HOME > ■□□□鉄と旅

青春18きっぷ 2010年冬シーズン情報

えきねっとに掲載されているものは、未だに


※冬季用の発売および利用期間等については、詳細が決定次第お知らせします。


と、記されていて もしかして 中止? 延期?

それとも 廃止?


などなど 最悪の状況も考えてしまう。


が、
WEBにこんな記事を発見。

青春18きっぷ さかなのページ
http://www2s.biglobe.ne.jp/~sakana/



発売期間 平成22年12月1日から平成22年12月31日
利用期間 平成22年12月10日から平成23年1月10日
発売期間と利用期間が昨年より短縮されています。


おおお。
条件は 少々変わるようだが、
発行されるという希望は消えていないようだ。

公式の発表は まだなのだろうか? わからないが、今は素直に その情報に期待するしかない。

冬機関の旅を計画中の方は 日付に気をつけながら プランを練ってみては?

無くならなくて良かった~♪






2010.10.30:[■□□□鉄と旅]

車買おうか 減税は?

  • 車買おうか 減税は?
なんか安いのか高いのかわかりませんが、
車売ってますよ。 中古車ですが。

ってゆーか 列車!

買うとか別ですが、輸送費もスゴイよね。きっと。

自走できればいいのですが。。。
ハンドルないから 大型免許持ってても 道路は走れない。(笑)

トレーラーでの輸送じゃなくて、鉄道で米沢駅へ目指すとしたら・・・

だって、千葉の太平洋側ですからねぇ。
最短距離を計算しても 遠いぞこりゃ!

まずは、乗り換え案内で 大原から新津を計算。
その後はお決まりのルートなので、そんな感じ。

郡山まで行って、そこから磐越西線に乗るのもヨシだ。
おそらく下記のルートがベストに近いと思われるが 乗り換え案内で「ぽぽんっ」と、出した答えであり、未検証なので最短距離計算をやってくれる方はご自由にお願いします。m(_ _)m

計算が出ても ( ̄~ ̄;)ウーン・・・ ですが。


■大原
◇上総一ノ宮
◇千葉
◇新小岩
◇秋葉原
◇上野
◇高崎
◇水上
◇長岡
■新津  距離:411.7km
・坂町
・今泉
・米沢  距離:138.7km

合計距離 550.4km


上野→福島→米沢なら近いジャン!

正解!

でも、それは人が乗る場合でして。
ご存じない方もいらっしゃいます事でしょう。

福島―米沢 間は、線路の幅が違う。。。
もちろんですが、山形―米沢も違う。

なので、米沢駅に普通列車の線路でたどり着く為には、米坂線経由で計算する必要があるんですねぇ。 深いような そうじゃないような。

で、その路線を 誰が運転するとか。 走れるのかというのは ヤボな話。

上野や秋葉原の混雑地帯。
群馬、新潟の山岳地帯を抜けなければならない。
考えただけでもハードで長距離移動である。

非現実的な話ですので、ちょっとした遊びでした。


で、なんだっけ?
2010.08.23:[■□□□鉄と旅]

ありがとう餘部鉄橋 16日まで

  • ありがとう餘部鉄橋 16日まで
餘部鉄橋

明治45年に完成し、現在まで使用されている 山陰地方のすばらしい景観のひとつ。

その鉄橋も 1週間後には解体工事が始まろうとしている。


余部鉄橋を訪れた時の日記




以下、余部鉄橋の説明(現地の看板より)
――――――――――――――――――

餘部橋りょう

山陰本線 鎧・餘部間京都起点 188K637M97
橋りょう概要(トレッスル橋りょう)

1.施工:明治42年12月16日

2.開通:明治45年 3月 1日

3.諸元:高さ=41M45
     延長=310M59  橋台=2基
     橋脚=11基     鉄けた=23連
     塗装面積=21.382㎡

4.使用鋼材:橋脚(トレッスル)
   橋脚製作 アメリカンブリッジカンパニーベンコイド工場製
   鉄桁製作 石川島造船所製
        明治44年9月神戸から陸送

5.工事費等 総工事費 331,535円
       総人工 25万人

6.エピソード

 橋脚の鋼材は、アメリカのブリッジカパニーの
ベンコイド工場から約3ヶ月かけて船で送られ、
明治43年8月下旬に余部沖でハシケに移し余部浜
から陸揚げされました。
 当時の余部集落は30戸足らずの漁村であり、
陸路によるアクセス路はなく、海路が唯一の交通路
でした。ここで部材を一つでも誤って海中に沈める
と、米国からの取り寄せとなり大幅に工期が変更に
なるため、ハシケによる運搬は特に慎重に行われ、
いつも荒れがちな日本海が、幸いにして陸揚げ作業
間中ずっと穏やかな「ナギ」であり無事作業を完了
しました。
 地上41メートルの工事だけに、作業員には当時
としては2万円という巨額な保険がかけられた。



2010.07.09:[■□□□鉄と旅]

西大塚駅にて木造駅舎の写真展

  • 西大塚駅にて木造駅舎の写真展
川西町 西大塚駅にて
5月5日まで写真展が行われている。

米沢新聞ヨリ。


うわー これ行ってみたい。

きっと駅舎の事務室の中で 行われるのだろうから、
普段は入れない部分ですね。

きっぷ売り場の中の様子も伺えるなんて ステキ。


一緒に立ち寄りたいのが 旧高畠駅

宿日記69/旧高畠駅(山形交通)

旧高畠駅

連休中に訪れてみては いかがでしょうか。
2010.05.01:[■□□□鉄と旅]

西米沢駅の桜

  • 西米沢駅の桜
先日ブログで紹介した
西米沢駅の桜です。

まだ ツボミですネ。

 
それにしても 大きな桜の木ですね。

なかなか見応えがあるので 今年はこの桜の木をマークしてみようと思っています。

それと 撮影してみたい角度? フレーム?が見つかったので
列車と桜が撮影できれば なお良い感じです。

開花は しばらく先の様子。


しかし、今日は 暖かくなってきたので
これからの陽気次第では あっという間に 咲いちゃうのかもしれませんね。

目を離しちゃダメよ♪
2010.04.20:[■□□□鉄と旅]