菊池技建|舟山潤一

菊池技建|舟山潤一
ログイン

こちらは新築物件の木部の塗装です。

古材風に見えるように塗装屋さんのほうで塗っていただきました。
木材に傷をつけたりしたわけではありません。
あくまで塗装技術のみで再現されているので、触れた感じは滑らかになっております。


最近では壁紙のプリント技術も向上して本物と見分けがつかないくらい進歩しておりますが、
職人さんのこだわりと手間暇かけた技術力の高さをまじまじと見ることができ感動いたしました。



話はかわりまして、
とある休日に息子の自転車練習を見ていた時のこと、
息子が「さいうん!さいうん!」と叫んでおりまして、指さす方を見ましたら
雲の一部が虹色に染まっておりました。
「さいうん」ってなんだ?と調べてみたら「彩雲」と書くらしく、
幸せを届ける雲とも呼ばれているそうです。
見られた喜びよりも、その言葉を知っていた息子の方に驚きました。




本日は快晴で気温も涼しく、気持ちのいい天気でした。

台風や雨の影響と、スケジュールの兼ね合いでなかなか現地調査に行けずにいた
各物件の調査を終日かけて回ってまいりました。

寸法や高低差を測定したり周辺状況の確認をしたりとチェックする項目が多いですが
なんとかしっかりと測定できました。


合間で、外構工事をさせていただいているお客様の進捗状況を確認しにも行ってまいりました。

出来上がりを見るのも楽しみですが、自分は職人さんが作業されて作り上げていく
工程も勉強になり楽しいため、よく時間を忘れて見入ってしまうことがあります。
現場では学ぶべきことがたくさんあるため、初心を忘れずにいたいものです。




現場を回っている途中、9/16に開催される芋煮会フェスティバルで使用される
三代目大鍋を発見し写真をとりました。
写真ではなかなか分かりにくいですが、とてつもない大きさでした。
いつか会場で芋煮を作っている光景と迫力を体験してみたいなと思いました。



こちらは先日お引き渡しさせていただいたお客様のロフト収納の写真です。
手前の梯子を木製で大工さんに加工していただきました。

お打合せの中で、梯子を設置したままだと動線とぶつかってしまうため
何か策はないかということで・・・


このような、独特な形のデザインを考えてみました。

実は・・・



このように、ロフトの床や腰壁に引っかかるように考えてみました。
これで別の場所にわざわざ運んだりすることもなく、動線ともぶつかることがなくなりました。

傷がつかないように接地面にフェルトを貼っていただいた大工さんの心遣いにも感謝です。

お盆休みはいかが過ごされましたでしょうか?
ここ最近の連休は緊張の糸が解けて体調を崩しがちな自分ではありますが、
なんとかご先祖様の供養と家族サービスをすることができました。

昔住んでいた地元の花火大会での写真です。
約30分くらいの時間ですがゆっくりと家族とみることができました。
夏休み中の子供たちの良い思い出になれば良いなと思っております。



こちらは先日お引渡しさせていただいたお客様のお住まいで使用したマリンランプ。
Panasonicの照明で、光と影のバランスがとても素敵です。


壁付けにしたり天井付けにもすることができ、様々な用途で空間を演出いたします。

照明1つをとっても空間の雰囲気が変わりインテリアの一部にもなります。
様々な種類、配色、機能が増えていて、あかりプランを検討していくのは
お客様にとってはなかなか想像がしずらく難しいところではありますが、
良いご提案ができるように日々勉強してまいりたいと思います。


群馬県高崎市にあります蟯惺務所さんへビルダー研修に行ってまいりました。

蟯惺務所さんは、弊社と同じ大工さんを社員として雇用されている会社で、
様々な事を勉強させていただきました。





大工さんの技術力と自然素材を活かしつつ、デザインにも力を入れた家づくりを
されておりました。
あらゆる部分で、なるべく既製品を使わず大工さんの造作で施工されており
技術力の高さが全面に押し出されていました。





