最上義光歴史館

最上義光歴史館
ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
奥羽永慶軍記の「最上義光、騎馬揃の事」の地、天童の野はどこか【8】

8.おわりに

 57万石を領する全国屈指の大大名となった最上義光公は、騎馬揃を通じてその威勢を諸国に見せしめるねらいがあったことは、軍記からも読みとれ、次のことから満たされるものと思われる。

(1) 東山麓に陸奥国から笹谷峠を越え関沢・山形を経て、秋田へ通じる横道と隣接している。

(2) 庄内から六十里越街道を経て関山から陸奥国へ通じる。上記(1)と交差するのが原崎である。

(3) 天童城下から天童原を通過し、原崎に至る道があった。

(4) 旧国道13号線(図-5参照 羽州街道)は慶長8・9(1603・1604) 年頃開削されたといわれているが、糠塚付近にあった久野本、老野森はそれ以降に羽州街道に移転したという。
 従って、馬揃えにかかる労役などは天童原や山家、移転前の久野本、老野森などから調達することは可能であったと思われる。

(5) 広大な天童原は旧天童氏家臣野村・藤田氏らの所有地で畑地として利用されていたと思われるが、天正12(1584)年天童氏は最上氏に滅ぼされたため、最上家の領地となっていたこと。

(6) 天童原を見渡せる高さ10m弱、周囲400m程の糠塚という丘が展望が良く陣場として利用できる場所があったこと。
 このことから山形市から12厠イ譴親睥ι瑤涼羆に位置し、上述の如く、交通路の要衡地原崎に隣接していることや広大な原野は最上家の領地であったこと。
 一方、現東根市神町の天童原(若木原)と現天童市荒谷の寺原はいずれも管理された林地等であることが、後年の差出明細帳などから推察することができる。
 従って、「最上郡天童の野」は現天童市糠塚から東方、天童市立第二中学校及び山形県立天童高等学校周辺、地籍名は大字久野本、老野森などを、「天童原」と考えるのが妥当と思われる。

 本稿をまとめるにあたり、尾花沢市文化財専門員大類誠氏には尾花沢の原野の馬揃について御指導をいただいた。また、天童市山口土地改良区理事長伊藤定夫氏には原崎地区圃場整備事業の原形図など関連資料の提供をいただいた。
 記してお礼申しあげます。
■執筆:羽黒派古修験道 山伏二十度位 光源

参考文献
 岷羽永慶軍記」 P.943〜944復刻 今村義孝 校注 2005.2.20(有)無明舎出版発行
◆岷羽の驍将 最上義光」 P.39 誉田慶恩著 昭42.6.15 (株)人物往来社発行
「尾花沢市史」上巻 P.274 平成17.10.15 尾花沢市発行 
ぁ嵜珪瓜垰法彎經 P.588 平成元.10.31 新庄市発行
ァ峺酬楚沺彭憩源垳矯蠱篭菠狆貔鞍事業 昭和46.7.1測量終了
Α嵜青のむかし」 P.13〜14 平成17.30 神町歴史の会発行
А峪碍岨垰忙駑繊廖‖64号 山形風流松木枕 P.39 昭和57.11.30 山形市発行
─崚憩源垰吠埆源駑繊廖‖2号 P.85 昭和55.12.1 天童市発行
「天童市史」上巻 P.382 昭和56.3.31 天童市発行
「羽陽文化」 第46号 P.1 県下の土師住居阯郡 ―天童光戒壇―柏倉亮吉、山崎順子執筆
昭和35.4.5 山形県文化財保護協会発行
「最上四十八館の研究」 P41・44 丸山茂著 昭和53.5.31 (株)歴史図書社発行
「天童の地名考」平成9.3.30「続天童の地名考」平成11.3.31天童市旧東村山郡役所資料館発行

        
前をみる>>こちら
最初にもどる>>こちら
奥羽永慶軍記の「最上義光、騎馬揃の事」の地、天童の野はどこか【7】

7.字名から天童原周辺を読む

天童市の郷土史家が執筆した天童の地名考によると、

(1) 字原崎(ばらざき)
中世、原崎は横道、水晶山参詣道、若松観音への参道等の交差する交通の要衡であった。地形、地勢から考えると、天童ヶ原の先の意と思われる。

(2) 字野村(のむら)
国道13号線の東方で南は藤田、北は新宿と接する。戦国時代に天童氏の家臣で野村某という者の領地であったといわれている。

(3) 字光戒壇(こうかいだん)
糠塚の北東、祈壇があったのではないかといわれてきた。平安時代と推測される土師器、住居跡が出現した「光戒壇遺跡」がある。現天童市小路から糠塚の北を通り原崎に通じる道は遺跡付近を通っている。

