山形県観光物産協会

ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
やまがた観光情報の検索
山形県の天気予報
やまがたへの旅・コミュニティ
コンテンツのタイトル
山形県は県土の約7割が森林で天然のブナ林は日本一の面積を誇っています。
また、月山、蔵王などの高山と市街地で時期が異なるため1ヶ月以上紅葉を
楽しむことができるのも魅力のひとつ。ドライブで眺めるも良し、土を踏んで
繊細な木々の彩りや匂いを感じるも良し。
「紅葉の秋」や「実りの秋」で「やまがた」をたんとお楽しみ下さい。
右カラムの画像

 


秋祭りを満喫しよう
暑い、熱い夏が過ぎると、山形は穏やかな秋の季節に包まれます。
そんな山形を象徴するかのような祭りは、楽しくておいしいものばかり。
imagemap11223344556677889910101111121213131414151516161717181819192020
詳細情報
2018年9月7日現在  
やまがたの秋まつり一覧
  1. 日本一の芋煮会フェスティバル(山形市)  2018年9月16日(日)
  2. ふながた若鮎まつり(舟形町)  2018年9月8日(土)・9日(日)
  3. 秋のバラまつり(村山市)  2018年9月14日(金)〜9月30日(日)
  4. 寒河江まつり(寒河江市) 2018年9月16日(日)
  5. 谷地どんがまつり(河北町)  2018年9月16日(土)〜18日(月・祝)
  6. 白鷹鮎まつり&白鷹工芸体験まつり(白鷹町) 2018年9月22日(土)〜24日(月・祝)
  7. かみのやま温泉全国かかし祭(上山市) 2018年9月29日(土)〜10月8日(月・祝)
  8. まるだし尾花沢ふれあいまつり(尾花沢市) 2018年10月6日(土)〜7日(日)
  9. 鳥海山神鹿角切祭(遊佐町)  2018年10月8日(月・祝)
  10. もがみ大産業まつり(新庄市)  2017年10月7日(土)〜8日(日)
  11. 新庄味覚まつり(新庄市)  2018年10月13日(土)
  12. さかた大繁盛ハロウィンまつり(酒田市)  2018年10月21日(日)
  13. 南陽の菊まつり(南陽市) 2018年10月5日(金)〜11月11日(日)
  14. 肘折温泉郷なめここけしまつり(大蔵村) 2017年11月6日(月)
  15. 尾花沢新そばまつり(尾花沢市) 2018年10月14日(日)
  16. 最上川三難所そば街道(村山市)2017年11月1日(水)〜11月30日(木)
  17. いいで秋の収穫祭(飯豊町)  2017年11月3日(木・祝)
  18. 新庄そばまつり(新庄市) 2017年11月5日(日)
  19. 川西ダリヤ園(川西町) 2018年8月1日(水)〜11月4日(日)
  20. 平成鍋合戦(天童市) 2018年11月11日(日)

【2018年7月24日現在】
場所 例年の見頃 現在の状況 地域 お問い合わせ
山形市
【東沢ゲンジボタル保護地】
7月中旬頃

終了

山形市東沢地区 東沢公民館
電話023-622-5480
7月1日から出現観測を始めます
山形市
野草園ホタル観察会
イベント時のみ見学可

――

山形市神尾


2018年6月29日(金)〜7月1日(日)、
7月6日(金)〜8日(日)
各日先着80名、無料(別途入館料)
事前申し込み必要
山形市野草園
電話023-634-4120

米沢市
【小野川ほたる公園】
6月中旬〜
7月中旬

終了

米沢市
小野川ほたる公園
小野川温泉街一帯

第38回小野川温泉ほたるまつり

2018年6月23日(土)〜7月16日(月・祝)

おまつりイベント
7月7日(土)、8日(日)
両日18:00〜21:00
期間中は露天風呂「小町の湯」を
20時30分まで営業

小野川温泉旅館組合
電話0238-32-2740

鶴岡市
【湯田川温泉 ほたるの里】
6月中旬〜
7月中旬

終了

鶴岡市
湯田川温泉

湯田川温泉観光協会
電話0235-35-4111

最上町・瀬見温泉
【蛍の里かみうすぎ集落】
7月中旬〜
8月上旬

出現中

最上町
瀬見温泉
最上町観光協会
電話0233-43-2233
最上町・赤倉温泉
【さくぞうはら地区】
7月中旬〜
8月上旬

終了

最上町
赤倉温泉
最上町観光協会
電話0233-43-2233
上山市
【西山地区】
6月下旬〜
7月中旬

終了

上山市
西山地区

第28回西山ホタル祭り

2018年6月30日(土)19:00〜21:00(予定)もっとも多くホタルが飛ぶ時間帯は 20:00〜21:00頃。
6/24〜7/7期間中はホタル行灯点灯
6月22日、23日、24日、29日、30日、7月1日、6日、7日には夜のホタル散歩開催               場所:西山ホタルの里
上山市観光物産協会
電話:023-672-0839

