やまがた発 旅の見聞録

やまがた発 旅の見聞録
ログイン

「【#1002】芭蕉の足跡を訪ねて 〜最上町(09月4週)」のサムネイル「【#1001】修験道の聖地 羽黒山を行く! 〜鶴岡市(09月3週)」のサムネイル「【#1000】むらやまで自然体験! 〜村山市(09月2週)」のサムネイル「【#0999】おきたまローカル線の旅 〜南陽市・長井市(09月1週)」のサムネイル「【#0998】おきたま ほっこり旅 〜高畠町・川西町(08月4週)」のサムネイル「【#0997】国道112号 グルメドライブ 〜寒河江市・西川町(08月3週)」のサムネイル「【#0996】鳥海山で湧水めぐり 〜遊佐町(08月2週)」のサムネイル「【#0995】新庄まつりへGO! 〜新庄市(08月1週)」のサムネイル「【#0994】夏休み!親子で楽しむ庄内旅 〜鶴岡市(07月4週)」のサムネイル
「【#1002】芭蕉の足跡を訪ねて 〜最上町(09月4週)」の画像


松尾芭蕉の足跡を辿って、最上町を旅します。
芭蕉が実際に泊まった建物を見学し、
難所と言われた山刀伐峠を歩きました。
また、芭蕉が食べたとされる食材を使った
創作料理もいただきました。

現在は、
整備された山刀伐峠。当時、うっそうとした
藪の中を歩いた芭蕉は、よほど健脚だったんですね。




封人の家
芭蕉が、実際に泊まった宿として現存する唯一の建物。
ここでは、人と馬が一つの屋根の下で暮らす光景を
目の当たりにしました。



山刀伐峠
「奥の細道」最大の難所と言われた峠。
芭蕉は、尾花沢の紅花商人、鈴木清風に会うため、
この峠に挑みました。
問い合わせ 最上町観光協会
電話:0233-43-2233



芭蕉茶屋
山刀伐峠の登山口近くにある野菜の無人販売のお店。
6月から11月いっぱいまでほぼ毎日営業しています。



湯守の宿 三之亟
今回、赤倉温泉でお世話になった、
清流小国川沿いに建つ、370年以上続く老舗。
館内は、昭和初期を思わせるレトロな雰囲気で、
独自に提供している創作料理「芭蕉膳」を
いただきました。
電話:0233-45-2301
URL:http://3nojo.com/



次回は・・・


山形の秋の風物詩、芋煮会を体験します。どうぞ、お楽しみに。
「【#1001】修験道の聖地 羽黒山を行く! 〜鶴岡市(09月3週)」の画像



番組動画配信中!


出羽三山の玄関口、羽黒山を巡ります。
最初に訪れた「いでは文化記念館」では、
ほら貝吹きに挑戦。
荘厳な雰囲気漂う参道で、爺杉や五重塔にも出会い、
古くから伝わる精進料理もいただきました。

出羽三山は、
月山、羽黒山、湯殿山がそれぞれ、過去、現在、未来を表し、
生まれ変わりの山とも言われているんです。




いでは文化記念館
修験の世界を学び、体験できる施設。
今回、エドさんはホラ貝吹きを体験しました。
電話:0235-62-4727
URL:http://www.tsuruokakanko.com/haguro/kankou/ideha.html



羽黒山
山岳信仰・修験道の聖地。全長1,7キロの参道には、
国の天然記念物にも指定されている杉並木が続きます。
最初の坂の上り口にある五重塔は東北地方最古の塔です。
URL:http://www.dewasanzan.jp/



斎館
300年以上続く参籠所で、宿泊、食事に
利用することができます。
古くから伝わる精進料理は、この地域の伝統野菜や
旬の食材を使ったものが中心です。
電話:0235-62-2357



お休み処 Zuisin門
羽黒山表参道付近にあるお休み処。
おすすめの「うちの田んぼのお米パン」と、
庄内柿を使ったジャムをいただきました。
電話:0235-62-3089



次回は・・・


最上町を旅します。どうぞ、お楽しみに。
「【#1000】むらやまで自然体験! 〜村山市(09月2週)」の画像



番組動画配信中!



