• 新着コメント

鍋倉康治(なべくらファーム)

  • 鍋倉康治(なべくらファーム)

▼事業者名

鍋倉康治(なべくらファーム)
山形市上町1-14-16
(連絡先:080-7007-2302)


▼事業名

ステビア農法による自家製野菜を活用した 直売所・農家レストラン展開事業


▼事業概要

独自に研究した農法で生産した自家製野菜を原料に新商品(炊き込みご飯、単品おかず、 サラダ、漬物、トマトピューレ等)を製造し、市街地の立地条件を活かした農家レストラン兼直売所での販売及び高齢者向けの炊き込みご飯、サラダの宅配を行い、収益向上、経営基盤の強化及び雇用の拡大を図る。


▼認定年月

平成27年5月29日(平成27年度第1回目)


▼代表的な商品

炊き込みごはん、野菜カレ ー、単品おかず、オードブル


▼取材内容

~なべくらファームマネージャー鍋倉康宏さんに お話を伺ってきました~


〈「野菜農家のおかず屋さん」がオープンして1年になろうとしていますが、現在の状況は?〉

常連のお客さんが増え、ランチタイムや夕飯前の時間帯の店内は賑やかです。
ただ、冬期間(2ヶ月弱)休業し、営業を再開する時、お客さんが少なかったです。
営業再開のことを知らなかったというお客さんが多かったようです。
最近になって、客足が伸びてきました。

 

〈お客さんの反応はいかがですか?〉

ランチメニューや直売所の野菜など、好評いただいています。
子供連れの お母さんや、サラリーマンなど、夕方に総菜を買ってくださる方もいらっしゃいます。
幅広い客層の方に来ていただけることは、とてもうれしいことです。
使っている野菜は、ステビア農法(ステビアの茎を活用して土壌改良するなど、独自に研究した農法)で栽培されたものです。
野菜を求めに、県外から来てくださるお客さんもいます。

 

〈野菜栽培からお客さんへの料理提供までの流れで、課題はありますか?〉

父(康治さん)と母が野菜栽培を担当していますが、品切れがないようにすることが課題です。
また、珍しい野菜を直売所で販売する場合は、 調理方法を提案するなどの工夫が必要だと思っています。
メニューの考案は、ムッシュである光田さんが担当です。
私たちもアイデアを出し合いながら、メニュー開発をしていますが、採算面の課題もあり、試行錯誤をくり返しています。
お客さんから気軽に意見要望を出してもらうために、「お客様の声コーナー」を設けようかと検討しています。


〈今後の展望は?〉

まずは、食材である野菜の安定した生産を進めていきたいと考えています。
そのためにも、土作りが重要なので、そこはこだわっていきたいです。
また、これまでクチコミでお客さんが来てくださっていましたが、 チラシやHP(スマホ対応)などPRにも力を入れていきたいです。


取材当日も、野菜や総菜を買い求めるお客さんが次々と来店されていました。
康宏さんはじめスタッフの方々の人柄が表れた、ほのぼのとしたおかず屋さんです。
ぜひ、こだわりの野菜や総菜をお試しください。

2016.07.19:6support:[コンテンツ]

株式会社ミールサービス

  • 株式会社ミールサービス

▼事業者名

株式会社ミールサービス
代表取締役 石井 さち子
(山形市:連絡先 023-665-4585)


▼事業概要

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、デイサービス施設などの
高齢者施設向け食事提供、高齢者向け居宅配食


▼代表的な商品

クックチルシステムによる真空パックの調理済食品


▼取り組みについてのインタビュー

株式会社ミールサービスは、高齢者施設向け食事提等に取組んでいます。
今回、代表取締役の石井様にお話しを伺いましたので、ご紹介します。
 

石井代表取締役

〈創業のきっかけは〉

ご主人の会社で宴会場、仕出しを手がけていた際、高齢者への宅配を頼まれたことが創業のきっかけとなり、平成18年に介護施設・病院に食事提供するためのセントラルキッチン業務に乗り出しました。
その後、(株)米月山の発芽胚芽米を原料として開発した粥状食品を品評会に出展した際に、一緒に添えてあったはんぺん状のやわらかい「たくあん漬」が銀行、商工会議所の方が目にとまり、それから様々な食材を使ったソフト食を独自に開発、利用者から好評を得ました。
平成 26 年 7 月には、山形市みはらしの丘に新工場を建設しました。

 