SE構法という金物工法を標準採用されており
基本的には全棟で構造計算・長期優良住宅を標準仕様とされていたり、
ZEHなどの省エネに対しての取り組みにも注力されており
デザイン・耐震・性能、すべての面において勉強になる機会となりました。

弊社と同じ営業マンではなく、営業設計担当者が一貫して担当するスタイルで
部長さんは年間30件も担当できる仕組みづくりをされており、
仕事に対する考え方、設計に対する考え方、業務の流れ、役割分担など
様々な面を相談させていただき、学ばせていただきました。

従来のやり方も見直し、今回の出張で学んだことを活かして
お客様に良いご提案ができるように日々改善して頑張っていきたいと思います。

蟯惺務所の皆様にはお忙しい中ご対応いただき誠にありがとうございました。






暑い日が続いておりますが、夏バテにはなっていないでしょうか?

先日、新潟県新発田市にあります「夢ハウス」さんへ視察研修に行ってまいりました。

住宅づくりはもちろんのこと、木材流通から製材・加工までされている会社で
モデルハウスや工場などを見学させていただきました。

特許取得をしている木材乾燥技術で木材の含水率を徹底的に落とし、
無垢材をふんだんに表しても反りや割れなどの狂いがない家づくりをされております。



2日間に渡りビッシリのスケジュールで、本当は写真撮影NGだったのですが、
最後に特別にOKをいただきましてモデルハウスの一部を撮影させていただきました。
真壁造りで木材がたくさん出ている柔らかい空間に居心地の良さを感じました。





構造材だけでなく、内装材や家具・建具などのすべてのものを製作されております。
一見するとこれだけ木材を表した住宅は高そうに見えますが、
大手メーカーやローコストメーカーなどとの差別化を図るために、
流通にまで裾野を広げ徹底的なコストダウンを実現されております。

弊社でも大工さんの匠の技術を存分に発揮して、
お客様にもっともっと「よいいえ」づくりをご提案できるように、
木の良さ・温かみを感じれる住宅づくりの実現を目指していきたいと感じました。

今月はもう1件、出張を控えております。
もっともっと勉強し様々な事をインプットして、ご提案してまいりたいと思います。


蟲特啜桟では定期的に勉強会・安全大会を開き、
協力業者さんと会社の理念を共有したり、改めて安全に対する意識を共有したりしております。

今回は、CSP労働安全コンサルタントの平松明則氏を講師にお招きし、現場における

・ヒューマンエラーの防止
・熱中症対策のポイント

について勉強させていただきました。

どんな場面でもヒューマンエラーは人間の本質的に起きてしまうものですが、
日常から危険予知訓練を実行したり、指さし呼称で言葉や行動に起こすことによって
予防できるので、いかに普段の生活から意識付けをすることが大事かを学びました。

また、これからの時期は熱中症に対する予防も必要です。熱中症の重症度は、

儀拭雰攵鼻
めまい・失神(熱失神)、筋肉痛・筋肉の硬直(熱けいれん)、大量の発汗

況拭蔽翕症)
頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感(熱疲労)

祁拭塀電戞
意識障害・痙攣・手足の運動障害(熱射病や重度の日射病)、高体温

に、分類されます。
少しでも具合が悪くなったら、無理をせずに涼しい場所へ移動し、衣類を緩めて休み、
水分補給・体を冷やすことが大事です。
もちろん日ごろからの健康管理も大事ですが、こういった予備知識があるかないかで、
その場での対策も変わってくるはずです。
命にかかわることなので、今日学んだことを十分に気を付けていきたいと思います。

目からウロコだったのが、汗を拭くためにタオルを首にまくケースがあるかと思います。
実は熱をこもらせる要因となってしまい熱中症を促進させる恐れがあるので、
注意したほうがいいとのことでした。
つい先日猛暑の中作業した際にタオルを巻いて作業してたのを思い出し、
危なかったとぞっとしました。

