菊池技建|舟山潤一

菊池技建|舟山潤一
ログイン

冬季オリンピックが盛り上がっております!
日本選手の頑張りに影響を受け、自分ももっと頑張らなければと思っている次第です。

現在完成に向けてラストスパートを切っている現場で、様々なところにお客様の
こだわりポイントがあり、そちらをご紹介したいと思います。

上記の写真は、「折り上げ天井」と「折り下げ天井」を併用した空間です。
それぞれ間接照明を設置するために、照明器具が適切に照らされる様に、
細かく寸法を決めながら大工さんに施工していただきました。
内装が仕上がりオシャレな空間に演出されるのが楽しみです。


こちらは、外観デザインにインパクトをもたせるために、窓のレイアウトを工夫した空間です。


こちらは、木製のスケルトン階段です。
施工が大変難しく大工さんに頑張っていただきました。
これから木製格子の手摺が施工され、木材をふんだんに表した空間に仕上がるのが
大変楽しみです。


こちらは、クロス施工真っ最中の現場です。
小物などを飾るためのニッチが複雑にレイアウトされております。
あえて枠をまわさずにクロスを巻き込む形でデザインしました。
石目調のクロスをご選定いただき、パッと見ると石を削り出したかのような
格好いいデザインになりました。


こちらは造作建具です。
お客様のご希望をデザインし見事に形となりました。
図面上の考えを現物として作り上げる職人さんの腕は感服いたします。

ご紹介した物件はまもなく完成・お引渡しを迎えます。
現在商談中で雪解けをまって春から着工する物件も、いたるところにお客様の
こだわりが満載しておりますので、またご紹介させていただきたいと思います。

まもなく仕上げ工事〜完成を迎える現場です。
寒波の続く中、職人さんには頑張っていただいてもらっております。

昨年から平屋住宅を2件続けて担当させていただいており、
平屋住宅の開放的な空間や、部屋間のつながりに徐々に魅力を感じております。
2階建と同じ面積でも割高にはなってはしまいますが、どんどんアイディアを
溜め込みたいと思います。


一直線に風が通るようにしたり、Rの下がり壁が魅力的です。




先日、バスツアーで酒田寒ダラ祭りに行ってまいりました。
バスということで午前中からお酒が飲めるという贅沢をさせていただきました。
寒ダラ汁や酒田のラーメンを堪能させていただきましたが、
到着前からお腹いっぱいで勿体ないことをしたなと反省しております。
また、行ってみたいなと思いました。



寒い日が続いておりますが、皆さん体調を崩されてませんでしょうか?

インフルエンザも流行しているようなので体調管理には気を付けたいものです。

そんな中、大工さん・業者さんには「よいいえづくり」の完成へ向けて
頑張っていただいております。



現場には、進捗状況の確認・図面との照合・お客様との打合せ事項の伝達と、
現場で働く職人さんの生の声を聞くことを目的に行くことを心がけております。
コミュニケーションをとることも出来つつ、様々なことを教えていただき
貴重な経験を積ませていただいております。

まもなく木工事完了で仕上げ工事に入ってまいります。
完成を楽しみにしているお客様のためにも細かく確認をとりながら進めて参りたいと思います。




現在、よいいえSE会(協力業者会)の会員のみなさんと
春に開催予定の「第5回よいいえ祭り」の企画について打合せを進めております。
一役員として奮闘しているところではありますが、開催へ向けての進捗状況を
随時ご報告してまいりたいと思いますので、ぜひ楽しみにしてください。




新年あけましておめでとうございます!
本年も頑張って「よいいえづくり」のお手伝いをしてきたいと思います!
宜しくお願い致します!





昨年末に、自分が担当させていただいているお客様の上棟式が行われました。
同時に3物件という入社以来初めての経験でしたが無事に滞りなく進めることが
でき安心いたしました。

ちょうど年末の大寒波の中での式典と現場打合せでしたので、
良い意味でもお客様の思い出に残る上棟式になったのではないかと思います。

これから春先の完成に向けて、社員一同・業者さん一同、真心込めて
「よいいえづくり」を進めてまいりたいと思います!

前々回行われた社内コンペからいよいよモデルプランの検討がスタートいたしました!

