朝日町エコミュージアム|大朝日岳山麓 朝日町見学地情報

朝日町エコミュージアム|大朝日岳山麓 朝日町見学地情報
ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
「「地球にやさしい町めぐりSDGsラリー」参加者募集!」のサムネイル「エコミュージアムノート展 開催中!」のサムネイル「最上川を歩く〜其の弐〜 見学会参加者募集中! 9/22」のサムネイル「大谷風神祭のリーフレットできました!」のサムネイル「大谷風神祭まもなく開催! 8/31夜」のサムネイル
「「地球にやさしい町めぐりSDGsラリー」参加者募集!」の画像
579KB - PDF ダウンロード

私たちが暮らす朝日町は、約30年前に「地球にやさしい町宣言」をしている、まさにSDGsを町の政策に取り込んだ、いわゆる環境問題の先進地でもあります。
 エコミュージアム30周年記念事業として、町内の各地区にあるエコミュージアムサテライトから選定した12箇所を、地球にやさしいポイントを理解し学習しながらめぐります。
 意外なところに、私たちが身近に地球の問題・SDGを考えるポイントがあります。ご家族やお友達を誘ってぜひご参加ください!


■SDGs(エスディージーズ)とは?

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。


■スタンプラリールール

 選定した12箇所の各ポイントに、目印の”のぼり”とサテライトの説明文・スタンプを設置します。参加者は、車で各ポイントを回りながら、スタンプをエコバックに押して集めてください。ゴール後、スタンプをすべて集めた方には、閉会式で「地球にやさしい町めぐり、SDGsラリー完走証」を進呈します。
 参加申込み頂いた方には、事前に12箇所のポイントを記した地図をお送りします。当日まで、どのルートで巡るかを考えてきてください。


日 時 2019年10月20日(日) 9:00〜15:30
参加費 1組500円(参加者1組につき布エコバックを1枚配布いたします。※スタンプ押印用)

※町内各地をめぐりますので、車での参加をお願いいたします。
 昼食は各自ご準備ください。



「エコミュージアムノート展 開催中!」の画像
 道の駅あさひまち「りんごの森」2階ギャラリーにて、朝日町エコミュージアム30周年記念事業「エコミュージアムノート展」を開催しております。 
 これまで多くの町民の皆様に、朝日山麓での生活、地区の祭り・取り組みについての思いや昔話など、日々の暮らしにまつわる貴重なお話をたくさん伺い、それらを「エコミュージアムノート」にまとめてきました。そして、それを元にパネルを作りエココーナーで展示してまいりました。
 今回はそのパネル28点を展示しております。パネル脇には、持ち帰り用のA4サイズのペーパーも設置しておりますので、ご自宅でもじっくりご覧いただくことができます。
 りんごの森にお立ち寄りの際は、是非、会場に足をお運びください。また、アンケートも設置しておりますので、感想やご意見などもお寄せいただけましたら幸いです。

期間 2019年9月5日(木)〜10月15日(火)
時間 9:00〜18:00
場所 道の駅あさひまち「りんごの森」2Fギャラリー
「最上川を歩く〜其の弐〜 見学会参加者募集中! 9/22」の画像
 選奨土木遺産にも指定された旧明鏡橋周辺を散策し、カヌーランドや国内最長の舟道遺構、かまど岩採り場跡などを巡り、かつての簗場跡まで足を伸ばし、ガメラのような奇岩や断層なども見ます。最上川の自然や成り立ちを学べる見学会となっております。みなさまの参加をお待ちしています!

日  時:令和元年9月22日(日) 9:00〜12:00
集合場所:道の駅あさひまち駐車場(和合2724)
案 内 人:堀 茂 
募集人数:15人(申込締切9/20(金)頃まで)
参 加 費:500円(資料・保険代)
問合せ先:朝日町エコミュージアムルーム
     TEL・FAX 0237-67-2128
※留守番電話にメッセージを残される場合は折り返し先の電話番号をお願いします。

