ハチ蜜の森キャンドルからお知らせ

ハチ蜜の森キャンドルからお知らせ
ログイン

地産館さんの「さくら咲く地産マーケット」において、蜜ろうキャンドル作りブースを開くことになりました。置賜地域の皆様、お待ちしてます!

日 時  2月24(土)〜25日(日)10:00〜16:00pm
内 容 蜜ろうキャンドル作り(ねんど式)

詳しくは


ハチ蜜の森キャンドル
2018.02.16:hmc-event:[メモ/お知らせ]
売れ残って色あせしたものや傷、規格外品などを整理して、アウトレットのページを更新いたしました。20〜40%割引で販売いたしております。

アウトレット
2018.02.15:hmc-event:[メモ/お知らせ]
3MB - PDF ダウンロード

かれこれ20年以上もお世話になっている鳴子郷中山平温泉のイベントへ、今年もスノーランタン作りのWSで参ります!
蜜蝋キャンドルもスノーランタンもコンテストになっていて、入賞すると中山平の特産品がたくさんいただけますよ^^
温泉、おしるこ、豚汁、玉こんにゃく、そして蜜蝋のやさしい灯りをお楽しみください。

日 時 2月3日(土)13:00〜 申し込み制
参加費 大人1000円 小学生以下無料
申込み ↑上記ダウンロードボタンよりチラシをダウンロードしてFAXしてください
詳 細 中山平温泉観光協会ホームページ


ハチ蜜の森キャンドル
2018.01.20:hmc-event:[メモ/お知らせ]
  あかぎれの季節になりました。
肌にいいオーガニックなハンドクリーム(リップ)を作りませんか。蜜蝋のべたつかない優れた保湿力は、大変好評をいただいております。今回はたくさん使いたい方のために60gや120gも作れるようにいたします。
  また、蜜蝋をあたためて好きな形を作る蜜蝋キャンドル作りも楽しめるよう準備いたしますので、ご家族でお楽しみいただけます。
 さらに材料の蜜蝋も販売いたします。皆様のご来場をお待ちいたしております。

日 時 
 1月20日(土)〜21日(日)
 10:00〜最終受付15:00
 ※事前申し込みはいりません。時間中いつでも参加できます。
  万一満席の場合は少しお待ちください。
会 場 
 エスパル山形3F サニーコート(山形駅)
内容と参加料
 ■ハンド&リップクリーム作り 
  湯せんでオリーブオイル(オルチョ)と蜜蝋を湯せんで溶かします。
  10g 700円   60g 1500円  120g 2200円 
  ※各1個の専用容器付ですが容器代いただけばで小分けも可。
  ※アロマオイルを入れたい方はお持ちください
  ※所要時間30分程度

 ■蜜蝋キャンドル作り
  お湯で蜜蝋を温めて自由に好きな形を作り芯を入れます。 
 60g 1000円
  ※大人と一緒でしたら幼児から楽しめます
  ※所要時間 30〜60分

 ■販売 
  蜜ろうAタイプ50g・100g (ハンドクリーム材料に)
  蜜ろうキャンドル など

会場は山形駅ビルです。天気が悪い時や、仙台など遠くの皆様は、電車でおこしください^^
2018.01.06:hmc-event:[メモ/お知らせ]
あけましておめでとうございます。
旧年中のご愛顧に心から感謝申し上げます。
本年も太陽と大地(水)に感謝し、多くの皆さんに蜜ろうのやさしい灯りを届けます。
どうぞ引き続きよろしくお願い致します。
写真/二見浦夫婦岩からの日の出
2018.01.01:hmc-event:[メモ/お知らせ]
 だいぶ雪深くなってきましたので、今年も工房ショップでのキャンドル販売は、春までお休みいたします。製造は毎日しておりますが、在庫は持ちません。お買い求めにお越しの際は事前に必要な品をご指定ください。作ってお待ちしています。
 なお、ホームページからの通販、および二階でのキャンドル・ハンドクリーム作り体験(予約制)は一年中大丈夫です。どうぞよろしくお願いいたします。

