吾妻山の火山活動情報について

  • 吾妻山の火山活動情報について

 平成26年12月12日、仙台管区気象台から吾妻山に火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が発表されました。噴火警戒レベル1の平常レベルからの引き上げで、小規模な噴火の可能性、大穴火口から500mの範囲では警戒必要との内容が現在まで継続されています。

 吾妻山は福島県と山形県の県境に沿っていくつもの山が折りなった山脈で、その中でも全体を大きく2つに分けて東側の東吾妻山、西側の西吾妻山から成り立っています。
 今回規制の対象になっている大穴火口は一切経山にあり福島県側に位置しています。火口から500mは規制範囲となっていますが、山形県側に関しては規制範囲外になります。 また、火口から天元台高原までは、直線距離にして約10㎞離れています。

 火山国である日本はどの地域でも完全に安全とは言い切れませんが、正しい情報を得ることが重要であります。正しい情報をもとに、山形県米沢側の姥湯温泉、滑川温泉、五色温泉、大平温泉、白布温泉、新高湯温泉そして天元台高原をぜひご利用いただき山の楽しさを実感ください。

気象庁HP
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/213.html

2015.08.12:米沢市観光課:[お知らせ]