山形県観光物産協会

ログイン
メモ メール Q&A  リンク 地図 ウィキ 特集 プラン
やまがた観光情報の検索
山形県の天気予報
やまがたへの旅・コミュニティ

 

 

【平成31年2月18日現在】
(〇→滑走可、△→一部不可、×→不可)
No スキー場名 オープン クローズ 積雪量
cm
天候 気温
滑走 問い合わせ先
1


パラダイス

12/8

5/6  165

-10

蔵王索道協会
023-694-9617

中央 12/8 5/6  165

-10

ユートピア・黒姫

12/8 5/6

160

-7

上の台

12/8 5/6 

120

-4
横倉・大森 12/8 5/6  120 -2

2

蔵王ライザワールド

12/23

4/7 125

-7

蔵王ライザワールド
023-679-2311
3

ZAO猿倉

12/21 3/17

110

-3 蔵王猿倉スキー場
023-679-2211
4

天童高原

12/23 3/31 100

0

天童高原地域交流センター
023-657-3628
5

黒伏高原スノーパーク
ジャングル・ジャングル

12/8

4/7 230 小雪

-2

黒伏高原スノーパーク
ジャングル・ジャングル

0237-41-5555
6

花笠高原(※1)

12/15 3/31

195

3

花笠高原スキー場
0237-28-3939
7

月山

4/10 7/下旬         月山ペアリフト
0237-75-2025
8

西川町民(※3)

12/29

3/21 115 -3 西川町交流センター「あいべ」
0237-74-3131
9

Asahi自然観スノーパーク

12/22 3/17 210 4 Asahi自然観
0237-83-7111
10 湯の台(※2) 11/24 5月上旬 335     平日休 湯の台スキー場
0233-76-2636
11 新庄市民 ※直接お問合せ下さい (一財)新庄市体育協会
0233-22-0681
12

グリーンバレー神室(※4)

12/15

12/28

3/21 145

3

グリーンバレー神室管理棟
0233-52-2240
13

赤倉温泉

12/15

3/31

150

1

赤倉温泉スキー場
0233-45-2901
14 秋山 ※直接お問合せ下さい 真室川町教育委員会
0233-62-2305
15

天元台

12/1

5/12

310 -5 (株)天元台
0238-55-2236
16

米沢

12/22 3/31 155 -1 米沢スキー場
0238-28-2511
17 小野川温泉 ※直接お問合せ下さい NPO法人おのがわ
0238-32-2121
18 道照寺平 ※直接お問合せ下さい 長井市生涯スポーツ課
0238-88-5661
19 横根 ※直接お問合せ下さい 横根スキー場
0238-62-4723
20 白鷹町営 ※直接お問合せ下さい 白鷹町教育委員会 生涯スポーツ係
0238-85-6147
21 飯豊・手ノ子 ※直接お問合せ下さい 飯豊町町民総合センター「あ〜す」
0238-72-3111
22

羽黒山

12/22

3/3

210

0 休暇村羽黒
0235-62-4270
23

湯殿山

12/8 3/31 130 -1 (株)月山あさひ振興公社
0235-54-6450
24

櫛引たらのきだい

12/22 2/28 200 2 たらのきだいスキー場
0235-57-5470

※1.花笠高原スキー場の積雪情報について
 月〜木は17:30から営業のため、それらの曜日は前日夕方の積雪情報が掲載されます。
 当日の情報はその日の夕方にお知らせします。金〜日、祝日は当日の積雪情報が掲載されます。

※2.湯の台スキー場はオープン〜1/6、3/9〜3/31は毎日営業。1/7〜3/8、4/1〜5月上旬は土・日・祝日のみ営業。

 

※3.西川町民スキー場は平日はナイターのみの営業。

 

※4.神室スキー場は土日祝日は9時〜21時、平日は13時〜21時の営業。

 

<県内の気象・交通情報のお問い合わせ先>

(雪による時々の気象や交通情報等は、下記までお問い合わせください。)

分 野 問い合わせ先 電話番号
気 象 山形地方気象台 023-622-2262
道 路 日本道路交通情報センター (山形センター) 050-3369-6606
鉄 道 JR東日本お問い合わせセンター 050-2016-1600
バ ス 内陸:山交バス(株)案内センター 023-632-7272
庄内:庄内交通観光バス(株) 0235-22-0444
航 空 内陸:山形空港総合案内所 0237-47-3111
庄内:庄内空港ビル株式会社 0234-92-4181
観光全般 やまがた観光情報センター 023-647-2333

 



"もがみ雛めぐり"
※2019年2月16日現在の一覧です。
※公開期間に変更がある場合もございますので、予めお問い合わせください。
※詳細は右のバナーをクリックしてご覧ください。
 
新庄市
新庄市
開催施設 電話番号 公開期間 料金  
新庄ふるさと歴史センター 0233-22-2188 2月16日〜4月8日 300円  
とまれや旅館 0233-22-0822 3月19日〜4月4日 無料  

■深田菓子舗

0233-22-2131 4月1日〜4月3日 無料  

新庄まちなかひなめぐり(商店街通り)

0233-22--6855 4月1日〜4月3日    
金山町
金山町
開催施設 電話番号 公開期間 料金  
交流サロンぽすと 0233-52-2111 4月3日 無料  
カネカ邸 0233-52-2810 4月3日 無料  
そば処 草々 0233-52-2480 4月3日 無料  
蔵史館 0233-52-2902 4月3日 無料  
マルコの蔵 0233-32-1212 3月中旬〜4月上旬 無料  
鮭川村
鮭川村
開催施設 電話番号 公開期間 料金  

羽根沢温泉雛めぐり

加登屋旅館

ホテル紅葉館

松葉荘

 

0233-55-2525

0233-55-2081

0233-55-2539

 

3月3日〜4月3日

(各施設による)

 

無料

日帰り入浴

300円

 
大蔵村
大蔵村
開催施設 電話番号 公開期間 料金  
若松屋村井六助旅館 0233-76-2031 期間未定 無料  
湯宿元河原湯 0233-76-2259 2月4日〜3月上旬 無料  
三春屋旅館 0233-76-2036 3月上旬〜4月3日 無料  
最上町
最上町
開催施設 電話番号 公開期間 料金  
旅館 喜至楼 0233-42-2011 2019年中止
 
