山形県観光物産協会

ログイン
メモ メール アンケート カレンダー ブックマーク マップ キーワード スペシャル プロジェクト
やまがた観光情報の検索
山形県の天気予報
やまがたへの旅・コミュニティ

 

 

 

【平成29年12月11日現在】
(〇→滑走可、△→一部不可、×→不可)
No スキー場名 オープン クローズ 積雪量
cm
天候 気温
滑走 問い合わせ先
1


パラダイス

12/9

5/6       蔵王索道協会
023-694-9617
中央 12/9 5/6 45

-3

ユートピア・黒姫 12/9 5/6

45

-1
上の台 12/9 5/6 20 2
横倉・大森 12/9 5/6      
2

蔵王ライザワールド

12/15 4/8         蔵王ライザワールド
023-679-2311
3 ZAO猿倉 12/22 3/18         蔵王猿倉スキー場
023-679-2211
4 天童高原 12/23 3/31         天童高原地域交流センター
023-657-3628
5 黒伏高原スノーパーク
ジャングル・ジャングル

12/9

4/8 30 0 黒伏高原スノーパーク
ジャングル・ジャングル

0237-41-5555
6 花笠高原(※1) 12/16 3/31         花笠高原スキー場
0237-28-3939
7 月山 4/上旬 7/下旬         月山ペアリフト
0237-75-2025
8 西川町民(※3) 12/15 3/下旬         西川町交流センター「あいべ」
0237-74-3131
9 Asahi自然観スノーパーク 12/16 3/中旬         Asahi自然観
0237-83-7111
10 湯の台(※2) 11/25 5/上旬 50 -2 湯の台スキー場
0233-76-2636
11 新庄市民 ※直接お問合せ下さい (一財)新庄市体育協会
0233-22-0681
12 グリーンバレー神室 12/16 3/下旬         グリーンバレー神室管理棟
0233-52-2240
13 赤倉温泉 12/16 3/31         赤倉温泉スキー場
0233-45-2901
14 秋山 ※直接お問合せ下さい 真室川町教育委員会
0233-62-2305
15 天元台 12/1 5/6 45 -1 (株)天元台
0238-55-2236
16 米沢 12/22 3/31         米沢スキー場
0238-28-2511
17 小野川温泉 ※直接お問合せ下さい NPO法人おのがわ
0238-32-2121
18 道照寺平 ※直接お問合せ下さい 長井市生涯スポーツ課
0238-88-5661
19 横根 ※直接お問合せ下さい 横根スキー場
0238-62-4723
20 白鷹町営 ※直接お問合せ下さい 白鷹町教育委員会 生涯スポーツ係
0238-85-6147
21 飯豊・手ノ子 ※直接お問合せ下さい 飯豊町町民総合センター「あ〜す」
0238-72-3111
22 羽黒山

12/23

3/上旬         休暇村羽黒
0235-62-4270
23 湯殿山 12/9 4/1 45 -1 (株)月山あさひ振興公社
0235-54-6450
24 櫛引たらのきだい 12/23 2/下旬         たらのきだいスキー場
0235-57-5470

※1.花笠高原スキー場の積雪情報について
 月〜木は17:30から営業のため、それらの曜日は前日夕方の積雪情報が掲載されます。
 当日の情報はその日の夕方にお知らせします。金〜日、祝日は当日の積雪情報が掲載されます。

※2.湯の台スキー場は1/12〜3/11は土・日・祝日のみ営業、その後5月上旬まで毎日営業。

 

※3.西川町民スキー場は平日はナイターのみの営業。

 
<県内の気象・交通情報のお問い合わせ先>

(雪による時々の気象や交通情報等は、下記までお問い合わせください。)

分 野 問い合わせ先 電話番号
気 象 山形地方気象台 023-622-2262
道 路 日本道路交通情報センター (山形センター) 050-3369-6606
鉄 道 JR東日本お問い合わせセンター 050-2016-1600
バ ス 内陸:山交バス(株)案内センター 023-632-7272
庄内:庄内交通観光バス(株) 0235-22-0444
航 空 内陸:山形空港総合案内所 0237-47-3111
庄内:庄内空港ビル株式会社 0234-92-4181
観光全般 やまがた観光情報センター 023-647-2333

 


ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン掲載地
山形を観光目的でドライブするには欠かせない「道の駅」。
「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」とは、日本の観光地を三つ星の評価で紹介するミシュラン社のガイドブックです。
このガイドブックに酒田と鶴岡の各地が掲載されました。
その掲載地をご紹介します。

 

庄内エリア

名 称 星の数 特 徴 お問合せ(電話番号)
酒田 港湾都市として発展し、鳥海山、離島飛島、庄内平野の水田地帯など、豊かな自然に恵まれ、歴史文化が薫るまちです。 酒田市役所
(0234-22-5111)
本間美術館 本間家4代目光道が建てた、本間家が収集した品を保管・展示する美術館。 本間美術館です。
(0234-24-4311)
本間家旧本邸 ☆☆ 本間家3代目光丘が建てた、長屋門構えの武家屋敷。武家屋敷と商家造りが一体となった、全国でも珍しい建物です。 本間家旧本邸
(0234-22-3562)
土門拳記念館 ☆☆ 酒田市名誉市民第1号となった、写真家・土門拳の記念館。 土門拳記念館
(0234-31-0028)
酒田市美術館   鳥海山・最上川・市街地を一望できる、景観を生かした美術館。 酒田市美術館
(0234-31-0095)
山居倉庫   明治26年、旧庄内藩酒井家よって建てられた米保管倉庫。 酒田観光物産協会
(0234-24-2233)
羽黒山 ☆☆ 月山の北西山麓に位置する、標高414mの山。古くから山岳修験の山として知られています。 羽黒町観光協会
(0235-62-4727)
三神合祭殿 ☆☆ 月山・羽黒山・湯殿山の三神を合祭した三神合祭殿。 出羽三山神社
(0235-62-2355)
鶴岡 庄内平野は最上川と赤川の流れによって育まれ、北に鳥海山、東に出羽三山、南は朝日連峰の山々に囲まれ、日本海に面した西側には大砂丘が広がる、日本有数の穀倉地帯です。 鶴岡市役所
(0235-25-2111)
致道博物館 昭和25年、旧庄内藩主酒井氏の寄付により創立された博物館。 致道博物館
(0235-22-1199)
注連寺 ☆☆ 弘法大師空海の開山と伝えられる、歴史ある寺院。 注連寺
(0235-54-6536)

 

村山エリア

名 称 星の数 特 徴 お問合せ(電話番号)
銀山温泉 静かに流れる銀山川を挟んで、大正から昭和初期に建築された木造宿が軒を連ねます。 ガス灯と夜霧に濡れた石畳が映える夕景や、冬の雪景色は絶景です。 銀山温泉観光案内所
(0237-28-3933)
山寺(立石寺) ☆☆ 自然豊かな四季折々の景観は絶佳です。俳聖松尾芭蕉が『閑さや岩にしみ入る蝉の声』の名句を「おくのほそ道」に残しています。 立石寺山門事務所
(023-695-2843)
蔵王温泉(大露天風呂)   蔵王の自然に囲まれた大露天風呂。独特の硫黄の匂いと源泉掛け流しのお風呂。 蔵王温泉観光(株)
(023-694-9417)
蔵王温泉   開湯伝承1900年の奥州の名湯。蔵王連峰の中腹、心地よい高原の中にある蔵王温泉は、奥羽三高湯の中でも最古のいで湯です。 蔵王温泉観光協会
(023-694-9328)

 

 

 