現在、意匠設計から思案しており、社内コンペで挙げられた様々なアイディアをもとに
一つの形としてまとめるよう奮闘しております。


「和」を基調としつつも、現代に受け入れられるようなデザイン性を目指しており、
大工さんの匠の技術も活かせるように設計に取り組もうとしております。

普段、お客様との打合せで設計していくのとは少し違った緊張感を感じておりますが、
頑張って「よいプラン」を作り上げたいと思います。


先日、娘のクリスマス発表会を見に行きました。
発表に向けての練習は一切、自宅では見せてくれないので
うまく踊れるのかハラハラしておりましたが、そんな心配がいらないほど
頑張って踊れていました。
見えないところで努力しているのだろうなと思いながら、
子供たちに負けないくらいの頑張りを自分もしなければと感じました。


菊池技建では年に2回ほど業者さんを交えたゴルフコンペがあります。

今回、初の試みで社員のみでゴルフコンペを開催する運びとなりました。

ゴルフを始めてからなかなか上達はしておりませんが、
ゴルフに参加させていただくたびに色々な人からアドバイスをいただき
早く皆さんのようなスコアで回れればと、ほどほどに練習しております。





ゴルフの醍醐味の一つは、開放的な自然に囲まれてプレーできることで、
この時期に行くのは初めてで、紅葉がとても綺麗でリフレッシュできました。

結果はハンデをいただいての9位/11位中でした。
今回は、ゲスト参加していただいた方も含め、ゴルフを通じて深くコミュニケーション
が取れたことがとても貴重な時間でした。

この度、菊池技建にとって新たなモデルプランを作成するために、
社員全員が試行錯誤して作成したプランをプレゼンする設計コンペが行われました。

具体的なテーマはあえて設けず、自由な発想でプランを考え意図を説明する形式で、
普段なかなか設計をすることがない部署の皆さんは大変苦労されておりました。

自分は営業・設計をさせていただいている立場ですが、
普段、お客様のご要望をお聞きしてそれを形にしていくことが本業のため、
何も条件がない状態からコンセプトを考えプランを作り上げるのには、
大変苦労いたしました。


簡単なラフプランですが、
菊池技建の特徴や大工さんの技術が全面に出せるような形で、
木材をふんだんに表しつつ構造はシンプルになるように考えました。

他の皆さんの設計も、様々なアイディアや考え方が勉強になり
やはり十人いれば十通りの考え方があるのだと感じ、社内で一つのモノを
作り上げるのも楽しいなと感じました。




先日、福島県いわき市に同業者研修に参加させていただきました。

螢┘魁Ε咼譽奪犬気鵑鉢蠅垢泙ぁΔ泙發蝓,気鵑箸いΣ饉劼如
一つの会社から分社化し、新築とリフォーム受注を伸ばされている会社さんです。

初めに、住宅展示場にあるモデルハウスを2物件見学させていただきました。
どちらも木をふんだんに表した温かみのある建物で、いたるところに既製品ではなく
本物の素材で職人さんの技術で活かした造りとなっていて、

「一品主義」と掲示されているだけあってこだわり満載の建物でした。


その後、蠅垢泙ぁΔ泙發蠅気鵑離轡隋璽襦璽爐鮓学させていただきました。


各社、水回り製品や、各種建材関係、リフォーム実例集など、お客様目線で
イメージがしやすいように考えつくされたレイアウト・商品展示となっておりました。

意見交換の場では、どのようにリフォーム・メンテナンス事業を伸ばされてきたかの
経緯をお聞かせいただいて勉強させていただきました。
リフォーム・メンテナンスは高い経験値を必要とする部分ではありますが、
今後、国の方針でも進めていく流れとなっておりますので、会社に落とし込んで
お客様にとってより良いご提案ができるようにしていかなければと感じた研修会でした。


先日、宮城県仙台市の錦ケ丘ヒルサイドモールに出掛けた際に、
「感性の森」という木の室内創造あそび場があることを知りました。







施設内のありとあらゆるモノが全てが木材を加工して作られており、
安全面も考慮されて一つ一つが丁寧に仕上げられているのが分かりました。

木のぬくもりと携わった方々の配慮が融合された素敵な施設だなと感じました。





このような積み木やおもちゃなどもすべて手作りで作られており、
子供の創造性や感性を豊かにする空間になっているのだと思いました。

住宅づくりでもたくさんの木材を加工して活かされているわけですが、
もっと木材の良さに触れ、その特徴をもっと活かせるようなご提案ができるのでは
ないかと感じました。

