今日 12件
昨日 47件
合計 17,221件

おらんだのシネマティックパラダイス No.91

  • おらんだのシネマティックパラダイス No.91

リスナーの皆さんに、映画音楽と映画情報を

ゆったりとご紹介する番組、

『おらんだのシネマティックパラダイス』

 

第91回の今回は、

『キル・ビル』

 

奇才タランティーノが手掛けたバイオレンスアクション映画です。

バリバリのアクションシーンを見事にこなしたユマ・サーマンは、

1998年公開版のレミゼラブル(リーアム・ニーソン主演)においては、

最新版でアン・ハサウェイが演じたファンテーヌを演じていました…

ちなみに今作のボスのビル役のデビッド・キャラダインには中国武術家の顔も。

 

熱く、激しく、お洒落でいて、不思議な世界。

展開も色合いもキャラクターもすべて、タランティーノワールド全開です。

個人的にぐっときたのは宴会場へのオーレン石井の登場シーン。

布袋さんのギターのなんとハマることか…

ルーシー・リューの「やっちまいなぁ!」 ただただカッコイイ…

 

今回の使用曲は布袋寅泰の有名ナンバー+サウンドトラックから2曲。

1曲目 Battle Without Honor Or Humanity

2曲目 Don't Let Me Be Misunderstood

3曲目 The Lonely Sepherd

 

シネパラの放送時間は

毎週火曜日の 10:00~10:30 と 19:00~19:30

再放送は 土曜日の 13:00~13:30 と

日曜日の 9:00~9:30 と 18:00~18:30の 計5回!

本放送が聴けなかった皆さんも再放送でお楽しみください。

2018.01.23:or-tatsuya:コメント(0):[新着情報]

おらんだのシネマティックパラダイス No.90

  • おらんだのシネマティックパラダイス No.90

リスナーの皆さんに、映画音楽と映画情報を

ゆったりとご紹介する番組、

『おらんだのシネマティックパラダイス』

 

第90回の今回は、

『幸せのちから』

 

実在の人物がモデルの、夢と希望と愛が詰まったサクセスストーリーです。

現代の「The Pursuit Of Happyness 」のスペルが違う(正しくはHappiness)のは、

劇中で描かれる託児所の壁の落書きからきているそう。

モデルとなったクリス・ガードナー本人は、映画よりもさらに過酷な状況下で、

一歳半の息子(劇中では5歳の設定)と共にインターンに臨んでいたそうです。

 

邦題の「幸せのちから」

それは息子がいる、息子のためにも、という“原動力”のことなのか。

幸せになりたりという、“願い、想いの強さ”のことなのか。

クリス自身のひたむきさ、人柄がもたらした“縁”のことなのか。

たぶん全部なんだと思います。

 

父から子へ…

「「お前にはできない」なんて絶対、誰にも言わせるな。俺にでさえだ」

「夢があるなら、それを守り抜け」

まだ成功者でもない、今だ苦難の道を行くクリスの言葉、心に響きます。

 

今回の使用曲は映画のサウンドトラックから。

1曲目 Opening

2曲目 Park Chase

3曲目 Welcome Chris

 

シネパラの放送時間は

毎週火曜日の 10:00~10:30 と 19:00~19:30

再放送は 土曜日の 13:00~13:30 と

日曜日の 9:00~9:30 と 18:00~18:30の 計5回!

本放送が聴けなかった皆さんも再放送でお楽しみください。

2018.01.16:or-tatsuya:コメント(0):[新着情報]

おらんだのシネマティックパラダイス No.89

  • おらんだのシネマティックパラダイス No.89

リスナーの皆さんに、映画音楽と映画情報を

ゆったりとご紹介する番組、

『おらんだのシネマティックパラダイス』

 

第89回の今回は、

『レ・ミゼラブル』

 