〈自社農場生産事業への取組と、徹底した衛生管理〉

同社では、委託先の農業法人から野菜を購入するなど、国内産の野菜にこだわっており、耕作放棄地を利用した自社農場において、農業者より指導を受け野菜等を栽培するための準備をすすめています。
山形県ではあまり栽培されていない作物にも注目し、作付けを予定しているとのこと。また、HACCP に準拠した衛生管理基準のもと、安全・安心にこだわっており、カット野菜にも殺菌処理を行うなど、限りなく無菌に近い極めて衛生的な商品を心がけています。


〈きめ細やかな料理の提供と提供施設でのメリット〉

高齢者施設向けでは、症状により食事制限が必要な方にも、同じ料理で栄養価・塩分のパターンを変えた料理を提供するなど、アイテム数は2,000を超えています。
提供する食事は、加熱調理した食材を急速冷却しチルド帯で保存・配達する「クックチルシステム」を採用し、真空パックの調理済食品として、提供します。
提供先の、高齢者施設等では、調理設備は必要最低限で済むほか、水道光熱費の圧縮もでき、生ゴミなどの廃棄物もほとんど発生しない。
なにより、調理時間の短縮により人件費の大幅な削減が可能となり、サービスを利用するメリットは大きい。
さらに、チルド食品は、温めるだけで良いため、食事制限がある人でも、携行することで旅行にも行ける等、ニーズは多岐に渡ります。
現在は、山形県産の食材使用にこだわった、高齢者施設向けの食事提供を企画する等、大手には取り組みが難しい、きめ細やかな対応で棲み分けを図っています。


今、医・食・農連携が注目されています。
高齢化社会に伴い今後の動向に注目したいと思いました。

 

2016.07.19:6support:[コンテンツ]

平成28年度山形6次産業化プランナー募集について

1 目的

公益財団法人やまがた農業支援センター(以下「センター」という。)では、センターが定める「山形6次産業化プランナー派遣事業実施要領」に基づいて実施する農林漁業者等が県産農林水産物を活用した6次産業化に取り組む農林漁業者等が抱える課題について、専門的な立場から適切な診断・助言を行い、解決策を支援するため派遣する専門家「山形6次産業化プランナー」(以下「プランナー」という。)を下記のとおり募集します。

 

2 主な業務内容

プランナーは、センターが6次産業化を推進するため開設している「山形6次産業化サポートセンター」(以下、「サポートセンター」という。)からの依頼に基づいて、次の業務を行います。

(1)6次産業化に取り組む農林漁業者等の経営の発展段階に即した課題の解決に向けた個別相談

(2)地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律(平成22年法律第67号)第5条第1項に基づく総合化事業計画の認定に向けたサポートや当該認定後のフォローアップ

(3)サポートセンターが企画、開催する実践研修会及び交流会での講師など

 

3 応募資格

プランナーに応募しようとする者は、次の(1)から(3)までの要件をすべて満たしていることとします。

(1)学識要件

以下の23分野のうち、2つ以上の分野における確かな実績や経歴、農林漁業者への支援実績など高度な専門的知見を有していること。

要件23分野

1.農林水産物の生産技術

13.補助事業の情報収集

2.農林水産物の加工技術

14.他事業者とのネットワーク

3.新商品企画の情報収集

15.法令

4.新商品企画

16.宗教

5.新商品の商品設計

17.輸出

6.新商品の販路開拓

18.経営管理

7.広告・宣伝

19.資金調達

8.ブランディング

20.6次産業化事業体の設立

9.品質管理

21.雇用・人材育成

10.生産管理

22.申請書類等の作成

11.小売

23.その他

12.サービスの提供

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)経験要件

6次産業化に関する案件について、コーディネート業務に携わったことがあり一定の成果をあげていること。

(3)コミュニケーション能力要件

 以下の要件を全て満たしていること。

  ①6次産業化に関係する各分野の人材に精通していること。

  ②6次産業化に関する支援措置や事業計画の作成に関し、事業者に対して丁寧に相談に応じ、的確な助言をする能力を有すること。 

 

4 従事条件

(1)従事場所

県内で、センターが指定する場所に派遣します。

(2)従事期間

プランナー登録日から平成29年3月31日までとします。

(3)従事時間

一日当たり6時間以内とします。

(4)謝金等

  ①1時間当たり7,000円を支払います。

  ②センターの定める基準により旅費を支給します。

 

5 選定方法

(1)初めてプランナーに応募する者については、書類審査及び面接審査を行い、センターに設置する関係機関及び有識者等で構成する「山形6次産業化プランナー選定評価委員会」(以下、「選定評価委員会」という。)においてプランナーを選定します。ただし、既に山形6次産業化プランナー登録をしているものの、平成27年度に派遣実績のなかった者については、書類審査のみを行い、面接審査は省略することとします。