主  催:朝日町エコミュージアム案内人の会
「大谷風神祭のリーフレットできました!」の画像
2.8MB - PDF ダウンロード

大谷風神祭(8月31日夜7時〜)の、今年の行列内容や各区の山車について、巡行マップ、見どころなどをまとめたリーフレットができました。ぜひ見学のガイドとしてご活用ください。
上記、ダウンロードボタンよりpdfファイルを印刷ください。
なお当日は、松谷屋さんのお店と、旧田中屋さん交差点電柱、旧堀薬屋さん交差点の電柱からもお取りいただけます。
「大谷風神祭まもなく開催! 8/31夜」の画像
 大谷の風祭は、今から250年前、宝暦年間(1751〜1764)に始めたといわれ、町では最も賑やかな夜祭りです。
 立春から数えて二百十日目、この頃は大暴風雨による農作物の被害が毎年のようにあり、この風水害を鎮め、豊作を祈願する行事が風祭で、毎年二百十日の前日8月31日の夜、盛大に行われます。
 祭当日、家々では、御神灯と書いた四角の田楽提灯(でんがくちょうちん)を門口に立て、御神輿が通る道筋から家々の玄関まで、清浄な盛り砂をし、縁側に机を置き、灯明・花・赤飯・果物そして初穂料を供え御神輿を迎えます。
 行列は、毎年決められた順序により、夜七時の花火を合図に白山神社を出発し、2時間かけて村中くまなく巡行します。 
 江戸時代から続く打ち上げ花火は、行列に合わせ夜空を彩り、40店余の夜店も立ち並び、招待客と近辺からの参詣客で、大通りは身動きできないほど混雑します。
 車に飾り付けした各区(1〜6区)の屋台は、毎年趣向ををこらした出し物が披露され、観客の拍手喝采を浴びます。
 大谷の風祭は、子供からお年寄りまで地区民総参加により、250年の歴史と伝統を継承しながら、大谷地区の融和と活性化に貢献しています。
(堀敬太郎氏資料「大谷の風神祭」より抜粋)

■行列は午後7時に白山神社をスタートします。

参考
大谷の風神祭について
 エコミュージアムコアセンター「創遊館」の空調設備改修工事に伴い、エコミュージアムルームも9月の間のみ開館・休館日が下記の通り変更となります。

 期間 9月1日(日)〜9月30日(月)

 開館日 月〜金曜(9:00〜17:00)
 休館日 土・日・祝

 10月からは通常通り、月・木曜休みに戻ります。ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。
「フォトコンテスト 作品募集中!」の画像
1.1MB - PDF ダウンロード

朝日町エコミュージアム30周年記念事業として、フォトコンテストを開催いたします。皆様からのたくさんのご応募お待ちしております!


朝日町エコミュージアムサテライトフォトコンテスト
■募集期間:平成31年4月 〜令和2年1月31日(金)  ※当日消印有効
■テーマ:朝日町エコミュージアムサテライトの四季折々の風景・祭り・暮らしなどを撮影したもの。
■応募資格:プロ・アマチュア問わず、どなたでも応募可。
■表彰: 最優秀賞 1点(朝日町の特産品が買える商品券 3万円分)
    優秀賞  2点(朝日町の特産品が買える商品券 1万円分)
    入 選 10点(朝日町の特産品が買える商品券 3千円分)
■発 表: 2月下旬予定
■問合せ先:
NPO法人朝日町エコミュージアム協会フォトコンテスト係
TEL・FAX 0237-67-2128 ※9:00〜17:00 月・木曜休み

詳しいチラシは上記↑ダウンロードボタンよりpdfファイルを開いてご覧ください。
「見学会「最上川を歩く〜其の壱〜」参加者募集 8/11」の画像
〔朝日町ふる里ミニ紀行2019〕

 荒砥から左沢までの最上川は五百川峡谷と呼ばれ、かつて最上川舟運の最大難所でした。西船渡・助ノ巻地区を散策しながら、最上川と私たちのかかわりを振り返ります。
 道中では、安藤秀岳氏による最上川舟唄の披露もあります。散策後は蕎楽さんのおいしいお蕎麦などいかがでしょうか?みなさまのご参加をお待ちしております!

日  時:令和元年8月11日(日)9:00〜12:00
集合場所:蕎楽(西船渡蕎麦屋)
案 内 人:安藤直良・井上幸弘
募集人数:15人(申込締切8/6(火)頃まで)
参 加 費:500円(資料・保険代)
     
※昼食(実費)をご希望の方は申込時にお伝えください。
※暑い時期の開催となりますので、暑さ対策をお願いいたします。

問合せ先:朝日町エコミュージアムルーム
     TEL・FAX 0237-67-2128
主  催:朝日町エコミュージアム案内人の会
「ガイドブック『朝日町の神社・御堂「北部編」』を発行しました」の画像
エコミュージアムの小径第19集 『朝日町の神社・御堂「北部編」』を発行しました。 平成30年度は北部地区の神社・御堂をテーマに、聞き取り調査や、選定した11箇所を巡る見学会を開催しましたが、そのまとめとして冊子を作成しました。冊子巻末には地図もついております。既刊の「西部編」「中部編」と合わせて、冊子片手に神社・御堂巡りなどはいかがでしょう?

