FPのひとりごと

FPのひとりごと
ログイン

アメリカ大統領選の火蓋が切っておろされた



正直言って それほどの興味はない



たぶん 最終的にはクリントンの勝利に落ち着くんだろうと思う



落ち着きどころとしては一番いいし 日本にとってもベストだろうね



アイオワでの初戦が興味深かった



戦前は共和党ではトランプ 民主党ではクリントンの優位が伝えられたが



蓋を開けてみればトランプは敗北し クリントンは薄氷の勝利だった



トランプは政治家というより 政治ネタのコメディアンみたいだ



ネタがブラックジョークですんでるうちはいいが



マジな政策として実行されたら世も末だ



クリントンの苦戦はサンダースの善戦がもたらしたものだ



そのサンダースは自身を社会主義者だと言ってるらしい



どの程度のものなのかは不明だが これも相当のインパクトだ



だって資本主義の元締めたるアメリカでそれを言ってるんだよ



冷戦時代なら パージされてた可能性を否定できないね



格差の是正はそりゃ結構なことなんだけど



アメリカンドリームの国は 必然的に格差を生む社会だ



突き抜けるやつと突き抜けられるやつがいる構図だからだ



それを根っこから覆す候補者が大統領選で善戦する 時代も変わったね



これをアメリカの良識というのか弱気というのかは判断が分かれるが



良い意味でも悪い意味でもオンリーワンでなくなりつつあるのは間違いない

2016.02.04:tnw:count(284):[メモ/さらばUSA]
copyright tnw
powered by samidare
▼この記事へのコメントはこちら

名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。