やまがた発 旅の見聞録

やまがた発 旅の見聞録
ログイン

「【#1288】 満喫!冬の蔵王〜山形市(2月3週)」のサムネイル「【#1287】 庄内雛めぐり〜鶴岡市・酒田市(2月2週)」のサムネイル「【#1286】(再)山形から元気なお米〜山形市(2月1週)」のサムネイル「【#1285】冬の寒河江をめぐる〜寒河江市(1月4週)」のサムネイル「【#1284】冬の温泉王国〜米沢市(1月3週)」のサムネイル「【#1283】 東京で山形を探す〜東京都(1月2週)」のサムネイル「【#1282】 冬のラーメンめぐり〜米沢市・高畠町・南陽市(12月4週)」のサムネイル「【#1281】 晩秋の上山をめぐる〜上山市(12月3週)」のサムネイル「【#1280】 山形から元気なお米〜山形市(12月2週)」のサムネイル
「【#1288】 満喫!冬の蔵王〜山形市(2月3週)」の画像



今回は冬の蔵王でスキーに樹氷、そして温泉を満喫しました!


番組動画配信中!




蔵王温泉スキー場
蔵王温泉スキー場は東北最大級のスノーリゾート!抜群の雪質に、14のゲレンデがあり
初心者から上級者まで思う存分楽しめます。JR山形駅からバスで40分
電話:023-694-9617(蔵王索道協会)
HP:蔵王索道協会HP







蔵王ロープウェイ
蔵王温泉スキー場の麓から、標高1600メートルの山頂まで行くことができるロープウェイ。
スキー客はもちろん、樹氷見学などでも多くの人が利用します。山頂までは途中で乗り継ぎ
およそ20分で到着します。
電話:023-694-9518(蔵王ロープウェイ)
HP:蔵王ロープウェイHP






樹氷
樹氷は東北の一部などでしか見ることが出来ない世界的にも珍しい自然現象です。
日本海から季節風で運ばれた水分や雪が、アオモリトドマツという木にぶつかり凍り付いて
出来るものです。ここ蔵王では間近で迫力ある樹氷を観ることができます。






蔵王温泉
スキー場のすぐ目の前にあるのが名湯、蔵王温泉。1900年あまりの歴史があり、湯量も県内随一。
硫黄の香り漂う温泉は冷えた体を芯から温めてくれます。その温泉を楽しむなら「湯めぐりこけし」。
3回分の入浴シールがついていて、手頃に温泉めぐりが楽しめます。
電話:023-694-9328(蔵王温泉観光協会)
HP:蔵王温泉観光協会HP





名湯舎 創
2017年にリニューアルオープンした和モダンを基調とした旅館です。館内はあたたかい木の
温もりが感じられ、料理は旬の食材を使った山形の郷土料理を楽しむことができます。
温泉はもちろん源泉掛け流しの天然温泉。
電話:023-666-6531(名湯舎 創)
HP:名湯舎 創HP





田中こけし屋
地元蔵王の伝統こけしを扱うお店。店内では職人が手作りしたこけしが並び、販売されています。
「湯めぐりこけし」の絵付け体験をすることができます。
電話:023-694-9386(田中こけし屋)






今週のプレゼント



山形の新ブランド米「雪若丸」2キロを5名様に






次回は・・・


山形県の内陸部、村山地方の村山市を旅します!
居合道で精神を鍛え
名物の○○うどんで腹ごしらえ
どうぞお楽しみに!









やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
「【#1287】 庄内雛めぐり〜鶴岡市・酒田市(2月2週)」の画像



今回は日本海に面した庄内地方、鶴岡と酒田の旅! お雛様を愛で、庄内ならではの
雛菓子作りに挑戦しました。

番組動画配信中!





