NPO法人美しいやまがた森林活動支援センター

NPO法人美しいやまがた森林活動支援センター
ログイン

「森づくりビジョン検討会  飯豊少年自然の家」のサムネイル「ミニ門松づくり 」のサムネイル「震災復興支援 2016-11-3〜5」のサムネイル「マドンナ・スイス音楽会  イン 乗鞍高原」のサムネイル「Green Gift プロジェクト第3弾〜森のカーニバル〜」のサムネイル
「森づくりビジョン検討会  飯豊少年自然の家」の画像


松枯れが進む森林フィールド(2014.8.20撮影)

Hondaの「家族の冒険プロジェクト」と、吉本パパ芸人達による「PaPa PARK」プロジェクトのコラボで運営されている「進め!家族の学校」が飯豊少年自然の家にやってきました。



織田理事長の“たこじい式かんじき”を作って雪中トレッキング。題して「雪山の学校 in 山形」。
あっという間に募集が締め切られるこの人気のイベントに応募当選したのは、関東や隣県各地から10組の親子37人。



悪戦苦闘して1時間半かけて作ったかんじきを履いて午後には雪山を楽しんでいました。

当センターは、半年前からかんじき材料の確保などの準備を進め、当日はロンドンブーツ1号2号の田村亮さん、2007のツネさんのアシストに10名がスタッフに入り、運営をサポートしました。

ニュースレター「美しいやまがた」1月30日号
「震災復興支援 2016-11-3〜5」の画像
東日本大震災から早6年が経とうとしています。

初動では全国からの支援物の配送、避難所となった飯豊少年自然の家での炊き出し、資津波被災地でのコンサート等etc……。復興支援金も募り、会員の特技を活かした支援を続けてきました。

この度は、被災地岩手県山田町に建つ木製の仮設倉庫の解体・移設の要請を受け、遠征してきました。会員から預かった復興支援基金を遠征旅費に活用させていただきました。

東北の被災地はまだ復興の途上です。


2016年 11月3日〜5日
岩手県山田町船越地区 仮設エリア

“DIY復興ドーム”3棟 解体・移築の支援 

参加者 伊藤副理事長 事務局スタッフ神尾


活動の様子の詳細はこちらをご覧下さい。

螢謄張・ジャパン 復興支援ボランティア白樺隊活動記録(前編)

螢謄張・ジャパン 復興支援ボランティア白樺隊活動記録(後編)

powered by samidare
powered by samidare