長井市西置賜郡医師会

長井市西置賜郡医師会
ログイン

プロフィール
 長井市西置賜郡医師会は、天保9年(1838年)に月例会を草創し天保12年(1841年)には「会業記録草稿」や「法律十条」を決めたという古文書があり、輝かしい歴史と伝統をもった医師会です。
 
 さらに、明治40年4月26日(1907年)西置賜郡医師会設立発起人会を開き、正式に医師会を設立しました。昭和29年の市町村合併により現在の長井市と西置賜郡の小国町、白鷹町、飯豊町の1市3町の行政区域の医師会となりました。

 この長井西置賜地区は全国的にも有名な豪雪地帯で、昭和38年のいわゆる38豪雪には小国町が1週間にわたり孤立し自衛隊の出動を要請した事があります。

 したがって昔から医療活動には困難をきたし、特に冬季間には身の危験を感じることもしばしばです。昭和45年の「過疎地域対策緊急措置法」による無医地区が当時20数箇所にのぼったことでもおわかりいいだけると思います。

 このような地域ですので近年の少子高齢化現象は顕著で飯豊町、小国町、白鷹町の高齢化率は25%のラインを軽くオーバーして県下の10指に入っています。

 現在、医師会会員一同は介護保険の審査、住民一般検診等々に全面的に協力しており、これからも地域医療に貢献して行くつもりです。


※当サイトは、samidare 規約個人情報保護に同意しています。
※当サイト内の記事と画像の著作及び責任の所在は投稿者に帰属します。
※当サイトへのお問い合せはこちら
Powered by samidare
powered by samidare