やまがた発 旅の見聞録

やまがた発 旅の見聞録
ログイン

「【#1002】芭蕉の足跡を訪ねて 〜最上町(09月4週)」のサムネイル「【#1001】修験道の聖地 羽黒山を行く! 〜鶴岡市(09月3週)」のサムネイル「【#1000】むらやまで自然体験! 〜村山市(09月2週)」のサムネイル「【#0999】おきたまローカル線の旅 〜南陽市・長井市(09月1週)」のサムネイル「【#0998】おきたま ほっこり旅 〜高畠町・川西町(08月4週)」のサムネイル「【#0997】国道112号 グルメドライブ 〜寒河江市・西川町(08月3週)」のサムネイル「【#0996】鳥海山で湧水めぐり 〜遊佐町(08月2週)」のサムネイル「【#0995】新庄まつりへGO! 〜新庄市(08月1週)」のサムネイル「【#0994】夏休み!親子で楽しむ庄内旅 〜鶴岡市(07月4週)」のサムネイル
「【#1002】芭蕉の足跡を訪ねて 〜最上町(09月4週)」の画像


松尾芭蕉の足跡を辿って、最上町を旅します。
芭蕉が実際に泊まった建物を見学し、
難所と言われた山刀伐峠を歩きました。
また、芭蕉が食べたとされる食材を使った
創作料理もいただきました。

現在は、
整備された山刀伐峠。当時、うっそうとした
藪の中を歩いた芭蕉は、よほど健脚だったんですね。




封人の家
芭蕉が、実際に泊まった宿として現存する唯一の建物。
ここでは、人と馬が一つの屋根の下で暮らす光景を
目の当たりにしました。



山刀伐峠
「奥の細道」最大の難所と言われた峠。
芭蕉は、尾花沢の紅花商人、鈴木清風に会うため、
この峠に挑みました。
問い合わせ 最上町観光協会
電話:0233-43-2233



芭蕉茶屋
山刀伐峠の登山口近くにある野菜の無人販売のお店。
6月から11月いっぱいまでほぼ毎日営業しています。



湯守の宿 三之亟
今回、赤倉温泉でお世話になった、
清流小国川沿いに建つ、370年以上続く老舗。
館内は、昭和初期を思わせるレトロな雰囲気で、
独自に提供している創作料理「芭蕉膳」を
いただきました。
電話:0233-45-2301
URL:http://3nojo.com/



次回は・・・


山形の秋の風物詩、芋煮会を体験します。どうぞ、お楽しみに。
「【#1001】修験道の聖地 羽黒山を行く! 〜鶴岡市(09月3週)」の画像



番組動画配信中!


出羽三山の玄関口、羽黒山を巡ります。
最初に訪れた「いでは文化記念館」では、
ほら貝吹きに挑戦。
荘厳な雰囲気漂う参道で、爺杉や五重塔にも出会い、
古くから伝わる精進料理もいただきました。

出羽三山は、
月山、羽黒山、湯殿山がそれぞれ、過去、現在、未来を表し、
生まれ変わりの山とも言われているんです。




いでは文化記念館
修験の世界を学び、体験できる施設。
今回、エドさんはホラ貝吹きを体験しました。
電話:0235-62-4727
URL:http://www.tsuruokakanko.com/haguro/kankou/ideha.html



羽黒山
山岳信仰・修験道の聖地。全長1,7キロの参道には、
国の天然記念物にも指定されている杉並木が続きます。
最初の坂の上り口にある五重塔は東北地方最古の塔です。
URL:http://www.dewasanzan.jp/



斎館
300年以上続く参籠所で、宿泊、食事に
利用することができます。
古くから伝わる精進料理は、この地域の伝統野菜や
旬の食材を使ったものが中心です。
電話:0235-62-2357



お休み処 Zuisin門
羽黒山表参道付近にあるお休み処。
おすすめの「うちの田んぼのお米パン」と、
庄内柿を使ったジャムをいただきました。
電話:0235-62-3089



次回は・・・


最上町を旅します。どうぞ、お楽しみに。
「【#1000】むらやまで自然体験! 〜村山市(09月2週)」の画像



番組動画配信中!



山形県の内陸部に位置する村山市を旅します。
野菜の収穫やトラクターで畑の整地など、
大自然を満喫。
また、バラ公園では、「食べるバラ」も
いただきました。


豊かな自然の中で育った
サニーレタス、みずみずしくておいしいですよ。




自然体験交流施設 やまばと
山の内小学校の校舎を改築した施設で、
豊かな自然や伝統文化を体験することができます。
今回は、サニーレタスの収穫、トラクターの運転、
浅漬け作りを体験しました。
電話:0237-57-2822
URL:http://www.city.murayama.lg.jp/0650manabisport/shisetsu/yamabato.htm



バラ交流館
東沢バラ公園では、「食べるバラ」が好評。
「ローズヒップ麺」は、ローズヒップが練り込まれた麺、
ローズヒップティーと醤油ベースのたれを
ミックスさせたスープが人気のメニューです。
電話:0237-55-8880
URL:http://murayama-kanbutu.com/supot/126-2010-04-08-11-44-41.html




次回は・・・


出羽三山のひとつ、羽黒山を旅します。
どうぞ、お楽しみに。
powered by samidare
powered by samidare
ログイン

「【#1171】夏の湯野浜を旅する〜鶴岡市(7月5週)」のサムネイル「【#1170】湯のまち癒しの旅〜上山市(7月4週)」のサムネイル「【#1169】りんごとワインの里を旅する〜朝日町(7月3週)」のサムネイル「【#1168】羽黒山 生まれかわりの旅〜鶴岡市(7月1週)」のサムネイル「【#1167】ダリヤの里を旅する〜川西町(6月4週)」のサムネイル「【#1166】巨木めぐりの旅〜最上地方(6月3週)」のサムネイル「【#1165】サクランボの里を巡る旅〜寒河江市(6月2週) 」のサムネイル「【#1164】古里ふれあい旅〜村山市(6月1週)」のサムネイル「【#1163】山の名湯 肘折温泉〜大蔵村(5月4週)」のサムネイル
【#1171】夏の湯野浜を旅する〜鶴岡市(7月5週)
「【#1171】夏の湯野浜を旅する〜鶴岡市(7月5週)」の画像