秋祭りを満喫しよう
暑い、熱い夏が過ぎると、山形は穏やかな秋の季節に包まれます。
そんな山形を象徴するかのような祭りは、楽しくておいしいものばかり。
imagemap9 31471215410110181151249181673131628251514116618171713
詳細情報
2017年8月21日現在  
やまがたの秋まつり一覧
  1. 日本一の芋煮会フェスティバル(山形市)  9月17日(日)
  2. ふながた若鮎まつり(舟形町)  9月9日(土)・10日(日)
  3. 秋のバラまつり(村山市)  9月15日(金)〜10月24日(火)
  4. 寒河江まつり(寒河江市) 9月17日(日)
  5. 谷地どんがまつり(河北町)  9月16日(土)〜18日(月・祝)
  6. 白鷹鮎まつり&白鷹工芸体験まつり(白鷹町) 9月16日(土)〜18日(月・祝)
  7. かみのやま温泉全国かかし祭(上山市) 9月30日(土)〜10月9日(祝)
  8. まるだし尾花沢ふれあいまつり(尾花沢市) 10月7日(土)〜8日(日)
  9. 鳥海山神鹿角切祭(遊佐町)  10月9日(月・祝)
  10. もがみ大産業まつり(新庄市)  10月7日(土)〜8日(日)
  11. 新庄味覚まつり(新庄市)  10月14日(土)
  12. 酒田どんしゃんまつり(酒田市)  10月14日(土)・15日(日)
  13. 南陽の菊まつり(南陽市) 10月13日(金)〜11月12日(日)
  14. 肘折温泉郷なめここけしまつり(大蔵村) 11月6日(月)
  15. 尾花沢新そばまつり(尾花沢市) 10月15日(日) ※詳細は2016年の情報です
  16. 最上川三難所そば街道(村山市)11月1日(水)〜11月30日(木) ※詳細は2016年の情報です
  17. いいで秋の収穫祭(飯豊町)  11月3日(木・祝)  ※2016年の情報です
  18. 新庄そばまつり(新庄市) 11月5日(日)  ※詳細は2016年の情報です
  19. 川西ダリヤ園(川西町) 7月28日(金)〜11/5(日)

【2017年8月4日現在】
場所 例年の見頃 現在の状況 地域 お問い合わせ
山形市
【東沢ゲンジボタル保護地】
7月中旬頃

終了

山形市東沢地区 東沢公民館
電話023-622-5480
7/1から出現観測を始めます
山形市
野草園ホタル観察会
イベント時のみ見学可

終了

山形市神尾

6月23日(金)〜25日(日)中止
6月30日(金)〜7月2日(日)
7月7日(金)〜9日(日)
各日先着80名、無料(別途入館料)
事前申し込み必要
山形市野草園
電話023-634-4120

米沢市
【小野川ほたる公園】
6月中旬〜
7月中旬

終了

米沢市
小野川ほたる公園
小野川温泉街一帯

第37回小野川温泉ほたるまつり

2017年6月17日(土)〜7月16日(日)

おまつりイベント
7月1日(土)、2日(日)
両日18:00〜21:00
期間中は露天風呂「小町の湯」を
20時30分まで営業

小野川温泉旅館組合
電話0238-32-2740

鶴岡市
【湯田川温泉 ほたるの里】
6月中旬〜
7月中旬

終了

鶴岡市
湯田川温泉

湯田川温泉観光協会
電話0235-35-4111

最上町・瀬見温泉
【蛍の里かみうすぎ集落】
7月中旬〜
8月上旬

終了

最上町
瀬見温泉
最上町観光協会
電話0233-43-2233
最上町・赤倉温泉
【さくぞうはら地区】
7月中旬〜
8月上旬

終了

最上町
赤倉温泉
最上町観光協会
電話0233-43-2233
上山市
【西山地区】
6月下旬〜
7月中旬
終了 上山市
西山地区

第27回西山ホタル祭り

2017年7月1日(土)19:00〜22:00(予定)
もっとも多くホタルが飛ぶ時間帯は 20:00〜21:00頃です。
場所:西山ホタルの里
上山市観光物産協会
電話:023-672-0839

高畠町
【二井宿地区】
6月下旬〜
7月中旬
終了 高畠町
二井宿地区

第20回ホタルの鑑賞会

2017年7月1日(土)・2日(日)

午後7時30分に二井宿地区公民館集合

愛護会会員が同行ガイドします。

終了午後9時予定。

ホタルがよくわかるパネル展及び

写真展も開催。

(内容は変更になる場合がありますので事前にご確認下さい)

二井宿地区公民館

(ゲンジ蛍とカジカ蛙愛護会)
電話0238-52-1001

尾花沢市
【牛房野地区】
6月下旬〜
7月上旬

終了

尾花沢市
牛房野地区
ほたるの里郷土資料館
電話0237-24-1187


<<蛍観賞のお願い>> マナーを守り、楽しく観賞ください
〃屬聾ることで会話しているため、他の光を嫌います。懐中電灯は蛍には向けないでください。
 撮影注意!カメラのフラッシュをたいても蛍を撮ることはできません。
蛍は絶対に採らないようにお願いします。
水辺の草むらは蛍の大事な繁殖地です。むやみに踏み荒らさないでください。
ぞー蠅北渦箸良瀉呂貌ったり、大声で騒ぐ行為、ゴミのポイ捨てはご遠慮ください。

