HOME > 記事一覧

【DND連載】 EMの波動作用

  • 【DND連載】 EMの波動作用
【DND連載】『第78回 EMの波動作用』

が掲載されていましたのでご紹介します。





以下は、記事の抜粋です。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
EMの波動作用については「健康生活宣言18号、20号」「船井メディア2013、12月号」でも詳しく述べたが、その応用は無限大で、EMの万能性の根幹をなすものと考えている。今のところ、その存在は明らかであり、再現性もあり、省エネや電磁波対策、放射線対策など様々な分野で応用され、期待通りの成果を上げているが、仮説的には重力波であり、現実的には電気抵抗(磁気)がなく電子のみを賦与する超伝導的な波動である。


・・・効果の発現は、土壌の汚染度、電磁波レベル、環境圧(気象的負荷)等々によって異なるが、EMの施用量を増やし、ペットボトルの数を増やせば、必ず効果が現れるものである。これから、このような結界技術を活用したい人は、廣瀬さんの3年目の方法を参考にする方が無難である。報告を寄せ下さった廣瀬さんに感謝したい。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★





詳細については、下記をクリックすると掲載ページが開きますのでどうぞご覧ください。
↓↓↓
◆第78回 EMの波動作用
2014.01.19:masuda:[□EM活用事例]

【連載 新・夢に生きる】 タイ国ラジャマンガラ工科大学名誉博士号授与

  • 【連載 新・夢に生きる】 タイ国ラジャマンガラ工科大学名誉博士号授与
EMの開発者・比嘉照夫教授書き下ろしの「新・夢に生きる」第78回目のご紹介 です。



以下は、記事の抜粋です。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
・・タイにおけるEMの活用状況については、本サイトはもとより、私の著書にもDNDなどでもたびたび紹介しましたが、名誉博士号の授与のきっかけとなったのは2011年10~11月に起こったタイの歴史的(1000年に1度)大洪水後のEMによる衛生対策です。本件についてはEM研究機構にも国の専門対策委員会に対する参加要請もあり、私も顧問的な立場で協力しましたが、詳しくは本サイトやDNDや「新・地球を救う大変革」でも述べたとおりです。

・・・今回の訪タイを機に、これまでの農業と環境中心のEM技術に加え、医療健康、土木建築、各種工業、エネルギーおよび省エネ分野にもシフトし、EMの未来型モデルをさらに発展させたいと考えています。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


詳細については、
下記をクリックすると掲載ページが開きますのでどうぞご覧ください。
↓↓↓
◆連載 新・夢に生きる 第78回 「タイ国ラジャマンガラ工科大学名誉博士号授与」
2014.01.19:masuda:[□EM活用事例]

【DND連載】 EMの抗ウイルス効果

  • 【DND連載】 EMの抗ウイルス効果
【DND連載】『第77回 EMの抗ウイルス効果』が掲載されていましたのでご紹介します。



以下は、記事の抜粋です。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★病気の大半は、免疫力の低下によって引き起こされることは、今や常識となっており、免疫力を高めればウイルス性のワクチンはもとより、大半のワクチンは不要ということである。風邪は万病の元とも言われるが免疫力が低下した場合に風邪をひくという現実を考えると、その根本的な対策は、免疫力を下げない生活が本質的な問題解決である。 その具体的な答えは、これまでくり返し述べたように、EMを空気や水の如く使うEM生活に徹することである。(EMと打てばインターネット上に無限的な情報がある) EMによる抗ウイルス作用は、植物に始まり、家畜やエビや魚のウイルスに常識的に活用されるようになり、トリインフルエンザ、口蹄疫、一般的なインフルエンザに対してもその効果は明確である。★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



詳細については、下記をクリックすると掲載ページが開きますのでどうぞご覧ください。
↓↓↓
◆第77回 EMの抗ウイルス効果
2014.01.06:masuda:[□EM活用事例]

【連載 新・夢に生きる】 ブータンの学校教育におけるEM活用

  • 【連載 新・夢に生きる】 ブータンの学校教育におけるEM活用
EMの開発者・比嘉照夫教授書き下ろしの「新・夢に生きる」第77回目のご紹介 です。



以下は、記事の抜粋です。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
・・・ブータンは国全体が世界自然遺産となっているため、化学肥料や農薬をやめて有機農業への転換を進めています。EMも生ごみリサイクルや家畜の糞尿の有機肥料化に広く活用されるようになってきましたが、この広がりは学校の自給農園システムが大きな力となっています。

ブータンの高校の大半は全寮制となっています。厳しい山岳地帯で交通の便が限られているからです。そのため、各学校には寮生活のための自給農園があり、その農園でEMの活用が積極的に行われています。卒業して農山村部に戻る生徒も多いため、APNAN(アジア・太平洋自然農業ネットワーク)が積極的に支援することになりました。・・・
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


詳細については、
下記をクリックすると掲載ページが開きますのでどうぞご覧ください。
↓↓↓
◆連載 新・夢に生きる 第77回 「ブータンの学校教育におけるEM活用」
2013.12.10:masuda:[□EM活用事例]

11月24日(日) ”住宅デー” に 出展!!

  • 11月24日(日) ”住宅デー” に 出展!!





山形建設労働組合第36回 住宅デー

【日時】11月24日(日)
    AM10:00~PM3:45
【場所】山形ビックウィング第3・4展示場



『自然素材の健康住宅』 の資料を展示します。











2013.11.24:masuda:[□EM活動レポート]