山形県の内陸部に位置する村山市を旅します。
野菜の収穫やトラクターで畑の整地など、
大自然を満喫。
また、バラ公園では、「食べるバラ」も
いただきました。


豊かな自然の中で育った
サニーレタス、みずみずしくておいしいですよ。




自然体験交流施設 やまばと
山の内小学校の校舎を改築した施設で、
豊かな自然や伝統文化を体験することができます。
今回は、サニーレタスの収穫、トラクターの運転、
浅漬け作りを体験しました。
電話:0237-57-2822
URL:http://www.city.murayama.lg.jp/0650manabisport/shisetsu/yamabato.htm



バラ交流館
東沢バラ公園では、「食べるバラ」が好評。
「ローズヒップ麺」は、ローズヒップが練り込まれた麺、
ローズヒップティーと醤油ベースのたれを
ミックスさせたスープが人気のメニューです。
電話:0237-55-8880
URL:http://murayama-kanbutu.com/supot/126-2010-04-08-11-44-41.html




次回は・・・


出羽三山のひとつ、羽黒山を旅します。
どうぞ、お楽しみに。
powered by samidare
powered by samidare
ログイン

「【#1199】庄内ひな街道をめぐる旅〜鶴岡市(2月4週)」のサムネイル「(再)【#1198】やまがた冬の旅〜大石田町・尾花沢市(2月3週) 」のサムネイル「【#1197】「雪旅籠」冬の月山〜西川町(2月2週)」のサムネイル「【#1196】冬の蔵王を旅する〜山形市(2月1週)  」のサムネイル「【#1195】冬の山形あったか旅〜寒河江市・大江町(1月4週)」のサムネイル「【#1194】庄内名物をめぐる旅〜鶴岡市(1月3週)」のサムネイル「【#1193】冬の最上峡を旅する〜戸沢村・酒田市(1月2週)」のサムネイル「【#1192】郷土の味をめぐる旅〜新庄市(12月4週)」のサムネイル「【#1190】やまがた冬の旅〜大石田町・尾花沢市(12月2週)」のサムネイル
【#1199】庄内ひな街道をめぐる旅〜鶴岡市(2月4週)
「【#1199】庄内ひな街道をめぐる旅〜鶴岡市(2月4週)」の画像


羽田空港から庄内空港までは飛行機でわずか1時間。そこから鶴岡市までは車でおよそ20分。
鶴岡市は庄内藩主・酒井家の城下町として栄え、江戸時代には北前船や参勤交代などによって
様々な文化が京や大阪からもたらされました。その代表的なものの一つが雛人形です。









鶴岡雛物語
鶴岡市内の旧家や施設などには、代々受け継がれてきた歴史ある雛人形が数多く残されています。
その雛人形を展示公開するのが「鶴岡雛物語」。期間は3月1日から4月3日までで、8か所の雛めぐりを
楽しむことができます。
電話:0235-25-2111(鶴岡市観光連盟)
HP:鶴岡市観光連盟





荘内神社
荘内神社は明治10年、鶴ヶ岡城の本丸跡に建てられ、開運招福・家内和合・産業繁栄の神様として
信仰を集めています。ここは鶴岡雛物語の会場の一つで、今から200年以上前の江戸時代から伝わる
古今雛や有職雛など貴重な雛人形の数々をみることができます。
電話:0235-22-8100(荘内神社)
HP:荘内神社




雛菓子作り体験
鶴岡雛物語の開催期間中、伝統の雛菓子作りの体験をすることができます。鶴岡の雛菓子は京から伝わった
ねりきりなどの菓子が発展したものと云われ、小豆や砂糖、餅粉などをこねて野菜や果物、縁起物のタイなどを
かたどった生菓子です。
電話:0235-25-2111(鶴岡市観光連盟)
HP:鶴岡市観光連盟HP内





