ながいファン倶楽部

ながいファン倶楽部
ログイン

▲鈴木利文さんの啓翁桜は雑誌「農耕と園藝」に掲載されました。

長井市寺泉で冬に咲く桜「啓翁桜」を栽培している鈴木利文さん
に啓翁桜についてお話を伺ってきました(*'ー'*)

現在、啓翁桜の生産量は山形県が日本一です。ここ長井市でも
転換作物として啓翁桜を栽培している方はたくさんいらっしゃる
ようですが、販売をしているのは鈴木さんを含めて二人だけだ
そうです。

鈴木さんが親戚の方に進められて啓翁桜の生産を始めたのが平成
8年。長井市西根地区は雪の量がほかの啓翁桜の生産地と比べても
多いので、初めは不安もあったそうです。しかし、通常苗木を植
えてから5〜6年かかると言われていたものが、鈴木さんは3年目に
は出荷することが出来たのだとかo(*'o'*)o 土壌がこの啓翁桜の
栽培に適していたのかもしれないそうです。

▼枝の先までしっかり花芽がついているものだけを出荷します。




▼水田転換畑を活用した畑では啓翁桜の出荷準備が。


▼かんじき(昔ながらのスノーシュー)を履いての作業。かんじき
を履いてないゴム長靴の私たちはズゴズゴぬかって(=落ちる?)
前に進むのがやっとでした。決して重いからではありません!


鈴木さんの啓翁桜は東京大田区の市場でも大好評だそうです!
3月頭くらいまで大丈夫だそうですが、今が出荷のピークだそう
なので、是非この機会にいかがですか?お部屋に一足早い春を
届けてくれますよ(o^∇^o)ノ

鈴木さんの「啓翁桜」のお求めはこちらから