ちなみに木のプールにある小さな木材の球のお値段が300円/個というのには
びっくりしました。それだけの手間暇がかかっているのだなと思いました。

こちらは間もなくお引渡しの現場の写真です。

階段の途中から空間へいくレイアウトで、スキップフロアのようなデザインと
なっております。


こちらはウォークインクローゼットの収納レイアウトを大工さんに造作で作成して
いただいた写真です。
お客様と細かく寸法を打合せして、そちらを形にしていただきました。
シックな内装と合うような塗装とし、これからお客様より支給いただく照明器具と
合せるのが楽しみです。


こちらわお引渡し後に外構工事を施工させていただいてる現場です。
2台用のカーポートにサイドパネルを施工させていただきました。
サイドパネルは横からの風雨や風雪の吹込みを防ぐ役割を担っております。
写真のような平板タイプと波板タイプがあります。
今回は、歩道側に面しているので目線のカットの役割もはたしてもらえそうです。


こちらは先日、開催されました内覧会の写真で、2階のサンルームから見える景色です。
「借景」と呼ばれる手法で、遠くの山などの景色を、まるで自宅の庭の一部であるか
のように見せる手法です。
プランニングの前は必ず現地調査のほか周辺状況の確認も行い、プランに反映させる
ように心がけております。
山形の風土を活かした住宅づくりを心掛けていきたいと思います。

建替え新築工事にともなう解体清め払い式を行いました。

お施主様がお生まれになった時に御両親が新築された住宅で、

自分と同じ年を重ねたお住まいには沢山の思い出が詰まっており、

荷物整理や片付けでは、一つ一つ丁寧にされたとのことです。

今までお世話になったお住まいへの感謝のお気持ちと、新しいお住まいへの期待と

様々な思いがお客様にはあると思います。

自分が担当させていただくにあたり、

新たなお住まいで新たな思い出を作っていただくために、

より一層、これからの打合せでも誠心誠意努めさせていただきたいと思います。

少しでもお客様の想いを汲み取れるような人間になりたいと思います。



話は変わりまして、
現在、介護保険住宅改修費支給制度を利用した改修工事のご相談いただいております。

こちらの制度を担当するのは初めてで、色々と調べている所ではありますが、
ご紹介させていただきます。

要介護・要支援の認定を受けた方で、住宅改修が必要であると認められた場合で、
住宅改修に要した費用の9割又は8割文が保険より給付される制度です。
要介護区分に関わらず上限額が20万円で、分割して利用することも可能です。

ケアマネージャーさんとの連携も必要で、手続きにもいろいろな書類の準備が
必要で悪戦苦闘しております。

会社の先輩方で過去に申請したケースもあり、色々と勉強しながら進めさせていきたいと思います。

制度の概要や申請書類についての資料がありますので、ご興味のあれば
こちらをクリック
してみてください。



先日、県外の住宅会社さんへの研修に参加させていただきました。
今回、茨城県つくば市の「カイテキホーム」さんに訪問させていただきました。

事務所内やモデルハウス、リノベーションモデルハウスを見学させていただき、
社長様より会社の取り組みなどについてご説明いただき様々なことを学ばせていただきました。


モデルハウスには家具や小物など様々なモノが展示されており、
生活シーンをイメージしながら見学することができ、今後の完成内覧会に
参考にさせていただきながら取り組んでいきたいと感じました。




カイテキホームさんは自由設計の注文住宅がメインで、
お客様へのプラン提案をほぼ1回で決める取り組みをされております。
そのためのヒアリングの仕組みや、よりイメージしやすい模型作成など参考になりました。
模型も写真のように細部まで分かり易く作成されており、あとは微調整をしながら仕様を固められているようです。




リノベーション事業にも積極的に取り組まれており、
これまでの実績やご提案の仕方なども分かり易く展示されてました。




自由設計・注文住宅だけにこだわり満載の住宅ばかりで、
設計担当者の方々の設計に対する意識の持ち方や提案の仕方、
日頃から敏感にマーケティングや新商品の情報収集などへの取り組みにつて大変勉強になりました。

研修会や懇親会でも、会社としての取り組みや各部の業務体系・管理の仕組みなど
オープンに教えていただき、ぜひ自社としても改善・実践に参考にさせていただきたい
内容ばかりで、タイトなスケジュールでしたが大変勉強になりました。