 

【瀬見温泉】
蛍の里かみうすぎ集落
【湯田川温泉 ほたるの里】
宿泊客の散策用に
貸し出している
手提げちょうちん
【小野川温泉】
ほたる茶屋

摘みたての【さくらんぼ】をご堪能ください。
全国生産量のおよそ7割を占め、初夏の訪れとともに可愛らしい
ルビー色の実を付ける山形県の小さな恋人さくらんぼ。
一粒ほおばれば甘酸っぱい果汁が口いっぱいに広がります。
天候・場所によってさくらんぼの生育状況が変動しますので、
さくらんぼ狩りにお出かけの際は生育状況をご確認の上、お出かけください。
 
【最高の一粒を探しに行こう!朝摘みさくらんぼ狩り体験プラン】
◎天童市・上山市・南陽市・東根市・鶴岡市で実施します。
宿泊先を早朝に出発して果樹園にGO!糖度が高く実のしまった朝摘みの
「さくらんぼ」を存分に味わえる体験ができます。
(詳しくは、各実施エリアまでお問い合わせください)

  • 観光果樹園 開園情報
    山形県のさくらんぼの 旬の時期と果樹園をご案内 さくらんぼ狩り適期案内システムです。

 

 

さくらんぼ関連リンク


2017.06.29::[メモ/ピックアップ]

春になると県内各地でその土地ならではの
様々な 春まつりが開催 されます。
地元のおいしい食べ物も見逃せないポイントの1つですね。

車でドライブ?それとも、ゆっくりと
景色を楽しみながら行く電車の旅?
どちらも、暖かい春にはぴったりですね。

春まつりイメージマップ:画像1.平塩舞楽 2.厳島神社祭典3.真室川梅まつり4.ヤナ開きまつり5.米沢上杉まつり6.新庄カド焼まつり7.安久津八幡神社8.上山城まつり9.徳良湖まつり10.三川菜の花まつり11.薬師まつり植木市12.酒田まつり13.鶴岡天神祭 14.天童桜まつり 人間将棋 1.平塩舞楽2.厳島神社祭典3.真室川梅まつり4.ヤナ開きまつり5.米沢上杉まつり6.新庄カド焼まつり7.安久津八幡神社8.上山城まつり9.徳良湖まつり10.三川菜の花まつり11.薬師まつり植木市12.酒田まつり13.鶴岡天神祭 14.天童桜まつり 人間将棋

2017.03.28::[メモ/ピックアップ]

庄内エリア

名称 特徴 お問い合わせ(電話)
本間美術館
(酒田市)
近世の古美術から現代美術の企画展、「鶴舞園」の幽遠な四季の風情、「清遠閣」の緻密な木造建築の美、さらには湊町酒田の歴史まで楽しめる芸術・自然・歴史の融合した美術館。 0234-24-4311
土門拳記念館
(酒田市)
日本最初の写真専門の美術館として誕生。全作品 約7万点を収蔵。 0234-31-0028
酒田市美術館
(酒田市)
日本洋画界の重鎮:森田茂氏、日本芸術院会員の洋画家:國領經郎氏、酒田市出身の洋画家:斎藤長三氏の作品と、彫刻家:高橋剛氏の作品などを展示している。 0234-31-0095
黒川能の里 王祇会館
(鶴岡市)
重要無形民俗文化財「黒川能」を紹介する施設。「王祇祭」や「黒川能の1年」など4本の番組を大型スクリーンで展示。 0235-57-5310
致道博物館
(鶴岡市)
鶴岡の歴史や文化を紹介・展示する博物館。中には貴重な歴史的建築物が移築されている。重要有形民俗文化財 8種5,350点を収蔵展示。 0235-22-1199
いでは文化記念館
(鶴岡市)
出羽三山の歴史、羽黒修験道の特徴や文化を分かりやすく紹介。法螺貝無料体験も可能。 0235−62−4727

最上エリア

名称 特徴 お問い合わせ(電話)
新庄ふるさと歴史センター(新庄市) 享保雛や新庄藩主ゆかりの雛道具や新庄の歴史の紹介。山車会館1階には新庄まつりの優秀山車の展示もある。 0233-22-2188

