やまがた発 旅の見聞録

やまがた発 旅の見聞録
ログイン

「【#1002】芭蕉の足跡を訪ねて 〜最上町(09月4週)」のサムネイル「【#1001】修験道の聖地 羽黒山を行く! 〜鶴岡市(09月3週)」のサムネイル「【#1000】むらやまで自然体験! 〜村山市(09月2週)」のサムネイル「【#0999】おきたまローカル線の旅 〜南陽市・長井市(09月1週)」のサムネイル「【#0998】おきたま ほっこり旅 〜高畠町・川西町(08月4週)」のサムネイル「【#0997】国道112号 グルメドライブ 〜寒河江市・西川町(08月3週)」のサムネイル「【#0996】鳥海山で湧水めぐり 〜遊佐町(08月2週)」のサムネイル「【#0995】新庄まつりへGO! 〜新庄市(08月1週)」のサムネイル「【#0994】夏休み!親子で楽しむ庄内旅 〜鶴岡市(07月4週)」のサムネイル
「【#1002】芭蕉の足跡を訪ねて 〜最上町(09月4週)」の画像


松尾芭蕉の足跡を辿って、最上町を旅します。
芭蕉が実際に泊まった建物を見学し、
難所と言われた山刀伐峠を歩きました。
また、芭蕉が食べたとされる食材を使った
創作料理もいただきました。

現在は、
整備された山刀伐峠。当時、うっそうとした
藪の中を歩いた芭蕉は、よほど健脚だったんですね。




封人の家
芭蕉が、実際に泊まった宿として現存する唯一の建物。
ここでは、人と馬が一つの屋根の下で暮らす光景を
目の当たりにしました。



山刀伐峠
「奥の細道」最大の難所と言われた峠。
芭蕉は、尾花沢の紅花商人、鈴木清風に会うため、
この峠に挑みました。
問い合わせ 最上町観光協会
電話:0233-43-2233



芭蕉茶屋
山刀伐峠の登山口近くにある野菜の無人販売のお店。
6月から11月いっぱいまでほぼ毎日営業しています。



湯守の宿 三之亟
今回、赤倉温泉でお世話になった、
清流小国川沿いに建つ、370年以上続く老舗。
館内は、昭和初期を思わせるレトロな雰囲気で、
独自に提供している創作料理「芭蕉膳」を
いただきました。
電話:0233-45-2301
URL:http://3nojo.com/



次回は・・・


山形の秋の風物詩、芋煮会を体験します。どうぞ、お楽しみに。
「【#1001】修験道の聖地 羽黒山を行く! 〜鶴岡市(09月3週)」の画像



番組動画配信中!


出羽三山の玄関口、羽黒山を巡ります。
最初に訪れた「いでは文化記念館」では、
ほら貝吹きに挑戦。
荘厳な雰囲気漂う参道で、爺杉や五重塔にも出会い、
古くから伝わる精進料理もいただきました。

出羽三山は、
月山、羽黒山、湯殿山がそれぞれ、過去、現在、未来を表し、
生まれ変わりの山とも言われているんです。




いでは文化記念館
修験の世界を学び、体験できる施設。
今回、エドさんはホラ貝吹きを体験しました。
電話:0235-62-4727
URL:http://www.tsuruokakanko.com/haguro/kankou/ideha.html



羽黒山
山岳信仰・修験道の聖地。全長1,7キロの参道には、
国の天然記念物にも指定されている杉並木が続きます。
最初の坂の上り口にある五重塔は東北地方最古の塔です。
URL:http://www.dewasanzan.jp/



斎館
300年以上続く参籠所で、宿泊、食事に
利用することができます。
古くから伝わる精進料理は、この地域の伝統野菜や
旬の食材を使ったものが中心です。
電話:0235-62-2357



お休み処 Zuisin門
羽黒山表参道付近にあるお休み処。
おすすめの「うちの田んぼのお米パン」と、
庄内柿を使ったジャムをいただきました。
電話:0235-62-3089



次回は・・・


最上町を旅します。どうぞ、お楽しみに。
「【#1000】むらやまで自然体験! 〜村山市(09月2週)」の画像



番組動画配信中!