石塚社長をはじめカイテキホームの社員の皆さんには定休日にも関わらず、
色々と勉強させていただきまして誠にありがとうございました。


暑い日が続いておりますが、体調など崩されてはないでしょうか?
例年、どうしてもエアコンに頼ってしまい年々暑さに弱くなっているような気がします。

そんな暑い中でも、大工さん・協力業者さんの頑張りで着々と現場は進んでおります。


平屋住宅の建て方をしている現場です。
2階建てとは違った難しさがあり、土台や屋根の施工面積が広くなるため、大工さんの段取りも変わってくるようです。
汗だくになって頑張っている大工さんの姿に大変感謝です。


こちらはスキップフロアを経由して2階へ行くための階段を、
お客様のご要望でデザイン性のある階段にした現場です。
難しい納まりも、大工さんの匠の技術で施工していただきました。
これから格子手摺も造作で施工していただく予定です。
なかなか珍しい階段なので完成が大変楽しみです。


間もなくお引渡しの現場で、アクセントや間接照明の具合を確認してまいりました。
広々としたリビングにお客様のセンスが映えるデザインに仕上り、家具やインテリア
などが配置されるのが大変楽しみです。


こちらはオシャレなデザインのガラス扉です。
YKKのアルミインテリア建材の室内ドアで、おしゃれなデザインにお客様からも
気に入っていただき採用いたしました。
白と黒を基調とした空間にマッチしており、ご提案できて大変良かったです。

様々な現場が同時進行で着々と進んでおりますが、細かくチェックをしていきながら
お客様に喜んでいただけるように暑さに負けずに自分も頑張っていきたいと思います。

盛和塾 第25回世界大会に初めて参加させていただきました。

盛和塾とは京セラ創業者の稲盛和夫氏を塾長に、
人としての生き方「人生哲学」と、経営者としての心の持ち方「経営哲学」を
学ぶために1983年に発足した勉強会です。

今回、オブザーバーとして参加・勉強させていただく機会をいただきました。





世界各国から4700名以上の参加があり、その規模・参加者の熱意にただただ圧倒されるばかりでした。

勉強会では、各地域から選ばれた代表の方6名の経営体験報告があり、
盛和塾での学びをいかに会社に浸透し実践されてこられたかを学ばせていただきました。
また、稲盛塾長、直々の御講話からも学ばせていただきました。

社員のため、会社のため、お客様のため、地域のため、様々な人のために
どんな考え方であるべきか、またそれをどのように実践していくべきか、
心の在り方を学ばせていただきました。

これまでは本を読んだり、CDを聞いたり、映像を見たりと、
会社でも勉強させていただく機会があったのですが、
正直、現実味がなく自分の真剣さも足りなかったと反省するばかりです。

直接お話しすることは出来ませんが、実際に稲盛塾長をお見かけすることもでき、
そのオーラに圧倒されました。

今回参加させていただき、初心にかえって改めて勉強したいと強く思いまして
本も購入させていただきました。



ただ読むだけではなく、きちんと自分に落とし込んで行動に移し、
結果として残るように真剣に取り組んでいきたいと思います。

二日間びっしりとスケジュールが組まれており、建物をみたりする余裕が
ほとんどありませんでしたが、何かの機会でまた横浜にいくことがあれば、
建築に関する勉強もしたいと感じました。





間もなくお引渡しの現場で、外部足場のシートが外され外壁が見えてきました。

ツートンの色分けで、アクセントに木目調の外壁材を使用しております。

黒系の外壁ですが、2階と1階部分は実際には同じ方位ではなく直行する方位に
施工されています。
(2階は南面、1階は東面)
ちょうど2階のコーナーの部分に合わせて1階の色分けをしたので、
どの角度から見ても2階の南面が手前に伸びるように見えてきて、不思議な感覚になります。

打合せ段階で色々なパターンを作成している中、お客様からのヒントでうまれた
アイディアです。
パソコンで作成した3Dパースのイメージ以上の出来にお客様も喜んでいただきました。


これから塗装や内装仕上げの工事に入りまして、間もなくお引渡しを迎えます。
お客様も完成を楽しみにされており、ますます気を引き締めて頑張らなければと思いました。

話は変わりまして
 
先日、知人にお願いしまして、家族とさくらんぼ狩りに出かけてまいりました。
人生初めてのさくらんぼ狩りに大変喜んでおりました。
その後のバーベキューと大人同士の酒飲みに長々と付き合わせてしまい
申し訳なかったですが、お土産のさくらんぼを自慢げに「自分でとった」と話していて
良い思い出を作れてよかったなと思いました。


Powered by samidare