 
瀬見ひな祭り(瀬見公民館) 0233-42-2123 3月31日〜4月7日 無料  
真室川町
真室川町
開催施設 電話番号 公開期間 料金  
差首鍋地区生涯学習センター「まざれや」 0233-62-2393 3月1日〜3月30日 無料  
まむろ川温泉 梅里苑 0233-62-2373

3月1日〜3月31日

 

無料
入浴料360円
 
舟形町
舟形町
開催施設 電話番号 公開期間 料金  
舟形若あゆ温泉 0233-32-3655 2月14日〜3月12日 無料
入浴料380円
 
戸沢村
戸沢村
開催施設 電話番号 公開期間 料金  
三左衛門そば 0233-73-2182 3月30日〜4月4日 無料  

 



大山新酒・酒蔵まつり(鶴岡市) 2019年2月9日(土)
大山地区は昔から全国に銘酒を送り出してきた酒どころ。
4軒の造り酒屋の酒蔵を訪ね歩き、蔵出しの新酒を試飲できる酒蔵めぐりや、
美味しい料理としぼりたての新酒を存分に味わえる新酒パーティーなどが開催されます。
⇒ 詳細はこちら

 

 


六歌仙「蔵参観2019」(東根市) 2019年3月9日(土)・10日(日)
六歌仙を支えてくださっている皆様方に感謝をこめて。一年に一度だけの蔵開き。
六歌仙の蔵を、そして美味しい旬のお酒を見て、聞いていただきたいという『蔵参観(KURASANKAN)』を開催します。
蔵探検はもちろん、酒蔵ならではの多彩なイベント、そして六歌仙の「おもてなし」、更には地元ならではの「うんまいもの」を用意しています。
秋には大収穫祭があります(例年10月)
⇒ 詳細はこちら

 

 


「春待ち雪見の宴」川西新酒まつり(川西町) 2019年2月22日(金)・23日(土)
町内4蔵元の搾り立ての新酒と鍋料理を楽しむまつり。
完全前売り予約制。貴重な新酒を試飲できる試飲コーナーも設置。
蔵元の説明を聞きながら、自慢の新酒をお楽しみ下さい。
⇒ 詳細はこちら

 

 


楯野川蔵祭り(酒田市) 2018年4月8日
 吟醸王国山形で初めての全量純米大吟醸「楯野川」の蔵元の年に1回の蔵開放。

蔵祭り限定のお酒の販売や、酒粕の詰め放題、チケット制のちょい呑み酒場など、
イベント盛りだくさんで皆様をお待ちしています。
⇒ 詳細はこちら

 

 


米鶴酒造「蔵開き」(高畠町) 2018年4月8日(日)
蔵内見学や大抽選会、米鶴商品販売・物産品販売、特製屋台村など盛りだくさんの内容。
特設ステージでイベントも開催します。
⇒ 詳細はこちら

 

 


やまがた酒フェスタ2017 2017年6月6日(山形) 6月8日(鶴岡)
東北最大級のお酒の試飲会。
日本酒、焼酎、ワイン、ウィスキー、カクテルなど約1001種類のお酒を堪能いただけます。
全国でも評価の高い「山形の日本酒」の飲み比べの体験、新しい酒米『雪女神』を使った日本酒もお試しいただけます。利き酒、チャリティ、抽選会などイベントも開催。


庄内酒まつり2018〜やまがた芳醇〜 2018年7月7日(土)
鶴岡の山里海の恵みや伝統料理など、鶴岡の食文化をまるごと味わい・体験できる食の祭典。
庄内の18酒蔵が集合し、自慢の日本酒を準備。各酒蔵が厳選した地酒を楽しめます。
お酒に合わせて、世界が認めた「鶴岡の食」を思う存分体験しよう。


花笠地酒フェス 2018年8月4日(金)
県内選りすぐりの10の蔵元が大集合!昼から楽しめる花笠まつり前夜祭!
⇒ 詳細はこちら


やまがたの酒と肴 2018年9月15日(土)
山形県の蔵元が造る100種類以上のお酒&お酒に合う肴が大集合!
利き酒はチケット制で、前売券には肴交換券も付いています(当日券の場合、肴交換券なし)。
会場が山形駅から徒歩3分なのも嬉しいところ(霞城セントラル1F)。
⇒ 詳細はこちら

 

 



2019.02.18::[メモ/トピックス]

"山形の酒蔵"

全国新酒鑑評会で、全国有数の金賞受賞数を誇る「吟醸王国・山形」
2016年12月には、地域全体で品質向上に取り組んでいることなどが評価され、
清酒では県としては初めての「「GI(日本地理的表示)」を獲得しました。

山形県には53の酒蔵があり、県内全域にこれだけの酒蔵があるのは全国的にも珍しく、
その土地ならではの気候や風土・文化を生かした銘酒を育み、切磋琢磨しながら品質を競い合っています。

また、酒どころに欠かせないのが、おいしい「水」と「米」、そして「酒を知り尽くしたつくり手」
その全てがそろう山形で、自然に囲まれ、おいしい食を味わいながら、ゆっくりと地酒を味わってみませんか。

"山形の酒蔵MAP"

日本酒を楽しむイベント

六歌仙「蔵参観2019」(東根市)
2019年3月9日(土)・10日(日)

朝日の地酒まつり(朝日町)
場所 ホテル自然観
2019年3月8日(金)

あつみ温泉摩耶山新酒まつり(鶴岡市)
場所 あつみ温泉朝市広場
2019年3月2日(土)

「春待ち雪見の宴」(川西新酒まつり)(川西町)
場所 浴浴センターまどか
2019年2月22日(金)・23日(土)

大山新酒・酒蔵まつり(鶴岡市)
場所:鶴岡市大山地区
2019年2月9日(土)

酒の酒田の酒まつり
場所:酒田市中央公園
2019年1月26日(土)・27日(日)

