やまがたでの日々の暮らし・自然・風景

やまがたでの日々の暮らし・自然・風景
ログイン

繁殖の時期を控えて、オスキジは声高らかに「ケンケーン!」と啼き、
しっかり×元気に「縄張り宣言」である。

それぞれのオスキジの、その声の大きさや位置などについては、
その日に拠って異なるが、やはり、繁殖期が近くなればなるほど、
啼き声やホロ打ち(羽を震わせてボコボコと低周波を出す)の大きさ、
容姿のケバさハデさが大きくなり、まるで選挙カーのごときだと思う。

しかし、このキジの容姿については、ちょっと怖い気もするShidareoなのだ。

実は・・・・小学校の「ニワトリ当番」での餌やりの際に、餌の菜っ葉を手に持ったまま
ニワトリ小屋の扉を開けたら、ニワトリ数羽がイキナリ飛び付いて来て
非常に恐い思いをしたのだが、そんな事がトラウマとしてあるからなのかも知れないなぁ。

また同時に、人が恐竜(特にその進化系である鳥類)などに「狩られた」という遠い記憶が
警戒心とか恐怖感となって、潜在的にあるからかも知れない。
またその裏返しとして、人々のいろんな知恵を駆使し、「狩られる」という恐怖感を克服し、
それを「狩る側」へ転じていこうとする志向のベクトルというか、意欲というか、
そんな「食物連鎖上の闘争」みたいなものも、もしかすると内包しているのかも知れない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「マイ畑」も本格化。秋田犬のハナ(♀2歳)も今年も定位置で畑仕事の現場監督である。

 (↑↑↑・・・でも、ホントは、私らと一緒に遊びたそうにして、こっちばかし見ていた。)
2012.04.26:shidareo:count(2,556):[メモ/日記]
copyright shidareo
powered by samidare
community line
http://yamagatan.com/
▼コメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。
powered by samidare