亘理町 ふれあいの会

亘理町 ふれあいの会
ログイン

「御礼」のサムネイル「チラシ」のサムネイル「花火打ち上げ開催内容」のサムネイル「昨年の様子」のサムネイル「活動報告一覧」のサムネイル「3.11手づくり慰霊祭(2012.3.11)」のサムネイル「さなぶり祭り(2012.6.10)」のサムネイル「盆踊り大会(2012.8.14)」のサムネイル「ふれあい公園の整備(2012.11.11)」のサムネイル
「御礼」の画像
50.1KB - PDF ダウンロード

亘理町仮設住宅の新年花火打ち上げにエールをありがとうございました。

明けましておめでとうございます。
 昨年、12月も半ばに迫る頃から、突然、私たちの仮設住宅の新年花火打ち上げにエールを下さいと無理なお願いを申し上げたにもかかわらず、沢山の方々から、お心の込もったメッセージ、並びにご協賛をいただきましたこと、心より感謝申し上げます。
 おかげ様で、予定通り元旦0時0分から皆様からのエールの花火と、私たちの希望の花火、合計200発が夜空に花開きました。
 打ち上げ前日は町全体に凍てつくような氷雨が降り続き、当日も時々雨、あられ、大風が吹くという不安定な天候でした。花火を誰もが諦めかけていましたが、全国の皆様のお気持ちと、私たちの思いが天に通じたかの如く、開催時間を狙うように凍てつく夜空にお月様が顔を出し、風も弱まるという絶好の花火天気になりました。
 会場で、お寄せ頂いたメッセージを読み上げさせていただき、今年一年、復興の正念場をきっと頑張るぞという思いをみんなで新たにすることが出来ました。
 月日を追うごとに、過去のことになっていく震災、津波の記憶ですが、被災地の私たちにとってはまだまだ先日の出来事です。12月7日に起きた震度5の余震で、海岸沿いの町に鳴り響いた津波警報のサイレンは、もう落ち着いていたはずの人々の、「あの日の恐怖」を呼び覚まし、マスコミが流す避難勧告に、心がざわつくのを止めることができませんでした。「あの日」には流れなかった涙が、久しぶりの警報に追い詰められるように頬を伝うことに驚いたのは、一人二人ではなかったでしょう。
 私たちに心を寄せてくださる皆様からのエールは、そんな不安定さを隠し持っている心を優しく包み、落ち着きを与えてくださいました。
 どんな災害も受け入れ、大自然の前で静かに頭を垂れて祈りながら、大地の恵みや大海の恵みと共存してきた東北人の不器用でも真摯な姿を、この時こそ思い出して、焦らず、たゆまず、怯まずに一歩を踏み出します。
 皆様が、遠くで見守ってくださることを、身近に感じながら。
 この新年花火大会にお心を寄せてくださいました、全国の全ての皆様に、亘理町の仮設住宅から感謝を込めて。ありがとうございました。この一年が皆様にとって、幸多き一年となりますように。