「おきたま五蔵会」地酒列車
場所 JR赤湯駅集合(赤湯駅 − 荒砥駅)
2019年1月19日(土)、3月23日(土)・24日(日)

いいで旬なもの観光物産展(山形市)
場所 霞城セントラル1Fアトリウム
2018年12月8日(土)
どぶろくの販売あり

おいしい食の都庄内 酒まつり(酒田市)
場所:酒田市中町にぎわい健康プラザ
2018年10月20日(土)

まるごと西川三山祭り(西川町)
場所 月山銘水館前広場
2018年10月14日

株式会社六歌仙 大収穫祭(東根市)
場所 株式会社六歌仙
2018年10月6日(土)

東光「蔵開き」(米沢市)
場所:株式会社小嶋総本店
2018年9月15日(土)・16日(日)

第3回 やまがたの酒と肴(山形市)
場所 霞城セントラル1Fアトリウム
2018年9月15日(土)

花笠サマーフェスティバル(山形市)
場所:七日町ワシントンホテル前特設コーナー
2018年8月4日(土)

庄内酒まつり2018〜やまがた芳醇〜(鶴岡市)
場所:鶴岡駅前の米蔵
2018年7月7日(土)

IWC2018「sake部門」やまがた開催を記念しての試飲会(5会場)
2018年5月19日(土)鶴岡市、酒田市、新庄市
2018年5月20日(日)山形市、米沢市

米沢おきたま酒蔵めぐり(ツアー)
2018年4月20日(金)〜22日(日)、
4月28日〜6月24日(日)の土日

米鶴酒造「蔵開き」(高畠町)
2018年4月8日(日)

楯野川酒蔵 蔵祭り(酒田市)
2018年4月8日(日)


 



※2019年2月16日現在の一覧です。
※公開期間に変更がある場合もございますので、予めお問い合わせください。
※詳細は右のバナーをクリックしてご覧ください。
 
 
山形市
山形市
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
山寺芭蕉記念館 023-695-2221 2月28日〜4月8日 400円  
歴史と文化の美術館 わらべの里 023-693-0093 2月3日〜4月3日 700円  
山形まるごと館 紅の蔵 023-679-5101 2月14日〜3月31日 無料  
佐藤屋本店 023-622-3108 3月16日〜3月31日までの土・日・祭日および4月3日 無料  
本家 長門屋 023-622-3566 3月18日〜4月3日 無料  

城下町やまがた雛まつり

・山形市商工課

・七日町商店街振興組合

・街なか賑わい推進委員会

 

023-641-1212

023-631-6368

023-631-0831

 

 

 

2月15日〜3月17日

 

時間・料金は施設により異なります。

 
上山市
上山市
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
上山城 023-673-3660 3月3日〜4月3日 410円

毎週土曜日は中学生以下無料

博物館 蟹仙洞 023-672-0155

3月1日〜4月1日

500円  
旧曽我部家(武家屋敷通り) 023-672-1111

3月16日〜3月24日

無料 お茶やお漬物の振る舞いがあります。
山田屋(楢下宿) 023-672-1111

3月16日〜3月24日

無料 湯茶接待がります。
中山町
中山町
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
柏倉九左ェ門家 023-662-3521 3月2日〜3月10日 500円  
山辺町
山辺町
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
山辺町ふるさと資料館 023-664-5033 2月16日〜3月24日 200円  
■まちなか雛ミュージアム 023-664-5033 3月2日〜3月24日 無料 
各店営業時間内
 
寒河江市
寒河江市
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
料亭 慈恩寺陣屋 0237-87-1112 3月30日〜5月6日 600円  
古澤酒造資料館 0237-86-5322 3月3日〜5月6日 無料 4月第一週までの土日祝はガイド案内有
寒河江八幡宮 0237-86-6258 2月15日〜4月7日 無料  
大江町
大江町
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
岡田文治家 0237-62-2111 3月29日〜3月31日 300円  ̄|
 |
共通券
800円               
 |
 |
_|
清野太家 0237-62-2111 3月29日〜3月31日 300円
金子仙之助家 0237-62-2111 3月29日〜3月31日 300円
大江町歴史民俗資料館 0237-62-2111 3月29日〜3月31日 300円
錦庵(お休み処) 0237-62-2111 3月29日〜3月31日 無料 甘酒の提供あり
西川町
西川町
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
清流庭園 山菜料理 玉貴 0237-74-2364 2月1日〜4月中旬 1,000円
見学のみ
 
河北町
河北町
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
鈴木英友家 0237-72-3787 3月29日〜4月3日 400円

※4/2・4/3の2日間

鈴木昌之家 0237-72-3787 3月29日〜4月3日 300円 ひな供養の神事が
細谷昌平家 0237-72-3787 4月2日〜4月3日 300円 とり行われます
國井前豌 0237-72-3787 4月2日〜4月3日 300円  
竹谷義一邸 0237-72-3787 4月2日〜4月3日

300円

 
細谷次朗邸 0237-72-3787 4月2日〜4月3日

300円

 
紅花資料館 0237-73-3500

1月12日〜4月3日

(展示は4月10日まで)

400円

 
朝日町
朝日町
開催施設 電話番号 公開期間 料金  
宿のやかた 0237-67-2134 3月9日〜3月17日 無料  
天童市
天童市
開催施設 電話番号 公開期間 料金  
天童市立旧東村山郡役所資料館 023-653-0631 2月8日〜3月24日 200円  
将棋むら天童タワー 023-653-3222 2月8日〜3月24日 無料  
広重美術館 023-654-6555 2月8日〜4月3日 600円  
東根市
東根市
開催施設 電話番号 公開期間 料金  
東根市文化施設まなびあテラス 0237-41-1200 3月1日〜3月10日 無料  
郷土料理 梅ヶ枝清水 0237-42-0589 1月20日〜4月3日 無料  
壽屋 寿香蔵・野守の宿 0120-42-0173 2月15日〜4月3日 無料  
村山市
村山市
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
最上徳内記念館 0237-55-3003 2月22日〜4月2日 300円  

