山ブラ日記

山ブラ日記
ログイン

いよいよ今週土曜日に迫りました。
まだチケットをお求めで無い方は、是非前売りでお求めください。当日券も発行する予定ですが(満席の場合はお断りする場合もあります。)、当日料金は+500円ですので、前日までにご連絡いただければ、前売り料金にて、予約扱いさせていただきます。下記メールアドレスまで、ご連絡をお待ちしております。


山ブラライブ7回目の今年は、+パーカッション(福和誠司)とベース(小泉"P"克人)のバンドです。下記サイトで、新譜からの音源と今回のメンバーを含むバンドのライブ映像を見ることが出来ます。まだライブ未体験の方、必見です!
http://profile.myspace.com/saigenji

Happiness Records Homepage内 ~MOVIES~


Saigenji Live ”Medicine for your Soul”
  with Yoshihito "P" Koizumi & Seiji Fukuwa


日時:9月27日(土) 18:00開場 18:30開演
場所:山寺風雅の国 馳走舎
    ・山寺紀行 / Yamadera Blog
    ・山寺観光協会Presents 山寺の歩き方

チケット:前売/4000円 当日/4500円
チケット販売所:ミュージック昭和(1F楽器売り場で、販売しています。)   
 VigoFM、Espresso、Bar Saudade、Rough roLL、
 cafe kacho-fu-getsu、えんどう本店(山寺)
 
 ※ 遠方の方は、下記までお問い合わせください。
   代金振込後の発送になります。

主催・お問い合わせ:山形ブラジル音楽普及協会
          e-mail:bossacur@ma.catvy.ne.jp
後援:VigoFM78.8MHz



Saigenji(サイゲンジ)プロフィール 
1975年広島生まれ。沖縄〜香港〜沖縄〜東京育ち。 9才の時に「コンドルは飛んでいく」に感銘を受けケーナを始める。
南米の民族音楽フォルクロ−レやブラジル音楽を中心にsoulやjazzなどありとあらゆる音楽を飲み込み、肉体的に吐き出すギタリスト&ボイスパフォーマー、インプロヴァイザ−、ソングライタ−。その圧倒的なエネルギ−に満ち溢れたパフォーマンス、卓越した技術とセンスに裏付けられた存在感は観た者全てを虜にする。独自の観点から生み出される作詞作曲も多方面で高い評価を受けている。
これまでにMISIA、MONDO GROSSO、冨田ラボ、今井美樹、アン・サリー、平井堅、LOSALIOS等にゲストボーカルやギタリストとして、また「IT'S ONLY ROCK'N ROLL (BUT WE LIKE IT) -A TRIBUTE TO ROLLING STONES-」「Felicidade -A Tribute to Joao Gilberto-」「Disney Girls」等、数々のトリビュートアルバムにも本人名義による独自の楽曲解釈で多数参加している。
また、「it's too late」「close to you」「GOLDEN LADY」の超絶カヴァーはFMで大量OAされて話題を呼んだ。
アルバム「Innocencia」からは2曲が映画「東京タワー」にの挿入歌として使用され、「ダイワハウス」「金のごまだれ」「サッポロドラフトワン」などのCMでもSaigenjiの歌声&ギターがOAされている。
2000年〜2004年には年間150本以上のLIVEを行っており、2004年にはシンガポール、パリ、ソウルでもツアーを敢行し、エネルギッシュなパフォ−マンスで聴衆を熱狂させた。
2005年4月には、カエターノ・ヴェローゾのプロデュースワークやモレーノ+2で活躍中のブラジル新世代の気鋭アーティスト"カシン"プロデュースによるブラジル録音を敢行し、4枚目のアルバム「ACALANTO」を完成させた。
2006年7月に5枚目のアルバム「Music Eater」を発売。ここ数年ライブでステージを共にしている同年代のミュージシャンとのバンドサウンドを聴かせる、よりグルーヴィでストレートな内容に仕上がっている。
2007年11月には初のベストアルバム「Selecao(セレソン)」をリリース。

2008年5月に6枚目のアルバム「Medicine for your Soul」をリリース。7月にHMV渋谷店10周年を記念して、HMV渋谷店&HMVサイト限定のライブ盤「LIVE! LIVE! LIVE! vol.1」をリリース。
Saigenji Official web site


小泉"P" 克人 プロフィール
uni-birthのリーダー。1977年6月30日、愛知県出身。
幼少期よりバイオリンを始め、ドラム、ギターと渡り歩きベースに落ち着く。18歳頃からJAZZ、SOULを好んで聴くようになり、セッション、ライブ活動を開始し、多くの素晴らしいミュージシャンと共演。 2001年には、オルガン奏者のKANKAWAのバンド“KANKAWA122”に参加。'03年秋より、日本ジャズベースの重鎮、鈴木勲のグループ“OMA SOUND”に参加し、影響を受ける。'04年より、saigenjiのアルバム「innocencia」、「music eater」やクワトロツアーに参加。その他、様々なレコーディング、ライブに参加。今村祐司グループや今出宏氏の「エプロンズ」、江藤良人TRIO、丈青氏の「JUA」に参加。 最近では、池袋にある“VIVO SOUND STUDIO”で講師として音楽やBASSの楽しさを伝えている。
uni-birth Official web site


福和誠司 プロフィール
1971年5月14日生まれ。
4歳の頃からバイオリンを始め、その後トランペットを学ぶ。武蔵野美術大学のラテン音楽研究会に入ったのをきっかけに、パーカッションを始める。大学生活のほとんどを浅草サンバカーニバルやバンド活動に費やし、そのまま1994年よりプロ活動開始。数多くのアーチストと共演したが、Saigenjiとの共演が一番多 く、日本全国各地だけでなく、韓国、シンガポール、フランスでも共にステージに上がった。演奏ジャンルはサンバ、ボサノバ、サルサ、ポップス、フュージョン、シャンソンなどと幅広く、これまでTHE BOOM、南佳孝、松崎ナオ、オレンジペコ−、saigenji、AKKO、バランサなどに参加。
最近ではピアニストの榊原大のツアーや、二胡のチェンミンのレコーディングにも参加している。


2008.09.23:yama-bra:count(5,611):[メモ/ライブ・イベント]
copyright yama-bra
powered by samidare
community line
http://tukiyama.jp/yamagatan/music/
http://yamagatan.com/
▼この記事へのコメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 管理者の承認後、反映されます。