山形県の内陸部に位置する村山市を旅します。
野菜の収穫やトラクターで畑の整地など、
大自然を満喫。
また、バラ公園では、「食べるバラ」も
いただきました。


豊かな自然の中で育った
サニーレタス、みずみずしくておいしいですよ。




自然体験交流施設 やまばと
山の内小学校の校舎を改築した施設で、
豊かな自然や伝統文化を体験することができます。
今回は、サニーレタスの収穫、トラクターの運転、
浅漬け作りを体験しました。
電話:0237-57-2822
URL:http://www.city.murayama.lg.jp/0650manabisport/shisetsu/yamabato.htm



バラ交流館
東沢バラ公園では、「食べるバラ」が好評。
「ローズヒップ麺」は、ローズヒップが練り込まれた麺、
ローズヒップティーと醤油ベースのたれを
ミックスさせたスープが人気のメニューです。
電話:0237-55-8880
URL:http://murayama-kanbutu.com/supot/126-2010-04-08-11-44-41.html




次回は・・・


出羽三山のひとつ、羽黒山を旅します。
どうぞ、お楽しみに。
powered by samidare
powered by samidare
ログイン

「【#1189】冬の米沢を旅する〜米沢市(12月1週)」のサムネイル「【#1188】かみのやま温泉を旅する〜上山市(11月4週)」のサムネイル「【#1187】湊町タクシー旅〜酒田市(11月3週)」のサムネイル「【#1185】あつみ伝統野菜〜鶴岡市(11月1週)」のサムネイル「【#1184】そば街道を旅する〜村山市(10月5週)」のサムネイル「【#1183】果樹王国を旅する〜東根市(10月4週)」のサムネイル「【#1182】秋の長井を旅する〜長井市(10月3週)」のサムネイル「【#1181】秋の味覚探訪の旅〜高畠町・米沢市(10月2週)」のサムネイル「【#1180】秋の湊町を旅する〜酒田市(10月1週)」のサムネイル
【#1189】冬の米沢を旅する〜米沢市(12月1週)
「【#1189】冬の米沢を旅する〜米沢市(12月1週)」の画像


東京駅から山形新幹線でおよそ2時間で米沢市に到着。
米沢市は戦国の名門、上杉家の城下町。そして米沢と言えば何と言っても「米沢牛」。
松阪、神戸と並んぶ日本三大和牛の一つです。





米澤牛DININGべこや
JR米沢駅からすぐ近く、古民家風の落ち着いた雰囲気の中で米沢牛を味わえるお店。
おすすめは、何と言ってもすき焼き。こちらでは美味しい肉を食べてもらうために
注文を受けてから肉を切り分けています。
電話:0238-24-2788(米澤牛DININGべこや)
HP:米澤牛DININGべこや




米沢織
米沢織は江戸時代に米沢藩主の上杉鷹山公が、藩の財政再建のために推奨したのが始まりです。
絹100%で、今なお市内には織元がいくつかあり、昔ながらの手織りの技を受け継いでいます。




織絵夢人館(おりえんとかん)
米沢織の伝統を受け継ぐ織元が開いているお店です。実際に米沢織を見て触れて、館内を見学することもできます。
こちらでは、織り糸の原料になるまゆを使った人形作りの体験もあります。
電話:0238-24-5945(織絵夢人館)
HP:織絵夢人館ブログ





ウフウフガーデン
米沢市内から車でおよそ10分、地元のたまごやさんが経営しているたまご専門のカフェ。
店内では生の卵などの販売はもちろん、その卵を使ったオリジナルのカフェメニューを頂くこともできます。
おすすめは、こちらのパンケーキです。
電話:0238-39-4040(ウフウフガーデン)
HP:ウフウフガーデン






次回は・・・


大石田町と尾花沢市が旅の舞台!
廃校となった小学校の校舎を使った陶芸の窯元をたずね陶芸体験
そして夜には銀山温泉へ・・・。
どうぞお楽しみに


やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
2016.11.24:kenbunrokuコメント(0):[メモ/コンテンツ]
【#1188】かみのやま温泉を旅する〜上山市(11月4週)
「【#1188】かみのやま温泉を旅する〜上山市(11月4週)」の画像


東京駅から山形新幹線でおよそ2時間30分で上山市に到着。
上山はJRの駅名に「温泉」とつくほどの湯のまち。山形県内でも指折りの名湯です。


番組動画配信中!