全編を通してtheミュージカルな作品です。

肉体派アクションスターとなったヒュー・ジャックマンの低いようで高く透った歌声、

アン・ハサウェイの鬼気迫る、でも哀愁を帯びた歌声…

その瞬間は歌っている人物が主役になる、それぞれの目線で描かれる一つの物語。

 

オーストラリア出身のヒュー・ジャックマンのX-MENウルヴァリン役のきっかけは、

豪州に滞在経験のあるニュージーランド主出身のラッセル・クロウの推薦らしいです。

(最初はラッセル・クロウにオファーがあり、彼が代役に推薦したんだとか)

自らの髪を切ったアンハサウェイ。

囚人役のために8キロ減量したヒュー・ジャックマン。

演技と共に魂のこもったキャスト陣の歌声。

ミュージカルの魅力、映画の魅力、キャストの魅力が詰まった名作です。

 

今回の使用曲は映画のサウンドトラックから。

①曲目 Look Down

②曲目 At The End Of The Day

③曲目 The Confrontation

④曲目 Do You Hear The People Sing ?

 

シネパラの放送時間は

毎週火曜日の 10:00~10:30 と 19:00~19:30

再放送は 土曜日の 13:00~13:30 と

日曜日の 9:00~9:30 と 18:00~18:30の 計5回!

本放送が聴けなかった皆さんも再放送でお楽しみください。

2018.01.09:or-tatsuya:コメント(0):[新着情報]

【56回】おらんだのシネマティックパラダイス

  • 【56回】おらんだのシネマティックパラダイス

リスナーの皆さんに、映画音楽と映画情報を

ゆったりとご紹介する番組

『おらんだのシネマティックパラダイス』

 

第56回の今回は、

カーアクション好き、車好きのファンも多い

『ワイルドスピード』を取り上げました。

 

回を追うごとに激しさを増すカーアクション。

再び集うファミリー。

シーンを贅沢に彩る音楽たち。

 

「金は所詮儚い存在だ。一番大切なのは仲間だ。

今ここにいるファミリーに乾杯」

「仲間に背は向けない、たとえ向けられても」

 

2013に亡くなったポール・ウォーカーへ捧げる

Wiz Khalifa ft. Charlie Puth ♪See You Again

7作目のラストは多くの人の心に残ったはず。

(先日のTV放送では炎上したようですが…)

 

おらんだのシネマティックパラダイス

放送は毎週火曜日の

10:00~10:30 と 19:00~19:30

そして週末の再放送は、

土曜 13:00~13:30

日曜 9:00~9:30 と 18:00~18:30

たっぷり週全5回の放送です。

 

今週もどうぞお楽しみください♪

2017.05.02:or-tatsuya:コメント(0):[新着情報]

おらんだのシネマティックパラダイス

  • おらんだのシネマティックパラダイス

11月29日(火)放送の『シネパラ』

お楽しみいただけましたか?

 

再放送は土曜日の22:00~22:30と、

日曜日の18:00~18:30の2回です。

 

今回取り上げたのはマフィアを描いたあの映画。

自らのファミリーを守り、また拡大するために、何を失い何を得てきたのか。

強固なものを得るために希薄になっていたもの…

映画を通して描かれるテーマは勿論、俳優達の魅力も相まって、大きく話題になったシリーズ作品です。

アノ曲はどこかで一度は耳にしたことがあるはず!

 

(今回のイラストは映画ロゴのパロディ…)

 

シネパラでは皆さんからの曲や映画のリクエスト、メッセージもお待ちしています。

もう一度じっくり聴きたいあの映画曲、番組で取り上げてほしい映画、映画の思い出や想いなど、ぜひメッセージをお寄せください。

 

『わしの言葉を聞くか?』

 -- 「はい」

『わしを信頼しているか?』

 -- 「いついかなる時も」

『ならマイケルに従え』

 

ん~これはずるい(笑)…

 

※来週はこの映画からちょっと延長して、二人おススメの映画をご紹介します(かなりマイナー映画かもしれません…)

 

 

 

2016.12.03:or-tatsuya:コメント(0):[新着情報]