最上川美術館

0237-52-3195 3月8日〜4月2日 300円  
愛宕神社「ひな供養」

0237-55-5637

0237-55-5555

3月17日

10:00〜受付

祈祷料

2000円〜

 
楯岡地域市民センター 0237-55-7477 3月1日〜3月30日 無料  
甑葉プラザ              

・段々ロングな雛祭り

 

0237-55-2111

 

3月20日〜3月24日

 

無料

 
大石田町
大石田町
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
大石田町立歴史民俗資料館 0237-35-3440 2月23日〜4月7日 200円  
本町通り(自宅展示十数軒) 0237-35-2111 4月2日〜4月3日 共通券
800円
 
尾花沢市
尾花沢市
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
芭蕉・清風歴史資料館 0237-22-0104

2月28日〜4月2日

200円 【雛三昧】


2019.02.16::[メモ/やまがたの雛]
"酒田雛街道"
"鶴岡雛物語"
※2019年2月16日現在の一覧です。
※公開期間に変更がある場合もございますので、予めお問い合わせください。
※詳細は右のバナーをクリックしてご覧ください(酒田雛街道のPDFは2018年のものです)。
 
 
鶴岡市
鶴岡市
開催施設 電話番号 公開期間 料金  
荘内神社 宝物殿 0235-22-8100 2月23日〜3月24日 300円  
致道博物館 御隠殿 0235-22-1199 3月1日〜4月3日 700円  
龍の湯「蔵ギャラリー・氷室」 0235-75-2241 3月1日〜3月31日 400円  
旧風間家住宅「丙申堂」 0235-22-0015 3月1日〜3月31日 400円  
湯田川温泉 旧白幡邸 0235-35-4111 3月1日〜3月31日
4月6日・7日
350円  

三井家 蔵座敷

0235-24-9122 2019年は中止 400円  
湯野浜温泉街 各店 0235-75-2258 各施設による 無料
龍の湯を除く
 
鶴岡商店街 雛めぐり 0235-24-7711

3月1日〜4月3日

各施設による

無料  
あつみ温泉 湯のまち人形めぐり 0235-43-3547 3月1日〜3月31日 無料  
長沼温泉/ぽっぽの湯 0235-64-4126 2月24日〜3月23日 無料
入浴・休憩別途
 
酒田市
酒田市
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
本間家旧本邸

0234-22-3562

0234-23-5422(事務所)

2月下旬〜4月上旬

700円

本間美術館との共通券1400円

ガイド可
本間美術館 0234-24-4311 2月23日〜4月8日 900円 ガイド可
旧鐙屋 0234-22-5001 2月26日〜4月3日 320円 ガイド可
舞娘茶屋  相馬樓・竹久夢二美術館 0234-21-2310 3月1日〜4月2日 1,000円  
マリーン5清水屋(4階 美術画廊) 0234-24-4747

3月1日〜3月31日

無料  
山居倉庫/酒田夢の倶楽(華の館) 0234-22-1223

2月23日〜3月13日

3月15日〜4月3日

無料  
旧阿部家 0234-54-2776 3月1日〜5月6日 無料  
松山文化伝承館 0234-62-2632 2月16日〜4月7日 360円 ガイド可
酒田あいおい工藤美術館 090-2846-6846 2月22日〜4月7日 300円 ガイド可
山王くらぶ 0234-22-0146 2月24日〜12月27日 600円 ガイド可
酒田市立資料館 0234-24-6544 2月16日〜4月1日 100円 ガイド可
さかた中通り商店街アーケード 0234-21-2601 3月1日〜4月3日 無料  

清亀園

0234-23-0388 3月17日〜4月3日(予定) 300円 ガイド可
傘福屋 0234-24-2770 小規模で検討中 100円  

傘福紅房

0234-23-0615 3月1日〜4月3日 200円  
遊佐町
遊佐町
開催施設 電話番号 公開期間 料金  
旧青山本邸 0234-75-3145 2月13日〜4月7日 400円  
三川町
三川町
開催施設 電話番号 公開期間 料金  

アトク先生の館(三川町文化交流館)

0235-66-5040 3月1日〜3月31日 無料  
庄内町
庄内町
開催施設 電話番号 公開期間 料金  
亀ノ尾の里資料館 0234-44-2162 3月1日〜4月3日 無料  


※2019年1月31日現在の一覧です。
※公開期間に変更がある場合もございますので、予めお問い合わせください。 おきたま・かみのやま雛回廊特別企画【わたしもおひなさま】開催。小学校低学年くらいまでのお子様対象に、お雛様の姿に着付けします。(施設により料金・期間設定あり)
※詳細は右のバナーをクリックしてご覧ください。※2018年のものです。
 
 
米沢市
米沢市
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
上杉伯爵邸 0238-21-5121 2月3日〜4月4日 無料 撮影可
【わたしもおひなさま】
米澤民藝館 0238-22-8141 3月3日〜3月10日 500円 ※要予約  
米沢市上杉博物館 0238-26-8001 2月22日〜3月21日 410円 撮影可(フラッシュ×)
(株)白根澤 0238-23-0092 2月9日〜2月24日 無料 撮影可
南陽市
南陽市
開催施設 電話番号 公開期間 料金  

結城豊太郎記念館

※3/2ひなコンサート

 

0238-43-6802 1月16日〜3月24日 無料  
川西町
川西町
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
玉庭ひなめぐり(地区内3か所) 0238-48-2130 3月23日・24日

1,500円
雛めぐり協力費

※前売り1400円

撮影可
【わたしもおひなさま】

長井市
長井市
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
山口家(個人宅) 0238-84-2830 3月1日〜3月31日 無料  
小桜館(旧西置賜郡役所) 0238-88-9365 2月8日〜2月11日 無料 撮影可
【わたしもおひなさま】
白鷹町
白鷹町
開催施設 電話番号 公開期間 料金 備考
あゆ茶屋 0238-85-5577 2月1日〜3月31日 無料 撮影可
荒砥駅資料館 0238-86-0086 2月上旬〜3月31日 無料 撮影可


"スタート"
蔵王の樹氷は2月が一番の最盛期です。
志津温泉の雪旅籠は「アイスバー」や「滑り台」なども沢山の方で賑わいます。
寒河江の神輿は近年新たな注目を浴びております。
佐藤繊維の注目スポットGEAでカフェタイムやセレクト雑貨、そして小技の光るここだけの一着を見つけてはいかがでしょうか?

