作品

表の文字よりも、張り付けている物も紙にこだわりました。置き場所を考慮して、後で両角下に新たに付けることにしました。

 

文字は1枚にこだわりました。土台の部分は、中に紙で補強しています。

 

漢字にも挑戦しています。”未”はまさに1枚を折り曲げて作っています。

その日、完成したと思っても、次の日見れば、まだまだ未完成と思ってしまいます。

でも、あきらめず、試みようという思いで作りました。

紅花を作ってみました。糸の点以外を1枚で作るのにちょっと骨が折れました。エは慣れれば比較的簡単で、それぞれの長さを変えることで応用できそうです。

2016.07.04:korogumam:コメント(0):[コンテンツ]

実用折紙の本

 

本では、上の写真のように紹介しています。

折り方を分類し、図解にて紹介しています。

文字を作成するための図面を一通り(英字の大文字、小文字、数字)載せました。中には1枚で作れないものもあります。最初なので、簡単な形にしてみました。最近も、新たな発見があります。

 

 

 

自費出版した本で、スペード、ハート、ダイヤ、クラブも1枚の紙で作れます。

実用折紙は、”一つのデザインを作るにはこの折り方です。”というのではなく、折り方を分類して、パターンを組み合わせて作るという、考えて作る折紙です。基本は”紙を道具として使えないか?”という思いから生まれた本です。

 

 

本のご注文に関しては、(090-1066-0413)まで、電話をいただければと思っております。

 本の値段は1800円ですが、郵便での郵送の場合、215円かかりますので、合計2015円です。

振り込みの確認後、お送りしますのでよろしくお願いします。

振込先は、

ゆうちょ銀行からなら 口座記号18500 番号6693341 です。

ほかの銀行からの振り込みの場合

 店名 八五八(読み ハチゴハチ)  店番858 普通預金(口座番号)0669334

口座はゆうちょ銀行なので、郵便局からの振り込みなら、手数料をかけずに払えるので、お勧めします。

本を送る際、お礼状を入れると定形外郵便物扱いで250円になるそうなので、ご了承ください。

 

2015.12.07:korogumam:コメント(0):[コンテンツ]

教室を開くにあたって・・・

現在、上山市の長屋門ギャラリーにて、月1回の予定で教室を開いております。

しかしながら、わかりづらいことがあるようですし、難しいと思われる方もいるかもしれません。大変申し訳ございません。試行錯誤中でありますので、ご了承ください。意見を受け付けながら、改善を図っていきますので、よろしくお願いします。

6月の教室では、午前の部と午後の部に分けます。

午前は 10:00 開校  出入り自由、質問など受け付けます。 

    10:30 教室始まり

    12:00 教室終わり

午後は 13:00 出入り自由質問など受け付けます。

    13:30 教室始まり

    15:00 教室終わり

1回、一人500円をお願いします。これは材料となる ”紙代” を含みます。

午前と午後の両方なら、1000円となりますので、よろしくお願いします。

できるだけ道具は準備いたします。

7月23日PM6:00~8:00、長井市の桑島記念館にて、実用折紙教室を行う予定です。こちらも500円となりますが、対象は小学校の高学年以上。小学生は300円です。尚、この日は、実用折紙の本を購入または持参した方には、無料でお教えします。

こんな本ができました。当面は出店先かHAKOMISEで販売予定です。1800円ですのでよろしくお願いします。

予約を入れたい方、質問等は、お問い合わせにメッセージをお願いします。

2015.05.20:korogumam:コメント(0):[コンテンツ]

・・・実用折紙教室・・・

  • ・・・実用折紙教室・・・
  • ・・・実用折紙教室・・・
  • ・・・実用折紙教室・・・
  • ・・・実用折紙教室・・・
  • ・・・実用折紙教室・・・

2016年1月17日現在に公開した作品

 

実用折紙教室の開催予定

2016年1月12日(火)AM10:00~PM3:30上山市の長屋門ギャラリー

2016年1月23日(土)PM1:30~3:30長井市の桑島記念館

です。

 

実用的な折り方を集めました。いずれも、教室で作り方を紹介します。

なんと!、2015年3月に文字を作ることができるようになりました。

そこでご紹介します。

”K”、”B”、”E”など、1枚の紙を折ってできないものはありますが、

帯状の紙を折り曲げることで、文字などを表現する方法を見つけることができました。

7月1日現在、7月10日には本が完成する予定になりました。本屋さんにはまだ、置ける体制がとれていませんが、出店のなかで紹介していきます。

 

 

最近知った箱の折り方です。長方形の紙に適した折り方ですね。

 

オリジナルです。左は紹介文を記載して、伝言用に使えます。右はいろんなものに貼り付け、取手として使えます。

 

包装紙を使って財布を作りました。実際、私は使っています。

右はお菓子や、小さな小物を入れて、プレゼントをするのに使える折り方で、左はその途中の状態です。

 

住分箱を使って、町を作ってみました。

A3サイズの色紙を折り曲げて作っています。

ひな壇を作りました。これはオリジナルです。紙はカレンダーを使用しています。この雛壇は一枚で折り曲げ、テープで固定しただけです。折り曲げる前に、絵を描けば、いろいろ膨らみそうですね。

このひな壇から進化しました。

左はA3サイズのケント紙を折って作っています。

右はA2サイズに合わせて作りました。

いずれも切ることなく折り曲げて作っています。形がスマートになり、強度もあります。重量は1Kg位載せても大丈夫でした。

 

ここで問題です

メモ紙を折り曲げて作れる角度として、上の写真のように折れば、45度は作れます。

では、30度や60度はほかに道具を使わず、(メモリ付きのマットもダメ)折り曲げるだけで作れるのですが、どう折ればいいでしょう?

 

 

答えは教室に来ていただいた方にお教えします。

2014.12.23:korogumam:コメント(0):[コンテンツ]

メモ立て付き置物

メモ立て置物です。写真やはがき、メモを立てることができるので、伝言用にまたは鑑賞用にご使用ください。

手前の商品は、数字や文字が表示してあります。さいころとしても使用できます。紙でできているので、息を吹きかけるだけで簡単に移動します。

平成26年6月20日、手前の数字の入っているものが ”メモ立て付き多面さいころ” として意匠登録しました。登録番号は 第1502724号 です。今後はほかの使い方も開発中です。

メモ立て付き置物の色が増えました。

これは、一枚の紙をつないで丸くして、折り曲げたものです。実際に見ていただければ、結構疑問に思うのではないでしょうか?

2014.06.13:korogumam:コメント(0):[コンテンツ]