HOME > 記事一覧

M様邸 敷地を選ばない設計概念

  • M様邸 敷地を選ばない設計概念
2020.05.12:taru_nobu:[コンテンツ]

G様邸 中庭

  • G様邸 中庭
2020.05.12:taru_nobu:[コンテンツ]

お金についての基本知識を身に付ける

計画的にお金を増やしていくには、

自分の収入を上げることはもちろんですが

お金の仕組みをしっかり理解し

資産運用していく事も考えなくてはいけません

 

そして、そのためには、

「金利」ついて理解する必要があるのと

家づくりをする際に、

運用資金を捻出する工夫も必要になってきます

  

まず、金利についてですが、

金利には「単利」と「複利」の2種類があります。

単利とは、もともとのお金だけに金利がつく仕組みで、

複利とは、元本に金利を加えた金額に

金利がつく仕組みのことです。

 

例えば、

1年間で金利が5%つく金融商品を1万円分購入し、

5年間運用した場合、

単利であれば、

1万円+1万円×0.055%)×5年=12,500であるのに対し、

複利であれば、

1万円×1.05×1.05×1.05×1.05×1.0512,763となります。

 

見ての通り、単利より複利の方が、

効率的にお金が増えていきます。

そして、この差は、期間が長くなればなるほど、

ますます広がっていきます。

   

ですので

手持ちの資産を効果的に増やしていくためには、

短期的に考えるのではなく、

小さい金額でもいいので、

複利で長期的に積立て・運用を考えていくべき、

ということが言えます。

 

住宅ローンは単利?それとも複利?

 

借入金額が大きく、

かつ長期間となる住宅ローンは、

複利で金利が計算されるため、

金利の支払いを少しでも減らすためには、

出来るだけ借入を減らすようにすべきところです。

 

しかし、多くの方がその逆の選択をしてしまいます。

 

というのも、多くの方が、

より多く自分たちの理想や願いを叶えたいと、

より広い土地と、より広い家を

求めようとしてしまうからです。

 

そうすると、土地の予算を上げてしまい、

かつ家の予算も上げてしまいます。

 

また、庭の工事費用も上げてしまう原因にもなり

固定資産税も上げてしまう原因となります。

   

これからの家づくりの考え方

 

これから日本は、少子高齢化がより進み、

社会保険料・税金アップによる可処分所得の低下や、

年金支給減額、年金支給年齢引き上げ、

といった厳しい現実が待ち構えています。

 

 のため、家にかけるお金を少しでも抑え、

抑えた分を、複利で長期間運用出来るものに

積立て・運用していくことを考える事も大切です。

 

そして、そのためには、

無駄を削ることで出来るだけ家をコンパクトにすべきです。

家がコンパクトになれば、

家の価格が抑えられるのはもちろん、

土地もコンパクトにすることが出来、

結果、土地の価格も抑えることが出来るようになるからです。

 

また、土地がコンパクトになれば、

庭の工事費用も抑えられるし、

電気代や税金といったランニングコストも

抑えられるようになります。

 

これから先の暮らしをずっと、

より豊かなものにするためにも、

家にお金を掛け過ぎず、

その分をこれから先のために積立て運用することで、

効率的に資産を増やしていっていただければと思います。

2020.05.09:taru_nobu:[コンテンツ]

【PHOTO gallery】「内観-1」福島市桜本・ドミノS邸

  • 【PHOTO gallery】「内観-1」福島市桜本・ドミノS邸

 

福島市桜本・ドミノS邸。

施主の思いがつまった家を、写真家の朔丸さんに撮影して頂きました♪

 

 

 

 

今回は、「内観」の写真のご紹介です(^^)

 

―・―・――・――・――・――・――・――・――・――・―

                        「内観-1F」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.05.08:taru_nobu:[コンテンツ]

どちらの資金計画を選択しますか?

 

家づくりを具体的に進めるにあたって、

必ず最初にすべきことが 「資金計画」 です。

 

しかし、資金計画」と一言でいっても

その進め方によって、大幅に予算が違ってくることがあります

  

■住みたい地域や建てたい家をもとに、合計予算を算出する資金計画

 

これも資金計画ですが、

この進め方で資金計画をしてしまうと、

確実に総予算が大きく膨らんでしまうことになります。

 

結果

そのしわ寄せが住宅ローンにのしかかるようになり、

家は建てたものの

その後ずっとゆとりのない暮らしを、

送り続けることになってしまいます。

 

■先に全体予算を決めて、土地や家などにかけられる予算を配分していく資金計画

 

の場合、先程とは全く逆のアプローチで、

家づくりを考えるようになるので、

周りの知人たちに比べて、

家づくりにかけられる予算が少なくなる可能性が高くなります。

 

結果、

土地や家に対してかけられる予算も、

知人たちに比べて圧縮されることになっていきます

 

----------------------------------------------------------- 

 

さて、あなたは一体どちらの資金計画の方が、

どちらの家づくりの方が、

自分に合っているとお考えになりますか?

 

Tarukenでは、すべての方に対して、

後者の進め方で資金計画をさせていただくようにしています。

もちろん家づくりの予算の考え方について、

しっかりとご説明させていただいた上で、です。

 

自分達の家づくりの予算が、いったいいくら位なのか。

その予算をしっかり把握したうえで、

家づくりにかかるさまざまな費用に

予算を分配していく。

 

そうすることで、

いくら位の土地を探すべきか。

いくら位の家を検討すべきか。

しっかり見えてきます。

 

 

このよう、資金計画を進めることで、

建てた後暮らしに、ゆとりをむことができます

 

また、先まで見据えた計画を行うことで、

子供の教育問題や親の介護問題、

そして、自分たちの老後問題に対しての

備え出来るようにもなります。

   

せっかく家を建てても、

ただ暮らしていくだけで精一杯・・・

たまの旅行行くゆとりがつくれない・・・

このような事になってしまっては、

決して豊かな暮らしだとは言えないですよね?

 

全く蓄えが出来ないとしたら、

将来に対しての不安ばかりが、

年々募っていくだけですしね。

 

大袈裟に感じる方もいらっしゃるかもいれませんが、

建てた後、経済的にも精神的にも

安定して暮らしていけるかどうかは、

家づくりの資金計画をどのように行うのか?によって

本当に大きく左右されます

 

ですので、正しい資金計画を行い、

正しい土地選びと、正しい家づくりが出来るように、

考えていただければと思います

2020.05.08:taru_nobu:[コンテンツ]