HOME > 記事一覧

第9回 愛と義のまち米沢エッセイコンテスト 大募集!

  • 第9回 愛と義のまち米沢エッセイコンテスト 大募集!

第9回 愛と義のまち米沢エッセイコンテストの作品を募集いたします。

 

「親切にされたちょっといい話」
「世のため人のため義を感じたエピソード」
「心に残る米沢での体験談」

 

のいずれかを題材として800字以内にまとめ、「第9回 愛と義のまち米沢エッセイコンテスト応募」と標記してメールもしくは封書、FAXにより下記応募先へお送りください。
(作品タイトル、住所、氏名(ふりがな)、年齢、性別、電話番号を必ず明記のこと)

 

【募集期間】        令和元年10月1日(火)~令和2年2月21日(金)必着

 

【 賞 】  金賞 1作品…米沢牛1万円相当+米沢八湯温泉旅館ペア宿泊券(5千円券4枚)

       銀賞 3作品…米沢牛5千円相当+米沢八湯温泉旅館宿泊券(5千円券2枚)

       銅賞 5作品…米沢の特産品3千円相当+米沢上杉文化施設共通入館券(米沢観るパス)+米沢路線バス1日乗り放題券(米沢乗るパス)

 

【応募・問合せ先】米沢市観光キャンペーン推進協議会事務局(米沢市観光課内)
                          〒992-8501 山形県米沢市金池5-2-25
                          TEL:0238-22-5111 FAX:0238-24-4541
                          メールアドレス:y-kanko@ms5.omn.ne.jp

 

詳しくはこちらをご覧ください。

2019.09.30:米沢市観光課:[新着情報]

「米沢の歴史・文化ふれあい講座」受講者募集!

  • 「米沢の歴史・文化ふれあい講座」受講者募集!

米沢の歴史・文化を学び、郷土の誇りを再認識し、自らの知識向上を図りながら、家族や友人、若い世代に伝え、また市内外の方々に対して説明できるように学びます。

市内史跡を実際に訪れての講習も予定しております。

現地や座学で詳しく学びながら知識を深めることのできる講座ですので、ぜひご応募ください!

 

▽募集対象・人員/ 一般市民20名(先着順受付)

 

▽募集期間/ 9月16日(月)~10月9日(水)

 

▽受講会費/ 3,000円(市内史跡めぐり研修代含む)

 

▽開講日/ 10/16・10/23・10/30・11/6・11/13・11/20(計6回)

 

▽開講時間/ 13時~16時

 

▽実施会場/ すこやかセンター・上杉神社周辺施設見学・市内史跡めぐり

 

▽申込み・問合せ/(一社)米沢観光コンベンション協会

         TEL:0238-21-6226 

2019.09.30:米沢市観光課:[新着情報]

天元台・西吾妻山 紅葉情報

  • 天元台・西吾妻山 紅葉情報

天元台・西吾妻山に紅葉の季節がやってきました。

紅葉を見ながらゆっくり散策してみてはいかがでしょうか。

紅葉情報は随時更新します。

 

詳しい紅葉情報は天元台ホームページをご覧ください。

2019.09.30:米沢市観光課:[新着情報]

第3回アンティークレコードコンサート

  • 第3回アンティークレコードコンサート

~蓄音機、ステレオで楽しむ~

 

第3回アンティークレコードコンサートが10月26日(土)、山形大学工学部で開催されます。

入場無料ですので、この機会にぜひアンティークレコードを楽しんでみてはいかがですか。

 

【日時】 令和元年10月26日(土)

     午後1時30分~寄贈品の見学

     午後2時30分~4時 コンサート

 

【場所】 山形大学工学部

     重要文化財本館 1階 理化教室

※入場無料

 

※会場の都合上事前申込80名様まで

 

【主催】 山形大学工学部

【共催】 アンティークレコードコンサート企画委員会

【後援】(一社)米沢工業会

【参加申込・問合せ】 企画委員 山崎洋一郎 TEL:080-6001-6100

 

 

 

     

2019.09.30:米沢市観光課:[新着情報]

きのこ採りに伴う事故防止について!

  • きのこ採りに伴う事故防止について!

きのこ採りシーズン到来!

 

平成30年中、山形県内におけるきのこ採りでの遭難は11件で13名の方が遭難し、うち2名の方が亡くなっています。また、裏山(近所の山)でも、4名の方が遭難しています。

きのこ採りに伴う事故を防止するため、次のことに注意しましょう。

 

遭難に結びつきやすい例

×誰にも行き先を告げず、ひとりで入山する。

 ⇒遭難しても捜せない。 緊急時、救助を要請できず、死に繋がるおそれがある。

 

×体力に自信がない、体調が悪い時に入山する。

 ⇒山中で体調が悪化する。救助要請しても救急車が入れない。死に繋がるおそれがある。

 

×食料や水、雨具を持たないで入山する。

 ⇒遭難しても食料や水がない。雨風にさらされ体温が低下する。死に繋がるおそれがある。

 

×携帯電話や地図等持たないで入山する。

 ⇒緊急時に助けを呼べない。自分の居場所がわからず、死に繋がるおそれがある。

 

×クマ鈴、ラジオを持たないで入山する。

 ⇒クマと鉢合わせする。最悪、死に繋がるおそれがある。

 

×道に迷って動き回る。沢を下る。

 ⇒滑落したり、崖や滝の上に出て、死に繋がるおそれがある。

 

楽しんで帰ってくる例

〇家族等に行き先を告げる。複数名で入山する。

 ⇒遭難した場合、行き先を手掛かりに捜索できる。緊急時、仲間が救助を要請できる。

 

〇体力に自信がない、体調が悪い時は山に入らない。

 ⇒トレーニングをしてから山に入りましょう。

 

〇食料や水のほか、天候の急変に備え雨具を準備して山に入る。

 ⇒山は天候が変わりやすく、特に朝晩は寒暖差が大きいので、万が一に備えて食料や雨具(防寒着)を準備しましょう。

 

〇携帯電話を持ち、GPS機能を有効にする。地図やコンパスを持っていく。

 ⇒救助を要請した時、場所が特定されやすい。自分の居場所が確認できる。※予備電池も忘れずに!

 

〇クマ鈴、ラジオを携行する。

 ⇒クマは本来臆病です。クマに自分の居場所を知らせ鉢合わせを防ぐ。※ハチにも注意しましょう!

 

〇道に迷ったら来た道を登り返す。

 ⇒見晴らしの良い場所で救助を要請する。(ヘリコプターが捜索する場合あり)

 

山形県山岳遭難対策協議会  山形県警察本部

 

山形県警ホームページからも登山届ができます。

山遭協だよりはコチラをご覧ください。

2019.09.29:米沢市観光課:[新着情報]