羽田空港から庄内空港までわずか1時間。
そこから車で10分ほど走れば、鶴岡市の湯野浜に到着です。




湯野浜海岸
湯野浜は澄んだ海と美しい白浜が広がり、すぐ目の前には温泉旅館が立ち並ぶ、
日本海側では有数のリゾート地です。海水浴はもちろん、親子でカヤックツーリングを
楽しむこともできます。
電話:0235-75-2258(湯野浜温泉観光協会)
HP:湯野浜温泉観光協会




竹屋ホテル
湯野浜温泉の中央に位置する温泉旅館。目の前がすぐ海水浴場で、館内はどこからでも
雄大な日本海を眺めることができます。こちらでは炭で豪快に魚を焼いた「浜焼き」が
名物料理。出来立て熱々を頂くことができます。
電話:0235-75-2031(竹屋ホテル)
HP:竹屋ホテル




ファーマーズマルシェ
湯野浜海岸の砂丘地を利用し、独自の栽培方法で生産した有機野菜などを販売するお店です。
トマトは特に有名で甘みと旨味がぎっしりと詰まっています。
こちらでは、その自慢のトマトを使った珍しいジェラートが頂けます。
電話:0235-68-5806(ファーマーズマルシェ)
HP:窪畑ファームHP



クラゲドリーム館
湯野浜から車で5分ほど海岸線を南に向かった場所にある人気の水族館。クラゲの展示種類が実に
50種類以上。世界一ということでギネスブックにも認定されています!館内には直径5メートルの
丸型の巨大な水槽があり、水クラゲが優雅に泳ぐ姿は圧巻です。
電話:0235-33-3036(クラゲドリーム館)
HP:クラゲドリーム館



次回は・・・


遊佐町が旅の舞台!
町を代表する湧水を巡り、岩牡蠣を食べ、最後は温泉!
どうぞ、お楽しみに


やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
2016.07.19:kenbunrokuコメント(0):[メモ/コンテンツ]
【#1170】湯のまち癒しの旅〜上山市(7月4週)
「【#1170】湯のまち癒しの旅〜上山市(7月4週)」の画像


東京駅から山形新幹線に乗り2時間半で上山市。
上山市は奥羽三楽郷の一つと呼ばれる山形でも指折りの名湯ある温泉まちです。


番組動画配信中!



蔵王かみのやま温泉クアオルト
このクアオルトは、蔵王や里山など森の中を心拍数を計りながら自分のペースに合わせて歩くという
運動療法。上山はこれに温泉を組み合わせた滞在型の健康保養地として人気があります。
ガイドの案内のもと8つのコースが楽しめます。
電話:023-672-1111(上山温泉クアオルト協議会)
HP:上山市HP内




名月荘
客室が20室という隠れ家的な純和風の温泉旅館です。温泉はもちろん、1日8名限定という
カウンターダイニングもあり、料理人と会話をしながらリッチな空間で食事を楽しむことができます。
電話:023-672-0330(名月荘)
HP:名月荘




名月荘ヨガ
名月荘の敷地内には森に囲まれたヨガルームがあります。専属のインストラクターの指導を受けながら、
宿泊の方はもちろん、予約をすればいつでもヨガをすることができます。
電話:023-672-0330(名月荘)
HP:名月荘HP内





今週のプレゼント



山形県産の「枝豆」を5名様に




次回は・・・


鶴岡市の湯野浜が旅の舞台!
夏の庄内の魅力がいっぱいです!
どうぞ、お楽しみに


やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
2016.07.08:kenbunrokuコメント(0):[メモ/コンテンツ]
【#1169】りんごとワインの里を旅する〜朝日町(7月3週)
「【#1169】りんごとワインの里を旅する〜朝日町(7月3週)」の画像


東京駅から山形新幹線で山形市まで2時間半。そこから車で40分ほどで朝日町に到着です。
山間の自然豊かな朝日町は、国内で高い評価を得ているリンゴとワインが名物のまち。

番組動画配信中!



朝日町ワイン
朝日町は地元で採れるブドウを使ったワインの製造を長年続けているワインのまち。こちらは
お城のような建物からワイン城とも呼ばれる製造工場です。観光施設を兼ねており、工場見学や
数多くのワインの試飲ができます。
電話:0237-68-2611(朝日町ワイン)
HP:朝日町ワイン




Asahi自然観
Asahi自然観は、宿泊はもちろんキャンプ場やスキー場など四季を通じて自然を満喫できる施設が
揃った場所です。近くには全国でもここにしかない「空気神社」があります。
電話:0237-83-7111(Asahi自然観)
HP:Asahi自然観




りんご温泉
りんごの町ならでは名前がついた日帰り温泉施設です。名前ばかりではなく、こちらでは生のりんごを
温泉に浮かべた変わったお湯が楽しめます。お湯は強アルカリ泉質で肌がすべすべになるという、
あったまりの湯です。
電話:0237-67-7888(りんご温泉)
HP:りんご温泉





次回は7月16日放送


上山市が旅の舞台!
ヨガに挑戦した弘道さん。すごいんです!
どうぞお楽しみに

やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
2016.07.01:kenbunrokuコメント(0):[メモ/コンテンツ]
コンテンツ
ログイン
powered by samidare
powered by samidare