高畠町
【二井宿地区】
6月下旬〜
7月中旬

終了

 

高畠町
二井宿地区

第21回ホタルの鑑賞会

2018年7月7日(土)・8日(日)

午後7時30分に二井宿地区公民館集合

愛護会会員が同行ガイドします。

終了午後9時予定。

ホタルがよくわかるパネル展及び

写真展も開催。

(内容は変更になる場合がありますので事前にご確認下さい)

二井宿地区公民館

(ゲンジ蛍とカジカ蛙愛護会)
電話0238-52-1001

尾花沢市
【牛房野地区】
6月下旬〜
7月上旬

終了

尾花沢市
牛房野地区
ほたるの里郷土資料館
電話0237-24-1187


<<蛍観賞のお願い>> マナーを守り、楽しく観賞ください
〃屬聾ることで会話しているため、他の光を嫌います。懐中電灯は蛍には向けないでください。
 撮影注意!カメラのフラッシュをたいても蛍を撮ることはできません。
蛍は絶対に採らないようにお願いします。
水辺の草むらは蛍の大事な繁殖地です。むやみに踏み荒らさないでください。
ぞー蠅北渦箸良瀉呂貌ったり、大声で騒ぐ行為、ゴミのポイ捨てはご遠慮ください。

 

【瀬見温泉】
蛍の里かみうすぎ集落
【湯田川温泉 ほたるの里】
宿泊客の散策用に
貸し出している
手提げちょうちん
【小野川温泉】
ほたる茶屋

その昔、女性の唇や衣装を染め上げるのに用いられた紅花。
生産地である山形、天童、谷地、東根周辺で収穫された紅花は、陸路、羽州街道を馬に乗せ
大石田まで運ばれ、 最上川を下り、酒田の港から北前船で京都や大阪に運ばれ大変重宝されました。
松尾芭蕉も「まゆはきを俤にして紅粉の花」などの句を残しています。
現在も、アニメ「おもひでぽろぽろ」の舞台となった山形市高瀬地区をはじめ、
村山・置賜地方を中心に栽培されており、山形県の花として広く親しまれています。

 

山形のお花見スポットをご紹介。
お堀の水面に映える桜並木や樹齢数千年を超える
古典桜、山一面に可憐に咲きほこる桜ー。
今の時期にしか見ることの
できない、様々な表情をもった
個性豊かな桜を是非ご堪能ください。
お花見スポット
桜の開花情報(例年の見頃・開花状況)

☆おすすめビューポイントに20か所が加わりました!☆


 平成28年7月26日、おすすめビューポイントは、
これまでの33か所に20か所が加わり53か所となりました。

 これから新たなビューポイントの紹介ページや
QRコード付き標識を整備していきますので、お楽しみに!


 ★追加20箇所の紹介はこちら!(PDF:2.5MB)

 ★やまがた景観物語HP http://yamagata-keikanmonogatari.com/


※印がついたところは昨年の情報です

開催日 イベント名称 場所 内容 問合せ先
7/8(土) そばの里まつり クアハウス碁点 特設会場 村山市(でわかおり)・尾花沢市(最上早生)・大石田町(来迎寺在来)のそば3種類の三街道食べくらべを開催します。 おくのほそ道最上川そば三街道協議会
電話0237-55-2111
10/14(日)

伝承館まつり

村山名物!新そば一番長板そば

村山市農村文化保存
伝承館広場

長板に盛られた新そばを堪能します。前売券の販売有り(電話予約も可)。

長板そば1回目11:30、2回目12:10

3回目(板盛そば)13:00〜13:30

村山市農村文化保存伝承館
電話0237-53-3277
10/14(日)

尾花沢「新そばまつり」

尾花沢市徳良湖温泉
「花笠の湯」
尾花沢産の「最上早生」を使用した手打ちそばをご賞味いただけます。チケットには「花笠の湯」入浴割引特典付き。花笠踊り披露などイベントも開催。10:30〜15:00 尾花沢市商工観光課
電話0237-22-1111
※10/21(金)
〜11/5(日)
西川町月山山菜そば組合「新そばまつり」 西川町
月山山菜そば組合加盟店舗
西川町産の新そばとたっぷりの山菜・きのこ・鶏肉を味わえます。 西川町月山山菜そば組合
電話0237-74-3135(西川町商工会内)
10/21(日) 秋の奥おおえ柳川温泉まつり「新そば賞味会」 大江町
「奥おおえ柳川温泉」
 大江町産「でわかおり」新そば賞味会(限定数)や旬のきのこ・やまがた地鶏の即売会、柳川温泉宿泊券が当る抽選会も開催。10:30〜13:30 奥おおえ柳川温泉
電話0237-64-2151
10/27(土)
〜28(日)

