インバート桝の確認

  • インバート桝の確認
こんにちは。松田です。

今日は、お住まいのお手入れ方法のご紹介をします。

~インバート桝の確認~

トイレやお風呂、洗面などの排水の流れが悪い・・・と感じた時には、排水管の詰まり他にも原因がある場合があります。

外の桝のフタを開けて、インバート桝の中を覗いてみて下さい。



インバート桝内に、庭木の根が繁殖していることがあります。
まさかこんなところに・・・と思ってしまいますが、自然の力は偉大です。



インバート桝の近くに植木がある場合は、1年に1回、桝のフタを開けて中の確認をしましよう。

植木の根が桝の中まで入り込み、下水の流れを詰まらせてしまうことがあります。

皆様、お気を付け下さい。
2019.02.17:kg-matsuda:コメント(0):[コンテンツ]

innba-to

2019.02.16:kg-matsuda:コメント(0):[コンテンツ]

蓄熱暖房機のお掃除の仕方

  • 蓄熱暖房機のお掃除の仕方
こんにちは。松田でーす。
今日は節分、季節の変わり目となりました。


さて、暖房機の使用する時期もあと2ヶ月くらいでしょうか・・・。
使う時期が終わったら、頑張ってくれた暖房機をお掃除をして使いましょう。


今日は蓄熱暖房機のお掃除の方法です。
蓄暖の内部にあるファン回転内部にほこりやゴミがたまると・・・
送風能力が落ち、室内に暖かい風が送れなくなります。

最初に、蓄暖右側のカバーをはずします。
ビスカバーをはずし、ビスをはずします。


配線に気をつけ、ほこりを吸い取ります。



ファン回転内部は掃除機ホースの先に細いホースをテープなどで取付、ファン内部のほこりを吸い取ります。



ファン内部は回転させながら掃除をしますので、鉄板の角で手を切らないように十分お気をつけ下さい。
ケガの防止に薄い手袋をして行うと良いと思います。



お掃除の目安はフィルターが3ヶ月に1回、回転部が1年に1回です。
2019.02.03:kg-matsuda:コメント(0):[コンテンツ]

冬は、外の点検が大切です。

  • 冬は、外の点検が大切です。
こんにちは。松田です。

ボイラーのお湯がでない。
エアコン室外機がカラカラ音がする。

このようなことが起きたら・・・。


◎ボイラーのお湯がでない場合

凍結防止コンセントが入っていないことがあります。
まず、コンセントを入れ、外に出ている給水バルブ付近が氷りやすい所なので、ドライヤーで温めるなどでお湯が出ます。



◎エアコン室外機がカラカラ音がする

室外機の上の雪が溶け、内側に氷などがつき、羽と擦れてカラカラ音がするなど。
こんな事もあります。



冬は、外の点検が大切です。
2019.01.20:kg-matsuda:コメント(0):[コンテンツ]

止水方法

  • 止水方法
こんにちは。松田です。

今日は急な水漏れの対処方法についてご紹介します。


◎家全体の水を止める


量水器の中のバルブを閉める。

止水栓を閉める


止水栓を閉める(この様な場合もあり)



◎ボイラーだけ止水する場合


石油ボイラー・ガスボイラーの給水ハンドルを回して止水。


冬期間は止水しても、電源を抜かないでください。
ボイラー内部の配管が凍結します。

◎温水器・エコキュート

貯湯タンクの蓋を外す



中のバルブを閉める


2019.01.06:kg-matsuda:コメント(0):[コンテンツ]