志津温泉は宿によって近くの西川バス停まで送迎してくれる場合があります。
※宿泊予約時に確認して下さい。
山形駅より酒田・鶴岡行き高速バスを利用して、
西川バス停から定額タクシープランを行っています。
https://www.gassan-info.com/spot/108

志津温泉まで公共交通機関で移動の場合は、
山形駅から高速バスで西川バス停まで行き、西川バス停から町営バスを利用できます。
西川町 町営バス|時刻表
山交バス|時刻表

蔵王ロープウェイは土日祝日は混雑の為、乗車にお時間がかかる場合があります。
蔵王温泉街について

寒河江駅周辺にも飲食店もありますし、GEA内でも食事ができます。
雪旅籠灯り開催日は寒河江駅からシャトルバスが出ます。
  • JR山形駅

    JR山形駅東口バスターミナルの1番乗り場より蔵王温泉行きバスに乗車。終点の蔵王温泉バスターミナルより徒歩で約10〜15分。
    山交バスについてはこちら

    バスで45分

  •  

    蔵王ロープウェイ

    2つのロープウエイを乗り継ぎ別世界へとご案内。例年2月が樹氷の最盛期です。山頂駅には美しい樹氷を見ながら温かいコーヒーを飲めるレストランもありますよ。冷えた体を暖めて麓に戻ってはいかがですか?

    バスで45分

  • JR山形駅

    JR左沢線に乗ります。5,6,7番線いずれかからの発車となります。改札口の案内盤をご確認下さい。

    電車で30分

  • JR寒河江駅

    雪旅籠の時期のみ寒河江駅から会場までバスが出ます。※志津温泉の宿泊先に送迎可能かどうか確認してお時間を合わせるのも良いと思います。

    バスで50分

  •  

    雪旅籠の灯り

    山形にこんなところがありました!!雪旅籠の灯りは2/22〜24・3/2〜3が点灯です。幻想的な雰囲気を味わいたい方はこの日にあわせてお越しください。

    徒歩ですぐ

  •  

    志津温泉(宿泊)

    志津温泉は山間の雰囲気のあるお宿です。春には山菜が多く採れ夏は月山登山,秋の紅葉,そして冬の雪旅籠と一年を通じ多くの人で賑わいます。
    ※寒河江駅には宿から近くのバス停まで送って頂くか、宿からタクシー等を使って近くのバス停に行きます。

  • バスorタクシー45分

  • JR寒河江駅

    駅周辺には飲食店もあります。

    徒歩ですぐ

  •  

    寒河江神輿会館

    近年に作られた立派な神輿をまじかで見ることが出来ます。

    徒歩で5分

  •  

    GEA(佐藤繊維)

    佐藤繊維のセレクトショップです。ニット製品、セレクト商品にカフェもあり電車の時間にあわせてゆっくりと過ごすのもお勧めです。

    徒歩で10分

  • JR寒河江駅

    電車で30分

  • JR山形駅

    新幹線までの時間は隣接のS-PALや霞城セントラルなどでゆっくりと過ごせます。

"ゴール"


"スタート"
移動は公共の交通機関を利用しております。
バスの時刻に限りがあります。出発前に必ずご確認下さい。
巡回バス/冬季の時刻表
山交バス
米沢の観光案内
城下町の案内

この時期の米沢市の気温は日中で5℃前後、朝晩は氷点下10℃近くまで下がる事があります。
路面に消雪パイプが埋め込まれ足元が水で濡れてしまう場合もありますので、
防水されることをオススメします。

※降雪量が少ない年はかまくらの数が減ることがありますので予めご了承下さい。
  • JR米沢駅

    JR米沢駅の前はビジネスホテルや飲食店(米沢牛)も多く有名な「牛肉ど真ん中弁当」のお店があります。この機会に米沢牛を食べて見るのもオススメです。

    【循環バス(右)】米沢駅前から乗車、上杉神社前降車

    バスで10分

  •  

    上杉神社

    上杉神社は謙信公、鷹山公をお祀りする神社です。伊藤忠太の設計で四季を問わず多くの参拝者が訪れます。境内にある稽照殿には直江兼続の「愛」の冑があり是非ご覧頂きたい品物です。

    徒歩ですぐ

  •  

    上杉博物館

    上杉氏ゆかりの城下町、米沢の歴史を学べる博物館です。上杉家ゆかりの品々をはじめ、国宝「上杉本洛中洛外図屏風」は年2回(春と秋)に本物を見ることができます。

    徒歩ですぐ

  •  

    上杉城址苑

    お食事から買い物までここで米沢の品物に出会えます。ウコギや鯉の甘露煮、米沢牛を使ったコロッケなどその場で食べても宿に入って夕飯前に食べても良いと思います。是非。

    【小野川温泉行きバス】松が岬バス停より乗車、小野川温泉下車

    バスで15分

  •  

    小野川温泉(宿泊)

    山間ののどかな温泉地、小野川温泉はこの冬の時期にあわせて「かまくら村」が誕生します。温泉はあの「小野小町」が偶然発見した温泉地で米沢の奥座敷として親しまれております。

    徒歩ですぐ

  •  

    かまくら村(到着後の散策)

    期間限定のかまくら村は雪の美しさをより一層ひきたてます。かまくらの中で「米沢ラーメン」の出前が出来るのが他とは違うトコロです。米沢ラーメンの懐かしい科蕎麦をこの機会に是非お試しください。

  •  

    小野川温泉散策(お土産)

    女将味噌や豆もやし、温泉まんじゅう、温泉卵、など素朴なお土産が今でも人気があります。近くにはカフェなどもありますので大人女子旅やご夫婦でゆっくりとお過ごし頂けます。