(4) 字藤田
戦国時代に天童氏の家臣で老野森の領主藤田内膳清勝の領地であった所といわれている。

■執筆:羽黒派古修験道 山伏二十度位 光源

【参考文献】
「天童の地名考」平成9.3.30「続天童の地名考」平成11.3.31天童市旧東村山郡役所資料館発行
         

前をみる>>こちら
次をみる>>こちら
奥羽永慶軍記の「最上義光、騎馬揃の事」の地、天童の野はどこか【6】

6.天童原周辺の交通路

(1) 天童城時代の城下、現天童市小路から天童原を経て原崎に至り陸奥国への道がある。

(2) 陸奥国から笹谷峠を越え、関沢・山形花立河原を経て十文字、立谷川を渡り舞鶴山の東を通り糠塚を左に見て原崎、道満に至り、乱川を渡り大森山の西を通り東根・楯岡を経て秋田へ至る横道が天童原と隣接する原崎を通っていた。

(3) 原崎は古くは成生庄から二子沢を経て若松観音堂や水晶山参詣路などへ連絡する所であった。

■執筆:羽黒派古修験道 山伏二十度位 光源 

【参考文献】
「最上四十八館の研究」 P41・44 丸山茂著 昭和53.5.31 (株)歴史図書社発行

        

前をみる>>こちら
次をみる>>こちら
奥羽永慶軍記の「最上義光、騎馬揃の事」の地、天童の野はどこか【5】

5.天童原について前掲4の歴史的背景を探ってみる。

(1) 前掲4の(1)出羽一國之絵図…図−1について 

《図−1》 「出羽一國之絵図」致道博物館所蔵
 若木御林の歴史として「神町のむかし」に横尾家文書「諸事留帳」によると次のとおりである。正平年中(1346-1370)より若木原は東根村にて支配していた。とあり、延宝年中(1673-1681)御立林にしたという。「立林」とは、林を藩有として狩猟・伐採を禁止していたが、枯枝、落葉取り、下草刈などを東根、乱川、万善寺、野田、新町新田(=神町)、原方、沢渡、天童、後沢、川原子、小関、道満12ヶ村の入会は許されていた。御林内脇には、秋田・庄内・津軽などの旅人の通行があり、野火入があり、元新町新田、天童両村の取締などの負担は大きなものであった。
 天童、元新町新田両村より若木御林を天童原と云っていたと述べられている。
  
(2) 前掲4の(2) 出羽一國之絵図…図−2について

《図−2》 「出羽一國之絵図」致道博物館所蔵
 4の(2) 出羽一國之絵図…図−2の寺原は、元和8(1622)年最上家が改易になり、鳥居忠政が山形城主として入部し、城を改築した時の様子が「山形風流松木枕」に次のように記している。「…山形御城築之節、山形立石寺の持分の寺原と云有、清和天皇この方、此松林大木ニして真直クにて、三里の道法門前と成て有しを、難渋を云掛、立石寺ゟうばい取、我領内として伐取、城を普請す…」とある。
 宝暦11(1761)年の荒谷村指出明細帳には荒谷原御林として239町歩余、本数282,233本と記録され、1本に占める面積は約8.5屬伴林の密度は高いことがわかる。
 このことからも3,720余騎が一同に集まる空間を見出すのは困難と思われる。

(3) 前掲4の(3)堀田藩時代の山形藩絵図…図−3、(4) 大日本帝國陸地測量部発行「仙台」…図−4の天童原は出羽一國之図から踏襲されたものと考えられる。

《図−3》

《図−4》

(4) 全景4の(5) 大日本帝國陸地測量部発行「天童」…図−5、明治37年発行2万分の1地形図から慶長期の「天童原」を考えてみる。

《図−5》
 天童付近の羽州街道の開削は、慶長8・9(1603・4)年頃と推定されている。従って、関山街道の開削はそれ以降であろう。それ以前に舞鶴山の西麓の侍屋敷(現天童市小路)から糠塚の西を通り、天童原を経て旧山口村原崎に至る道があり、これが現在の関山街道開削以前から利用された道で陸奥国へと連絡するものであったと思われる。
 この道の沿線に、昭和34年耕地交換整備工事中に古代住居跡が発見され、「県下の土師住居跡群―天童光戒壇―」として山形大学柏倉亮吉氏らによって発表された。「発掘などまだ行っていないので正確な事は不明としながら、かなりの数の住居跡が密集していると思われる」と論じている。その後、この集落は新たに開削された関山街道へと移転したのだろうと思われる。

(5) 前掲4の(6)国土地理院発行「天童」…図−6、国土地理院発行2万5千分の1地形図には天童原と記されているが、その範囲は国道13号線から東側で天童市立第二中学校(文)、山形県立天童高等学校(文)などが含まれ、第二中学校の北東の角から破線写真-4、5、6参照と実線写真-7参照で図示され原崎に至る道が上記(4)でいう古道である。

