若者サポーター那須泰志さんにインタビューしました!

  • 若者サポーター那須泰志さんにインタビューしました!

こんにちは!事務局のリエです!

若者支援コンシェルジュを支えてくれている、若者サポーターさんたち。これまでの相談の依頼には、本当に頼もしい成果を上げてくれています。

そんな若者サポーターへのインタビュー、第2回目は、那須泰志さんです。

 

1.今までどんな活動をしてきましたか?
一般企業への勤務を経て数年前から現職。現在籍を置いているのはNPOを支援するNPOで、設立相談・運営相談・会計も含めたマネジメント支援等と支援内容は多岐にわたります。通常は、山形市市民活動支援センターにて支援業務を中心に活動しています。また、支援センターでの講座開催の他に、県内4地域でのマネジメント講座開催と個別相談対応を行っています。その他に、広報や記録用の撮影協力と写真と映像の提供も行っています。

 

2.活動していて良かったことはどんなことですか?
一般企業とは違った形・考え方での活動や事業、代表を含めた役員やそこで働く人たちの熱い想いに接することが出来ている事。

 

3.今までの失敗談はありますか?
運営やマネジメントに関する相談に来られる方たちは難しい状況で苦慮されている方が大半です。相談者には喜んではいただいていますが、思い描くような成果が出ることは稀ですし、失敗は支援者の責任で成功は相談者の成果と考えていますので、成功と言えることがないと思っています。

 

4.活動をするにあたってのとっておきの「秘策」ありますか?
「秘策」はないと企業時代から思っています。自責で考え自らのアイディアの合理性 と非合理性の両面を常に見つめながら行動し、真摯に人と向き合い人を動かすことがまずは第一歩と考えてきました。

 

5.あなたの今までの一番大きなチャレンジは?
プロフィットセンターと呼ばれていたところでのマネジメント業務から、ノンプロフ ィットであることが存立条件のNPOで仕事をしている事

 

6.これからチャレンジしようとしている人へメッセージお願いします。
一人でやれることには限界があることを、自身の支援業務と相談者の姿を通じ改めて感じています。成功した起業家の「バンドを組むように仲間と起業しろ」という言葉にたくさんのことが詰まっていると実感しています。

 

「一人でやれることには限界がある」だからこそ人の力を借りて前に進めるのかもしれません。那須さんの冷静で真摯なお言葉に、秘めた熱いものを感じました。

那須さん、ありがとうございました!

2018.09.20:aisoho:コメント(0):[事業概要]

バブルサッカー交流会 in 戸沢村

  • バブルサッカー交流会 in 戸沢村

こんにちは! 事務局のケイです。
秋と言えば…スポーツの秋!
9月の風を感じながら、バブルサッカーのイベントがあるということで戸沢村へとやってきました。

会場の戸沢村中央公民館へ入ると、受付で若いスタッフの皆さんが笑顔で出迎えてくださいました♪♪♪

「バブルサッカー」とは、どんなスポーツ?

あまり聞いたことがない「バブルサッカー」とは、いったいどんなスポーツなんだろう?
ちょっと調べてみました。
バブルサッカーとは、ノルウェーで生まれたBUMPER(バンパー)と呼ばれるバブルボールを身に付けてお互いに押し合いながらサッカーをする新しいスポーツ。2014年ごろ、日本に紹介され、今では全国各地に広まっているのだそう。

↑空気が入ったバブルボール。大と小のサイズがあり、これを身に付けてプレーします。

世界的に統一されたルールは特にはなく、日本では4人対4人、5人対5人で行われることが多いそうです。
そして何より、運動神経とかスポーツ経験はあまり関係なく
自分もボールのように転がったり、爆笑したりしながら楽しめるみんなのスポーツというところが新しい!
なるほど、なんだかとても面白そうな予感です。

バブルサッカー交流会のスタート

戸沢村や鮭川村、最上町、新庄市など最上全域から約30名の若者が集まり、開会行事では大場和夫協議会会長や来賓の皆さんのご挨拶がありました。

まずはじめに、戸沢村保健師さんによる「ケンコーミーティング」

ロコモティブシンドローム予防の講話では、全員真剣に耳を傾け、
そのあとは、ロコモ度テスト。
「貯金と貯筋は若いうちから」
適度な運動と十分な栄養が不可欠なんだと今さらながら納得です。

いよいよ試合開始

5人対5人で男女混合の5チームで試合に挑みます。
試合時間は前半5分、後半5分の計10分。
今日は特別ルールとして、音楽が流れている間だけ得点が2倍になるというボーナスタイムが!