村山エリア

名称 特徴 お問い合わせ(電話)
山形県立博物館
(山形市)
霞城公園の中に位置し、館内の展示室は大きく分けて「豊かな自然とその恵み」・「山形の大地に刻まれた歴史」・「近代山形くらしのうつりかわり」の3展示場からなり、それぞれ分かりやすく展示されている。 023-645-1111
山形美術館
(山形市)
日本および東洋美術、郷土関係美術に新たにフランス美術を加えた3つの柱を中心とした美術館。 023-622-3090
山寺後藤美術館
(山形市)
山形県河北町出身の後藤季次郎氏が収集したヨーロッパ絵画を中心とした美術館。 023-695-2010
広重美術館
(天童市)
浮世絵師として広く知られる歌川広重の作品を集め、江戸時代後期に活躍した初代広重から4代までの肉筆画や錦絵が展示されている。 023-654-6555
出羽桜美術館
(天童市)
主な収蔵品は、古韓国・新羅・高麗・李朝期の陶磁器と工芸品。その他、近代文人の書、桜に因んだ工芸品、日本六古窯等、三ヶ月毎の企画展示をおこなっている。 023-654-5050
芭蕉・清風歴史資料館
(尾花沢市)
常設展、特別展のほか、講演会やギャラリートークなども開催。 0237-22-0104

置賜エリア

名称 特徴 お問い合わせ(電話)
米沢市上杉博物館
(米沢市)
上杉氏ゆかりの城下町・米沢の歴史に触れることができ、数千に及ぶ上杉氏ゆかりの貴重な品々や国宝が収蔵されている。 0238-26-8000

☆おすすめビューポイントに20か所が加わりました!☆


 平成28年7月26日、おすすめビューポイントは、
これまでの33か所に20か所が加わり53か所となりました。

 これから新たなビューポイントの紹介ページや
QRコード付き標識を整備していきますので、お楽しみに!


 ★追加20箇所の紹介はこちら!(PDF:2.5MB)

 ★やまがた景観物語HP http://yamagata-keikanmonogatari.com/


 

開催日 イベント名称 場所 内容 問合せ先
7/8(土) そばの里まつり 尾花沢市徳良湖温泉『花笠の湯』特設会場 村山市(でわかおり)・尾花沢市(最上早生)・大石田町(来迎寺在来)のそば3種類の三街道食べくらべを開催します。
時間:11時〜14時
料金:前売700円・当日800円
花笠の湯入浴料100円引き付
おくのほそ道最上川そば三街道協議会
電話0237-55-2111
10/15(日)

伝承館まつり

村山名物!新そば一番長板そば

村山市農村文化保存
伝承館広場
長板に盛られた新そばを堪能します。前売券の販売有り。 村山市農村文化保存伝承館
電話0237-53-3277
10/15(日)

尾花沢「新そばまつり」

尾花沢市徳良湖温泉
「花笠の湯」
 「花笠の湯」入浴割引特典付き前売り券を販売。そば打ち体験、花笠踊り披露、天ぷらそばの早食い大会等のイベントも開催。 尾花沢市商工観光課
電話0237-22-1111
10/21(金)
〜11/5(日)
西川町月山山菜そば組合「新そばまつり」 西川町
月山山菜そば組合加盟店舗
西川町産の新そばとたっぷりの山菜・きのこ・鶏肉を味わえます。 西川町月山山菜そば組合
電話0237-74-3135(西川町商工会内)
10/22(日) 秋の奥おおえ柳川温泉まつり「新そば賞味会」 大江町
「奥おおえ柳川温泉」
 大江町産でわかおり新そば賞味会(限定あり)や旬のきのこ・やまがた地鶏の即売会、柳川温泉宿泊券が当る抽選会も開催。 奥おおえ柳川温泉
電話0237-64-2151
10/28(土)
〜29(日)

大石田町「新そばまつり」

大石田町

クロスカルチャープラザ「桂桜会館」

大石田町のそばの在来種「来迎寺在来」をこの日のために育てました。「挽きたて・打ちたて・茹でたて」のそばを味わえます。前売券の販売有り。 大石田町産業振興課
電話0237-35-2111

