やまがた発 旅の見聞録

やまがた発 旅の見聞録
ログイン

「【#1243】(再)大正ロマンにタイムスリップ〜尾花沢市(2月3週)」のサムネイル「【#1242】地面出し競争 肘折〜大蔵村(2月2週)」のサムネイル「【#1241】ワイン列車の旅〜南陽市・長井市・白鷹町(2月1週)」のサムネイル「【#1240】ちょっと変わった冬のまつり〜上山市(1月4週)」のサムネイル「【#1239】冬のんまいもの〜鶴岡市(1月3週)」のサムネイル「【#1238】(特別編)東京見聞録〜東京都(1月2週) 」のサムネイル「【#1237】蔵王に行こう〜山形市(12月4週)」のサムネイル「【#1236】(再)やまがたのんまいもの〜舟形町・大石田町(12月3週)」のサムネイル「【#1235】大正ロマンにタイムスリップ〜尾花沢市(12月2週)」のサムネイル
「【#1243】(再)大正ロマンにタイムスリップ〜尾花沢市(2月3週)」の画像


今回は去年12月に放送した尾花沢市にある銀山温泉の旅の再放送です。



番組動画配信中!




銀山温泉
銀山温泉は開湯400年、江戸時代から歴史を刻む東北を代表する名湯の一つ。
大正末期から昭和初期にかけて建てられた洋風の木造建築が連なり、大正ロマン漂う温泉街です。
電話:0237-28-3933(銀山温泉案内所)
HP: 銀山温泉組合HP






あいらすげーな
銀山温泉の入り口にある貸衣装屋。温泉街を大正ロマンの衣装を着て歩くことができます。
なお、お店は冬の間は閉店しますが宿泊するお客さんは予約をすれば借りることが可能です。
電話:0237-28-2811(あいらすげーな)
HP: あいらすげーなHP







古山閣(こざんかく)
銀山温泉を代表する木造建築の一つで、当主は18代目という老舗旅館です。宿の外壁には
「こて絵」と呼ばれる装飾が施されています。こて絵は左官職人が使う「こて」で漆喰を塗り
絵などを描いたもの。また館内は大正時代の建築様式がそのまま残る風情ある空間が広がります。
電話:0237-28-2039(古山閣)
HP:古山閣HP






八木橋商店
温泉街の奥にある酒屋さん。山形県内各地のお酒があり、立ち飲みができます。
また店内にはお土産もあります。
電話:0237-28-2035(八木橋商店)
HP:八木橋商店HP





伊豆こけし工房
酒屋さんのさらに奥、100年近く続く老舗のこけし屋さんです。こちらでは、生まれた時の
身長と体重と同じ大きさに作ってくれる誕生こけしや単三電池を単一電池に変換できる、
電池交換こけしというユニークなこけしもあります。
電話:0237-28-2161(伊豆こけし工房)
HP:伊豆こけし工房HP





はいからさんのカリーパン
伊豆こけし工房の川向にある「はいからさん通り」というお店の名物。カリーパンはちょっと辛めの
大人の味で、カリッとしてモチッとした食感が人気で夕方には売り切れてしまうこともあります。
電話:0237-28-3888(はいからさん通り)
HP:はいからさん通りHP





滝と蕎麦の宿「瀧見舘」
銀山温泉の高台に佇む隠れ宿。こちらでは四季折々の山々と滝をみながら露天風呂に入ることができます。
館内は和風の落ち着いた雰囲気で、里山の料理と打ち立ての蕎麦をいただけます。
電話:0237-28-3888(瀧見舘)
HP:瀧見舘HP





江戸屋
銀山温泉街にある土産店。地元でしか手に入らない珍しいお土産がそろっています。
店の前には昔懐かしい赤いポストがあり、絵はがきなどを実際に送ることができます。
電話:0237-28-2038(江戸屋)
HP:江戸屋HP











次回は・・・


豪雪地として知られる山形県の西川町を旅します!
地元に今なお残る伝統の和紙を使ったぼんぼり作り
さらには、一足早くお雛様で春気分!
どうぞお楽しみに



やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
「【#1242】地面出し競争 肘折〜大蔵村(2月2週)」の画像


今回は山形県の北部、最上地域の大蔵村肘折の旅。肘折は日本でも一、二位を争う豪雪地です。
この豪雪を利用したユニークな大会「地面出し競争」を体験しました。



番組動画配信中!