(2)面接の日時、場所はおって連絡します。

(3)選定結果については、選定評価委員会における選定が終了次第、速やかに全ての応募者に対して通知する予定です。

なお、プランナーの選定に係る経過、選定結果等に関するお問い合わせにはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

 

6 応募方法

(1)応募に当たっては、事前に次の事項をご確認ください。

  ①この募集は、センターが農林水産省の平成28年度6次産業化ネットワーク活動交付金事業の補助事業として山形県から採択された場合に有効となるものです。

  ②プランナーとして活動するにはセンターからの依頼が必要であり、登録されても必ずしも業務の依頼があるとは限りません。

  ③プランナーとしての取組みについて、センターが評価を行ないますので、必要に応じてセンターが本人への確認や関係者への調査を行うことがあります。

  ④プランナーの学識や経験をより広く周知するため、氏名、専門分野、連絡先等を公表することがあります。

また、プランナーの周知・広報活動にこれらを使用する場合であっても、これらに対する対価は支払いません。

  ⑤応募内容に虚偽が認められた場合、その応募に基づく選定結果は無効となります。

(2)応募は自薦によるものとし、以下の応募書類に必要事項を記入の上、下記により提出してください。

なお、封筒には「山形6次産業化プランナー応募書類在中」と記載してください。提出された応募書類は返却いたしません。また、応募に要する費用(書類作成費、交通費、郵送料等)はすべて応募者の負担とします。

  ①応募書類

ア 山形6次産業化プランナー申請書(別紙様式1)

(これまで従事した6次産業化の推進に係る案件の具体的な内容、成果などを記載してください。)

イ 返信用封筒(角2封筒、返信先明記、返信用切手(120円)を貼付のこと。)

  ②応募部数

   2部

  ③応募期間

   平成28年4月15日(金)~平成28年4月25日(月)17時15分まで。(必着)

  ④応募方法

   郵送又はご持参ください。

   なお、ご持参いただく場合の受付時間帯は、土曜日、日曜日及び国民の祝日を除く8時30分から17時15分までとします。

   ⑤ 応募及びお問い合わせ先

    〒990-0041 山形県山形市緑町一丁目9番30号 緑町会館3階

        公益財団法人やまがた農業支援センター 6次産業化推進課

    電 話:023-673-9888(直通)

    FAX:023-624-0019

    e-mail:info-6ji@yamagata-nogyo-sc.or.jp

    担 当:齋藤、千丸、井上

 

7 スケジュール(予定)

  4月15日(金) 公募開始

  4月25日(月) 公募締め切り

  5月中旬     書類審査、面接

  5月中旬     プランナー選定、登録

 

8 個人情報の管理

個人情報については、適切に管理し、本件の利用目的以外には使用、開示いたしません。

 

附則

この要領は、平成28年4月12日から施行する。

 

山形6次産業化プランナー派遣事業実施要領(PDF版)

平成28年度山形6次産業化プランナー募集要領(PDF版)

山形6次産業化プランナー申請書(PDF版)

山形6次産業化プランナー申請書(Excel版)

2016.04.13:6support:[コンテンツ]

6次産業化総合化事業計画の認定スケジュールが変わります

2015.07.06:6support:[コンテンツ]

販路別勉強会及び個別相談会のお知らせ【東北農政局】

開催日時 平成27年8月4日(火) 13:00~16:00

開催場所 エル・ソーラ仙台 大研修室 仙台市青葉区中央1丁目3-1 アエル 28階

対象者 六次産業化法認定事業者及び女性起業家  定員先着 30名程度(参加費無料)

  内   容

○ 勉強会(13:00~14:30)  

 ・「ギフト商品が求める6次産業商品のポイント」    

 講師 栗田 剛志 氏 (有)m9コンサルテイング代表取締役  元片岡物産(株)

(飲料・茶葉・洋菓子などの営業、商品開発等担当)  

 ・「グロサリー商品が求める6次産業化商品のポイント」    

 講師 坂本 鉄男 氏 (株)三越伊勢丹フードサービス バイヤー   

○ 個別相談会(14:30~16:00)   

相談対応者:栗田剛志氏、坂本鉄男氏   

※ 希望者に対し1事業者当たり20分程度の食材のプレゼンを兼ねた個別相談を行います。

販路別勉強会チラシ
 

2015.07.01:6support:[コンテンツ]