NCV9chニュース|株式会社ニューメディア

ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
米沢市立病院の市民公開セミナーが19日、すこやかセンターで開かれた。乳腺外科長の橋本敏夫さんが「乳がんの早期発見について」をテーマに講演。乳がんは比較的治りやすい病気である事から、早期発見のために、毎月1回は自己検診をするよう呼びかけた。

2017.08.19:9chnews:[メモ/コンテンツ]
19日午前7時15分頃、川西町上小松の町道で、上小松の無職、高橋祐吉さん(74)が普通自動車にはねられた。高橋さんは、病院へ搬送されたが、外傷に伴う胸部圧迫による心タンポナーデのため、死亡した。


2017.08.19:9chnews:[メモ/コンテンツ]
米沢工業高校の吹奏楽部と伝統文化愛好会によるボランティア演奏会が16日、国立病院機構米沢病院で開かれた。今回で5回目の訪問演奏。吹奏楽や和太鼓演奏を披露した他、みんなで花笠音頭を踊り、交流を深めた。
2017.08.19:9chnews:[メモ/コンテンツ]
19日午前5時10分頃、高畠町上和田で、上和田公民館の前を散歩していた66歳の女性が、前方約50mを横切る体長約1mのクマ1頭を目撃した。また、午前7時50分頃、高畠町上和田の畑で、90歳の男性が、長さ約20センチの獣のような足跡を発見した。南陽警察署と猟友会などで確認した所、クマの足跡と判明。
2017.08.19:9chnews:[メモ/コンテンツ]
8月放送の置賜万華鏡は、
「羽越水害から50年〜今できること、伝えたいこと」

【番組内容】
昭和42年8月に発生した羽越水害。県内では戦後最大の被害となった羽越水害から今年50年になるのにあわせ、
水害の恐ろしさを再確認し、防災について考える取り組みが
様々行われています。

国土交通省山形河川国道事務所でも、50年という節目の年に
県内の小学生を対象に水害について学ぶ出前講座などを開いています。

この出前講座で、南陽市立赤湯小学校の4年生が
3か月にわたり学習を深めました。

児童たちが学んだことは…。
そして水害から命を守るために「いま自分たちにできること」として
取り組んできたことを紹介します。


【放送日程】 期間 : 8月2日(水)〜30日(水)
●毎週水曜 7:30〜 ・ 13:00〜 ・ 19:00〜 ・ 23:30〜/ 日曜(13日・20日) 12:30〜


ぜひご覧ください!
2017.08.19:9chnews:[メモ/コンテンツ]
東南置賜2市2町の中学校のトップを切って、南陽市立赤湯中学校で18日、2学期の始業式が行われ、全校生徒304人が元気に顔を揃えた。式では、各学年の代表生徒3人が2学期の抱負を述べた。尚、東南置賜2市2町の小中学校では、来週25日までにすべての学校で2学期がスタートする。
2017.08.18:9chnews:[メモ/コンテンツ]
米沢市簗沢では、今、田んぼアートが見頃迎え、訪れた人の目を楽しませている。12回目の今年の図柄は、生誕450年を迎える「伊達政宗」が選ばれた。そして今は、成長した稲が白や黄色など鮮やかな色合いで田んぼを彩っている。10月1日(日)には、稲刈り体験も予定されている。
2017.08.18:9chnews:[メモ/コンテンツ]
米沢市公平委員会委員の退任者への感謝状贈呈と新任者への辞令交付が17日、市役所で行われた。委員は3人で任期は4年、議会の同意を得て市長が任命する。今回退任し感謝状が贈られたのは、吉田一明さん70歳。一方、吉田さんに替わり新たに任命されたのは、佐藤弘輔さん63歳。
2017.08.18:9chnews:[メモ/コンテンツ]
米沢市の写真クラブ、写団「逍遥」の写真展が今、よねざわ市民ギャラリーで開かれている。会員と講師の五島健司さんの作品、39点が展示されている。会員の中には、二科展で入賞した人や様々な写真展で入賞を果たす人もいて見ごたえの作品が並んでいる。今月20日(日)まで。
2017.08.18:9chnews:[メモ/コンテンツ]
たかはた夏祭り、青竹ちょうちん祭りが15、16日の二日間にわたって開かれた。15日は神輿パレードが行われ、町役場や商工会青年部など5団体約150人が参加し、光る装飾のみこしなど6基で会場を練り歩き、訪れた人達を沸かせた。16日は民謡パレードが行われ、30団体約1800人が参加し、高畠花笠音頭などを踊りながら商店街を練り歩いた。
2017.08.17:9chnews:[メモ/コンテンツ]
米沢市万世町の梓山地区で代々踊り継がれている梓山獅子踊りが、15、16日の2日かけて地区内2つの寺に奉納された。上組と下組の2つの保存会がそれぞれに違った踊りを継承していて、15日には下組獅子踊り保存会の会員15人が春日舞を奉納。16日には、上組獅子踊り保存会の17人が法将寺で獅子踊りを奉納した。
2017.08.17:9chnews:[メモ/コンテンツ]
児童文化の発展に貢献した人に贈られる、児童文化功労章を受章した高畠町の鈴木征治さんの受賞祝賀会が10日、町内で開かれた。浜田広介記念館の関係者が発起人となって開いたもので、約70人が出席し、受賞を祝う大きな花束が贈られた。
2017.08.17:9chnews:[メモ/コンテンツ]
「水とくらしの歴史発見」と題した催しが10日、米沢市の水窪ダムなどで開かれた。水窪ダムの管理や農地の整備などを行っている「水土里ネット米沢平野」が毎年開いていて、川西町吉島地区の小学3年生から6年生までの26人が参加。水窪ダムの見学では、ボートに乗って取水塔を見たり、農業用水を管理している部屋を見学しながら歴史や仕組みを学んだ。
2017.08.17:9chnews:[メモ/コンテンツ]
米沢市中田町の安部和雄さん、範子さんご夫妻の畑で、珍しい形の夕顔の実がなった。ひょうたんのような形で、表面には白っぽいまだら模様があるおおきな夕顔の実。
2017.08.17:9chnews:[メモ/コンテンツ]
県の無形文化財に指定されている小松豊年獅子踊りが16日、川西町上小松の大光院で奉納された。小松豊年獅子踊り会のメンバーが、三匹の獅子の勇猛な舞を披露。中でも「火の輪くぐり」では一際大きな歓声が沸き起こった。
2017.08.16:9chnews:[メモ/コンテンツ]