HOME > 事業概要

若者サポーター石沢恵理さんにインタビューしました!

  • 若者サポーター石沢恵理さんにインタビューしました!

こんにちは!事務局のリエです!

 

若者支援コンシェルジュを支えてくれている、若者サポーターさんたち。たくさんの経験を積み重ねた彼らですが、それでもまだまだ経験を積み重ね続けているのです。

 

そんな若者サポーターにインタビューの9回目は、石沢恵理さんです

 

1.今までどんな活動をしてきましたか?

身近な素材や地域の工場からいただく端材などを活かして、子どもも大人も気軽に参加できる「アートワークショップ」を企画しています。活動を通して、普段なかなか出会わないような人やモノゴトとの出会いや発見の場をつくりたいと考えています。

具体的な活動では、天童市を拠点にアーティストと地域の方でつくるアートプロジェクト「天童アートロードプロジェクト」でワークショップや展覧会を開催しています。

 

 

2.活動していて良かったことはどんなことですか?

0歳さんから80歳さんまで、幅広い年代の方と出会えることです。お話しさせてもらう中で、自分自身が学ぶ機会をいただいています。また、ワークショップを終えてからのみなさんの笑顔を見ると、どんなに準備が大変でも「やってよかった!」と思います。

 

 

3.今までの失敗談はありますか?

自分が熱くなりすぎて、一緒に企画を考えていた相手を疲れさせてしまったことです…。異なるジャンルの人と一緒に企画を考えるさいに、お互いのねらいを確かめて、お互いが納得するゴールをつくることが大切だなと考えさせられました。

 

 

4.活動をするにあたってのとっておきの「秘策」ありますか?

全力で取り組むことです。でも、失敗もします。良いことも失敗したことも、起こった事実と向き合って、次にどうするかと考え続ける姿勢を持ちたいと考えています。(全力すぎても疲れるので休憩もします!)

 

 

5.あなたの今までの一番大きなチャレンジは?

まだ、大きなチャレンジはしていない気がします。「地域の中でワークショップをしてみよう」、「展覧会を企画してみよう」、「補助金を申請してみよう」など、ともに活動するメンバーと、小さいけど新しいチャレンジをコツコツ積み重ねてきたと思います。

 

 

6.これからチャレンジしようとしている人へメッセージお願いします。

アイディアがあればメモしてみましょう。そして、実際に実験してみましょう!

自分自身が楽しむことからスタートしていいと思います。

 

 

自分自身が楽しむことからスタートならば、やれるのではないかとなんだか希望が湧いてきます。まだまだ進み続けようとする石沢さんの、ひとつひとつ積み重ねる姿、見習いたいです。

石沢さん、ありがとうございました!

2018.12.14:aisoho:コメント(0):[事業概要]

若者サポーター海谷美樹さんにインタビューしました!

  • 若者サポーター海谷美樹さんにインタビューしました!

こんにちは!事務局のリエです!

 

若者支援コンシェルジュを支えてくれている、若者サポーターさんたち。勇気あふれる彼らにも、こつこつと積み上げてきた経験と実績があるのです。

 

そんな若者サポーターにインタビューの8回目は、海谷美樹さんです。

 

1.今までどんな活動をしてきましたか?

仕事としては、在宅ワークを軸としたIT関連企業を有志でたちあげ15年ほどになります。NPO活動としては、子育て支援から始まり、縁あってIT支援、NPO支援の団体に所属してきました。どれも似ているように見えても目的が異なるので、向かう方向性も違います。でも、私ができることは大体変わらなくて、パソコンまわりのこと、取材執筆など情報関連のことなどを、どのポジションでもしているところです。

 

2.活動していて良かったことはどんなことですか?

根が単純なので、誰かの役に立ったと思えたり、「ありがとう」と言ってもらえたりするだけで、やっててよかった~と思い、疲れも吹っ飛びます。いくつも組織を掛け持ちしていると、大変な時もありますが、それが本当に役に立ったと思えたのは、東日本大震災の時でした。今までこのためにしてきたんじゃないかと思うほど、これまでのネットワークがすべてつながり、みんなで協力し合い支援活動ができたんです。

 

3.今までの失敗談はありますか?

数えきれないほどありますが、大体忘れます(笑)。
自分では慎重なほうだと思うのですが、厳格な書類を作るのはたぶん苦手。提出しても間違いを指摘されて書き直すことが多いので、おっちょこちょいなのかも。

 

4.活動をするにあたってのとっておきの「秘策」ありますか?

秘策かどうかわかりませんが、私の場合、自分に与えられた仕事をマジメに一生懸命やっていると、周りの人が「これも手伝ってくれない?」と声をかけてくれて、次の道を作ってくれたように思います。自分にはハードルが高いかな、と思うことも、いい機会だと思って引き受けるようにしてきました。そうしていくうちに、結果としていろいろな経験をさせてもらい、それが自分の成長につながってきたと思います。

 

5.あなたの今までの一番大きなチャレンジは?