はじめは恐る恐るプレーをしていた参加者たち。でも、若い人たちは違います。
バブルボールの感覚に慣れるにつれ、だんだんと動きもスピードアップ! 速い速い!
ぶつかったり、転がったり、一回転して起き上がれなくても全然平気wink
ボールを蹴る迫力にも拍車がかかってスリル満点★★★
笑いあり、拍手あり、歓声が上がり、会場のムードも最高潮。とても盛り上がりましたyes

鮭川村から参加した女性は、
「最初は怖かったけれど、バブルボールのビニールが予想より厚くて、ガードがしっかりとされていて、ぶつかっても痛くないから安心した」とのこと。
戸沢村から参加した女性2人組みは、
「顔に当たらないから、意外と安全にプレーができて面白い」、「男女関係ないし、サッカーの経験がなくても、運動神経も関係ないから、またやってみたい!」と満面の笑みで答えてくれました。
そしてなんといっても、この会場の一体感がとてもいい雰囲気。

私もエキシビジョンマッチに出場し、(若干若者ではなかったので)試合時間を短くしてもらってプレーしました。汗びっしょり。
面白くて、楽しくて、新感覚の体験をさせてもらいました。

芋煮会でお腹も満足!

バブルサッカーで体を動かしたあとは、美味しい芋煮を食べながら、さらに若者同士の交流を深めました。
しょうゆ味とみそ味の2種類の芋煮がふるまわれ、秋空の下、笑いが絶えない楽しいひと時を過ごしました。

最上地区では初めての開催となる「バブルサッカー交流会」は、今年度「やまがた若者チャレンジ応援事業」採択団体の「山形県総合型地域スポーツクラブ連絡協議会最上地区協議会」が主催のイベントです。
市町村の垣根を超えて、気軽に体を動かせるバブルボールを活用した健康づくりの推進や若者同士の交流を目的として活動されています。

最上8市町村の記念すべき1回目のバブルサッカー交流会でしたが、これからますます盛り上がっていくことに違いありません!
次回は11月4日に最上町で開催されます。
たくさんの人と出会えて、本気で楽しめるスポーツイベントです。
ぜひ参加してみてくださいね!

2018.09.19:aisoho:コメント(0):[事業概要]

With優フェス2018に行ってきた

  • With優フェス2018に行ってきた

(↑フェスに展示されていた絵画作品より)

こんにちは、ミッチです。
暑い日差しの中にも、爽やかな風と高い空。
秋の訪れを感じる季節になってきました。
読書の秋、食欲の秋、芸術の秋・・・・
みなさんは どんな秋を過ごしますか?

■With優フェス2018は、ゆるくてあったかいイベントだった

米沢市を拠点に活動している特定非営利活動法人With優さんは、
フリースクールを中心に、就業支援としてカフェレストランや会員制居酒屋「結」を経営するなど、多角的・精力的に活動を展開しているNPO法人です。
9月15日に「With優フェス~With優 みんなで頑張るフェス~」なる文化祭を開催するというので、お邪魔してきました!

With優フェス2018 With優フェス2018

会場は、米沢南部コミュニティセンターの多目的ホール。
会場に近づくと、きれいな歌声が響いてきます。

With優フェス2018 With優フェス2018 With優フェス2018

ステージでは、フリースクールに通う生徒をはじめ、
その友だちや卒業生などによる発表が。
コーラス、演奏、ピアノの弾き語り・・・
内容もバラエティに富んで飽きさせません。

With優フェス2018

演奏が終わると、司会の青年が登壇してインタビュー。
笑いが起きる一幕もあり、楽しいステージが続きます。

With優フェス2018 With優フェス2018 With優フェス2018 With優フェス2018 With優フェス2018 With優フェス2018

会場には、展示や販売ブース、飲食コーナーなども。
手づくり感たっぷりで、ゆるくてアットホームな雰囲気は、
With優さんならではの素敵な空間でした。

With優フェス2018

来場した子どもに「おう!よく来たな」と優しく声をかけていたのは、
代表の白石祥和さん。(写真左)
With優を立ち上げ、次々に事業を展開してきた白石さんに、
今日のフェスについて聞いてみました。

「去年はフェスができなかったんですよ。今年は子どもたちからの『したい』という声もあって、なんとかできました。スタッフも生徒たちも、時間のない中でよく頑張りました。特にスタッフは、他の事業も多忙を極める中の準備だったので、大変だったと思います」

会場はゆるやかな時の流れを感じる和やかさがあるけど、
イベントを成功させるというのは、やっぱり大変なもの。
スタッフのみなさん、生徒のみなさん、関係者のみなさん、
楽しいひとときを、ありがとうございました!

■With優の新たな挑戦!
 平成30年度やまがた若者チャレンジ応援事業

With優フェス2018

受付に置いてあったチラシには、
With優さんの新たな挑戦が!

「今度、With優さんで新しいお店開くみたいだけど知ってっか?」
「はい、アクティー米沢の1階のテナントに今年の冬に入るんですよね?」
「んだ。まだ働いたことがなかったり、これから働こうとしている人がトレーニング出来る飲食店を出すんだってよ。小さい子も遊べる場所もあるみたいだから、子どもと一緒に行ってみっといいっさ」

なんと、飲食店をまたオープンするらしいですよ!