荘内藩しるけっちゃぁーの
鶴岡のイタリアンシェフ、奥田政行氏がプロデュースした軽食、喫茶のお店。メインは庄内地方の「汁物」。
美味しい水、そして食材に恵まれた庄内地方には春の孟宗汁や冬の寒鱈汁など、四季を通じて美味しい汁物が数多くあります。
雛のこの時期には、鯛のうしお汁の雛膳を頂くことができます。そしてお店のすぐそばには、雛物語の会場の一つでもある
「致道博物館」もあります。
電話:0235-24-3632(荘内藩しるけっちゃぁーの)
HP:致道博物館HP内






あつみ温泉
あつみ温泉は新潟県との県境にある温泉地で、鶴岡市内からは車で30分ほどの場所にあります。
江戸時代から続く山形県内でも屈指の名湯として知られています。あつみ温泉の温泉宿や商店街でも雛人形が展示され
雛めぐりを楽しむことができます。
電話:0235-43-3547(あつみ観光協会)
HP:あつみ観光協会






萬国屋(ばんこくや)
江戸時代から続く老舗旅館。数寄屋造りの純和風の宿で、温泉は源泉掛け流し、庭園露天風呂などもありゆったりと過ごす
ことができます。こちらでは日本一の朝ごはんがいただけます。山形県のブランド米、つや姫に、地元庄内の岩のりを
のせたお茶漬け。だしの隠し味には、何とつや姫の吟醸酒を使っています。そして山形県民のソウルフード芋煮、
伝統野菜のあつみの赤かぶの酢漬けと山形の味を満喫できます。
電話:0235-43-3333(萬国屋)
HP:萬国屋









今週のプレゼント



山形のお米「つや姫」2キロを5名様に





次回はアンコール放送


1月に放送した「冬の最上峡を旅する」をお送りします。



やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
2017.02.17:kenbunrokuコメント(0):[メモ/コンテンツ]
(再)【#1198】やまがた冬の旅〜大石田町・尾花沢市(2月3週)
「(再)【#1198】やまがた冬の旅〜大石田町・尾花沢市(2月3週) 」の画像


東京駅から山形新幹線でおよそおよそ3時間で大石田町に到着。
大石田町は江戸時代に最上川舟運の中継点として栄えたまちで、現在はそばのまちとして
知られています。


番組動画配信中!




そば吉峰(きっぽう)
駅から車で10分ほどの場所にある民家風のそば屋です。地元産のそば粉を使った挽き立て、
打ち立て、茹で立てのそばを味わえます。またこちらでは冬限定で「にぎりばっと」を頂くことができます。
「にぎりばっと」とは、よく練ったそば粉を手で握ってゆでたもの。鶏肉や大根、ニンジンなどが入った
醤油味のスープで食べる郷土食です。
電話:0237-35-4839(そば吉峰)
HP:そば吉峰




次年子窯(じねんごがま)
大石田駅からおよそ20分、閉校となった小学校の校舎を工房としている窯元。工房を営む高橋さんは
全国でも珍しい陶器のお風呂を製作する陶芸家です。こちらではギャラリーの見学のほか、
陶芸体験をすることも出来ます。
電話:0237-35-3995(次年子窯)
HP:次年子窯




銀山温泉
大石田町の隣り、尾花沢市にある銀山温泉は開湯400年、江戸時代から歴史を刻む東北を代表する名湯です。
大正、昭和に建てられた木造の旅館が連なり、これからの温泉街の雪景色は見所の一つです。大石田駅からは
ボンネット調のレトロバスも運行されています。
電話:0237-28-3933(銀山温泉案内所)
HP:銀山温泉公式サイト





仙峡の宿「銀山荘」
銀山温泉でも随一の規模を誇る宿で、和の落ち着いた雰囲気の中でゆったりとした時間を過ごすことが出来ます。
開放感あふれる露天風呂からは、四季折々の景色を楽しむことができます。
電話:0237-28-2322(仙峡の宿「銀山荘」)
HP:仙峡の宿「銀山荘」








