キャンドルリンクネットワークからお知らせ

キャンドルリンクネットワークからお知らせ
ログイン

 おかげ様で、およそ130人分のやさしさを灯りにこめて空に向けて放つことができました!
 本日は悪天候にも関わらず大勢の皆様にご参加いただき心から御礼申し上げます。また、参加できないからと宣伝やエールを下さった皆様、会場を貸して下さり無理なお願いをきいて下さった山形市社会福祉協議会様、周知に協力下さった報道各社の皆様、県社協様をはじめ支えて下さった皆様、そしてこの20年の間にキャンドルリンク(旧リトルライトネットワーク)活動に参加・支援下さった皆様、本当に本当にありがとうございました。
 まずは取り急ぎお礼のみ失礼致します。次は3.11文翔館前でお会いしましょう!

蜜蝋のご協賛/遠藤養蜂場様(山辺町)
写真撮影/色摩高幸氏
 双子キャンドルは、20年前に阪神淡路大震災被災地に、県内各地で作っていただき、片方を送ったのが始まりでした。名簿が残っていた山形市の皆さんにもお知らせをお送りしたら、74歳の時に参加下さった94歳の方から、心あたたまるお手紙と「もう車いすで参加できないから」と協賛金をいただきました。
 こんなふうに、多くの皆さんに支えてもらっての20年の活動でした。大切に使わせていただきます。心からありがとうございました。

■1.17双子キャンドルナイトにご参加下さい!
日時/1月17日(土)午後3時半〜6時 
   製作は5時半までいつでも参加可
会場/山形市総合福祉センター(ファーラ)城西町2丁目2-22
内容/双子キャンドル作り→点灯→5:46黙とう 
   一本を点灯して一本は家庭用に。
参加協力費/100円 
主催/キャンドルリンクネットワーク 
後援/山形市社会福祉協議会 山形県社会福祉協議会
蜜蝋ご提供/遠藤養蜂場様(山辺町)

お問い合わせ/
キャンドルリンクネットワーク代表/安藤竜二☎0237-67-3260
 20年の「1.17つどい」で灯されるロウソクの製作協力を福島市蓬莱地区の皆さんが協力下さいました。被災地どうしの思いをこめて丁寧に作って下さいました。ありがとうございました。
写真/黒沢祥子さん
143.8KB - PDF ダウンロード

阪神淡路大震災から20年。
全国の災害犠牲者を悼み、支えあう心と未来を思う夜・・
多くの皆さんのともしびで大きな1.17の火文字を描き、
思いを空に向けて放ちましょう!
ご参加心からお待ちしております。

日時/1月17日(土)午後3時半〜6時 
   製作は5時半までいつでも参加可
会場/山形市総合福祉センター(ファーラ)城西町2丁目2-22
内容/双子キャンドル作り→点灯→5:46黙とう 
   一本を点灯して一本は家庭用に。 詳しくは下記↓をご覧下さい。
参加協力費/100円 
主催/キャンドルリンクネットワーク 
後援/山形市社会福祉協議会 山形県社会福祉協議会
蜜蝋ご提供/遠藤養蜂場様(山辺町)

※駐車場に限りがありますので、なるべく乗り合わせていらして下さい。

お問い合わせ/
安藤竜二☎0237-67-3260

チラシ/
身近にお知らせいただけましたら幸いです。上記ダウロードボタンよりA4サイズを開けます。プリントアウトしてお使い下さい。

双子キャンドルナイト/
1本は誰かのために、もう1本は自分のために灯すキャンドルイベント。阪神淡路大震災被災地へクリスマス向けに贈ったのが始まりで、いろんな場面で使われています。

内容詳細/
1.双子キャンドル作り(2本できます。1本は自宅用にどうぞ)
 3時半〜5時半までファーラロビーにブースを開きます。
 混んでいても少しお待ちいただくと作れます。
2.出来上がったら、セロハンにメッセージ(犠牲者や私達の未来に)を描きます。
3.外の点灯会場でランタンにキャンドル1本とセロハンをセットし点灯します。
 参加者が増えれば増える程大きな1.17の火文字を描き出せます。
4.阪神淡路大震災が起きた12時間後の5時46分に、阪神淡路大震災被災地各地と一緒に黙祷します。

参考/大震災から15年の神戸・伊丹を訪ねる

※空いた時間で一緒に活動して下さるスタッフを募集いたしております。

 日本中のみなさん! 
 まもなく阪神淡路大震災から20年の1月17日です。皆さんも家族や友達と、外にキャンドルを並べてやさしい灯火そして祈りを空に向けて放ちませんか! そして震災の起きた朝5時46分、もしくは夕方5時46分に被災地とともに黙祷しましょう。
 写真のように最低15個のティーライトキャンドル(アルミカップ入り)をブラカップに入れれば簡単にできます。ティーライトキャンドルは100円ショップで購入できます。風が強ければ砂利を入れるといいですね。
 阪神淡路大震災よりまもなく20年。1月17日に神戸市三宮で開かれる追悼行事「1.17つどい」で灯されるロウソク作りの協力を今年も寒河江高校生徒会の皆さんが取り組んで下さいました。市内のお寺などから灯し残りのロウソクを集めて再利用しています。みんな生まれる前のことなのに一生懸命に作って下さり嬉しかったです。
 この製作会は、今年も山形市の高堂地区、たつのこ保育園、たんぽぽ保育園、平田町のチームはちまき、12日は福島市でも開かれます。ご協力ありがとうございます^^
 1月17日3時半〜山形市ファーラで開く「1.17双子キャンドルナイト」もお待ちしております!神戸と同じ時間に点灯・黙祷いたします。
20年の神戸に向けて、今年も山形市高堂地区で1000個のロウソクを作って下さいました。お疲れさまでした。
写真/新野知章さん
 震災から20年の被災地にたくさんの手づくりの灯りを贈りませんか。水に浮かせるロウソクを作ると、1月17日に神戸市三ノ宮東遊園地で開かれる「追悼のつどい」で竹筒に入れて点灯されます。
 身近な方に呼びかけてロウソク作り会を計画していただくと、道具や材料(パラフィン蝋)を持って作り方指導に参ります。
(山形県内に限りますが、被災地から贈りたい場合はご相談下さい)
 詳しくは、右記「お問い合わせ」もしくは電話0237-67-3260安藤竜二まで。