これから暑いが続きますが、十分な注意と周囲への声掛けを実践してまいりたいと思います。


春先から工事に着手させていただいている現場です。
完成に向けて大工さんに木工事を頑張っていただいております。


大工さんの仕事の段取りの良さ、仕事のスピードには毎回驚きます。
納まりなども頭の中にすべて入っており、あっという間に工事が進んでいきます。

お客様と打合せした内容をスムーズに現場に伝達できるように
自分も早め早めに段取りを頭に入れながら頑張ってまいりたいと思います。

来月は県外同業社への視察研修も控えておりますので、より一層前倒しで頑張ります。




毎年恒例、子供の幼稚園の父の日参観
昨年に引き続き、平清水焼きの作成と、娘の成長を感じられる楽しい時間でした。
講演会ではバランスボールを使って体幹を整えるお話が聞けて
最近運動不足なので、いつまでも健康でいられるように始めてみようかと考えております。


先日、晴天のもと地鎮祭をおこないました。

昨年のうちにご契約させていただき、分譲の造成工事の完了を待っておりました。

大規模な分譲地でまだ一軒も建設されていないところで、
今か今かとお客さまも着工を心待ちにされております。

真心こめた「よいいえ」がお引渡し出来るように
工事の段取りも最終段階です。

気を引き締めてまいりたいと思います。



弊社で建築していただいたお客様の地区会から
観音堂の屋根修繕のお見積りのご相談をいただきました。


お客様の自宅のすぐ近くにあり、工事期間中は全く気付かなかったのですが、
桜で有名な場所らしく「足の口観音堂」という場所になります。


趣のある本堂ですが、いたるところが痛んでおり
この度は屋根トタンの修繕のご相談をいただきました。

形状や組み方、装飾にいたるまで昔の大工さんの技術はやはりすごいなぁと感じました。

今後の修繕も含めてお役に立てればと思うので是非頑張らせていただきたいと思います。

桜の樹齢が200年ということで、おそらく建物のほうもその当時から
あったのではないかと思います。

近くに「権現堂のしだれ桜」という有名な場所もあるらしいので、
来年にはなりますが今度は桜の季節に是非見に行きたいなと思いました。



先日、LIXILリフォームフェア2018に行ってまいりました。

当初は、オーナー様向けにバスツアーなどを企画予定だったのですが、
よいいえ祭りの準備と重なり、今回は見送らせていただきました。

ただメーカー担当者からも今後の為に是非みていただきたいということで、
会場の雰囲気、他社さんの動向をチェックするために見て参りました。







見学させていただいた時間が15時過ぎということもあり混雑のピークは過ぎておりました。
これまでビルダーを対象とした見学会などは何度も参加させていただきましたが、
お客様向けの見学会は初めてで印象が全然違いました。
各ブースにLIXILスタッフが居て、お客様目線でお話が出来るような体制となっておりました。
途中に、実演を交えたプレゼンスペースや、時間を決めたセミナー
(今回は、建もの探訪の渡辺篤史さんが講演されたようです)
も開催され、内容の濃い見学会だと感じました。

来年は是非、弊社でもお客様向けにバスツアーを企画して参加させていただきたいと思います。


こちらは、会場内にあってた気になった商品です。
「おきらくゆか」
床のリフォームを簡単かつ低コストで出来るような商品で、
住宅用ビニル床タイル(木目調や石目調)
タイル形状のラグカーペット(簡単に水洗い可能)
の2バージョンがあり、ちょうど自宅のカーペットを交換しようと考えていたので
価格調査をしたいと思いました。
滑り止めもついており安全でお気軽に模様替えやリフォームができる商品だと思いました。



よいいえモデルハウス絶賛オープン中です!
ぜひ皆様のご来場おまちしております!