ハチ蜜の森キャンドル
2017.12.30:hmc-event:[メモ/お知らせ]
お買い求めいただいたキャンドルはうまく灯りましたか?
体験で作られたキャンドルはいかがですか?
一年で最も魂がそわそわして、充たされる晩です。
メリークリスマス!
心から感謝申し上げます。
2017.12.24:hmc-event:[メモ/お知らせ]
郁文堂書店×ハチ蜜の森キャンドルWS。75歳の建物と82歳のおばあちゃんご店主と、企画してくれた大学生達と、そして優しい参加者の皆様と、楽しくあたたかな時間を過ごせました^^
心から御礼申し上げます。
2017.12.23:hmc-event:[メモ/お知らせ]
おかげさまで定員となりました。ありがとうございます。
今年最後のワークショップは、山形市七日町の老舗古書店さんで企画してくださいました。第二部は蜜ろうで絵本を照らして楽しみます。
最後ということでハチ蜜の森キャンドルから特典を二つ付けることにいたしました!
.曠奪肇疋螢鵐 
マイブームのおいしくて身体にいい生姜ハチミツ+リンゴ酢
▲魯縫ムシート
蜂の巣模様の蜜ろうシート10センチ角。組み合わせて作れます。
ご参加お待ちしております。
参加要項や申し込みは下記をご覧ください↓

■第4回シネマナビ 蜜ろうキャンドルワークショップ
 今年の冬は、ミツバチたちがつくりだす灯りでクリスマスを過ごしてみませんか?  
12月23日、郁文堂書店にて「蜜ろうキャンドルワークショップ」を開催します。講師は、山形県朝日町で蜜ろうそく工房「ハチ蜜の森キャンドル」を営む安藤竜二さん。  

第一部はキャンドルづくりの他に、スライド映写で山形の自然や養蜂についてのお話をお聞きします。ハチの巣を使った実験もあり、年齢関係なく楽しめる内容になっています。  

第二部では作ったキャンドルに火を灯し、その灯りで絵本を照らします。真っ暗な部屋にぽつりと灯る蜜ろうキャンドルは、照らす絵本の表情を変え、子どもも大人も引き込む不思議な世界をつくりだします。安藤さんセレクトの絵本の他に、参加者の方にも思い出の絵本をお持ちいただければと思います。第二部だけの参加も歓迎です。  

場所  
郁文堂書店 日時 12月23日(土)

第一部 
養蜂と森のお話・キャンドルづくり   
14:00〜16:30 2000円

第二部 
点灯会・絵本を照らして読む   
17:00〜17:30 無料

定員   
第一部
15名  親子での参加も歓迎です。
小学2年生以下のお子さんの参加は保護者の方の同伴をお願い致します。

第二部
無制限 多くの方に、キャンドルと絵本の世界を楽しんでいただきたいと思っています。おもしろそうだなと思ったら、ふらりと立ち寄ってみてください。

予約 
件名は「郁文堂蜜ろうキャンドル」。
参加希望部、名前、人数、年齢、 電話番号を明記してikubundoutuzuru@gmail.comまで。

講師プロフィール
 安藤竜二。1964年生まれ。朝日町出身、在住。1988年、「蜜ろうの優しい灯火で森と人の距離を縮めたい」という思いから、日本で初めての蜜ろうそく工房「ハチ蜜の森キャンドル」を開く。キャンドルリンクネットワーク主宰。(社)国土緑化推進機構認定「森の名手・名人」。現在「季刊地域」(農文協)でコラムを連載中。


郁文堂FBページ
2017.12.21:hmc-event:[メモ/お知らせ]
山形市七日町のとんがりビル1 Fで「畏敬と工芸」展(主催/芸工大24日まで)が開かれ、うちの螺旋形のINORIも展示していただいております。23日WSの郁文堂さんのすぐそばです。あわせてお楽しみください。

詳しくはこちら
2017.12.21:hmc-event:[メモ/お知らせ]
コラムを連載している「鳥海イヌワシ未来館通信」が発行されました。今回は、なぜハチミツが植物の銘柄ごとに収穫できるか? について私の想像も含めて書きました。よろしければ、未来館のホームページからご覧ください^^
イヌワシ未来館ホームページ
2017.12.20:hmc-event:[メモ/お知らせ]
銀座で採れた蜜ろうで銀座でキャンドルを作れます!
うちの蜜蝋も使っていただくので「大都会の蜜蝋と原生自然の蜜蝋」の二極コラボになります。

毎年、銀座ミツバチブロジェクトさんの蜜ろうでチャリティーキャンドルを作り、松屋銀座さんが販売する活動に参加していますが、今年は体験教室もすることになりました。以下、募集案内です。