大石田町「新そばまつり」

大石田町

クロスカルチャープラザ「桂桜会館」

大石田町のそばの在来種「来迎寺在来」を使用した手打ちそば(限定数)。「挽きたて・打ちたて・茹でたて」のそばを味わえます。前売券の販売有り。11:00〜13:30(9:30より整理券配布) 大石田町産業振興課
電話0237-35-2111

10/27(土)
〜28(日)

庄内あさひ
新そばまつり

鶴岡市

道の駅月山・月山あさひ博物村

鶴岡市朝日地域産「でわかおり」の新そば粉100%使用。ざる大盛り、天ざる、天かけの3種類をご用意してます。限定300食。10:30〜15:00(14:30受付終了)

道の駅「月山」月山あさひ博物村
電話0235-53-3411
10/28(日) ふるさとむら宝谷新そばまつり 鶴岡市宝谷
ふるさとむら宝谷
ふるさとむら宝谷の日ごろのご利用と秋の収穫に感謝して新そばまつりを開催します。 ふるさとむら宝谷(土日営業時)
電話0235-57-4415
───────────
鶴岡市櫛引庁舎産業建設課(平日)
電話0235-57-2115

10/28(日)〜
11/4(日)

森のめぐみ
「新そばまつり」
小国町
「森のめぐみ直売所」

10/8(日)〜11/5(日)は「森のめぐみ秋まつり」開催

森のめぐみ
電話0238-65-2158

11/1(木)
〜30(金)

最上川三難所そば街道「板そばまつり」 村山市 「最上川三難所そば街道」各店で実施。 村山市商工観光課
電話0237-55-2111

10/27(土)〜28(日)

11/2(金)
〜5(月)

天童高原
新そばまつり

天童市

天童高原地域交流センター

天童高原産「でわかおり」を100%使用した手打ち十割そば。板そば1枚700円。各日限定250食。11:00〜14:00。前売り券無し。前日まで電話で予約がおすすめ。

NPO天童高原
電話023-657-3628

※11/3(金)

「田川森のふるさと村」
新そばまつり
鶴岡市田川
田川コミュニティーセンター
田川のそばを堪能できるイベント
新そば500円、そば打ち体験1200円、地元特産品販売等などがあります。
JA鶴岡田川支店
電話0235-35-2011

※11/3(金)〜 5(日)

ふるさと味来館
新そばまつり
最上郡大蔵村
ふるさと味来館
四ヶ村の秋を満喫できるイベント。
地元産のとれたての新そばが味わえるほか地元で採れた香り高い新そばを堪能できます。地元のきのこや野菜の直売も行われます。
ふるさと工房味来館
電話0233-34-6001
※11/4(土)〜 5(日) 越沢新そばまつり 鶴岡市温海地区
「越沢まやのやかた」
地元山菜料理を添えた特別メニュー(両日とも先着300名様限定)地元特産品直売も行われます。 まやのやかた
電話0235-47-2430
※11/5(日)〜 12/10(日) そば処大梵字
「新そばまつり」
鶴岡市朝日地区
そば処「大梵字」

 あさひ産そば粉100%使用した十割手打ちそばです。

料金:前売りチケット1,500円(当日1600円)で食べ放題

そば処 古の里「大梵字」
電話0235-53-3413

※11/5(日)

とざわ旬の市(秋)
第14回新そばまつり
戸沢村中央公民館 今年収穫したばかりの戸沢産のそばの実を使って「ひきたて」「うちたて」「ゆでたて」のそばを御賞味いただけます。前売り券500円(200食分)、当日券600円(600食分)。限定800食 戸沢村観光物産協会
電話0233-72-2110
※11/5(日) 第23回やまのべそば祭り 山辺町中地区公民館

手打ちそばが味わえます。地元農産物の直売もあります。11:00〜13:00
料金:前売券800円、当日券900円

山辺町中地区公民館
電話023-666-2113
11/11(日) 新庄そばまつり

新庄市
「山屋セミナーハウス」

(旧山屋小学校)

新庄産そば「最上早生」を使った手打ち蕎麦。新庄まつり囃子や新庄そばガールズのステージショーなど開催。 新庄そばまつり実行委員会事務局 (新庄市役所内)
電話0233-22-2111
※11/5(日) のどか村新そばまつり

