NPO法人美しいやまがた森林活動支援センター

NPO法人美しいやまがた森林活動支援センター
ログイン

「マドンナ・スイス音楽会  イン 乗鞍高原」のサムネイル「Green Gift プロジェクト第3弾〜森のカーニバル〜」のサムネイル「第96回 森林(もり)の学校 【7月30-31日】」のサムネイル「第96回 森林(もり)の学校 」のサムネイル「報告 林業体験ツアー 」のサムネイル
「マドンナ・スイス音楽会  イン 乗鞍高原」の画像
間伐材から手作りでアルプホルンを作る「アルプホルンクラブ」の原点は木曽の大桑アルプホルンクラブです。大桑クラブのメンバーを中心に全国の仲間たちがアルペン音楽の聖地・乗鞍高原に集う「スイス音楽会」は、合同演奏や情報交換の貴重な機会です。ここ数年はペンション・マドンナのユッコママこと中原由紀子さんが毎年セッティングしてくださいます。

今年は9月10日、11日の両日、仙台からヨーデルチロリアン、神奈川からアルペンローゼも駆け付けて、高原の空にスイスの音色を響かせました。











「第96回 森林(もり)の学校 【7月30-31日】」の画像
「山形県源流の森」の真夏の「森林の学校」は今年も当センターが企画を担当しました。県内外から37名の参加で真夏の森を思いっきり楽しみました。
当センターの11名のスタッフと源流の森インタープリター12名が運営に当たりました。

隣接する白川ダム湖畔公園での「中津川SNOWえっぐフェスティバル」にも出向いて、雪上宝探しに参加し、夜には大花火大会も堪能しました。






川遊びは水量を慎重に判断して取り止めにしました。
それでも得点を競う森や水辺の生き物探しゲームに子供たちは大奮闘。


捕まえた虫は後で図鑑と見比べながら名前を確認することも忘れません。




二日目は昔ながらのタコを作って飛ばしました。なかなか難しかったプログラムでしたが、スタッフの熱意あるサポートでみんな集中を切らさず挑戦してくれました。


夏休みの貴重な二日間を満喫して全員元気に帰って行きました。
予定では来年の夏は100回を迎えるこの「森林の学校」。
各地から毎回参加するボランティアから多くの体験活動指導者も生まれました。
自然の中での体験を通してたくさんのことを感じて、学んだ大勢の子供たちは
きっとたくましく成長してくれることでしょう。

「第96回 森林(もり)の学校 」の画像
中津川SNOWえっぐフェスティバルと同日開催の「森林(もり)の学校」です。源流の森展望台から大花火大会も堪能しました。

管笠の里・中津川で今年もスゲの刈り取り作業を行いました。
7月24日、事務局スタッフ4名と2名の会員ボランティアが参加しての活動の様子です。

予想していたアブの襲撃もなく、着々と作業は進みました。

山形から電車を乗り継ぎ初参加の中津川大好きなお母さん


森と暮らしの学校校長のタコジイもまだまだ現役


ダントツに作業の早い伊藤塾長


昨年の経験を活かして顔を完全防御の素敵なお姉さん。これでは判らない。


学校前の広場に広げて天日干し


昼はみんなで美味しい冷やし中華作って食べたり、森の中でトラックがスタックしてとうとう小屋集落のオジさんに救援を頼んだりと、刺激的なエピソードは記録する余裕もなく、参加者だけの思い出となりました。

なお、刈り取ったこれらのスゲは、あと2日ほど天日干し、選別調製して、菅笠やクラフト材料として活用されます。

皆さんお疲れ様でした。


Green Gift プロジェクト第3弾 狄垢離ーニバル 募集案内は こちらをご覧ください。
「報告 林業体験ツアー 」の画像
昨年から試作品の燃焼試験を繰り返して開発してきた携帯ペレットコンロがようやく完成しました。



並行して「自ら木を斬ってコンロのペレット燃料を作って見よう」とのハードな体験メニューで、首都圏のユーザーを想定し宣伝してきた体験ツアーにこの度訪れた女子二名。その奮闘ぶりは・・・

日刊「美しいやまがた」1003号 1004号 に掲載しました。








県民の森は昆虫の森

7月24日(日)親子で楽しむ自然観察会はいかがですか。
夏休みの自由研究のネタがいっぱいあるよ。

詳しくはGreen Gift プロジェクト第2弾〜生き物みっけ〜 募集案内をご覧下さい。

山形県源流の森の案内人インタープリターの養成講座が始まりました。第1回は基礎講座として6月25、26日源流の森を会場に開催され、中津川に魅せられた当センター会員の一人も受講しました。(主催:置賜総合支庁森林整備課)

講師をつとめたトトローンの日刊「美しいやまがた」1001号にふさわしい記事です。



9月3日(土)、10月29日(土)には専門講座が予定されています。
日刊「美しいやまがた」1000号 祝々と発行です。

6月10日、当支援センター織田理事長は山形県観光物産協会より観光物産事業功労者6個人、3団体の一人として表彰を受けました。

「中津川森と暮らしの学校」ではこれからも皆様のご支援、ご協力を頂きながらスゲ・クラフト・プロジェクトによる菅文化の振興に努めて参ります。

節目となる第10回通常総会が賛助会員である宮内のいとや旅館を会場に開催されました。新しい展開に期待が持てる年になりそうです。
一層の応援、ご協力をお願い致します。
----------------------------------------------------------------
会員の皆様には年会費の納入依頼を6月上旬に発送致します。
正会員 6,000円 賛助会員 一口3,000円

なお、新たに正会員となられる方には、別途入会金(6,000円)をお願いしております。
----------------------------------------------------------------

powered by samidare
powered by samidare