FPのひとりごと

FPのひとりごと
ログイン

ピョンチャン五輪が始まった



なんだかんだいっても スポーツ好きにはたまらない



暫時 至高の時間を楽しませてもらおう



スポーツに政治が絡むのはよくある話だが



北朝鮮が仕組んだ五輪外交の裏にあるのは 単に政治だけでなない



そこには 体制の安泰(存亡)を賭けた起死回生策が見え隠れする



韓国に対話・融和ムードをちらつかすことによって



韓国を手なずけ(舞い上がらせ) 対米交渉に楔を打ち込もうとしている



三男坊 なかなかしたたかだ



このまま兵糧攻めが続けば どこかで破綻が待っているが



さりとて虎の子の核を手放すわけにもいかない



だいたい 北といくら対話をしたって核放棄などするわけがない



核+ミサイルは いまや北のアイデンティティそのものだもの



だけどムン(文)ちゃんはちょっと左向きで 北のシンパだから



大統領選の公約でもあるし 対話には飛びつくよな



まして平和の祭典オリンピックの自国開催 米国だって文句は言えない



このタイミングを狙って仕掛けた三男坊 まさに起死回生



でも一点突破を狙った割には この先のストーリーは見えない



なぜなら韓国に当事者としての決定権はないからだ



北朝鮮は韓国を使って少しずつ譲歩を引き出したいのだろうが



トランプにそんな考えはさらさらない



対話に応ずるのは唯一核放棄を確約したときだけだが



応じなければ 軍事的オプションが確実に火を噴く



戦争になったら持たないのは 三男坊が一番よく知っている



核は捨てらんない 戦争は嫌だ って? 結局出口は見えない



しばらくは膠着状態が続くような気がするが 



行きつく先は なんとなくきな臭い
2018.02.12:tnw:count(395):[メモ/その他]
copyright tnw
powered by samidare
▼この記事へのコメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。