■銀座みつばちの蜜ろうキャンドル作り体験
銀座のはちみつはご存知のかたも多いかと思いますが、銀座で蜜ろうも利用していることをご存知ですか?
銀座のみつばちの巣からとれた貴重な蜜ろうでキャンドルをつくってみませんか?
毎年、松屋銀座のクリスマスチャリティーでは、蜜ろうキャンドルの第一人者の安藤竜二さんの協力のもと銀座の蜜ろうでキャンドルをつくり販売しています。
その安藤さんを講師にお招きし、みつばちと蜜ろうのお話しと、蜜ろうキャンドルの作り方を教えていただきます。
ねんどのように自分の好きなかたちのキャンドルが作れます。
クリスマスに灯していただけると銀座のみつばちもよろこびます☆

日時:2017 年 12 月 17 日(日)
   13:30〜15:25(13:20 受付開始)
場所:東京都中央区銀座 3-9-11 紙パルプ会館 7 階 第 7 会議室
講師:安藤竜二さん【ハチ蜜の森キャンドル代表】
料金:おひとり 3,800 円 ※完成した蜜ろうキャンドルはお持ち帰りいただけます。
対象:小学 3 年生以上。大人の方も大歓迎です。
(小学 3 年生未満の場合は、保護者の方とご一緒にご参加いただけます。)
定員:24〜32 名
持ち物:エプロンなど

※申し込みは12月1日(金)10:00より、松屋銀座のホームページで開始されます。

イベント申し込みページ(松屋銀座)

NPO法人銀座ミツバチプロジェクト

ハチ蜜の森キャンドル(安藤竜二さん)

2017.12.07:hmc-event:[メモ/お知らせ]
仙台駅前で初めてのクリスマスマーケットに9日と10日と参加いたします。蜜ろうキャンドルの販売と10日はキャンドル作り体験ブースも開きます。ぜひお越しください^^

■フィンランド+SENDAIクリスマスマーケット
会場 S-PAL東館3F
時間 10:00〜21:00

■体験について
お話し会付きの回については予約優先となります。
クリスマスマーケットのホームページから予約してください。
2時以降は、空いていればいつでも参加できます。
以下、募集案内です。

《ねんど式でつくる蜜蝋キャンドルワークショップ》
山形は朝日町の「ハチ蜜の森キャンドル」の安藤さんにミツバチや蜜蝋のお話を聴きながら、温めた蜜蝋で好きな形につくる、キャンドルづくりのワークショップ。お一人様2個つくります。山麓の工房で生まれる自然の材料、美しい色も自然の色、ほんものの蜜蝋にぜひふれてみてください。

事前申し込みの11:00〜と13:00〜は、みつばちや蜜蝋のお話会付きスペシャル!
なお、14:00以降は当日受付でお席がありましたら自由にご参加いただけます。
所要時間約20分。キャンドル2つと参加費は同じです。

12/10(日)参加費1,080円
会場:エスパル仙台東館3F 特設会場
   ハチ蜜の森キャンドル ブース近く

A お話会付き午前の部
時間:11:00〜12:00 
定員:7名

B お話会付き午後の部
時間:13:00〜14:00
定員:7名

C フリー(予約いりません)
時間 : 14:20〜終日

詳細・お申し込みはこちらから

フィンランド+SENDAIクリスマスマーケット公式サイトはこちら
2017.12.01:hmc-event:[メモ/お知らせ]
ジョア「まろやかハニー」のCMで、三本枝のハニーツリーを見つけました。
本田望結ちゃんの頭のところに飾ってあります。
数年前にケンタッキーのCMでも見つけましたので、きっと同じスタイリストさんが使ってくださったのでしょう。ありがたいことです^^

こちらで見られます↓
ヤクルトCM「まろやかハニー」
2017.11.11:hmc-event:[メモ/お知らせ]
  点火は、芯糸の根元から、蜜ろうを溶かすようにすると、はじめから安定した炎を楽しめます。
  火は蜜ろうそのものに着くのではなく、炎で熱せられて気化したガスに着きます。特に気温が低い時は、芯先に付けてある蜜ろうの炎だけでは冷たい本体の蜜ろうを気化する力もギリギリで、その瞬間わずかな風が吹いても消えてしまうことがあります。また芯先が消耗してしまい、しばらく炎が大きくなれないこともあります。
2017.11.11:hmc-event:[メモ/お知らせ]