マイ・ガーデン&オーチャード通信

毎日、毎日、雪が降りますね。
うちは、主人が除雪作業に行くので、76歳の姑と2人で雪かきをしなければなりません。本当に大変で、先日など雪かきの後気持ちが悪くなって、姑と2人で寝込みましたよ。
山形県人(北国の人)は、みんな、雪の下に埋まり耐え忍んで、強くなるのですね???ほんまかいな。
そこで、ユキノシタという山野草の写真で和みましょう。
ユキノシタは、おひたしにもなりますし、おできなどにも効く薬草でもあります。葉っぱは、ややグロイ感じですが、なかなか可愛い花が咲くのです。
国道13号線沿いの蔵王産業団地にあるシベールでは、素人の人にお菓子作りを教えてくれる素敵な企画があるんです。
この日は、知り合いの農家レストランや菓子製造業を営む農家の素敵なレディー達と、フルーツ山盛りのショートケーキの作り方を習ってきました。
レシピは秘密なので、関心がある方はシベールに行って聞いてみてね。
秋のわびしい庭の現況を掲載して、知人に笑われてしまったので、美しい私の庭を紹介します。
春は一面に芝桜が咲き、それが終わると白つつじ・・・ってナ具合なんです。
段々実況中継するけど、今は去年の回想で許してください。
向かいの佐竹さんに「イワチドリ」をいただいて、大事に育てていたんだけど、今年の春先いつまで経っても芽が出ないからといじくりまわして、挙句の果てにひっくり返してしまった。
そしたら、球根がどっかいっちゃったみたい。来年の春は、そっと見守ります。
しらねあおいは、東北地方の山や丘陵地に群生しているそうですが、その状況は見たことがありません。写真で見て欲しくてため息をついていたら、一昨年庭造りの先生だった上司にいただいちゃいました。
大事に大事に育てて、昨年やっと1個花が咲いたのです。そして今年は2個の花が咲きました。頑張って育てるぞ!
村山市大久保にある「こだま工房」に行ってきました。

村山市は「まつり交流特区」で、「農家民宿」か「農家レストラン」を営んでいる人が、きちんと条件(いろいろあって超大変!)を満たせば、どぶろくを作って販売することが出来ます。「どぶろく特区って、誰でもどぶろくを作っていいんでしょ?」というのは、大きな間違い。ちょっとやそっとの施設じゃ許可が下りないの

そこをクリアし、どぶろくの吟醸酒をつくっているのが、こだま工房の小玉雄一さんです。
前にも行ったことがあって、田舎料理を食べ、おいしいどぶろくを買ってきたんだけど、今回はあまりの評判に、どぶろくは売りきれだって・・・がっくり。
クリスマスころに出来るとか。皆も予約してから買いに行ってね。

こだま工房
村山市大久保甲95
TEL:0237-54-2034
...もっと詳しく
グリーン・ツーリズムも冬になるとやや停滞気味・・
冬は冬の楽しさがありますが・・・

クリスマスは果樹農家の佐藤さん一家が主宰するやまや園ピザリアに行って見ませんか?(予約をしたほうがいいです)

とっても雰囲気いいですよ!
(写真は夏頃のなの。最近行ってなくて・・)

☆やまや園ピザリア☆
山形市中野目赤坂2162-8
tel:023-663-1234
http://www.yamayaen.com/

次回は、村山市こだま工房に行きます。
むかいの佐竹さんから「かりん」をいただいたので、さっそくかりん酒を作りました。

材料 かりん    2kg
   氷砂糖    800g
35度の焼酎  1升

作り方 .リンを水洗いし、キッチンペーパーで拭く。
     茶色い毛をよくふき取ってね。
    ⊆錣鬚弔韻燭泙泯cm位の輪切りにします。
    e採錣棒って、熱湯消毒した広口びんに△鮠し入れ、その上に氷砂糖
     を入れます。
    きを繰り返し、びんの肩まで入れたら、焼酎を注ぎます。
    イ咾鵑砲佞燭鬚掘■殴月置いたらかりんを取り出します。
    Γ映くらいで美味しく頂けますよ。

試してみてね。のんべえさんは、砂糖なしの方がイイかも・・・
9月1日にオープンしたばかりの体験型農家民宿「でくのぼう」
さっそく泊まりに行っちゃいました。

ログハウスの素敵な建物は、オーナーの海藤平太さんが1人で建てたというから驚き!!

定員5人で、1泊2食付き 1人6500円です。
海藤さんの作ったお米や野菜、育てた豚肉が美味しく頂けます。

予約は、0237-35-4711

もう1軒建てたログハウス「共生の家コロボックル」はインターネットで検索も出来ます。
寂しい季節なので、山野草を紹介したいな。

コレは、二輪草です。
葉だけだと、トリカブトに間違われるんですって!
食べられるそうですが、勿体無くって・・・
春、二輪草が芽吹いてくると嬉しくなっちゃいます。
10年くらい前から、ハーブ園に凝り・・
今は、山野草と和風庭園に凝っているわたしです。

秋の庭は物悲しい・・・
でも、なかなか風情がありますよ。
(ハーブ園は、手が回らず今や荒廃園)

小笠原果樹園は、もうすっかり秋の装い・・・

6月中旬〜 さくらんぼ:佐藤錦、紅秀峰
7月中旬〜 ぶどう:デラウェア
9月中旬〜 ぶどう:ピオーネ   
を販売しているんですが・・
今はもう何もありません。

でも・・・
来年に備えて、蔵王みはらしの丘にあるぶどう畑に芝桜と白蝶草を植えました。
春の芝桜、夏の白蝶草を、乞う御期待!


      
  
▼新着コメント
どぶろくの件...
 (通りすがり 09/15)
行ってきました!...
 (さくらこ 01/26)