    【米沢駅行バス】小野川温泉バス停から乗車、ご廟所前下車

    バスで15分

  •  

    上杉家廟所

    上杉家家祖上杉謙信公を中心に、11代藩主斉定までの廟屋が並び何とも言えない厳かな雰囲気に満ちています。

    【循環バス(左)】ご廟所前乗車、二中下車

    バスで5分

  •  

    春日山林泉寺

    上杉景勝が現在地に建立し景勝正室菊姫(甲州夫人)、鷹山側室御豊の方、4代綱勝正室媛姫(保科正之娘)の墓などの上杉氏奥方をはじめ、直江山城守兼続夫妻、武田信清(信玄の6男)等上杉氏支候の墓がある。

    【循環バス(左)】二中乗車、大町上下車

    バスで5分

  •  

    小嶋総本店/東光の酒蔵

    米沢藩御用酒屋、造り酒屋の住居の復元と酒造りの様々な展示が楽しめます。売店では無料試飲が充実しています。冬には所蔵の江戸時代享保雛が座敷に展示されます。

    【循環バス(左)】大町上乗車、米沢駅下車

    バスで15分

  • JR米沢駅

"ゴール"


"スタート"
毎年4メートルもの積雪で日本一を争う肘折温泉。開湯は807年。
肘折温泉は肘を折った老僧が苦しんでいたときに、岩から湧き出るお湯につかったところ、たちまち傷が治ったという伝説があります。
歴史を感じさせるひなびた宿が多く、今なお湯治場として役割を果たし、地元の人に愛されています。雪国の人になったつもりでゆったりと温泉をお楽しみ下さい。

3メートルの雪壁にロウソクの優しい灯りがともる回廊イベントは2月が本番です。
【肘折幻想雪回廊2018年】
  • バスで55分


  • 肘折温泉(宿泊)

    開湯から1200年。湯治場としての歴史と伝統がある温泉です。肘折は積雪が毎年日本1位2位を争う豪雪地帯。
    2月には「いかに速く雪を掘って地面を出すか」を競う【地面だし競争】が開催されます。
    また、温泉名物の朝市では春の山菜に始まり、自家製の野菜・きのこなど旬の味覚がずらりと並びます(5月〜8月まで)。


  • 雪で遊ぼう 冬季体験メニュー

    ●雪の足跡探検ウオーキング(初級・中級)
    ●雪ノコ・スノーダンプ雪消し体験
    ●雪のそり滑り体験
    ●温泉達人養成講座
    ●肘折こけし絵付け体験

    ※平成31年3月までのプログラムです。
    ※日時指定があるものはご注意ください(要予約)。

    (新庄-肘折温泉 村営バス時刻表)

    バスで55分

  • JR新庄駅

    徒歩すぐ


  • ゆめりあ(新庄駅併設)

    駅に併設する【ゆめりあ】は最上広域交流拠点です。
    ●観光案内所 ●郷土料理が食べられるレストラン、ファーストフード ●物産館 ●漫画ミュージアム ●体験コーナー ●一休みできる中庭

    電車で19分

  • JR古口駅

    バスで1分         徒歩で8分


  • 最上川舟下り

    【最上川芭蕉ライン】ゆったりと60分かけて川を下ります。
    水墨画の様な冬景色を楽しんで下さい。

    船上で食事も可能(要予約)。「こたつ船」は12月1日より3月末までの冬季限定です(一日3本)。
    <芭蕉ラインQ & A >

    バスで1分         徒歩で8分

  • JR古口駅

    電車で19分

  • JR新庄駅

"ゴール"


"スタート"
山形県では旧暦にあわせて雛を飾るところも多く、2月中旬〜4月上旬にかけて県内各地で【ひな祭り】が開催されます。
山形の海の玄関口・酒田にはかつて北前船により多くの京文化・江戸文化が渡ってきました。お雛様もそのひとつで、かつての商家・豪家にはさまざまな時代のお雛様が代々受け継がれています。
本間家旧本邸は本間美術館との共通利用券があります(通常利用1600円&rarr;1400円)

コース以外の場所でもお雛様の展示がありますのでご参考ください。
【やまがたの雛 庄内エリア】

西の伊勢参り・東の出羽三山参り推進プロジェクト
「いせ、もうで でわ、まいる」

※2月下旬〜4月上旬対象プランです。
  • おいしい庄内空港

    やまがたに2つある空港のうちのひとつ。庄内地方の観光に便利な空の玄関口です。
    空港内には荘内を代表するお菓子の売店や平田牧場のレストランがあり、外にはレンタカー各社の窓口があります。

    車で20分

  • &nbsp;

    本間家旧本邸

    本間家旧本邸は豪商・本間家が、武士の宿にと藩主酒井家に献上した建物で、その造りは武家屋敷と商家造りがひとつになった全国的にも珍しいものです。そんな本間家のお雛様は、北前船で運ばれたもの、婚礼道具、お土産や御礼にいただいたものと、来歴も時代もさまざまです。
    ひな祭り期間は、高さ2メートル、幅1.5間の雛段が飾られます。

    車で5分

  • &nbsp;

    山王くらぶ(傘福つくり体験)

    明治28年建築。かつては酒田を代表する料亭で、国登録文化財です。現在は観光として見学や喫茶を楽しむ事が出来ます。
    2階には日本三大つるし飾り【傘福】が展示されています。傘福は酒田の庶民が切なる願いを意匠にした細工物をつくり、傘に吊るして観音堂などに奉納する風習を再現したものです。
    山王くらぶでは通年で傘福つくり体験もできます。

  • 宿泊

  • &nbsp;

    荘内神社

    ひな祭り期間は、旧家より奉納された江戸時代から昭和までの数百体のお雛様と雛道具を展示します。雅なひな祭りを再現した豪華な8段飾りは見ごたえがあります。
    近隣の致道博物館や旧風間家丙甲堂でも、ひな祭りが開催されています。ご一緒にお楽しみください。

    車で30分

  • &nbsp;

    出羽三山神社

    月読尊(ツキヨミノミコト)がご鎮座する出羽三山は、天照大御神がご鎮座する西の伊勢神宮を陽、東の出羽を陰とし古くから、一生に一度は行ってみたい巡礼の地として知られていました。
    羽黒山山頂にある三神合祭殿には「羽黒山・月山・湯殿山」三山の三神が合祭されており、月山・湯殿山が冬季に閉山されていても、参拝できるようになっています。
    随神門から、平将門が建立したとされる五重塔(国宝)や杉並木が見事な参道を経て山頂に至る道は、修行の道でもあります。(車で山頂まで行く事もできます)