10/28(土)
〜29(日)

庄内あさひ
新そばまつり

鶴岡市

道の駅月山・月山あさひ博物村

鶴岡市朝日地域産そば粉100%の挽きたて・打ちたて・ゆでたての味をご賞味ください。限定300食。

道の駅「月山」月山あさひ博物村
電話0235-53-3411
10/29(日) ふるさとむら宝谷新そばまつり 鶴岡市宝谷
ふるさとむら宝谷
ふるさとむら宝谷の日ごろのご利用と秋の収穫に感謝して新そばまつりを開催します。 ふるさとむら宝谷(土日営業時)
電話0235-57-4415
───────────
鶴岡市櫛引庁舎産業建設課(平日)
電話0235-57-2115

10/29(日)〜
11/5(日)

森のめぐみ
「新そばまつり」
小国町
「森のめぐみ直売所」

10/8(日)〜11/5(日)は「森のめぐみ秋まつり」開催

森のめぐみ
電話0238-65-2158

11/1(水)
〜30(木)

最上川三難所そば街道「板そばまつり」 村山市 「最上川三難所そば街道」各店で実施。 村山市商工観光課
電話0237-55-2111

11/2(木)
〜6(月)

天童高原
新そばまつり

天童市

天童高原地域交流センター

天童高原産「でわかおり」を100%使用した手打ち十割そば。各日限定250食。11:00〜14:00。板そば(並盛)600円、(大盛り)1200円。前日まで電話で予約してください。

NPO天童高原
電話023-657-3628

11/3(金)

「田川森のふるさと村」
新そばまつり
鶴岡市田川
田川コミュニティーセンター
田川のそばを堪能できるイベント
新そば500円、そば打ち体験1200円、地元特産品販売等などがあります。
JA鶴岡田川支店
電話0235-35-2011

11/3(金)〜 5(日)

ふるさと味来館
新そばまつり
最上郡大蔵村
ふるさと味来館
四ヶ村の秋を満喫できるイベント。
地元産のとれたての新そばが味わえるほか地元で採れた香り高い新そばを堪能できます。地元のきのこや野菜の直売も行われます。
ふるさと工房味来館
電話0233-34-6001
11/4(土)〜 5(日) 越沢新そばまつり 鶴岡市温海地区
「越沢まやのやかた」
地元山菜料理を添えた特別メニュー(両日とも先着300名様限定)地元特産品直売も行われます。 まやのやかた
電話0235-47-2430
11/5(日)〜 12/10(日) そば処大梵字
「新そばまつり」
鶴岡市朝日地区
そば処「大梵字」

 あさひ産そば粉100%使用した十割手打ちそばです。

料金:前売りチケット1,500円(当日1600円)で食べ放題

そば処 古の里「大梵字」
電話0235-53-3413

11/5(日)

とざわ旬の市(秋)
第14回新そばまつり
戸沢村中央公民館 今年収穫したばかりの戸沢産のそばの実を使って「ひきたて」「うちたて」「ゆでたて」のそばを御賞味いただけます。前売り券500円(200食分)、当日券600円(600食分)。限定800食 戸沢村観光物産協会
電話0233-72-2110
11/5(日) 第23回やまのべそば祭り 山辺町中地区公民館

手打ちそばが味わえます。地元農産物の直売もあります。11:00〜13:00
料金:前売券800円、当日券900円

山辺町中地区公民館
電話023-666-2113
11/5(日) 新庄そばまつり

新庄市
「山屋セミナーハウス」

(旧山屋小学校)

新庄産そば「最上早生」を使った手打ち蕎麦。アトラクションを開催予定。臨時駐車場からシャトルバスあり。前売券2食1000円 当日券1食600円 新庄そばまつり実行委員会事務局 (新庄市役所内)
電話0233-22-2111
11/5(日) のどか村新そばまつり

白鷹町

いきいき深山郷

「のどか村」

時間:10:30〜14:30

料金:1枚 500円

白鷹町観光協会
電話0238-86-0086

11/18(土)〜19(日)

あゆ茶屋新そばまつり

白鷹町

あゆ茶屋

時間:10:00〜15:00

料金:前売券 一枚540円・当日券 一枚600円

そばのほかにも、きのこ汁や鮎の塩焼き、天ぷらなど、そばのお供もご賞味ください。

道の駅白鷹ヤナ場
あゆ茶屋
電話0238-85-5577

11/19(日)