20代前半、起業やNPOなどの活動に興味も知識もなかった頃。

専業主婦で小さい子を育てながら、ただ「ママ友がほしい」という理由だけで育児サークルを作りました。それが私にとって一番大きなチャレンジで、「はじめの一歩」でした。何もわからなくて始めたあの時が、いちばん勇気が必要だったと今も思っています。

 

6.これからチャレンジしようとしている人へメッセージお願いします。

私もまだまだ若いつもりで、新しいことも始めていますが、やっぱり20代、30代の時の勢いとはちょっと違うと感じる今日この頃(笑)。

「虎穴に入らずんば 虎児を得ず」

迷った時、自信がない時、いつも勇気づけてくれた言葉です。

やりたいと思うことがあるなら、飛び込んでみないことには始まりませんよ!

 

「やりたいと思うことがあるなら、飛び込んでみないことには…」と海谷さん、勇気をもってやりたいことをやってみると、なにか変わるかもしれません。

 

海谷さん、ありがとうございました!

 

2018.11.27:aisoho:コメント(0):[事業概要]

パソコンの無料相談「まなびっと」12月のご案内

  • パソコンの無料相談「まなびっと」12月のご案内

朝晩冷えてきました。落ち葉のじゅうたんも冷たい風に吹かれて舞っていますね。
あったかい飲み物を飲みながら、パソコンでいろんなことしてみませんか?

12月の参加型イベント「まなびっと」のご案内です。

★パソコンの無料相談「まなびっと」12月の申込みを開始しました。

12月3日(月)~7日(金)のうち、都合のよい日時で1時間、マンツーマンでパソコンレクチャーをします。ワード、エクセルからYouTube動画作成、ネットショップなどある程度いろんなことに対応できます。

https://aisoho.jp/concierge/manabit

==申し込みはこちら==

https://aisoho.jp/concierge/manabit

場所はコンシェルジュ事務局(山形市城西町)です。ぜひお越しください!

2018.11.16:aisoho:コメント(0):[事業概要]

ご縁結びカフェに参加してみませんか?

  • ご縁結びカフェに参加してみませんか?

11月17日、11月18日にご縁結びカフェが新庄市で開催されます。

アラサー、アラフォーの独身の方、いい出会いがあるかもしれません。

ぜひご参加ください。人数に限りがあるので、お早目に!

 

<ご縁結びカフェ>

日時:11月17日(土)15:00~17:00(終了予定)

会場:新庄市内(参加者に直接お伝えします)

参加資格:アラサー(28歳~34歳)の独身男女4名ずつ

参加費:3,000円

 

<おとなのためのご縁結びカフェ>

日時:11月18日(土)17:00~19:00

会場:新庄市内のレストラン(参加者に直接お伝えします)

参加資格:おおむね40代の独身男女 各4名ずつ

参加費:3,000円

 

2018.11.13:aisoho:コメント(0):[事業概要]

若者サポーター加藤貴也さんにインタビューしました!

  • 若者サポーター加藤貴也さんにインタビューしました!

こんにちは!事務局のリエです!

 

若者支援コンシェルジュを支えてくれている、若者サポーターさんたち。山あり谷あり回り道あり、そこで得た経験が彼らを大きくしているのです。

 

そんな若者サポーターにインタビューの7回目は、加藤貴也さんです。

 

1.今までどんな活動をしてきましたか?

東京でIT系企業に就職。帰京後、Webサイトの企画・運営・構築・デザインをする会社を経営していました。現在は畜産業・食肉処理施設・飲食店を経営しています。

 

2.活動していて良かったことはどんなことですか?

企業の代表として6次産業化に携わり、地域社会・経済を知ることができた。

 

3.今までの失敗談はありますか?

人材の確保が大変だった。資本も少なかったため、様々な制度を駆使し人材の確保をした。

農業用地の確保の段取りを誤り、投資を無駄にしてしまった。

 

4.活動をするにあたってのとっておきの「秘策」ありますか?

どんなに情熱と能力があっても「考え方」が悪ければ非効率。一つの課題を解決する方法は一つしかないわけではない。アプローチ(考え方)が違えばプラスアルファの結果があるかもしれない。

 

5.あなたの今までの一番大きなチャレンジは?

高校卒業後に英語が全く喋れないのに2年間留学したこと。

 

6.これからチャレンジしようとしている人へメッセージお願いします。

「やりたい」と欲求を感じた時からチャレンジは始まっています.
自分のチャレンジが承認・認知されないと心は折れますか?
折れたら認めましょう。折れなければ続けましょう。

 

情熱の中にも冷静沈着、心が折れたら認めましょう、折れなければ続けましょうの加藤さんのお言葉に、なにやらハッとさせられました。

 

加藤さん、ありがとうございました!

 

2018.11.09:aisoho:コメント(0):[事業概要]