白鷹町

いきいき深山郷

「のどか村」

時間:10:30〜14:30

料金:1枚 500円

白鷹町観光協会
電話0238-86-0086

※11/18(土)〜19(日)

あゆ茶屋新そばまつり

白鷹町

あゆ茶屋

時間:10:00〜15:00

料金:前売券 一枚540円・当日券 一枚600円

そばのほかにも、きのこ汁や鮎の塩焼き、天ぷらなど、そばのお供もご賞味ください。

道の駅白鷹ヤナ場
あゆ茶屋
電話0238-85-5577

※11/19(日)

滝野そばまつり

白鷹町

滝野交流館

時間:11:00〜15:00

料金:1枚 600円

白鷹町観光協会

電話0238-86-0086

11/18(日)

最上町新そばまつり

最上町

お湯トピアもがみ(最上町大字富澤2344)

最上町産「最上早生」を使用した手打ち蕎麦をはじめ、蕎麦焼酎やそば茶など、最上早生を味わい尽くす品が揃います。人数限定でのそば打ち体験、地元のかあちゃん達による産直、加工品販売やボランティアガイドによる寸劇の披露など。

最上町新そばまつり実行委員会

電話0233-43-2340

※11/23(木・祝)

パレス松風新そば祭り

白鷹町

パレス松風

コンベンションホール

時間:11:00〜14:30

料金:前売り券600円、当日券700円

パレス松風
フリーダイヤル0120-28-1004

電話0238-85-1001

 

※11/1(水)
〜12/31(日)

隠れ蕎麦の里しらたか

新そばキャンペーン2017

白鷹町内協賛店
・熊屋
・千利庵
・のどか村
・宝思そば
・そばきり八寸
協賛店で新そばを食べ、店内に設置してある応募用紙に記入すると、抽選で白鷹の特産品が当たるキャンペーンです。 白鷹町観光協会
電話0238-86-0086

 


2015.10.25::[メモ/ピックアップ]


やまがた観光通信vol.23

ほどわらがキレイ!

山形県観光交流課が発行している
「やまがた観光通信」の最新号のお知らせです。

「ほどわら」とは庄内弁で一面に降り積もった雪のことをいいます。
庄内は田んぼが広がり、水路が雪で覆われると、どこまでも「ほどわら」
が続いて、その美しさに息をのんでしまいます。

【内容】
1.「山形デスティネーションキャンペーン推進協議会」が設立されました
2.風評被害に関する損害賠償個別相談会
3.【告知】震災復興 観光推進国民会議 山形フォーラム −風評被害を乗り越えて−
4.「やまがた子ども観光大使」認定証授与式
5.「おしんの生家」情報
6.台北国際旅行博(ITF2012)
7.台湾からの双方向チャーター便が運航されました!
8.県内で韓国テレビホームショッピングの撮影が行われました!
9.イルミネーション・ライトアップ情報
10.山形イベント情報

最新号「やまがた観光通信vol.23」 - PDFファイルダウンロード
バックナンバーはこちら


やまがた観光通信vol.22

あべ!

山形県観光交流課が発行している
「やまがた観光通信」の最新号のお知らせです。

〜あべ!〜
 いきましょうの意味で山形県
 内全域で使います。使用例とし
 ては、「ランチにあべは!」皆
 さんぜひ山形さあべは!!

【内容】
1.観光業の風評被害に関する損害賠償について
2.山形DC推進協議会(仮称)設立準備会開催
3.大盛況!!「山形ご当地グルメフェスティバル2012inひがしね」
4.極上のイタリアンと音楽の旅 寝台車「カシオペア・クルーズ」
5.「きらきら羽越観光圏パスSP」発売中!
6.おしんの生家の復元を支援するための寄附金のお願い
7.「次世代旅館経営者育成プログラム」スタート
8.台湾教育旅行関係者が来県
9.お知らせ『仙山交流味祭inやまがた』『むらやま地域地場産業祭』開催!
10.山形県観光情報ポータルサイト「やまがたへの旅」スマホ・ケータイ版デビュー
11.第100回記念 南陽の菊まつり開催中
12.紅葉の名所を巡ろう
13.「山形の秋」食のイベント

最新号「やまがた観光通信vol.22」 - PDFファイルダウンロード
バックナンバーはこちら
 

“山形デスティネーションキャンペーン”ロゴマーク・キャラクター(以下「ロゴマーク等」という。)を使用する場合の取扱いは、以下によります。
 

1.使用の手続き

(1)ロゴマーク等を使用する場合は、別紙「“山形デスティネーションキャンペーン”ロゴマーク・キャラクター使用申請書(以下、「使用申請書」という。)」を山形デスティネーションキャンペーン推進協議会(以下、「協議会」という。)に提出してください。
ただし、次に該当する場合は申請の必要はありません。