滝野そばまつり

白鷹町

滝野交流館

時間:11:00〜15:00

料金:1枚 600円

白鷹町観光協会

電話0238-86-0086

11/19(日)

最上町新そばまつり

最上町

お湯トピアもがみ(最上町大字富澤2344)

山形県奨励品である「最上早生(もがみわせ)」を使用した手打ちそばをはじめ、蕎麦焼酎やそば茶など、最上早生を存分にお楽しみいただける品々が揃います。

時間:10:00〜14:00

料金:前売り券500円、当日券600円

最上町新そばまつり実行委員会

電話0233-43-2340

11/23(木・祝)

パレス松風新そば祭り

白鷹町

パレス松風

コンベンションホール

時間:11:00〜14:30

料金:前売り券600円、当日券700円

パレス松風
フリーダイヤル0120-28-1004

電話0238-85-1001

 

11/1(水)
〜12/31(日)

隠れ蕎麦の里しらたか

新そばキャンペーン2017

白鷹町内協賛店
・熊屋
・千利庵
・のどか村
・宝思そば
・そばきり八寸
協賛店で新そばを食べ、店内に設置してある応募用紙に記入すると、抽選で白鷹の特産品が当たるキャンペーンです。 白鷹町観光協会
電話0238-86-0086

 


2015.10.25::[メモ/ピックアップ]


やまがた観光通信vol.23

ほどわらがキレイ!

山形県観光交流課が発行している
「やまがた観光通信」の最新号のお知らせです。

「ほどわら」とは庄内弁で一面に降り積もった雪のことをいいます。
庄内は田んぼが広がり、水路が雪で覆われると、どこまでも「ほどわら」
が続いて、その美しさに息をのんでしまいます。

【内容】
1.「山形デスティネーションキャンペーン推進協議会」が設立されました
2.風評被害に関する損害賠償個別相談会
3.【告知】震災復興 観光推進国民会議 山形フォーラム −風評被害を乗り越えて−
4.「やまがた子ども観光大使」認定証授与式
5.「おしんの生家」情報
6.台北国際旅行博(ITF2012)
7.台湾からの双方向チャーター便が運航されました!
8.県内で韓国テレビホームショッピングの撮影が行われました!
9.イルミネーション・ライトアップ情報
10.山形イベント情報

最新号「やまがた観光通信vol.23」 - PDFファイルダウンロード
バックナンバーはこちら


やまがた観光通信vol.22

あべ!

山形県観光交流課が発行している
「やまがた観光通信」の最新号のお知らせです。

〜あべ!〜
 いきましょうの意味で山形県
 内全域で使います。使用例とし
 ては、「ランチにあべは!」皆
 さんぜひ山形さあべは!!

【内容】
1.観光業の風評被害に関する損害賠償について
2.山形DC推進協議会(仮称)設立準備会開催
3.大盛況!!「山形ご当地グルメフェスティバル2012inひがしね」
4.極上のイタリアンと音楽の旅 寝台車「カシオペア・クルーズ」
5.「きらきら羽越観光圏パスSP」発売中!
6.おしんの生家の復元を支援するための寄附金のお願い
7.「次世代旅館経営者育成プログラム」スタート
8.台湾教育旅行関係者が来県
9.お知らせ『仙山交流味祭inやまがた』『むらやま地域地場産業祭』開催!
10.山形県観光情報ポータルサイト「やまがたへの旅」スマホ・ケータイ版デビュー
11.第100回記念 南陽の菊まつり開催中
12.紅葉の名所を巡ろう
13.「山形の秋」食のイベント

最新号「やまがた観光通信vol.22」 - PDFファイルダウンロード
バックナンバーはこちら
 

“山形デスティネーションキャンペーン”ロゴマーク・キャラクター(以下「ロゴマーク等」という。)を使用する場合の取扱いは、以下によります。
 

1.使用の手続き

(1)ロゴマーク等を使用する場合は、別紙「“山形デスティネーションキャンペーン”ロゴマーク・キャラクター使用申請書(以下、「使用申請書」という。)」を山形デスティネーションキャンペーン推進協議会(以下、「協議会」という。)に提出してください。
ただし、次に該当する場合は申請の必要はありません。

