やまがた発 旅の見聞録

やまがた発 旅の見聞録
ログイン

「【#1002】芭蕉の足跡を訪ねて 〜最上町(09月4週)」のサムネイル「【#1001】修験道の聖地 羽黒山を行く! 〜鶴岡市(09月3週)」のサムネイル「【#1000】むらやまで自然体験! 〜村山市(09月2週)」のサムネイル「【#0999】おきたまローカル線の旅 〜南陽市・長井市(09月1週)」のサムネイル「【#0998】おきたま ほっこり旅 〜高畠町・川西町(08月4週)」のサムネイル「【#0997】国道112号 グルメドライブ 〜寒河江市・西川町(08月3週)」のサムネイル「【#0996】鳥海山で湧水めぐり 〜遊佐町(08月2週)」のサムネイル「【#0995】新庄まつりへGO! 〜新庄市(08月1週)」のサムネイル「【#0994】夏休み!親子で楽しむ庄内旅 〜鶴岡市(07月4週)」のサムネイル
「【#1002】芭蕉の足跡を訪ねて 〜最上町(09月4週)」の画像


松尾芭蕉の足跡を辿って、最上町を旅します。
芭蕉が実際に泊まった建物を見学し、
難所と言われた山刀伐峠を歩きました。
また、芭蕉が食べたとされる食材を使った
創作料理もいただきました。

現在は、
整備された山刀伐峠。当時、うっそうとした
藪の中を歩いた芭蕉は、よほど健脚だったんですね。




封人の家
芭蕉が、実際に泊まった宿として現存する唯一の建物。
ここでは、人と馬が一つの屋根の下で暮らす光景を
目の当たりにしました。



山刀伐峠
「奥の細道」最大の難所と言われた峠。
芭蕉は、尾花沢の紅花商人、鈴木清風に会うため、
この峠に挑みました。
問い合わせ 最上町観光協会
電話:0233-43-2233



芭蕉茶屋
山刀伐峠の登山口近くにある野菜の無人販売のお店。
6月から11月いっぱいまでほぼ毎日営業しています。



湯守の宿 三之亟
今回、赤倉温泉でお世話になった、
清流小国川沿いに建つ、370年以上続く老舗。
館内は、昭和初期を思わせるレトロな雰囲気で、
独自に提供している創作料理「芭蕉膳」を
いただきました。
電話:0233-45-2301
URL:http://3nojo.com/



次回は・・・


山形の秋の風物詩、芋煮会を体験します。どうぞ、お楽しみに。
「【#1001】修験道の聖地 羽黒山を行く! 〜鶴岡市(09月3週)」の画像



番組動画配信中!


出羽三山の玄関口、羽黒山を巡ります。
最初に訪れた「いでは文化記念館」では、
ほら貝吹きに挑戦。
荘厳な雰囲気漂う参道で、爺杉や五重塔にも出会い、
古くから伝わる精進料理もいただきました。

出羽三山は、
月山、羽黒山、湯殿山がそれぞれ、過去、現在、未来を表し、
生まれ変わりの山とも言われているんです。




いでは文化記念館
修験の世界を学び、体験できる施設。
今回、エドさんはホラ貝吹きを体験しました。
電話:0235-62-4727
URL:http://www.tsuruokakanko.com/haguro/kankou/ideha.html



羽黒山
山岳信仰・修験道の聖地。全長1,7キロの参道には、
国の天然記念物にも指定されている杉並木が続きます。
最初の坂の上り口にある五重塔は東北地方最古の塔です。
URL:http://www.dewasanzan.jp/



斎館
300年以上続く参籠所で、宿泊、食事に
利用することができます。
古くから伝わる精進料理は、この地域の伝統野菜や
旬の食材を使ったものが中心です。
電話:0235-62-2357



お休み処 Zuisin門
羽黒山表参道付近にあるお休み処。
おすすめの「うちの田んぼのお米パン」と、
庄内柿を使ったジャムをいただきました。
電話:0235-62-3089



次回は・・・


最上町を旅します。どうぞ、お楽しみに。
「【#1000】むらやまで自然体験! 〜村山市(09月2週)」の画像



番組動画配信中!