《図−6》

《写真-4》 天童市立第二中学校 W=2,5m 

《写真-5》 天童小路〜原崎 天童原 W=2,5m 天童市立第二中学校東側

《写真-6》 天童小路〜原崎 天童原 W=2,5m 天童市立第二中学校東側

《写真-7》 天童小路〜原崎 天童原 W=2,5m 渡辺宅前十字路
  
(6) 前掲4の(7)ゼンリン住宅地図も上記(5)と同様となっているが、天童第二中学校から原崎へ至る古道は実線で記されている。幅は2.5m、軽自動車の通行が可能で現在農道として利用されている。
■執筆:羽黒派古修験道 山伏二十度位 光源 

【参考文献】
Α嵜青のむかし」 P.13〜14 平成17.30 神町歴史の会発行
А峪碍岨垰忙駑繊廖‖64号 山形風流松木枕 P.39 昭和57.11.30 山形市発行
─崚憩源垰吠埆源駑繊廖‖2号 P.85 昭和55.12.1 天童市発行
「天童市史」上巻 P.382 昭和56.3.31 天童市発行
「羽陽文化」 第46号 P.1 県下の土師住居阯郡 ―天童光戒壇―柏倉亮吉、山崎順子執筆
昭和35.4.5 山形県文化財保護協会発行


       
前をみる>>こちら
次をみる>>こちら
奥羽永慶軍記の「最上義光、騎馬揃の事」の地、天童の野はどこか【4】

4.現存する古絵図などを検討する

(1) 出羽一國之絵図…図−1
鶴岡市の致道博物館が所蔵する「出羽一國之絵図」は、大泉紀年によれば庄内藩では正保2(1645)年、幕府から下命を受け、同4(1647)年に納めたとある。
天童市の乱川と東根市の野川の間、陸上自衛隊駐屯地の東方に「天童原」と記されている地域がある。

《図−1》 「出羽一國之絵図」致道博物館所蔵

(2) 出羽一國之絵図…図−2
山形県総合運動公園の南、旧奈良沢村・旧荻野戸村・旧荒谷村・旧清池村・旧門伝村に囲まれた立谷沢右岸に広大な森林・原野と思われる図が描かれ「寺原」南北拾貮丁と記されている地域がある。

《図−2》 「出羽一國之絵図」致道博物館所蔵

(3) 堀田藩時代の山形藩絵図…図−3
元禄5(1700)から延享3(1746)年頃の絵図で上記(1)の絵図と同様の位置に「天童原」と記されている。

《図−3》

(4) 大日本帝國陸地測量部発行「仙台」…図−4
明治27(1894)年発行された縮尺20万分の1の地形図で上記(1)、(3)の絵図と同様の位置に「天童原」と記されている。

《図−4》

(5) 大日本帝國陸地測量部発行「天童」…図−5
明治37(1904)年6月30日発行された縮尺2万分の1の地形図に天童原の記載は見当たらないが、この図には舞鶴山の北西山麓に天童氏の家臣達の居住地(永和元年・天授元(1375)年〜天正12(1584)年の間、現天童市小路)から糠塚の西を通り、若松街道を交差し原崎に至る古道跡(写真1、4、5、6、7参照)がある。

《図−5》


《写真-1》


《写真-4》 天童市立第二中学校 W=2,5m 


《写真-5》 天童小路〜原崎 天童原 W=2,5m 天童市立第二中学校東側


《写真-6》 天童小路〜原崎 天童原 W=2,5m 天童市立第二中学校東側


《写真-7》 天童小路〜原崎 天童原 W=2,5m 渡辺宅前十字路

市街地は昭和38〜50年の都市計画事業により失われたが、糠塚の西に立地したヨークベニマルなどの商業施設の西側に現存(写真-1参照)している。

(6) 国土地理院発行「天童」…図−6
平成12年7月1日発行、縮尺2万5千分の1地形図に国道13号線と国道48号線の十字路から東方に「天童原」と記されている。

《図−6》

(7) ゼンリン住宅地図‘96山形県天童市
上記(6)と同様の位置に「天童原」と記されている。地籍名にはない地名であるが、古来からこの地域を天童原と言い地域住民の集いの場、天童原公民館が設置されている。(写真-2参照)

《写真-2》

 以上、古絵図や地形図などに「天童原」と明記されている所は、東根市神町地域と天童市旧山口村の天童原という集落の2ヶ所に存在することが分った。上記以外に広がりのある原野・林地など古地図及び文献、伝承など見当らない。
 次に(6)国土地理院発行図-6を見ると、上記(5)でいう古道が天童原に位置する天童市立第二中学校(文)から、原崎まで残っている。原崎地区圃場整備事業により一部失われているが、工事着工前の昭和46年に測量した現形図により確認することができる。その個所はJAフルーツセンターの東隣に白壁の建物()フルーツ果乃蔵所で成生庄から来る道へ繋がる。(写真-3参照)

《写真-3》 ●印は仮称天童小路・原崎線と横道との交叉付近 

■執筆:羽黒派古修験道 山伏二十度位 光源

【参考文献】
ァ峺酬楚沺彭憩源垳矯蠱篭菠狆貔鞍事業 昭和46.7.1測量終了



前をみる>>こちら
次をみる>>こちら
powered by samidare