1.協議会及びその会員、会員団体の構成員である団体、協賛団体が使用する場合。ただし、商品パッケージや商品自体に使用する場合は申請が必要です。
2.鉄道各社、旅行会社、雑誌社等が山形県への誘客を目的とした旅行商品や記事に使用する場合。
3.新聞、テレビ、雑誌等の報道関係機関が報道目的に使用する場合。
4.個人が山形県の観光をPRする目的で使用する場合。
また、使用承認が必要のない場合でも、下記4に該当する場合は使用できません。

(2)協議会は、使用申請書の内容を審査のうえ、承認するものについては、使用申請書に押印したものを申請者に交付します。
 

2.使用料

ロゴマーク等の使用料は、無料です。
 

3.使用条件

ロゴマーク等の使用にあたっては、次の条件を遵守し、適正に使用してください。
(1)デザインマニュアルに基づき使用すること。
(色の変更、縦横の比率変更、組み方の変更、新たなデザイン付加などはできません。)
(2)ロゴマーク等使用品の現物1点を別紙「“山形デスティネーションキャンペーン”ロゴマーク・キャラクター使用届出書」により協議会に提出してください。
現物の提出が困難な場合は、現物の写真を提出してください。提出されたロゴマーク等使用品・写真は返却しません。
なお、提出いただいた現物や写真は山形県の観光PRのため、協議会のホームページや広報物に掲載する場合があります。
 

4.使用承認しない場合

次に掲げる場合に該当すると認めるときは、使用を承認しません。

(1)山形県及び協議会が行う観光キャンペーンの品位を傷つけ、又は正しい理解の妨げとなるおそれがある場合。
(2)特定の政治、思想、宗教の活動に使用される場合、又はその活動を支援しているような誤解を与えるおそれがある場合。
(3)ロゴマーク等を正しい使用方法に従って使用しない、又は使用しないおそれのあるとき。
(4)事業所等が自己のシンボルマーク又は商標、意匠として使用するおそれがある場合。
(5)法令又は公序良俗に反するおそれがある場合。
(6)その他協議会が承認しないことが適当と認めた場合。

 

5.使用状況等の調査

協議会は、ロゴマーク等の適正な活用を図るため必要と認める場合、ロゴマーク等の使用者に対し、その使用状況について報告を求めることができるものとします。

 

6.使用の禁止

(1)現にロゴマーク等の使用が開始された後において、使用条件に違反した場合、または上記4に該当することが明らかになった場合、協議会はロゴマーク等の使用を禁止、又は当該使用承認を取り消すものとします。申請者は直ちに使用を中止し、使用物の回収・撤去等を行ってください。
(2)協議会は、使用者が前項の規定により使用を禁止され、又は許可を取り消されたことによって損失を受けることがあっても、その補償の責めを負いません。

 

7.使用者の責務

ロゴマーク等が表示されたものに関する事故、苦情が発生した場合、一切の責任はロゴマーク等の使用者に帰するものとし、
ロゴマーク等の使用者は誠意をもって必要な措置を講じなければなりません。

【「使用申請書」の提出先】
〒990-8570 山形市松波2-8-1
山形県観光立県推進課内 山形デスティネーションキャンペーン推進協議会事務局
(TEL:023-630-3362、FAX:023-630-2097)

 

 

 

 

 

 



やまがた観光通信vol.21

いがった〜!

山形県観光交流課が発行している
「やまがた観光通信」の最新号のお知らせです。

〜いがった〜
 山形県内で広く使われている方言で
「良かった」という意味。豊かな自然、
温泉や美味しい物がたくさんある山形
さ来て、いがった〜!

【内容】
1.観光業の風評被害損害賠償 大筋合意!
2.誘客プロモーションin台湾
3.香港・広州プロモーションを実施しました!
4.平成23年度山形県観光者数調査発表 〜観光者数は7月以降持ち直し〜
5.食べっしゃ ぐるっと485系&つばさ号 運行
6.ハイウェイフェスタとうほく2012開催 !!
7.山形ご当地グルメフェスティバルinひがしねが開催されます!
8.米沢なせばなる秋まつり
9.「山形の秋」祭りと食のイベント

最新号「やまがた観光通信vol.21」 - PDFファイルダウンロード
バックナンバーはこちら