最上義光歴史館

最上義光歴史館
ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
特別展「山形大学附属博物館・最上義光歴史館連携展」
「山形の祈り 〜山形大学附属博物館所蔵絵はがき展〜」

【趣 旨】
山形大学附属博物館と最上義光歴史館の連携展は、山形大学において学芸員資格取得を目指す学生たちが3年間の学びの総仕上げとして取り組んだ展示です。大学生が若い感性で山形大学附属博物館が長年収集し保存してきた貴重な資料の新たな魅力を引き出すことを試みます。
今回も昨年に引き続き、古い絵はがきをとりあげます。絵はがきは現代のSNSのように親しい人たちと画像を共有するメディアであり、当時の人々が何にどのような関心をもっていたのかを教えてくれるものです。今回は「山形の祈り」をテーマにしました。今も人々の信仰を集める出羽三山や山寺などの聖地や、行事や祭りに取り組む人々の姿をご覧いただきます。
山形の人々を支えてきた、自然や神仏へのあつい祈りを感じていただければ幸いです。

【会 期】
平成30年7月21日(土)〜平成30年9月9日(日)  
   
【会 場】
最上義光歴史館 第一展示室北側展示ケース

【入館料】
無料

【資料構成】
〇出羽三山 〇山寺 〇上杉神社 〇山形とキリスト教 

※本展覧会は山形大学の平成30年度博物館実習の館務実習として履修生が展示制作を行っています。