そしてそのチラシのうら面には、
「オリジナルの募金箱を設置してみませんか?」の文字。

With優フェス2018

With優で運営するお店で購入をすると、500円ごとにオリジナルコインを進呈。
そのコインを選んだ団体の募金箱に入れることで、1枚につき10円をその団体に寄付する、という仕組みをスタートするそうです。

「今は、コインの製造について準備を進めているところです。飲食店で提供するメニューもこれから決めていきます。居酒屋とはまた違うので、悩みどころですね」と白石さん。

■すべては地域のために
 そこで暮らす子どもたち、人々のために

今回は限られた時間の中でしたが、
それでもWith優さんの持つあたたかさとエネルギーを
ふんだんに感じることができた時間でした。

フリースクールだけにとどまらず、
居酒屋、レストラン、就業支援と活動の場を広げ、
さらに新店舗オープンと募金システムまで始めようという
その勢いは止まりません。
もちろん、始める数だけ”産みの苦しみ”もあるでしょうが、
新しい事業が産まれた後は、
また一回りも二回りも
まわりの笑顔が大きく広がるんだろうなぁ。
With優さんを訪問して、そう感じました。

With優フェス2018

2018.09.16:aisoho:コメント(0):[突撃訪問!]

若者サポーター堀川敬子さんにインタビューしました!

  • 若者サポーター堀川敬子さんにインタビューしました!

こんにちは!事務局のリエです。

若者支援コンシェルジュ事業がはじまって、2か月がたちました。相談なども徐々に舞い込んできております。少しずつ認知されてきている実感が・・・。そんな若者支援コンシェルジュを支えてくれている10人の若者サポーターさんに、インタビューしました。

第1回目は、堀川敬子さんへのインタビューです。

 

1.今までどんな活動をしてきましたか?
NPO法人では県から受託してコミュニティビジネスの啓発事業を行ってきました。個人でも地球温暖化防止活動や男女共同参画に関する活動、青年事業などに関わりました。また、県や市の審議会等に参加し意見を求められる機会が増えました。

 

2.活動していて良かったことはどんなことですか?
活動を通していろいろな人や団体と関わる機会を得たことで、自分の視野と活動範囲がぐんと広がりました。いまだにお付き合いしている方が多いのは、一緒に事業を行ったことが大きいように思います。私が結婚出来たのは、NPO活動を行ったからだと言っても過言ではありません。(笑)

 

3.今までの失敗談はありますか?
例えば講座を企画したものの人が集まらなかった、なんてことはよくありました。

 

4.活動をするにあたってのとっておきの「秘策」ありますか?
まずは「始めてみること」「面白がること」だと思います。まちづくりの活動に間違いも失敗もないと思って取り組んできました。すべてが学びになります。また「来るもの拒まず、去るもの追わず、されどまた来たら受け入れる。」このくらいのゆるさで人と繋がると楽ですよ。更に、私の場合は「直に」がキーワードでした。例えば、講師やスタッフをお願いする場合、出来るだけ直接会って交渉しました。

 

5.あなたの今までの一番大きなチャレンジは?
県内NPOの有志で「山形まちづくり学校」を組織し、まちづくりや生涯学習活動に関わる上で必要とされるコーディネート能力を身につける人材育成事業を行いました。(山形県生涯学習文化財団からの事業受託)単なる座学ではなく、途中トライアル事業を盛込み、受講生が実際に企画・運営・検証を行う内容でした。その初代事務局を担い、それまでに例のない画期的な講座内容だっただけにかなり大変でしたが、でも実に面白かった!

 

6.これからチャレンジしようとしている人へメッセージお願いします。
人と出会って刺激しあって化学反応が起きます。自分がかけたエネルギー(時間、お金、気持ち 等)は必ずそれに比例して結果をもたらします。そしてそういった姿を誰かが必ず見ていてくれる。まずは声を出しましょう。行動しましょう。未来は今の自分が作るのですから。

 

「未来は今の自分が作る。」堀川さんのお言葉に何かできそうな気がしてきました。皆さんも未来を作るため、なにか始めてみませんか?

堀川さん、ありがとうございました!

2018.09.13:aisoho:コメント(0):[事業概要]

パソコンの無料相談「まなびっと」10月のご案内

  • パソコンの無料相談「まなびっと」10月のご案内

今年の夏は暑かった!9月も中旬に入り、うってかわって涼しく爽やかな秋空ですね。吸い込まれそうな高い空に、すぎゆく夏がちょっぴり惜しまれました。

10月の参加型イベント「まなびっと」のご案内です。

★パソコンの無料相談「まなびっと」10月の申込みを開始しました。

10月9日(火)~12日(金)のうち、都合のよい日時で1時間、マンツーマンでパソコンレクチャーをします。ワード、エクセルからYouTube動画作成、ネットショップなどある程度いろんなことに対応できます。

https://aisoho.jp/concierge/manabit

==申し込みはこちら==

https://aisoho.jp/concierge/manabit

場所はコンシェルジュ事務局(山形市城西町)です。ぜひお越しください!

2018.09.11:aisoho:コメント(0):[イベントのお知らせ]