山形県観光物産協会

ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
やまがた観光情報の検索
山形県の天気予報
やまがたへの旅・コミュニティ

やまがたの雛


本間美術館 本間美術館 酒田夢の倶楽 酒田夢の倶楽 相馬楼 相馬楼 致道博物館 致道博物館 新庄ふるさと歴史センター 新庄ふるさと歴史センター 紅花資料館 紅花資料館 山辺町ふるさと資料館 山辺町ふるさと資料館 上山城 上山城 酒造資料館東光の酒蔵 酒造資料館東光の酒蔵

 

地域によって異なるお雛さま

最上川舟運の発達時期と重なる享保年間に流行したため、雛人形の主流となっている。比較的大型で、面長の顔が多く、装束は金襴や綿を用いているため、豪華な印象を与えます。

公卿の装束を、有職故実により正しく仕立てた雛です。女雛の十二単、衣冠装束などが特徴とされ、古今雛の原型となっています。別名「高倉雛」などとも呼ばれています。

江戸にて生まれ人気を博し、現代の雛へと受け継がれています。目にガラスなどをはめ込む精巧さと、美しい装束と顔立ちで、京都・大阪へと次々に広がっていきました。

雛と京文化の雅な旅

紅花交易でもたらされた京文化を雛と街並みで感じる旅。
かつて山形は全国有数の紅花生産地として知られ、
北前船で紅花や米を、京や大阪へ運んでいました。

その戻り船には、紅花で得た富と上方文化が詰め込まれ、
山形の地へともたらされた中に、雛人形もありました。

現在も最上川沿いの県内各地に数多く残されており、
2月〜4月には山形県内各地で雛人形を公開していますので、
ぜひ雛と上方文化をめぐる旅をお楽しみ下さい。

→ 雛と京文化の雅な旅(村山地方)
→ 雛と京文化の雅な旅(庄内地方)


2018.03.01:事務局:count(2,025):[メモ/やまがたの雛]
copyright yamagatabi
powered by samidare
community line
http://tukiyama.jp/yamagatabi/official/