「未来に伝える山形の宝」登録制度推進事業(山形県)

エコルームで販売しております。定価500円
切手代をご負担いただき郵送もいたしております。
「エコルームたよりNo.48を発行しました」の画像
476.5KB - PDF ダウンロード

画像をクリックしてご覧ください。
↑印刷は上記ダウンロードボタンよりPDFファイルを開けます。
「ほおずき窯について/ 柴田とみ子さんのお話」の画像
175.6KB - PDF ダウンロード

画像をクリックしてご覧ください。
↑印刷は上記ダウンロードボタンよりPDFファイルを開けます。

ほおずき窯
「第 12回 高田山ブナの森探索会」の画像
1.1MB - PDF ダウンロード

朝日町で最も身近なブナ林を、今年も地元高田地区の皆さんが案内して下さいます。
ヤマナシの大木、伝説の地獄沼、朝日嶽修験の古道、カタクリ群生地をめぐり、
西展望台からは朝日連峰、東展望台からは宮宿の町並みを望みます。多くの皆様の参加をお待ちしております。

日 時 / 5月6日(月)午前9時半集合 10時出発
     2時間半位のコース
集 合 / 高田公民館(交流ふれあいセンター)
服 装 / 軽登山スタイル(あれば登山靴、ストックなど)
持ち物/ 飲み物、昼食(おにぎり等)、雨具(小雨決行)
主 催/ 高田区
協 力/NPO法人朝日町エコミュージアム協会、朝日町エコミュージアム案内人の会
問合せ・申し込み /エコルーム TEL・FAX 0237-67-2128 
 〆切は5月1日頃(水)まで
「ダチョウ見学会と無添加ソーセージ作り体験」の画像
 朝日町の産業の一つでもあるダチョウの飼育について、オーストリッチ展示圃で飼育員さんにお話を伺います。また、朝日町健康工房ロイフェンさんの指導のもと、無添加のおいしいソーセージ作りを体験します。春休みの思い出づくりなどに、ご家族やお友達をさそって是非ご参加ください。
※ソーセージは豚肉を使ったものとなります。ダチョウ肉は使用いたしません。

日  時 3月30日(土) 9:20〜12:00頃
集合場所 朝日町エコミュージアムコアセンター「創遊館」エコルーム前
講  師 朝日町健康工房ロイフェン 熊谷 良作 氏
参 加 費 大人 1,200円  小人(小学生以下)800円 (保険・体験料)
募集人数 20人(定員になり次第締め切らせてもらいます)
申込締切 3月27日(水)
申 込 先 朝日町エコミュージアムルーム TEL 0237-67-2128(9時〜17時 月・木曜休み)
     ※留守番電話にメッセージを残される場合は、折り返し先の電話番号をお願いします。
主  催 朝日町エコミュージアム案内人の会
「エコルームたよりNo.47を発行しました」の画像
488KB - PDF ダウンロード

画像をクリックしてご覧ください。
↑印刷は上記ダウンロードボタンよりPDFファイルを開けます。
「朝日町の工芸アトリエツアー! 参加者募集中!!」の画像
陶芸の柴田とみ子氏(上郷・ほおずき窯)、草木染金属工芸の牧野広大氏(立木)、陶芸の長岡千明氏(常盤)蜜蝋キャンドルの安藤竜二(立木・ハチ蜜の森キャンドル)ら、朝日町在住の工芸作家の皆さんを訪ね、アトリエで作品についての思いをうかがいます。バスで参ります! この機会にどうぞご参加ください。

日 時 2月17日(日)午後1時〜4時頃
参加費 500円(資料代他)
集 合 朝日町エコミュージアムコアセンター「創遊館」エコルーム前
申込み エコルーム電話 0237-67-2128(月・木 休館)
主 催 朝日町エコミュージアム案内人の会

※写真は牧野広大氏作「moon tray」
powered by samidare