1.協議会及びその会員、会員団体の構成員である団体、協賛団体が使用する場合。ただし、商品パッケージや商品自体に使用する場合は申請が必要です。
2.鉄道各社、旅行会社、雑誌社等が山形県への誘客を目的とした旅行商品や記事に使用する場合。
3.新聞、テレビ、雑誌等の報道関係機関が報道目的に使用する場合。
4.個人が山形県の観光をPRする目的で使用する場合。
また、使用承認が必要のない場合でも、下記4に該当する場合は使用できません。

(2)協議会は、使用申請書の内容を審査のうえ、承認するものについては、使用申請書に押印したものを申請者に交付します。
 

2.使用料

ロゴマーク等の使用料は、無料です。
 

3.使用条件

ロゴマーク等の使用にあたっては、次の条件を遵守し、適正に使用してください。
(1)デザインマニュアルに基づき使用すること。
(色の変更、縦横の比率変更、組み方の変更、新たなデザイン付加などはできません。)
(2)ロゴマーク等使用品の現物1点を別紙「“山形デスティネーションキャンペーン”ロゴマーク・キャラクター使用届出書」により協議会に提出してください。
現物の提出が困難な場合は、現物の写真を提出してください。提出されたロゴマーク等使用品・写真は返却しません。
なお、提出いただいた現物や写真は山形県の観光PRのため、協議会のホームページや広報物に掲載する場合があります。
 

4.使用承認しない場合

次に掲げる場合に該当すると認めるときは、使用を承認しません。

(1)山形県及び協議会が行う観光キャンペーンの品位を傷つけ、又は正しい理解の妨げとなるおそれがある場合。
(2)特定の政治、思想、宗教の活動に使用される場合、又はその活動を支援しているような誤解を与えるおそれがある場合。
(3)ロゴマーク等を正しい使用方法に従って使用しない、又は使用しないおそれのあるとき。
(4)事業所等が自己のシンボルマーク又は商標、意匠として使用するおそれがある場合。
(5)法令又は公序良俗に反するおそれがある場合。
(6)その他協議会が承認しないことが適当と認めた場合。

 

5.使用状況等の調査

協議会は、ロゴマーク等の適正な活用を図るため必要と認める場合、ロゴマーク等の使用者に対し、その使用状況について報告を求めることができるものとします。

 

6.使用の禁止

(1)現にロゴマーク等の使用が開始された後において、使用条件に違反した場合、または上記4に該当することが明らかになった場合、協議会はロゴマーク等の使用を禁止、又は当該使用承認を取り消すものとします。申請者は直ちに使用を中止し、使用物の回収・撤去等を行ってください。
(2)協議会は、使用者が前項の規定により使用を禁止され、又は許可を取り消されたことによって損失を受けることがあっても、その補償の責めを負いません。

 

7.使用者の責務

ロゴマーク等が表示されたものに関する事故、苦情が発生した場合、一切の責任はロゴマーク等の使用者に帰するものとし、
ロゴマーク等の使用者は誠意をもって必要な措置を講じなければなりません。

【「使用申請書」の提出先】
〒990-8570 山形市松波2-8-1
山形県観光立県推進課内 山形デスティネーションキャンペーン推進協議会事務局
(TEL:023-630-3362、FAX:023-630-2097)

 

 

 

 

 

 



やまがた観光通信vol.21

いがった〜!

山形県観光交流課が発行している
「やまがた観光通信」の最新号のお知らせです。

〜いがった〜
 山形県内で広く使われている方言で
「良かった」という意味。豊かな自然、
温泉や美味しい物がたくさんある山形
さ来て、いがった〜!

【内容】
1.観光業の風評被害損害賠償 大筋合意!
2.誘客プロモーションin台湾
3.香港・広州プロモーションを実施しました!
4.平成23年度山形県観光者数調査発表 〜観光者数は7月以降持ち直し〜
5.食べっしゃ ぐるっと485系&つばさ号 運行
6.ハイウェイフェスタとうほく2012開催 !!
7.山形ご当地グルメフェスティバルinひがしねが開催されます!
8.米沢なせばなる秋まつり
9.「山形の秋」祭りと食のイベント

最新号「やまがた観光通信vol.21」 - PDFファイルダウンロード
バックナンバーはこちら
 

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics --> <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-30464422-1"></script> <script> window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-30464422-1'); </script>