ながいファン倶楽部

ながいファン倶楽部
ログイン

試験湛水(しけんたんすい)を行っている長井ダムが本日ついにサー
チャージ水位(洪水時の満水位)に到達しましたヾ(^∇^)

これを受けて急きょ行われた現場見学会には平日にも関わらず、
375名の皆さんが参加しましたw(゚o゚)w 先週末の見学会にも大勢の
方が参加していましたが、長井ダムに対する地元の皆さんの期待
や関心の高さを感じます。

▼平日にも関わらず大勢の方が参加しました


サーチャージ水位は100年に1度と想定される洪水の時に長井ダム
に貯められる水位で、ダム堤体の頂上部分(天端)近くの非常用洪
水吐を越流して水が流れるダイナミックな光景が見られます。今
後は本当の非常時にしか起こらないことなので、この様子を一般
の方が見られるのは今回だけ!壮大な光景に参加者の皆さんから
感嘆の声が漏れていました(⌒▽⌒)

▼非常用洪水吐を越流する水量のおおさにビックリです!


▼非常用洪水吐


▼24日はこんな感じでした


サーチャージ水位到達後はデータ収集のため、概ね24時間水位を
キープし、その後計画的に水位を低下させていくそうです。

現在はダム湖(ながい百秋瑚)にかかる竜神大橋まで一般車両も行
くことができます。たっぷり水が貯まった長井ダムをゴールデン
ウィークに見にいくのも楽しそうですねv('▽^*)

長井ダムインフォメーションセンター野川まなび館では3名以上で
現場案内もしてくれますので、詳しくはお問い合わせください。

野川まなび館 電話:0238-83-1343