2013年1月1日  
宮城県亘理郡亘理町字悠里1 亘理町公共ゾーン仮設住宅
第3集会所 ふれあいの会
運営委員長 木村 一行

※写真はクリックすると大きく見られます
2013.01.03:fureainokai:[メモ/ご報告]
853.3KB - PDF ダウンロード

多くの方々から花火・メッセージを申込みいただき感謝申し上げます

(株)相原製作所、(株)芦名組、安達魚店、(株)アドタウン編集部、鈴木まゆみ他栃木のお店23社、アーバこまき、阿部裕子、あら浜、荒浜海苔組合、荒浜地区まちづくり協議会、荒浜ふれあい市場ベンちゃん屋、荒浜郵便局、(株)石川自動車、石原崇江、いそだ歯科クリニック、(株)岩佐組、岩佐裕昭、イワタセイコ、うしのや、エーアール精工、(株)エスタディオ亘理、(株)エム・アイ・デイジャパン玉三郎亘理店、遠藤トキ子、大條正興・文子、大内敬一、大澤貴代子、お菓子のアトリエ リモージュ、小野剛央、小野時郭、加藤真澄、株木八千代、川北文子、河又明美、菊一商店、(有)きくしん、菊地秀一、菊池自動車工業、北沢秀一、キャンドルリンクネットワーク安藤竜二、(株)クロサキ自動車、軽専門店はなまる、化粧品のかくちょう、斎藤浩一、斉藤博志、坂本京子、佐藤仁志、宍戸敦、宍戸とし子、(株)庄福丸、白石キタ会(山川裕、川村泰治、上西博志、武田泰彦、佐藤功親、末谷善雄)、菅原正樹、鈴木久男、青雄丸、仙台インターネット通信社、そば処よし田家、高橋一寛、高橋釣具店、高橋英貴、武田とめよ、田中建材輸送(株)、田中次男、(有)玉田自動車商会、(株)中央製作所、遠刈田ホテルさんさ亭、當行寺、道建コンサルタント(株)東北支店、(株)東和製作所、(株)東京ファッション、中正旅館、荒浜西給油所中島商店、萩野自動車工業、林裕子、浜吉田郵便局、浜吉田駅前横田商店、パーラービッグウエーブ亘理店、東幸一、平尾千奈美、平原聡、平間久、亘理駅前フォトムラカミ、フジイユウコ、松田絵美子、鞠古久三、丸子キヨ子、(有)丸新海産、(株)丸二武蔵商店、○舟商店、(有)マルワタクシー、みなと通信(株)、みやぎ生協亘理店、みやぎのあられ(株)、向紀雄、村上陽子、森由悦、森正行、屋代昌枝、安原幸恵、(有)やまと屋亘理葬祭静海波、山六寿丸渡辺信次、吉田里志、横浜のラーメン龍味野口博次・美枝子、らーめんせん家、陸前浜街GARAGE F、若松捷子、わたり眼科、ワーカーズコープ亘理事業所おっかあの力プロジェクト(マカベ、キダ、アズミ、ケンショウ、オノ、タケモリ)、亘理葬祭会館水仙郷、亘理町社協亘理ささえあいセンターほっと、亘理町シルバー人センター、亘理町消防団荒浜分団第3部第3班、亘理町災害防止協議会(13社)、渡辺信雄、和風れすと海仙、和風れすとらんかに座うお座、亘理山元商工会、亘理・荒浜かもめブラザース、亘理・荒浜かもめブラザース手芸部、亘理郡金融団、(株)PROPRE キャンドルハウスシュシュ渡辺ひとし、NPO復興わたり・あらはま、NPOホープワールドワイドジャパン、NPO亘理いちごっこ
※敬称略


2013.01.03:fureainokai:[メモ/ご報告]
この度の花火打ち上げは、下記の助成事業を活用させていただきました。ありがとうございました。

・赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」助成事業
・一般財団法人地域創造基金みやぎ「東北のお正月を応援プロジェクト・助成事業」
2013.01.03:fureainokai:[メモ/ご報告]
「チラシ」の画像
746.1KB - PDF ダウンロード

当日に配布したチラシです。上記↑ダウンロードボタンをクリックすると大きく見られます。
2013.01.03:fureainokai:[メモ/ご報告]
「花火打ち上げ開催内容」の画像
日 時  平成12年12月31日午後11時〜平成13年1月1日午前1時
場 所  亘理町公共ゾーン仮設住宅敷地内 ふれあい公園
内 容  2.5号玉、3号玉 合わせて200発の花火打ち上げを予定
     花火にメッセージを託して打ち上げます

