最上義光歴史館

最上義光歴史館
ログイン
メモ メール Q&A  リンク 地図 ウィキ 特集 プラン
最上義光連歌の世界

66  かへる馬屋はのるにまかする   紹由  
67 あかずしも狩場の道の暮れわたり  義光
68  いくかか花にまくらかりけん   紹巴

    慶長三年(一五九八)卯月十九日
     賦何墻連歌      三ノ折の裏




 前句である66の大意は、「(夕暮れ時)道もたどたどしいので、馬屋に帰るのは、馬にのったまま、その歩みにまかせる」ほどである。
 この句の背景には、「韓非子・説林上」の「老馬の智」の故事がある。春秋の五覇の一人である斉の桓公が、遠征の帰りに山中で道に迷う。その時、もう役にも立たないと思われた老馬を放ち、それに従うことにより帰るを得たとのものである。
 和歌においても、この故事はすでに取り入れられている。

  後撰集・恋五 思ひ忘れける人のもとにまかりて      
                 よみ人しらず
  
 978夕ぐれは道も見えねどふるさとは もと来しこまにまかせてぞ来る
    
    返し           よみ人しらず
 979こまにこそまかせたりけれ あやなくも心の来ると思ひけるかな

などの作例がある。
 義光はこの前句を受け、「(もっと狩を続けたいのに)すでに狩場からの帰り道は、一面暮れてしまった(さあ、どのようにして帰れば良いか)」ほどの句を付ける。この句にも、「老馬の智」の故事は反映していようが、さらに注意すべき出典があろう。
 「伊勢物語・八十二段」がそれと思われる。その大略は、弟・惟仁親王(清和天皇)との皇位争いに敗れ、風雅に生きる惟喬親王と、その縁辺の人々との野遊びの様である。その中の一人に業平がいる。淀川河畔の水無瀬から交野(いずれも、現大阪府北部)で、「狩はねむごろにもせて、酒を飲みつつやまと歌にかかれりけり。…その木(桜)のもとに立ちてかへるに日暮れになりぬ。」すなわち、風雅や狩を楽しむあまり、時間は過ぎさってしまった。
 義光の「伊勢物語」摂取は、面影を取る(何となく連想させるほどの意)体のものかもしれない。ただ、68の句を考えると、(その大意は「いったい、幾日、花を求めてその下で旅寝をしていたであろうか」ほど。風流に生きた人の姿である)この推測は、あながち誤ってはいないであろう。
 改めて、この推測の裏付となる68の句の背景にある「伊勢物語」の一節を示しておく。

  いま狩する交野の渚の家、その院の桜、ことにおもしろし。

 これらの情景から「狩」に導かれて「花」の語が触発されたと理解する。義光が「伊勢物語」を念頭に置いたことを理解した紹巴の句作なのである。

■執筆:名子喜久雄(山形大学名誉教授)「歴史館だより25」より

雲ひとつない秋晴れの山形♪

本日、最上義光歴史館の近くでは、秋のイベントが目白押しです。

交通規制のかかる道路がありますので、お出かけの際は下記のURLをご確認くださいね^^

まるごと山形祭りだワッショイの開催概要はこちら

豊烈神社公式ホームページはこちら

豊烈神社では打毬があるそうなので、後日、潜入レポートをお伝えできればと思います。

明日は、待ちに待った山形まるごとマラソンです。

台風の影響がないことを祈ります^人^



ちなみに、昨日ブログにアップした植物はキャラではないか?と、ボランティアスタッフさんから教えていただきました。

イチイとキャラは葉の長さが異なるそうです!

私には見分けるのは難しいですが…。



秋空の下の最上義光歴史館でした。



最上義光歴史館前の公園は、すっかり秋模様です。

館外に出ると、金木犀の良い香りがします^ー^

光明寺跡に生えているのは、キャラ?イチイ?

真っ赤で甘い実がたくさん。

しかし、種は毒があるそうなので食べてはいけませんよ!

《2018年9月の利用者アンケート集計結果》

 この集計結果は平成30年9月1日から同30日の間に入館した利用者を対象に行ったアンケートを集計したものです。

常設展示  (9/1 〜 9/30)
特別展  (9/1 〜 9/9)
開館日数・・・・・・・・・・・・・25日間
入館者数・・・・・・・・・・・・・1,927人
回答者数・・・・・・・・・・・・・40人


1.本日は最上義光歴史館に
  ‘段姪犬鮓に来た・・・・・・・・・・・・・・・9%
  ⊂鐇濺玄┐鮓に来た・・・・・・・・・・・・・・55%
  N省見に来た・・・・・・・・・・・・・・・・・37%

´の方、特別展を何で知りましたか
(1)ポスター・チラシ等・・・・・・・・・・・20%
(2)歴史館のホームページ・・・・・・・・・・6%
(3)新聞・テレビ・ラジオ等・・・・・・・・・0%
(4)広報やまがた・・・・・・・・・・・・・・0%
(5)知人から聞いた・・・・・・・・・・・・・0%
(6)通りがかり・・・・・・・・・・・・・・・20%
(7)その他・・・・・・・・・・・・・・・・・0%

△諒、当館をどこで知りましたか
(1)旅行雑誌・・・・・・・・・・・・・・・・6%
(2)歴史館のホームページ・・・・・・・・・・3%
(3)インターネット・・・・・・・・・・・・・37%
(4)新聞・テレビ・ラジオ等・・・・・・・・・0%
(5)広報やまがた・・・・・・・・・・・・・・0%
(6)知人から聞いた・・・・・・・・・・・・・20%
(7)以前から知っていた・・・・・・・・・・・11%
(8)観光案内所 (駅など) ・・・・・・・・・・3%
(9)通りがかり・・・・・・・・・・・・・・・11%
(10)その他・・・・・・・・・・・・・・・・・9%