    車で45分

  • おいしい庄内空港

"ゴール"


"やまがたの雛"


"本間美術館" "本間美術館" "酒田夢の倶楽" "酒田夢の倶楽" "相馬楼" "相馬楼" "致道博物館" "致道博物館" "新庄ふるさと歴史センター" "新庄ふるさと歴史センター" "紅花資料館" "紅花資料館" "山辺町ふるさと資料館" "山辺町ふるさと資料館" "上山城" "上山城" "酒造資料館東光の酒蔵" "酒造資料館東光の酒蔵"

&nbsp;

地域によって異なるお雛さま

最上川舟運の発達時期と重なる享保年間に流行したため、雛人形の主流となっている。比較的大型で、面長の顔が多く、装束は金襴や綿を用いているため、豪華な印象を与えます。

公卿の装束を、有職故実により正しく仕立てた雛です。女雛の十二単、衣冠装束などが特徴とされ、古今雛の原型となっています。別名「高倉雛」などとも呼ばれています。

江戸にて生まれ人気を博し、現代の雛へと受け継がれています。目にガラスなどをはめ込む精巧さと、美しい装束と顔立ちで、京都・大阪へと次々に広がっていきました。

雛と京文化の雅な旅

紅花交易でもたらされた京文化を雛と街並みで感じる旅。
かつて山形は全国有数の紅花生産地として知られ、
北前船で紅花や米を、京や大阪へ運んでいました。

その戻り船には、紅花で得た富と上方文化が詰め込まれ、
山形の地へともたらされた中に、雛人形もありました。

現在も最上川沿いの県内各地に数多く残されており、
2月〜4月には山形県内各地で雛人形を公開していますので、
ぜひ雛と上方文化をめぐる旅をお楽しみ下さい。

&rarr; 雛と京文化の雅な旅(村山地方)
&rarr; 雛と京文化の雅な旅(庄内地方)



"スタート"
当プランは2月9日(土)、10日(日) 2日間限定です。
(上杉雪灯篭まつり開催 2/9〜10、まほろば冬咲きぼたんまつり開催 2/8〜2/11)
上杉雪灯篭まつり会場には駐車場がございませんので、有料シャトルバスをご利用ください。

米沢・高畠は美酒いっぱい。マイカーを利用しないコースなので、いろんな酒を味わうことができます。期間中は「やまがた冬のあった回廊」キャンペーン開催中!アンケートに答えて美味しいものをゲット!

問い合わせ:やまがた冬のあった回廊キャンペーン実行委員会
(山形県置賜総合支庁観光振興室内)
  • JR米沢駅

    雪灯篭まつり会場までは有料シャトルバスをご利用ください。(片道/おとな200円、こども100円)

    バスで10分


  • 上杉雪灯篭まつり会場

    (上杉神社境内・松が岬公園一帯)
    約300基の雪灯篭と、約1000個の雪ぼんぼりや竹あかりによる幻想的なろうそくの灯りに包まれます。テント村では米沢の冬の味覚や地酒など味わえます。

    バスで10分

  • JR米沢駅

    お帰りも有料シャトルバスをご利用ください。

    電車で10分


  • まほろば冬咲きぼたんまつり会場

    (JR高畠駅前)
    わらで作られたこもの中で見事なぼたんの花が咲きそろいます。夜はライトアップされ、昼とはまた違った幻想的な空間が広がります。

    徒歩で10分


  • 高畠ワイナリー

    日中であれば、ちょっと足を延ばしてワイナリー見学やショッピングはいかが?試飲もできます。

    徒歩で10分


  • 太陽館(JR高畠駅内)

    冬咲きぼたんまつり会場は高畠駅前で開催されているので、戻ってきたら構内にある温泉「太陽館」で温まってください。

"ゴール"


"山形の「道の駅」特集"
山形を観光目的でドライブするには欠かせない「道の駅」。
個性豊かな道の駅でゆっくりと休憩してはいかがでしょうか?
「道の駅」に併設している様々な施設を堪能して、
山形の観光にプラス&alpha;の楽しみを味わいください。

庄内エリア

名 称 特    徴 お問合せ
(電話番号)
道の駅 鳥海
ふらっと

(遊佐町)
国道7号沿いにある道の駅。ファーストフードやお土産品、ラーメン屋、パン屋などバラエティに富んでいます。 0234-71-7222
道の駅 庄内みかわ
物産館マイデル

(三川町)
「マイデル」とは、庄内弁で「待ってるよ」の意味。道路情報、特産物・地元農産物の販売、ご休憩等にぜひお立ち寄りください。 0235-68-2500
道の駅 月山
月山あさひ博物村

(鶴岡市)
特産の月山ワインや山ぶどうジュース等を展示販売。試飲が楽しめる「山ぶどう研究所」、朝日地域に関わりのある文学・芸術を集結した「文化創造館」があります。 0235-53-3411
道の駅 あつみ
しゃりん

(鶴岡市)
とれたての新鮮な魚介類を味わえる食堂をはじめ、温海の特産品などを販売。磯遊びもできるのでファミリー客にも大好評。 0235-44-3211
道の駅 しょうない
風車市場

(庄内町)
国道47号沿いに立ち並ぶ風車が目印。町内で採れる新鮮な野菜や山菜のほか、地場産農産物を使って作られたお菓子、総菜、漬物なども豊富に並んでいます。 0234-56-3039

最上エリア

名 称 特    徴 お問合せ
(電話番号)
道の駅 とざわ
高麗館

(戸沢村)
韓国の歴史や文化を再現した日韓友好のテーマパーク。ビビンバや冷麺が味わえるレストラン、韓国物産が豊富に揃う売店もあります。 0233-72-3303

村山エリア

名 称 特    徴 お問合せ
(電話番号)
道の駅 尾花沢
花笠の里ねまる

(尾花沢市)
道路情報ラウンジや食事処、土産品と農産物直販施設の地域振興施設です。 0237-24-3535
道の駅 河北
ぶらっとぴあ

(河北町)※現在休館中
売店で販売している地元産の秘伝大豆と天然にがりを使用した「秘伝豆腐」は濃厚な味わいをもち、人気商品。※現在休館中 0237-71-0529
道の駅 寒河江
チェリーランド