かみのやま温泉
室町時代に開湯したかみのやま温泉は、奥羽三楽郷の一つとして栄えた名湯です。
市内には5つの地区に温泉があり、総称して「かみのやま温泉」と呼ばれています。
電話:023-672-0839(上山市観光物産協会)
HP:上山市観光物産協会




新丁鶴の湯共同浴場
上山市内には、地元の人たちに古くから愛されている共同浴場が5つあります。
入浴料はいずれも150円。こちらの共同浴場は明治時代から続いており、泉質は弱アルカリ性で
あたたまりの湯。さらに肌の新陳代謝を促進してくれるという美肌の湯といわれています。
電話:023-672-0782(新丁鶴の湯共同浴場)
HP:上山市観光物産協会HP内




十五屋本店
創業大正2年、老舗の和洋菓子店。温泉地には欠かせない温泉まんじゅうはもちろん、
チーズケーキやマドレーヌなどの洋菓子も人気のお店です。こちらでは予約をすれば和菓子作りの体験ができます。
電話:023-672-0169(十五屋本店)
HP:上山市観光物産協会HP内





花明りの宿「月の池」
花と灯りをコンセプトとした幻想的な雰囲気の和モダンな温泉旅館。全18室という小さな宿ですが
部屋ごとにインテリアや家具などが違うこだわりの宿。特に女性に人気があり、夕暮れになると露天風呂には
キャンドルが浮かべられます。
電話:023-672-2025(花明りの宿「月の池」)
HP:花明りの宿「月の池」





今週のプレゼント



山形のお米「つや姫」2キロを5名様に





次回は・・・


米沢市が旅の舞台! 米沢を代表するものと言えば、米沢牛!!
そして脈々と受け継がれる米織の工房なども訪ねます。
お楽しみに!


やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
2016.11.18:kenbunrokuコメント(0):[メモ/コンテンツ]
【#1187】湊町タクシー旅〜酒田市(11月3週)
「【#1187】湊町タクシー旅〜酒田市(11月3週)」の画像


羽田空港から庄内空港まで飛行機でわずか1時間。空港からタクシーで20分ほどで酒田市内に到着です。
酒田市は山形県の日本海側、庄内地方の中心都市。美味しい日本海の海の幸はもちろん、ラーメンが有名な
まちでもあります。

番組動画配信中!


麺屋酒田inみなと
朝5時から営業をしている、朝ラーメンの店として知られる人気店です。近くの漁港で働く人たちのために早朝から
オープンをしているそう。自慢の太めの縮れ麺はモチモチしていて食べ応えがあります。こちらでは、お店の味を
家庭でも味わえるというお取り寄せラーメンも人気です。
電話:0234-28-8200(麺屋酒田inみなと)
HP: 麺屋酒田inみなと




最上川スワンパーク
酒田市の最上川河口にある白鳥の飛来地です。飛来数はおよそ1万羽にのぼり、その数は日本一。
間近で白鳥を観察することができます。
電話:0234-26-5759(酒田市観光振興課)
HP: やまがたへの旅/県観光情報ポータルサイト内




萬谷(よろずや)
江戸時代から続くという酒田一の老舗のお茶屋さん。今はお茶だけではなく、陶器や茶道具、各種ギフトなども取り扱っています。
また、特許を取得したというオリジナルのコンパクト仏壇が、現代のニーズにあっているとあって注目を集めています。
電話:0234-23-2222(萬谷)
HP:萬谷




東中の口「三日月軒」
昭和42年創業のラーメン店。鉄の棒に足をかけて打つ「カムミェン」という昔から伝わる技法で麺を毎朝打っています。
機械では出せない歯ざわりが生まれ、スープに良く絡むそう。シンプルな醤油ラーメンが一押しです。
電話:0234-22-7616(東中の口「三日月軒」)
HP: 酒田のラーメンを考える会HP





庄内ガイドライバー
ガイド付きの観光タクシーです。庄内を満喫してもらうために始めた認証制度で、その検定に合格したドライバーを希望すれば
タクシー料金のみ、ガイド料は無料で庄内のおすすめの情報を紹介してくれます。
HP: やまがた庄内観光サイト内










次回は・・・


上山市が旅の舞台!湯のまちとして知られる上山をぶらり散策。
市民に愛される共同浴場や、女性に人気の和モダンな温泉旅館で癒されます!
どうぞお楽しみに



やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
2016.11.10:kenbunrokuコメント(0):[メモ/コンテンツ]
コンテンツ
ログイン
powered by samidare
powered by samidare