先日、モデルハウスに展示する家具選びに、弊社でもお付き合いのある
家具のオツタカさんへ下見に行ってまいりました。











ソファ選びがメインでモデルハウスの内観イメージにマッチするようなデザイン・色味を吟味いたしました。
座り心地も確認しましたが、良い家具は座り心地も最高に良い!(値段も良い・・)
自宅にも奮発して欲しいなぁ〜と、目的が脱線しそうになりました。









その他の家具にも目が行ってしまいました。
造作でテーブルをデザインすることも稀にあり、形状や色・使い勝手など勉強になりました。

間取りも大事、デザインも大事、色合いも大事、インテリアも大事・・・
と、家づくりは決めることがたくさんあり過ぎてお客さまも大変かと思います。
そんな中で自分が学んだものや見てきたものが参考になるように、
しっかり様々な情報をお伝えできるようになりたいなと感じました。

明日の「第5回よいいえ祭り」へ向けて着々と準備を進めております。




協力業者さんやメーカーさんと一致団結して段取りよく作業が進みました。


ご応募いただいた「ゆめのいえコンテスト」
実行委員の皆さんと品評会をさせていただきました。
結果につきましては明日の会場で展示させていただきます!


木工教室の作品の一部です!
これまでの経験をもとに、お客様が組立てやすいように大工さんに段取りをしていただきました。

昨年から実行委員会を中心として準備が進んでまいりましたが、
家づくり同様に様々な方のご協力をいただきながら最終段階まできました。

明日はお客様にご満足いただけるように蟲特啜桟と「よいいえSE会」
一丸となって頑張ります!
皆様のご来場心よりお待ちしております!


4月22日(日)は、第5回よいいえ祭りの開催予定となっております。
蟲特啜桟を信頼してお仕事させていただいた入居者様を大切にフォローしていきたい
健康・エコで快適に暮らせる提案をして長持ちする暮らしをしてほしい
という、よいいえSE会の目的のもと
社員一同、協力業者さん一同、協力して準備をすすめております。

その中で、「ゆめのいえコンテスト」と称して、小学生以下のお子様に
自由な発想で絵を描いていただく企画がございます
第2回よいいえ祭りでも素晴らしい作品が数多くございまして
この度、復活した企画です。

その当時は描けなかったのですが、自分の子供たちにも描いてもらいました。

ほぼほぼ自宅100%再現です・・・。
煙突はありませんが、今のところ息子にとっては自宅が「ゆめのいえ」ということで
ポジティブにとらえました。

ぜひぜひ入居者様のお子様もどんどんご応募ください!


春めいてまいりまして
花粉症持ちの自分にはマスクとメガネが手放せない時期に入ってまいりました。
常にマスクをしているのでよく風邪と間違われてしまいますが、いたって健康です!

上記の写真は、まもなくお引渡しするお客様の住宅の一部の写真です。
まるで旅館のロビーのような趣のある仕上がりとなっております。
古民家風の真壁づくりをコンセプトにスタートしたお打合せから
あっという間にここまでたどり着きました。
これまで経験してきたことをすべて取り入れたのではないかというくらい
ボリュームのある住宅となっており、
また一つ大きく成長できたのではないかと感じております。
外構工事も控えておりますのでまだまだ頑張ってまいりたいと思います。




こちらは昨年雪の影響で外構工事を一時休止させていただいたお客様で
再確認も含めたお打合せをさせていただいた時に
お客様の趣味であるバイクに跨らせていただきました。
とてもカッコいいバイクで、バイクの免許を持っていない自分には
乗る機会なんてそうそうありませんので記念になりました。
同席していただいた業者さんからは「似合わねー」と笑われてしまいましたが・・・。
自分はこれといった趣味をもっていないので、様々なお客様との打合せの中で
お客様の趣味を聞くのも楽しみの一つとなっております。
自分にも何か一つでも見つかれば良いなと常々感じております。

Powered by samidare