荘内神社
荘内神社は明治10年、鶴ヶ岡城の本丸跡に建てられ、開運招福・家内和合・産業繁栄の神様として
信仰を集めています。ここは鶴岡雛物語の会場の一つで、今から200年以上前の江戸時代から伝わる
古今雛や有職雛など貴重な雛人形の数々をみることができます。
電話:0235-22-8100(荘内神社)
HP:荘内神社







雛菓子作り体験
鶴岡雛物語の開催期間中、伝統の雛菓子作りの体験をすることができます。鶴岡の雛菓子は京から伝わった
ねりきりなどの菓子が発展したものと云われ、小豆や砂糖、餅粉などをこねて野菜や果物、縁起物のタイなどを
かたどった生菓子です。
電話:0235-25-2111(鶴岡市観光連盟)
HP:鶴岡市観光連盟HP内






山王くらぶ
港町酒田を代表する建物の一つで、国の登録有形文化財に指定されています。ここはかつて料亭として使われており、
現在は酒田の歴史を知ることのできる観光名所として一般に公開されています。
電話:0234-22-0146(山王くらぶ)
HP:山王くらぶHP






傘福
日本三大つるし飾りの一つとして知られる酒田伝統のつるし飾り。江戸時代から続く傘福は、
女性たちが一針一針心をこめて子孫繁栄や無病息災、家族の幸せを願い細工物を傘に吊るし神社に
奉納した風習があります。山王くらぶではひな祭りの期間中、傘福を大広間に展示します。
また予約をすれば製作体験もできます。
電話:0234-22-0146(山王くらぶ)
HP:山王くらぶHP





百段雛まつり
東京都目黒区にある「ホテル雅叙園東京」では3月10日(日)まで、百段雛まつり2019 青森・秋田・山形ひな紀行
と題した雛飾りのイベントを行っています。酒田の加藤家所蔵の古今雛や酒田の傘福などを煌びやかに展示しています。
電話:03-3491-4111(ホテル雅叙園東京)
HP:ホテル雅叙園東京HP





旬味鮮心 魚屋 富重(とみしげ)
酒田市の中心部にある鮮魚店直営の食事処。庄内地方ではここ数年、天然のトラフグが水揚げされ
新たな庄内のブランド魚として注目を集めています。こちらのお店では、庄内沖で獲れたてのトラフグを
てっさや鍋などで思う存分味わうことができます。
電話:0234-26-8044(旬味鮮心 魚屋 富重)
HP:旬味鮮心 魚屋 富重HP










次回は・・・


山形市の蔵王でスノーモンスター「樹氷」に出会う!
さらにその樹氷を見ながらスキーを満喫!?
冬の蔵王を堪能します!!!
お楽しみ







やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
「【#1286】(再)山形から元気なお米〜山形市(2月1週)」の画像



今回は12月に放送した「山形から元気なお米」の再放送です。


番組動画配信中!





雪若丸
山形県が開発した新しいブランド米「雪若丸」。雪のように白く、粒が大きいのが特長です。
ひと粒ひと粒の食べ応えはこれまでにない新食感のお米です。あっさりとした上品な味わいは
どんなおかずも引き立ててくれます。
電話:023-630-2476(県産米ブランド推進課)
HP:山形「つや姫」「雪若丸」ブランド化戦略推進本部HP







尾形米穀店
山形市内にある山形米の専門店。店主の尾形さんはお米の博士「五つ星米マイスター」に認定された
お米の専門家。好みに応じた美味しい山形米を買うことができます。
電話:023-622-4243(尾形米穀店)
HP:尾形米穀店HP






宝来寿司
創業50年、JR山形駅のすぐそばにある人気の寿司店。三陸や日本海で獲れる新鮮な寿司ネタを中心に
季節のものや山形の郷土料理などを楽しむことができます。
電話:023-622-6507(宝来寿司)
HP:宝来寿司HP






吟醸酒 番紅花(ばんこうか)
山形でもっとも古いといわれるカレーの専門店。人気は骨つきの鶏肉を使ったチキンカレー。
少々、刺激のある辛さのカレーです。こちらは昼はカレー専門で、夜は居酒屋。
山形の銘酒も頂くことができます。
電話:023-633-3191(吟醸酒 番紅花)
















次回は・・・


庄内地方の鶴岡市と酒田市で雛めぐりの旅!
鶴岡市では雛菓子作りを体験  
そして酒田市では天然のトラフグに舌鼓!
どうぞお楽しみに








やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
powered by samidare
powered by samidare