(寒河江市)
ジェラートが人気の「さくらんぼ会館」や姉妹都市であるトルコの工芸品や写真の展示、特産品が満載の「トルコ館」等があります。 0237-86-3111
道の駅 にしかわ
月山銘水館

(西川町)
『月山自然水』の製造工場や『地ビール月山』の醸造所、醸造所直送の出来立を味わえるレストランの他、町内・県内のお土産品の売店があります。同敷地内には日帰り温泉浴施設も併設。 0237-74-2100
道の駅 むらやま
(村山市)
観光案内や宿泊案内の他、物産品の販売、飲食等のレストラン施設があります。 0237-55-7100
道の駅 天童温泉
(天童市)
直売所「サンピア」では地元産の新鮮な果物・野菜のほか、地酒などお土産も充実。20種以上の手作りジェラートもおすすめです。 023-651-2002
道の駅 おおえ
(大江町)
町内でとれた農産品や農産加工物、特産品等の販売や軽食コーナーがあります。隣接するテルメ柏陵健康温泉館や柏陵荘の温泉もお楽しみいただけます。 0237-62-5845
道の駅あさひまち りんごの森
(朝日町)
朝日町の自然が作り出した果実や山菜、水と空気が生み出す野菜やワイン、それらが皆様をお待ちしております。どうぞお越しください。一期一会・二会・三会・・・・・・また会いましょう。 0237-85-0623

置賜エリア

名 称 特    徴 お問合せ
(電話番号)
道の駅 白鷹
ヤナ公園

(白鷹町)
「ヤナ売店」では炭火で香ばしく焼かれた鮎、豆腐田楽やソフトクリーム、ジュース、季節の果物や山菜などを販売。『あゆ茶屋』では鮎づくしのお料理をお楽しみいただけます。 0238-85-5577
道の駅 たかはた
まほろばステーション

(高畠町)
町内の観光案内や町民の作品を中心とした展示コーナー、高畠産の有機米が食べられるレストラン、高畠町の銘産品やお土産品などが買える売店、季節の野菜や果物などを販売する直売所があります。 0238-52-5433
道の駅 いいで
めざみの里観光物産館

(飯豊町)
豊富なメニューが揃うファーストフードコーナーやレストラン、山形や置賜地方を代表する商品が数多く揃うおみやげコーナー(民芸品・お酒・青果等)などがあります。また、子供も楽しめるイベントも一年を通して開催中です。 0238-86-3939
道の駅 田沢
(米沢市)
名物手打ちそばや軽食が食べられる食堂や地元で採れた野菜や果物、旬の山菜、民芸品が揃う売店もあります。 0238-31-2753
道の駅 白い森おぐに
(小国町)
休憩施設、情報コーナーのほか、地元物産品直売所・お食事処『ぶな茶屋』、レストラン『あいあい』が併設されています。 0238-62-3719
道の駅 川のみなと長井
(長井市)
「川のみなと長井」は長井市の玄関口として観光情報の発信、特産物の紹介を行う施設です。 長井でしか手に入らない情報やものを提供し、まちに活力を生む「賑わいの交流拠点」として営業しています。 0238-87-1121
道の駅 米沢
(米沢市)
建物は城下町米沢をイメージして作られており、上杉文化を感じられます。9か所ある展示スペースは期間で展示品が変わります。また、道の駅にはめずらしい総合観光案内所も設置されており、観光から宿泊の予約までサポートしてくれるのも魅力です。 0238-40-8400


"スタート"
●2月1〜3日寒河江市の最上川ふるさと公園で開催される「やまがた雪フェスティバル」3日間楽しいイベントが盛りだくさんです。
 やまがた雪フェスティバルサイト

●2月9日山辺町の作谷沢ふれあい自然館で開催の「まんだらの里・雪の芸術祭」
 まんだらの里・雪の芸術祭の紹介サイト

冬だからこそ、地域の雪まつりや地域の資料館に出かけて、歴史文化に触れるゆったりとした冬のひととき。
※山辺保養センターは、介護が必要な方でも温泉を楽しめる家族風呂をはじめ、浴場棟は全館バリアフリーとなっております。
  • JR山形駅

    車で35分

  • &nbsp;

    最上川ふるさと公園

    最上川ふるさと総合公園は、山形県のほぼ中央・寒河江市の南に位置する県営の都市公園で、「寒河江ハイウェイオアシス」。訪れた方々が山形を体感できる公園になっています。

    車で5分

  • &nbsp;

    GEA(佐藤繊維)

    オバマ大統領夫人が身に着けていたカーディガンをはじめ、世界の一流ブランドが佐藤繊維の糸に注目しています。セレクトショップやレストランは、石造りの事務所を改造したオシャレな作りになっています。

  • 宿泊

    寒河江市観光物産協会が、各宿泊施設をご紹介。

  • &nbsp;

    山辺町ふるさと資料館

    江戸時代以来紅花、青苧等を扱い幅広い商家であった佐藤清五郎家の土蔵3棟を修復し、資料館として活用。染めと織り」の繊維に関する資料を常設展示。また、2月〜3月は享保雛や古今雛を始め、時代時代の雛を展示。

    車で5分

  • &nbsp;

    山辺温泉保養センター

    効用の異なる2つの源泉「あったまり」が身体を芯まであたため、心をリラックスさせてくれます。センター内には休憩所や個室、売店、旬の食材を取り揃えた産地直売「やまのべ温泉市」などもあります。

    車で20分

  • JR山形駅

"ゴール"


<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics --> <script async src="https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-30464422-1"></script> <script> window.dataLayer = window.dataLayer || []; function gtag(){dataLayer.push(arguments);} gtag('js', new Date()); gtag('config', 'UA-30464422-1'); </script>