次回は・・・


鶴岡市が旅の舞台! 山形県内各地ではこれから趣向を凝らしたひな祭りのイベントが開催されます。
鶴岡に伝わる雛菓子作りを体験し、さらに、あつみ温泉の旅館では日本一の朝ご飯を頂きました!
そうぞお楽しみに


やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
2017.02.09:kenbunrokuコメント(0):[メモ/コンテンツ]
【#1197】「雪旅籠」冬の月山〜西川町(2月2週)
「【#1197】「雪旅籠」冬の月山〜西川町(2月2週)」の画像


東京駅から山形新幹線でおよそ2時間半で山形駅。
そこから山形自動車道を使っておよそ40分ほどで西川町に到着します。
西川町は日本百名山の一つ「月山」の麓に広がるまちで、山形県内でも指折りの豪雪地です。


番組動画配信中!



雪旅籠(はたご)の灯り
今年で12回目を数える山形を代表する雪のイベント。会場となる月山志津温泉は、毎年6メートル近い雪が積もる
豪雪地です。その雪を使って全長200メートルの区間に6棟の雪旅籠を再現。夜にはロウソクが灯され、
幻想的な雰囲気に包まれます。またその雪旅籠の中では様々なブースも設置されています。
電話:0237-74-4119(月山朝日観光協会)
HP:雪旅籠の灯り公式HP




山竹商店
西川町の街中にある酒屋さん。店内には小さな立ち飲みバーもあり、地元の人たちに親しまれています。
こちらのお店ではイベントの期間中、雪旅籠の中に「アイスバー」を出店しています。雪洞の中でマスター自慢のお酒などを
味わうことができます。おすすめは、地元の赤ワインで作るホットワインだそうです。
電話:0237-74-2610(山竹商店)





自然と匠の伝承館
西川町の大井沢にある「自然と匠の伝承館」では、地元に伝わるわら細工や紙すきなど、ものづくりの技を伝承する工房があります。
こちらはメノウ(※鉱物の一種)と呼ばれる石を使ったメノウ細工。ここ大井沢周辺は全国でも数少ない国産メノウの原石が
採れるところとして知られています。こちらでは、メノウ細工の巧人から手ほどきを受けながらオリジナルのメノウ細工を作る体験を
することができます。こちらのメノウ細工ももちろん雪旅籠のイベントに参加しています。
電話:0237-76-2112(自然と匠の伝承館)
HP:月山朝日観光協会HP内






月山志津温泉
名峰「月山」の麓にある温泉地です。ここは江戸時代、出羽三山詣での旅人を宿泊させた宿坊が立ち並び、多くの参拝者で
賑わった宿場町。その当時の様子を雪で表現したのが「雪旅籠の灯り」です。今は夏スキーをはじめ四季を通じて
月山のアウトドアを楽しむ人たちの癒しの場所となっています。
電話:0237-74-4119(月山朝日観光協会)
HP:月山志津温泉公式HP






変若水(おちみず)の湯「つたや」
月山志津温泉にある歴史ある温泉宿。雪旅籠の灯りのイベント会場のすぐ目の前にあります。ゆったりとくつろげる館内と客室。
そして月山の名湯が旅の疲れを癒してくれます。そしてイベントの期間中は特別メニューとして雪旅籠御膳を味わえます。
豪雪になぞらえ、たっぷりの大根おろしが入った豪雪鍋は名前とは裏腹に体がぽかぽか温まります。
雪旅籠御膳は温泉街のそれぞれの宿でも味わうことができます。
電話:0237-75-2222(つたや)
HP:つたやHP







次回はアンコール放送


12月に放送した「やまがた冬の旅」をお送りします。



やまがた発!旅の見聞録facebookページ
番組内で紹介しきれなかった話題、撮影や番組制作の舞台裏を
番組スッタフがリアルタイムに発信しています!
番組と併せてご覧ください!
https://www.facebook.com/yamagatatabiken
2017.02.03:kenbunrokuコメント(0):[メモ/コンテンツ]
コンテンツ
ログイン
powered by samidare
powered by samidare