HOME > お知らせ

第4回なせばなる秋まつり開催のお知らせ

  • 第4回なせばなる秋まつり開催のお知らせ

ケネディ駐日米大使の訪問や朝倉さやさんのステージで沸いた、昨年の「なせばなる秋まつり」。
今年も9月末の松岬神社秋季大祭に合わせて開催します!
甲冑や袴を着て歴史の人物になりきる「米沢時代行列」への参加者は既に応募受付中
ステージイベントは7月中旬以降に募集を開始します。
秋まつり公式ページでは、9月の開催まで随時情報を更新していきますので、お見逃しなく!

第4回 なせばなる秋まつり
日時 平成27年9月26日(土)10:00~17:00
       9月27日(日)10:00~16:00
会場 松が岬公園、伝国の杜周辺

<お問合せ>
なせばなる秋まつり実行委員会 TEL.0238-22-9607
なせばなる秋まつり公式ページ
山形県米沢市のまつりポータルサイト「米沢四季のまつり」

2015.07.08:米沢市観光課:[お知らせ]

米沢の偉人になりきろう!「米沢時代行列」参加者募集中!【受付終了しました】

  • 米沢の偉人になりきろう!「米沢時代行列」参加者募集中!【受付終了しました】

今年の募集は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。(8/7)


様々な時代の歴史舞台に登場した米沢ゆかりの人物に扮装し、まつりの雰囲気を盛り上げてくださる参加者を募集します!

米沢時代行列
日時 平成27年9月26日(土)
   10時集合・着替え、13時行列~行進、16時頃解散(予定)
参加料 3,000円(弁当、衣装、着付、保険料等)
募集人数 13名
募集期間 平成27年6月30日(火)~8月7日(金)

応募方法や配役一覧など、詳しくは「まつりに参加しよう」ページをご覧ください。
みなさんのご応募お待ちしています!

<問合せ・申込み>
米沢四季のまつり委員会 米沢時代行列係
〒992-8501 山形県米沢市金池5丁目2-25(米沢市役所観光課内)
TEL 0238-22-9607
メール sikinomaturi@iaa.itkeeper.ne.jp

なせばなる秋まつり公式ホームページ
米沢四季のまつりホームページ ▽第18代上杉小町も募集中!

 

2015.07.01:米沢市観光課:[お知らせ]

米沢の魅力発信しませんか?第18代上杉小町募集中!【受付終了しました】

  • 米沢の魅力発信しませんか?第18代上杉小町募集中!【受付終了しました】

首都圏や地元での観光イベント・PR活動を通して、米沢の魅力を伝えていただける女性を募集します!
「米沢のおまつりに出るの?」「首都圏のPR活動って?」などなど、お気軽にお問合せください!

観光キャンペーンクルー「第18代上杉小町」募集概要
応募資格: 米沢市に在住、勤務または通学する満18歳以上の未婚女性(高校生除く)
       また、ご家族・勤務先・学校等の理解と協力が得られる方
募集人数: 2名
登録期間: 平成27年9月の認定日から2年間
応募方法: 申込書(Excel)にご記入、顔写真貼付の上、郵送またはメールにてご応募ください。
応募締切: 平成27年8月5日(水)必着
選考: 書類審査及び面接審査

米沢のことをもっと知りたい・知ってもらいたいというあなたのご応募お待ちしています!

<申込み・問合せ>
米沢四季のまつり委員会
〒992-8501 米沢市金池5-2-25 米沢市役所5階観光課内
TEL 0238-22-9607
E-mail sikinomaturi@iaa.itkeeper.ne.jp

2015.06.18:米沢市観光課:[お知らせ]

米沢上杉まつりのパンフレットが完成しました!

  • 米沢上杉まつりのパンフレットが完成しました!

