HOME > ● 小野川温泉にて 

今夜は晴れてます

  • 今夜は晴れてます
写真に写っている 手前は 清水山。
奥の方は 月山(がっさん)。

山形県を代表する山の一つに 同名の「月山」があるが、
場所も高さも全く異なるので ご注意を。

月の光が まぁるく 目立った夕方6時前。

近いうち 満月を迎えますね。

18日、小野川スキー場では
素敵な ナイトイベントが予定されてます。

詳細に関しては 明日にでも アップしようかな・・・

あ、お急ぎの方は 旭屋旅館さんのブログをチェックです~

旭屋旅館 若女将ブログ


しかし、スキー場のナイトトレッキング って どんなのでしょ。
気になるキニナル。

明日も、当日もも晴れるとイイナ。
天気が良く、暖かくなると 精神的にはとってもラク。
ただし、かまくらは 縮んでゆきます。

滝の清水 (清水山公園)

  • 滝の清水 (清水山公園)
連日の積雪ですっぽり埋まってしまった「滝の清水」


うちの向かい。
道路を渡ってまっすぐ。

雪が無ければ 玄関からも 水が湧き出ているのがチラリと見える。
およそ 50mもない。

以前 小野川温泉に 清水山公園があったと聞くが
ボクが小さい頃は すでに荒れ果て そこで遊んだ記憶はほとんどない。

水が豊富な山で 小野川温泉の東側の麓には、
4~5箇所 水が湧き出る場所があったそうだ。

温泉街から続く 細い道を上ると
大昔には あやめ公園があった事を 写真で確認しているが、

現在 おつきあいしている近所の先輩方も ほとんど覚えはないようだ。

その後は 広場となっており コンクリートの大きな滑り台や
ブランコなどがあったらしいが、
母が子供の頃は 毎日そこへ行って遊んでいたそうだ。

ボクが小学生の低学年の頃。
登校班の年上の兄さん姉さん達が なぜか連れて行ってくれた。
渡り初めみたいなもの。

山を切り通し、立派で広いピカピカのバイパス道路がそこにあった。


小野川スキー場方面へ向かい、上り坂をさっそく歩き始める。

まだ、春の出来事だ。
切り通した山肌に草木は無く、
ゴロゴロと角がとがった石が敷き詰められており、
その間からは雪解け水が流れ出ていた。

景色が綺麗などとは あまり思わずに
水を堰き止めたり、なにも考えず無邪気に遊んでいた。

この道路が出来たことにより 清水山公園が無くなった事は想像などせずに。

静まりかえった夜

  • 静まりかえった夜
今夜はある講演会を聞いたのだが、
スケジュールがだいぶ伸びて終了。

感じ方は人それぞれ、とくにITの話となれば
みなさんのスキルの違いが大きいので、講師は題材選びが難しい事でしょう。

シゲキは 頂きました。 m(_ _)m


駐車して降りる。
シーンと静まりかえった温泉街。

何日も降り続いて 山の用に積もった雪が
音を吸っているのを感じた。

昨夜が満月だったけど、今夜の方がよく見える。
薄い雲との対比が 月の存在感を増すのだろう。

夜空が好き。
ずっと見ていたいんだけど、寒さには勝てない。

そして、夜空と言っても どちらかと言うと
僕は星がいい。
実は 満月とは正反対の新月。
天体観測は そっちが本命。


正月が開けてから ロクに気温が上がらない。
程よく積もった粉雪を踏みながら思う。

講演会で隣の席に座った友人に 飲みに誘われたのだが 断って帰宅したこと。
ちょっぴり後悔、でも正解。

いい話を聞いた後は 飲んじゃイケマセン。
覚えているうちに 少しでも実践するのが吉。


さすが、テレビに出られる先生。
お話が旨くて楽しめました。

小野川温泉 かまくら村

  • 小野川温泉 かまくら村
小野川温泉 かまくら村

夜に撮影してまいりましたので 報告いたします。
m(_ _)m

天気が良かったので 放射冷却!
すんごい 寒い夜でした。

ボクがカメラマン
隼人君が ろうそく担当

これ、一人で撮影していたら
寒いし 火は消えるし かなり大変だったと思います。

ありがとう隼人君。

4 of 4 雪下ろし 最終形態

  • 4 of 4 雪下ろし 最終形態
まるで
モーゼ。

僕と隼人君の力をあわせれば、

海は割れないが
雪なら なんとかできた。