見になりますが、今後も異常気象などで今回のような大会がないとも限りません。

 

そう考えると今後の高校野球はドームなどでの開催も検討の必要があるのではと感じます。

ドームであれば中止などもなく、熱中症などの暑さ対策にも対応できます。

 

ただ甲子園の土が持ち帰れない、今までの伝統は?などの意見が出てくるかもしれません。

すぐにというわけではなく、色々な論争を元に良い方向に向かってくれればと思います。

 

 

そしてもうひとつ問題が。

コロナによる辞退です。

23日時点で宮崎商業と東北学院の2校がコロナ感染により今後の試合を辞退しました。

 

学校側としてもとても苦しい決断だったと思います。

試合ができない球児も悔しいでしょうし、一番は感染した本人が悔しいと思います。

今後のアフターフォローも難しいと思いますが、何も起きないことを願います。

 

球児たちは純粋に甲子園で野球をやりたいだけなので、なんとか無事に全日程が終わってくれることを祈るばかりです。

2021.08.24:ooshita:コメント(0):[コンテンツ]