HOME > 記事一覧

Q. 会場を一巡するにはどの位の時間が必要ですか?

Q. 会場を一巡するにはどの位の時間が必要ですか?退場後、夕食をとる時間はありますか?

A. 大体1~2時間程度あればお楽しみいただけると思います。
なお、会場内では雪灯篭製作体験コーナや手作りローソク体験コーナなど、
観るだけでなく参加型のイベントも用意しておりますので、是非ご参加ください。
また、会場にどのくらい滞在するかにもよりますが、夕食をおとりいただく時間もございます。
ただし、当日は混雑が予想されますので、お時間にゆとりをもってお越しください。

2015.02.10:yukidourou:[  雪灯篭Q&A]

Q. 車椅子でも会場内は見れますか?

Q. 車椅子でも会場内は見れますか?障害者用駐車場は近くにありますか?

A. 当日の雪の状況によりますが、見学可能なところと、不可能なところがございます。
ほとんどの通路は、地面がアスファルトなどで整備されているため、
雪がなければ車椅子でも散策することができます。

車椅子では行けない場所は、上杉神社の中間以降奥の場所です。
本殿までの参道は石畳で、夏などは車椅子のお客様も行くことができますが、
冬は雪が残ってしまいますので行くことができません。

伝国の杜会場周辺通路は地面に融雪装置があり、少量の雪なら消えてしまいます。
おまつり時には雪を掃いてアスファルトを出した状態にする予定ではございますので
車椅子でも通行できる可能性が高いですが、当日多く雪が降った場合などは融雪が追いつかずに
積もってしまう可能性がございます。
付き添いの方がいらっしゃれば、少量の雪の上は押して乗り越えられると思います。

障害者用駐車場は用意しております。
事前にお名前、ご住所、車のナンバー、車種等お知らせいただければ
駐車場の警備員に連絡をし対応いたします。

 

2015.02.10:yukidourou:[  雪灯篭Q&A]

雪灯篭の制作が始まりました

  • 雪灯篭の制作が始まりました
いよいよ、今週末となりました「 第38回上杉雪灯篭まつり」

軽い吹雪の中ですが、地元の高校生たちが元気に制作をはじめましてくれています!
2015.02.09:yukidourou:[お知らせ]

今年のキャンドルゾーンについて(予定です)

  • 今年のキャンドルゾーンについて(予定です)

第38回上杉雪灯篭まつりキャンドルゾーン(イメージ)

 

上杉雪灯篭まつりの見どころのひとつ、キャンドルゾーン。

 

今年は地元・九里学園高校の生徒さん達にデザインをお願いしました!

テーマは「花」。東日本大震災復興のシンボルとなっている「花」は、雪灯篭まつりのコンセプトである「祈りと鎮魂」に結びつきます。また「未来に咲く」という意味もテーマに込め、九里学園高校の生徒さん達が一生懸命製作し、みなさまをおもてなしします!

 

昨年に引き続き登場する「愛のハートイルミネーション」とのコラボレーションもお楽しみに!

2015.02.02:yukidourou_s:[レポート]

第38回上杉雪灯篭まつり開催要項

  • 第38回上杉雪灯篭まつり開催要項

第38回上杉雪灯篭まつり

開催日時 平成27年2月14日(土)・15日(日)
※7日(金)プレ点灯 上杉神社の参道の雪灯篭に点灯します。
開催場所 上杉神社境内・伝国の杜・松が岬公園一帯
     おまつり広場・その他
点灯時間 両日午後5時30分点灯予定
     13日(金)プレ点灯 午後5時30分点灯予定

◎コンセプト
・市民参加
 雪の美を求め、雪を楽しむ市民参加型のおまつりを自ら
 つくりあげ、実施することで、ふるさとを愛する心を醸成する。

・平和
 ふるさと米沢、ひろくは現代の平和と発展の礎を築いた先人達
 に感謝し、その御魂に献灯して恒久平和を願う

・おもてなし
 「おしょうしな」のおもてなしの心で観光客の方々を迎え、
 観光産業の発展と地域の活性化を図る。

内容
 毎年2月第2土曜・日曜に、松が岬公園一帯を主会場に2日間に
 わたって約300基の雪灯篭、3,000個の雪ぼんぼり(雪洞)に燭
 が揺らぐ情景には温もりと美しさがあり、幻想の詩情を
 添えて人々をメルヘンの世界へと誘う。
 松が岬公園内の鎮魂の丘には巨大な雪で作った鎮魂の塔が
 建ち、第2次世界大戦で灼熱の南方に、故郷の白い雪に想いを
 残して散った郷土の英霊のための鎮魂祭が行われ、献灯される
 市民の列は夜遅くまで続く。
 イベントや物産展なども開催され、見どころ満載です。
 2月13日(金)には、雪灯篭のプレ点灯も行われます。

主催
 米沢四季のまつり委員会 主管:上杉雪灯篭まつり実行委員会
 事務局
 米沢市役所観光課内
 住所 山形県米沢市金池5-2-25
 TEL0238-22-9607 FAX0238-22-9608

2015.02.01:yukidourou:[お知らせ]