きらり

きらり
ログイン

農作業では田植え作業も終わり、これからは順調に生育してくれることを祈っている毎日です。

初夏の季節では、花々が当たり一面にありますが、水辺の花としては、菖蒲の花が咲き、かきつばたが咲き、俗にいうあやめが咲いてきます。

白鷹町萩野の田んぼには、畦畔(あぜかな?)が綺麗に管理され、そこには綺麗に「菖蒲」が咲いています。

段々田は、小さな棚田のようになっていますが、長年、それこそ地道に田んぼの管理されてきた姿が、菖蒲の花を通して伺われます。
全体の面積は、周辺含めて1ヘクタール強でしょうか・・・・・・

昨年も、一昨年も咲いていましたが、今年は10日程遅く咲いたような気がします。
毎年、この時期に楽しませてくれる農家の方には、感動をいただき、ありがとうと感謝したいと思います。

道路(荒砥から県民の森へ行く道路途中)から自然に見えますので、畦藤を壊さないで見ていただければ、きっと管理されている農家の方も喜んでおられることと思います。


2010.06.10:kokoro0414:count(2,486):[メモ/コンテンツ]
copyright kokoro0414
powered by samidare
community line
http://okitan.com/
▼コメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。
powered by samidare