2.歴史館の入館は何回目ですか??
(1)はじめて・・・・・・・・・・・・・・・・93%
(2)2回目・・・・・・・・・・・・・・・・・6%
(3)その他・・・・・・・・・・・・・・・・・3%

3.ご覧になられた感想
常設展示
‖臺僂茲った・・・・・・・・・・・・・65%
   △茲った・・・・・・・・・・・・・・・35%
   ふつう・・・・・・・・・・・・・・・・1%
   い弔泙蕕覆った・・・・・・・・・・・・0%
特別展
‖臺僂茲った・・・・・・・・・・・・・43%
   △茲った・・・・・・・・・・・・・・・57%
   ふつう・・・・・・・・・・・・・・・・0%
   い弔泙蕕覆った・・・・・・・・・・・・0%

(2)最上義光と最上家について??
   ,茲わかった・・・・・・・・・・・・・65%
   △錣った・・・・・・・・・・・・・・・33%
   わからなかった・・・・・・・・・・・・3%
   い匹舛蕕箸發い┐覆ぁΑΑΑΑΑΑΑΑΑΓ亜

〜利用者の声〜

新潟県新潟市 男性(54歳)
戦国期の山形と近隣の勢力圏がよくわかりました。一人でボランティア解説していただきました。

静岡県掛川市 男性(63歳)
歴史の中での事ではありますが人生の有り方を思った。

東京都小金井市 男性(39歳)
最上義光公が大変優秀な武将・政治家であったことが、実感できた。平日であいていたといっても、ボランティアガイドの方がほぼつきっきりでガイドしてくれて大変良かったです。大変詳しく山形のことも知れて良かったです。ありがとうございました。

東京都立川市 男性(38歳)
ガイドの方のお話がとてもわかり易く、面白かったです。山形を築いた方の歴史に触れられて満足でした。また来ます。

静岡県静岡市 女性(53歳)
ガイドさんのおかげでよくわかりました。無料で見学でき、ありがとうございました。

香川県高松市 男性(36歳)
ガイドがたいへんわかりやすかったです。また来たいです。

東京都豊島区 男性(30歳)
大変勉強になりました。最上義光をはじめ、山形について興味がもっとわきました。初めて山形に来ましたが、非常に有意義でした。

北海道岩見沢市 男性(36歳)
ボランティアさんのガイド、おもしろかったです。

佐賀県佐賀市 男性(38歳)
無料にしては充実していた。LaserDiscの音が小さかった。

茨城県取手市 男性(59歳)
大変参考になりました。

福井県越前市 男性(58歳)
ボランティアガイドが丁寧に説明してくれてよかった。

富山県射水市 男性(74歳)
戦国時代の歴史の一端がよくわかりました。(上杉氏や伊達氏はよく耳にするが最上氏は名前のみぐらい)これまで漠然としか知っていたことがよく理解出来ました。拝観料も無く、説明を受けてビックリしました。なにも言うとこがありません。

滋賀県草津市 男性(20歳)
ガイドの人がとても親切で、ガイドも分かりやすく、最上氏のことが良く学べた。最上氏が滋賀県と関わりが深いことを知り、また地元で探して見ようと思った。

東京都日野市 女性(18歳)
楽しかったです。

埼玉県 女性(47歳)
順路がもう少し分かりやすいと良い。映像コーナーは、もう少しスペースをとったほうが良い。無料なことに驚いた。

東京都中野区 男性(45歳)
最上氏について勉強になりました。戦国史が勉強になりました。親切にして頂きありがとうございました。

福島県福島市 男性(39歳)
ガイドしていただきましたが、説明が分かりやすく話も面白かった。最上義光は智謀に長けた悪者というイメージが強いので、もっと内政面をPRできるような展示をすると、もっと義光の魅力が伝わると思いました。

千葉県千葉市 男性(55歳)
とても分かり易い説明でした。楽しかったです。ありがとうございました。

東京都足立区 女性(21歳)
歴史にあまり強くないのですが、資料を読めたり、色々なタイプの資料が残っているのは魅力だと思いました。ガイドさんの説明がていねいで、わからないこともきちんと優しく教えてくださった、理解出来ました。興味も持てました。最高やと思います!!ていねいで楽しいガイド、ありがとうございました。

東京都葛飾区 男性(54歳)
説明が解り易く、勉強になりました。最上義光のファンになりました。東京に帰って伝えます。

※当館サポーターの個人名は「ボランティア」または「ボランティアさん」に変更しています。

しとしと雨が降る中、行ってまいりました研修旅行!

7時出発にもかかわらず、6時過ぎにはぽつぽつ集合し始め…、やる気満々です。



この研修旅行は、当館ボランティアスタッフのスキルアップを目的としたものです。

今回の目的地は、福島県にある白河小峰城、白河関、二本松城の3箇所です。

すべて、現地のボランティアガイドさんにご案内をしていただきました。

この研修を通して、当館でのガイド活動に益々磨きのかかることでしょう^ー^

ご来館される皆さま、多いに期待してくださいませ♪

先日、NHK様より取材をしていただきました。

当館所蔵≪長谷堂合戦図屏風(複製)≫が映りますよ〜。


☆放送日☆
9月25日(火)18:10から放送のNHK山形「やままる」内にて、当館ボランティアスタッフが解説いたします。

最上義光歴史館が映るのは20〜40分頃とのことです。

山形県内の皆さま、お見逃しなく^^