山形県の内陸部に位置する村山市を旅します。
野菜の収穫やトラクターで畑の整地など、
大自然を満喫。
また、バラ公園では、「食べるバラ」も
いただきました。


豊かな自然の中で育った
サニーレタス、みずみずしくておいしいですよ。




自然体験交流施設 やまばと
山の内小学校の校舎を改築した施設で、
豊かな自然や伝統文化を体験することができます。
今回は、サニーレタスの収穫、トラクターの運転、
浅漬け作りを体験しました。
電話:0237-57-2822
URL:http://www.city.murayama.lg.jp/0650manabisport/shisetsu/yamabato.htm



バラ交流館
東沢バラ公園では、「食べるバラ」が好評。
「ローズヒップ麺」は、ローズヒップが練り込まれた麺、
ローズヒップティーと醤油ベースのたれを
ミックスさせたスープが人気のメニューです。
電話:0237-55-8880
URL:http://murayama-kanbutu.com/supot/126-2010-04-08-11-44-41.html




次回は・・・


出羽三山のひとつ、羽黒山を旅します。
どうぞ、お楽しみに。
powered by samidare
powered by samidare
ログイン

「【#1175】将棋といで湯の里を旅する〜天童市(8月4週)」のサムネイル「【#1174】秘湯めぐりの旅〜米沢市(8月3週)」のサムネイル「【#1173】大自然を楽しむ旅〜最上町(8月2週)」のサムネイル「【#1172】湧水の里を旅する〜遊佐町(8月1週)」のサムネイル「【#1171】夏の湯野浜を旅する〜鶴岡市(7月5週)」のサムネイル「【#1170】湯のまち癒しの旅〜上山市(7月4週)」のサムネイル「【#1169】りんごとワインの里を旅する〜朝日町(7月3週)」のサムネイル「【#1168】羽黒山 生まれかわりの旅〜鶴岡市(7月1週)」のサムネイル「【#1167】ダリヤの里を旅する〜川西町(6月4週)」のサムネイル
【#1175】将棋といで湯の里を旅する〜天童市(8月4週)
「【#1175】将棋といで湯の里を旅する〜天童市(8月4週)」の画像


東京駅から山形新幹線に乗り2時間40分で天童市に到着。
天童市は国内の将棋駒の95%を生産する将棋のまちであり、温泉のまちでもあります。

番組動画配信中!




出羽桜酒造
創業明治25年という老舗の酒蔵。地元の素材にこだわり、職人の技が生み出す地酒は国内のみならず
海外でも高い評価を得ています。「出羽の里」は今年の世界大会でチャンピオンになったお酒です。
電話:023-653-5121(出羽桜酒造)
HP: 出羽桜酒造




竹蔵蕎麦 やま竹
売り切れごめんの人気のそば店。そば処山形では比較的珍しい、更科系の細打ちそばです。
夏の期間限定、冷たい「すだちそば」は爽やかなすだちの香りとそばの風味が楽しめるとあって
女性にも大変人気の一品です。
電話:023-653-2116(竹蔵蕎麦 やま竹)
HP:竹蔵蕎麦 やま竹




天童温泉
天童駅から徒歩で10分ほどの場所にある山形県内でも指折りの温泉地です。
湯量も豊富な温泉は、弱アルカリ性で美肌効果もあると言われるやさしい湯です。
電話:023-653-6146(天童温泉協同組合)
HP:天童温泉協同組合




くちびる美人コンテスト
天童温泉街で28年前に始まったユニークなイベント。天童市は古くから紅花の産地であることから企画され
老若男女問わず、毎年、大勢の人がエントリーしています。口紅を塗って、用紙にリップマークをつけるだけ。
エントリーは各旅館で、9月30日までです。
電話:023-653-6146(天童温泉協同組合)
HP:天童温泉協同組合









今週のプレゼント



山形のお米「つや姫」2キロを5名様




次回は・・・


南陽市が旅の舞台!
この時期のおすすめは何と言ってもぶどう狩り!
さらに、南陽生まれの新感覚菓子「なんじょだべ」を探しに・・・。
どうぞ、お楽しみに!




やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
2016.08.18:kenbunrokuコメント(0):[メモ/コンテンツ]
【#1174】秘湯めぐりの旅〜米沢市(8月3週)
「【#1174】秘湯めぐりの旅〜米沢市(8月3週)」の画像


東京駅から山形新幹線でおよそ2時間で山形県の南の玄関口、米沢市に到着。
米沢市は戦国の名門、上杉家の城下町として栄え、今もなお市内には数多くの
史跡が残っています。

番組動画配信中!


米沢八湯
ここ米沢には大自然に囲まれた秘湯・名湯が8つあり「米沢八湯」と呼ばれています。
いずれも吾妻連峰から温泉が湧き出ており、それぞれに個性的なお湯と趣のある宿があります。




滑川温泉「福島屋」
米沢駅から車で1時間。細い山道を登った先にある秘湯の一軒宿。250年ほど前に建てられた宿は
湯治場風情が今なお色濃く残っています。名物の岩風呂は、手つかずの自然の景色と川のせせらぎを
聞きながらゆっくりと疲れを癒すことができます。
電話:0238-34-2250(滑川温泉福島屋)
HP:滑川温泉福島屋




五色温泉「宗川旅館」
米沢駅から車で40分。標高900メートルの高台にある温泉旅館。1300年ほどの歴史があり、
上杉家の家臣、直江兼続が子の病を治すために整備したと云われています。お湯は炭酸水素塩泉で
肌がすべすべになると評判です。
電話:0238-34-2511(五色温泉宗川旅館)
HP:五色温泉宗川旅館





次回は・・・


天童市が旅の舞台! くちびる美人を競うコンテストに弘道さんも参加!?
そして行列のできるそば屋では、夏にぴったりのすだちそばに舌鼓! 
さらには銘酒ぞろいの地元の酒蔵にも!
どうぞお楽しみに

やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
2016.08.10:kenbunrokuコメント(0):[メモ/コンテンツ]
【#1173】大自然を楽しむ旅〜最上町(8月2週)
「【#1173】大自然を楽しむ旅〜最上町(8月2週)」の画像


東京駅から山形新幹線に乗り3時間半で終点の新庄駅。
そこから陸羽東線に乗り換えて30分ほどで、宮城県との県境にある最上町に到着です。

番組動画配信中!


わくわくファーム前森高原
標高およそ400メートルに位置する前森高原は、広大な敷地にキャンプ場やコテージなどを備えた
レジャー施設。家族で一日大自然を満喫できるスポットです。
電話:0120-443-522(前森高原)
HP:前森高原




乗馬体験
前森高原の敷地内にあるフロンティアファームという施設では、スタッフが手綱を引いてくれる引き馬から
本格的な乗馬の体験レッスンまで、初心者でも気軽に乗馬が楽しめます。中でも一番人気は、乗馬トレッキング。
柵の外での乗馬トレッキングは、大自然を満喫できる前森高原ならではの贅沢!
電話:0120-443-522(前森高原)
HP:前森高原HP内




ウィンナー作り体験
前森高原オリジナルのウィンナーを自分で作ることができます。初めての人でもスタッフの指導を受けながら
本格的なウィンナー作りが体験できます。完成したものは、その場で食べたり持ち帰ることもできます。
なお、体験には事前に予約が必要です。
電話:0120-443-522(前森高原)
HP:前森高原HP内




瀬見温泉
前森高原から車で20分ほどの場所にある瀬見温泉は、都を追われた源義経と弁慶の一行が
平泉に落ちていく途中に発見したと云われています。ここには、ちょっと珍しい「ふかし湯」があります。
床に開いた穴から源泉の熱い湯気が出ており、腰や肩などに当てて癒します。
電話:0233-42-2123(瀬見温泉旅館組合)
HP:瀬見温泉









次回は・・・


米沢市が旅の舞台!
吾妻山の麓にある名湯、秘湯を巡ります!
個性豊かな温泉が登場します。
お楽しみに


やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken

2016.08.05:kenbunrokuコメント(0):[メモ/コンテンツ]
コンテンツ
ログイン
powered by samidare
powered by samidare