■会場について
 身近な公民館などを借りて下さい

■必要なもの
 会場の床板を覆うブルーシート、
 ろうが付いてもいい服装
 経費/卓上ガス、会場費、遠方の場合はガソリン代実費 など

■対象
 小学生以上で10人前後のグループ

■所用時間と製作数
 3〜4時間で500個以上作れます。


「東北こども博」(仙台大学)での双子キャンドル作りの売上(2年で17万円)を寄付した「東日本大震災こども未来基金」(高成田享理事長)から感謝状をいただきまたした。この基金は、親を亡くした子供達の学費などに充てられます。

被災地の子どもを元気にしようと始められた「東北子ども博」に今年もお呼びいただきました。会場では大手玩具メーカーなどの楽しいブースもめじろ押しです。売上は東日本大震災こども未来基金に寄付いたします。

 日 時 10月12日(土)10:00〜17:00
        13日(日)10:00〜16:00
       
 会 場 仙台大学(柴田町船岡南2-2-18)
 料 金 200円
9月8日、福島市の蓬莱東小学校で双子キャンドル作りと点灯会を楽しんでいただきました。点灯はビニールカップにカラーペンでイラストやメッセージを描いて灯しました。各グループごとに灯火を囲みそれぞれの楽しみ方でいい時間を過ごしていました^^
※蜜ろうのご提供/遠藤養蜂場様(山形県山辺町)
 キャンドルリンクの活動に大変ご尽力下さり、ご自身も宮城県桂島でボランティア活動を続けていらっしゃる新野知章さんのフォークグループ「NST」のコンサートが開かれます。
 桂島を歌った人気の名曲「ハマヒルガオ」は必聴です。ドリンク付きの気軽な交流型コンサートだそうですのでぜひお訪ね下さい。

日時 2014年7月26日(土)
開場 18:00 開演 18:30
会場 南館ふれあい会館 大ホール(山形市)
料金 1000円 ビール、チューハイ、ソフトドリンク付き
申込み 090-6228-8994 新野
※ドリンクの準備がありますのでなるべくお申込み下さい。

(NST+メンバー)
 Vo,Bass /に〜の朗多、Vo,Gutar/ TERUMI、
 Guitar /農業1年生、Per/Gammy-K
(ゲスト) 
 OSAMU

ハマヒルガオはこちらで試聴できます!
「ハマヒルガオ」 YouTube


 5月25日、スレート材や硯石で有名な石巻市雄勝で開催されたクラフトフェアに参加しました。様々なクラフト体験ブースと様々な特産品ブース、そして演し物とにぎやかに開催されました。
 キャンドルリンクでは、体験ブースで蜜ろうのねんど式キャンドル作りを楽しんでいただきました。また、職人さんの元、雄勝石を好きな大きさに切り、蜜ろうクリームを塗った燭台作りも併せて体験できたので、とてもいいコラボとなりました。
 お昼にいただいた雄勝湾カレーは絶品でした。
 津波の被災現場は、一面のシロツメクサが覆い、悲しみを癒してくれているようでした。
 5月22日、キャンドルリンクの仲間達と、石巻市大島神社境内で開催された「復興応援まつり」(東北六県神道青年協議会)にて双子キャンドル作り会&点灯で協力させていただきました。
 護岸工事で、親しんだ境内の様子が変わる前に、地元の人が楽しめるお祭りをと開いたものです。小さな子供たちも点灯会で使用するキャンドルを一生懸命作ってくれました。
 神秘的に灯された会場では、キャンドルリンクの仲間でもある音楽セラピストの川村かなえさんよりクリスタルボウルの奉納演奏が行われ、参加者を魅了していました。
 東北六県神道青年協議会主催で開催する標記イベントで、キャンドル作り会と点灯を協力することになりました。
 会場となる大島神社は、まもなく護岸工事により4、5メートルのかさ上げが予定されているとのこと。なれ親しんだ境内の様子が変わってしまう前に、地元の人がいろいろ楽しめるお祭りを開催することになったものです。
 当日は、夕方4時〜7時前まで蜜蝋の双子キャンドル作り(無料)をして、7時からガラスシェードに入れて献灯いたします。その灯りの中、キャンドルリンクの仲間であり音響セラピストの川村かなえ氏によるクリスタルボウルの奉納演奏も行われます。お近くの皆さん、どうぞご参加下さい。

 日程 5月22日(木)
 ■午後4時〜 
  縁日体験・特産品頒布・双子蜜蝋キャンドル作り
 ■午後7時〜7時半
  献灯(点灯)※2本できますので1本を灯します。
  クリスタルボウル奉納演奏

 ※材料の蜜蝋は遠藤貞三養蜂場様(山形県山辺町)のご提供です。
 
 
 


powered by samidare