 ※写真は昨年の様子です(亘理町広報Web版ニュースより抜粋)
全国の亘理町を応援してくださる皆さま
亘理町仮設住宅 新年花火打ち上げにエールをください

 全国の皆さま、私たちは宮城県亘理町の500世帯ほど入居している公共ゾーン仮設住宅入居者が自ら立ち上げた自治会「ふれあいの会」です。仮設住宅内のコミュニケーション活性化と生活環境改善を目的に様々な取り組みをしております。
 亘理町は宮城県の南端に位置し、太平洋と阿武隈山地に囲まれた田園が広がる温暖でのどかな町です。お盆には鳥の海の港で先祖の霊を送る花火大会が恒例の行事でした。しかし東日本大震災で全てを流され再開の目処が立っておりません。
 私たちは、昨年の大晦日から元旦にかけて「鎮魂・感謝・復興のメッセージ」を花火に託して2012年をスタートさせました。それから1年。それぞれの1年。東日本大震災に遭った私たちは、問題山積の被災地で、ひたむきに、実直に、根気強く、そして明るく、仲良く頑張って来ました。
 そんな私たちの背を押ししてくださったのは、亘理を応援してくださる皆さまからのたくさんのご支援でした。私たちは、今年3月11日に「3.11手づくり慰霊祭」を企画・実行しました。皆さまに慰霊のキャンドルを募ったところ思いがけず800本もお寄せいただきました。炎に照らされたこころの籠もったメッセージに胸がふるえるものを感じました。本当にありがとうございました。
 静かでも熱い、ゆっくりでも決して止まらない、不器用でもぬくもりのある東北人気質で、次の新年も元気に踏み出す決意として今年も花火を打ち上げます。今年のコンセプトは「新しい年の夜空に、元気と希望の華を咲かせましょう!!」です。皆さまからのエールと亘理町住民の新年の力強い抱負、ご支援への感謝、津波で亡くなられた方々の鎮魂の花火を交差させて、夜空に打ち上げたいと考えております。厳粛な夜空に咲いた大輪の華に、皆さまと一緒に時空を超えて想いが一つになれると思います。そして暖かい交流の輪が広がっていくように思えます。
 新年花火の打ち上げの実施要領をご覧下さい。花火の数は倍の200発を予定しております。皆さまからエールを募集いたしますとともに、実施資金面では町内の方々からの協賛だけでは賄えないので皆さまにご支援いただければ、この上にない感謝でございます。
 東日本大震災から一日も早い復興のため成功させたく、何卒ご支援して戴けますようお願い申し上げます。
             亘理町公共ゾーン仮設住宅 第3集会所 ふれあいの会
                        運営委員長  木村一行
2012.12.08:fureainokai:[メモ/ご挨拶]
201.8KB - PDF ダウンロード

終了いたしました。ありがとうございました。

応援メッセージの募集について
 このイベントの趣旨にご賛同いただける方は、右欄の「お申込み・問い合わせ」フォームより応援メッセージをお送り下さい。もしくは、上記「ダウンロード」ボタンより応募用紙をプリントしてファックスもしくは封書でお寄せ下さい。メッセージは、亘理へのエールはもちろん、皆様からの復興へのアドバイスなど、なんでも結構です。

〔申込み住所〕
 〒989−2331 宮城県亘理郡亘理町字悠里1番地61−1
 ふれあいの会 中嶋妙子行    
 Fax 0223−32−0165
 問い合わせ連絡先 木村一行 090-9424-4551(運営委員長)
          中嶋妙子 080-3143-0922(担当)

協賛金の募集について
 花火打ち上げの運営資金の一助として、協賛金もご支援をいただければ助かります。その場合は、お手数をお掛けしますが下記本会口座にお振込みください。また、右欄の「お申込み・問い合わせ」フォーム、もしくはファックスや封書で、お名前とご住所、お電話番号等をお知らせ下さい。応援メッセージも併せてお願い致します。

〔協賛金振込口座〕
 七十七銀行 亘理支店 普通預金 5447470
 口座名義 ふれあいの会 会計担当 中嶋 妙子
     (フレアイノカイ カイケイタントウ ナカジマタエコ)

〔募集の締め切り〕平成12年12月25日(火)まで

 ご協賛いただいた皆さまには、写真等当日の模様をまとめた記録を後日贈らせていただきます。また、皆様からお寄せいただいた応援エールは、まとめて仮設住宅内集会所に掲示させていただき、住民みんなで勇気を頂きます。たくさんのご応募をお待ちいたしております。

「昨年の様子」の画像
写真をクリックすると大きくなります↑
(亘理町広報より抜粋)

亘理町広報ニュースWeb版記事はこちら
「活動報告一覧」の画像
※助成/赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」
「3.11手づくり慰霊祭(2012.3.11)」の画像
全国から届いた820本のメッセージキャンドルの灯火と、ポプリ(ハーブ)の香りのもと、手づくりの慰霊祭を行うことができました。

詳しくはこちらのサイトで紹介していただきました。
亘理町公共ゾーン仮設住宅3.11手づくり慰霊祭
「さなぶり祭り(2012.6.10)」の画像

田植えを終えた大地に感謝する恒例行事を第3集会所で行いました。
「盆踊り大会(2012.8.14)」の画像
町内会等での恒例行事です。公共ゾーン東側駐車場を会場に開催しました。仮設店舗等からは多数の出店がありました。
「ふれあい公園の整備(2012.11.11)」の画像
公共ゾーン南側に、みんなで整備した「ふれあい公園」をオープンすることができました。
powered by samidare