上杉まつりについて、情報がぎっしりつめこまれたパンフレットができました!
米沢上杉まつり公式ホームページよりご覧ください!
ステージイベントのスケジュールや駐車場のご案内など、当パンフレットを読んでまつりをお楽しみください♪

山形県置賜地域の電子チラシポータルサイトチラたま!でもご覧いただけます。

▼米沢上杉まつりプロモーションムービー公開中!


+関連リンク‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
米沢四季のまつり公式ホームページ
 ↑米沢市のおまつり情報がすべて詰まったポータルサイトできました!
米沢上杉まつり公式ホームページ
米沢観光ナビ
 ↑前田慶次関連特設ページ更新中!

2015.04.22:米沢市観光課:[お知らせ]

「第4回 愛と義のまち米沢エッセイコンテスト」受賞者発表!【受賞作品のご紹介】

  • 「第4回 愛と義のまち米沢エッセイコンテスト」受賞者発表!【受賞作品のご紹介】

「第4回 愛と義のまち米沢 エッセイコンテスト」の入賞作品が決定しました!
審査の結果、下記の作品を選定いたしました。
期間中はたくさんのご応募をいただきありがとうございました。

金賞 「車内の情景」 愛知県 戸澤三二子さん

 昨年の六月半ば頃。山形新幹線、昼間の自由席は混んでおりました。東京駅を発車して間もなく、通路に立ちんぼしている三人の親子を見掛けました。手招きしたら私と目が合った男の子は、そばに来てくれたのです。
 「どうぞ!」私の腰掛けていた席を彼に勧めました。「妹もいるよ」彼は後方を指差します。「済みません」若い母親は、ゆっくりと深く一礼してくれました。「優しいお兄ちゃんね。何年生?」と、彼に尋ねたのです。
 「僕は一年生。妹は幼稚園の年少組。山形県東根市の親戚に行くの」彼は、はきはきと答えてくれましたが腰掛けようとしません。それどころか彼の口から意外な言葉が返ってきたのです。「おばちゃんが可哀相だよ」と。大変驚きました。反対に、七十二歳の私を心配してくれたのです。胸がじんとして「おばちゃんは大丈夫よ」そう言って、幼い兄弟の頭をなでてやりました。すると今度は、
「十五分ずつ交代で腰掛ければ皆が楽ちんだね」と、何気なく話すのです。私は彼の名案に感心して、すぐ話に乗りました。
 先ず妹から腰掛けましたが、彼は腕にはめたアニメ時計の時間が気になるようです。でも座席に埋もれるようにして眠っている妹の顔を見て、私は言いました。
「このまま寝かせてあげようね」
 彼は首を小さく縦に振り「ごめんなさい」母親と一緒に謝ってくれたのです。彼の一言に色んな思いが込められているようで、感無量になりました。三人の親子に感謝と思いやりの心を教わり、温かな気持ちにもなりました。お互いに旅の無事を祈り、私は一足先に山形駅で下車したのです。
 愛知県で暮らす私は古里へ帰る途中、一つの座席を囲み車内で出会った情景です。
「私こそ親切にして頂き本当にありがとう」
 時々思い出しては、古里、山形県に繋がっている空を仰いでいます。



金賞受賞作品は、山形新幹線に乗り合わせた少年親子との心温まるエピソードでした。
銀賞、銅賞受賞作品は下記の7作品です。

銀賞
「使えないティッシュ」 東京都 松崎聖子さん
「おじいちゃんの言葉」 神奈川県 塩田友美子さん


銅賞
「坊やに席を譲られて」 千葉県 長坂隆雄さん
「本当の親切」 兵庫県 大花純子さん
「優しさは巡る」 鳥取県 森川詩穂さん
「『愛』の思い出」 宮城県 伊藤裕子さん
「駅員さん」 新潟県 佐竹郁美さん

「第4回 愛と義のまち米沢エッセイコンテスト」全受賞作品はこちらからご覧ください。

過去の入賞作品はこちら

2015.04.14:米沢市観光課:[お知らせ]