肘折温泉
肘折温泉はおよそ一万年前の火山活動で湧いた名湯で、古くから湯治場として愛されてきました。
温泉街には旅館やお土産店が立ち並び、今なお湯治場風情を色濃く残しています。
電話:0233-75-2105(大蔵村産業振興課商工観光係)
HP:大蔵村HP内






地面出し競争ワールドカップ
肘折温泉を舞台に開かれている冬の風物詩。肘折温泉は日本随一の豪雪地として知られ、毎年
4メートルほどの雪が積もります。地面出し競争は雪を掘り、どれだけ早く地面にたどり着けるかを
チームで競う大会で、県内外はもとより海外からも参加者が集う人気のイベントです。
電話:0233-75-2212(「Oh!蔵SPORT」事務局)
HP:地面出し競争公式サイト







そば処寿屋
温泉街のすぐ近くにあるそば屋さん。良質の国産玄そばをその日に製粉し、挽き立て、打ち立て、
ゆで立てのそばを頂くことができます。地元で採れるなめこや山菜をたっぷりのせた蕎麦は、
ここならではの味わいです。
電話:0233-76-2140(そば処寿屋)
HP:そば処寿屋HP





手彫り洞窟温泉「松屋」
創業350年という老舗旅館。地元で採れる山菜やきのこ、庄内浜の海の幸など旬の食材を使った
料理を味わえます。そして名物が、およそ40メートルの洞窟の先にある手彫り洞窟風呂。お湯は
もちろん天然温泉の掛け流し。美肌の湯であり、血行促進にも効果があると言われています。
電話:0233-76-2041(手彫り洞窟温泉「松屋」)
HP:松屋HP










次回はアンコール放送



12月に放送した尾花沢市の銀山温泉
「大正ロマンにタイムスリップ」をお送ります。





やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
「【#1241】ワイン列車の旅〜南陽市・長井市・白鷹町(2月1週)」の画像


今回は山形県の南部、置賜地方を走るローカル線の旅!車内でワインを楽しむ企画列車に乗りました。



番組動画配信中!





フラワー長井線「ワイン列車」
フラワー長井線は、南陽市の赤湯駅から白鷹町の荒砥駅を結ぶおよそ30キロの人気ローカル線です。
列車を使ったユニークな企画を色々行っており、このワイン列車もその一つ。列車内にワイン樽を設置し
地元のワインが飲み放題!
電話:0238-88-2002(山形鉄道)
HP: 山形鉄道HP






大浦葡萄酒
南陽市にある創業1939年のワイナリー。地元産のブドウを使った手造りワインは高い評価を得ており
コンクールでも数々の入賞を果たしています。
電話:0238-43-2056(大浦葡萄酒)
HP: 大浦葡萄酒HP







酒井ワイナリー
南陽市の酒井ワイナリーは創業明治25年、東北で最も古いワイナリーといわれています。
濾過器を使わないノンフィルターワインをはじめ、伝統のワイン造りの技術が受け継がれています。
電話:0238-43-2043(酒井ワイナリー)
HP: 酒井ワイナリーHP






けん玉ひろば「スパイク」
長井市は競技用けん玉の生産が日本一という「けん玉の里」。長井駅前にあるけん玉ひろばスパイクは、
誰でも無料でけん玉遊びが楽しめる場所です。
電話:070-2016-2509(けん玉ひろばスパイク)
HP: けん玉ひろばスパイクHP












次回は・・・



日本有数の豪雪地、大蔵村肘折温泉の旅!! 
肘折温泉では毎年冬に3メートル近い雪を掘り、地面を出す早さを競う「地面出し競争」という面白い大会を行っています。
野々村さんも体験したのですがはたして・・・。
どうぞお楽しみに




やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
powered by samidare
powered by samidare