HOME > コンテンツ

これからの土地探しの新常識

土地から購入して家づくりをされる場合、

今の家賃よりも数万円負担を増やした状態で

住宅ローンを組まれる方が多くいらっしゃいます。

 

しかし、本当は今の家賃位の負担が理想ですよね。

 

建てた後の暮らしやずっと先の将来まで考えると、

なるべくローンの負担は少なくしていきたいと誰もが考えると思います。  

 

では、それを実現するためには何が必要か?

 

それは、

・土地購入費用

・建築費用

・外構費用

この3点の費用を最小限に抑えるということが

まず必要になっていきます。

 

なぜか?

この3点は家を建てられるあなたの考え次第だからです。

 

今回はその中から、土地購入費用を最小限に抑えるために

知っておいていただきたい3つのコトについてお伝えしたいと思います。

 

 

その1:日当たりが良い土地は探さない!

 

家を建てる誰もが、

日当たりがよく、風通しがいい家にしたいと思い、

そういった土地を探すことでしょう。

 

しかし、

実際にそういった土地に建っている家をご覧になってみてください。

果たして、明るくて風通しがいい家になっているでしょうか?

  

こういった土地の場合、

住宅会社は当たり前のように南にたくさん大きな窓をつくります。

 

ですが、その窓は外から丸見えの窓となってしまいますよね。

そうすると、いつもカーテンを閉めたままになってしまいます。

 

それどころか、直射日光が強すぎて、

中には、シャッターまで閉め切っている家もありますが、

こうなれば、光はまったく入ってこなくなってしまいますし、

わざわざお金をかけてつくった大きな窓を、

さらにお金をかけ塞ぐことになってしまいます。

本当にもったいないですよね。

 

また、日当たりが良い土地は価格も高く設定されています。

そして、競争が激しいため、値引きも一切なく、

不動産屋さんの言い値で購入せざるを得ないため、

建築代に加えて、土地代までも割高になってしまうというわけです。

 

 

その2:不動産屋さんに土地選びをすべてまかせない!

 

不動産屋さんに土地を探してもらうのも、

無駄に出費を増やす原因となってしまう可能性があります。

 

というのも、

不動産屋さんは土地に関してのプロですが、建築のプロではございません。

それゆえ、形が良かったり、日当たりが良い土地じゃないと、

いい家が建てられないと思い込んでしまっているケースも多く、

それが実現しやすい形や日当たりが良い土地をオススメしてきます。

 

また、平屋を建てたいと伝えると、

無駄に20~30坪も広い土地を提案されることになってしまいます。

 

そういった土地をそのまま購入してしまうと、

それだけで一気に返済金額2万円前後もアップしてしまうことも多々あります。

 

 

その3:正しい資金計画をするまでは土地を探さない!

 

そして、1番重要なポイントは、

あなたが土地に掛けていい予算を正確に理解していない状態で

土地を探さないようにするということです。

 

この状態で、土地探しをしてしまうと、

確実に土地に予算を使い過ぎてしまい、

気付いた時には、思ったような家を建てる予算が残っていないというようなことがおこります。 

家づくりには諸費用も多くかかってきますからね。

 

それゆえ、まずは資金計画を行うことによって、

土地に掛けられる正確な予算を把握し、

その予算の中で土地探しを始めるようにすることが、

なにより大切なことになってきます。

 

 

いかがでしょうか?

人生で1度の家づくり。

分からないことだらけで当然だと思います。 

 

土地探しにおいて重要な事は、

・まずは資金計画を行う

・ご自身の予算をきちんと把握してから行う

・気になる土地に出会ったとしたら、住宅会社に土地を見てもらう。

 そして出来ることなら、契約前にその土地に合わせて間取りを描いて

 もらってください。

 

これが土地から買って家づくりをする場合の最善の方法になりますので、

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

2020.01.16:taru_nobu:[コンテンツ]

【福島市桜本・ドミノS邸】外壁仕上げ

  • 【福島市桜本・ドミノS邸】外壁仕上げ

 

S邸外壁の仕上がりのレポートです♪

S邸の外壁は塗装のジョリパット仕上げ。

 

 

色や仕上げパターンも豊富なことに加え、

耐久性も高い外壁になります。

 

外壁は、どうしても定期的な塗り替えが必要になってきますが、

耐久性の高いジョリパット仕上げですと頻繁に塗り替えする必要がありません(^^)

 

 

 

 

S邸は小粒ロック仕上げになります♪

2020.01.07:taru_nobu:[コンテンツ]

【新年のご挨拶】

  • 【新年のご挨拶】

 

あけましておめでとうございます。

 

本年も、

「住まうこと」「暮すこと」自体が

楽しみになる家づくりを、

皆様と一緒にしていきたいと考えております。

 

何卒、宜しくお願い致します。

 

 

               Taruken 社員一同

2020.01.06:taru_nobu:[コンテンツ]

坪単価で判断してはダメ!?

 

同じ材料を使って家を建てる場合

20坪の家でプランする場合と40坪の家でプランする場合では、

坪単価が大きく違ってきます。

 

例えば、どちらの家にもキッチンやお風呂などの水回りの商品に、

200万円かかったとしましょう。

この200万円を坪で割ってみましょう。

 

200万円÷20坪=10万円

200万円÷40坪=5万円

 これだけで坪単価が5万円も違ってきます。 

 

つまり、これだけの部分をとってみても、

20坪の家の方が、坪単価が高くなってしまうということなのですが、

その反面、総額で考えると、

40坪の家の方が圧倒的に高くなってしまいます。

 

例)20坪×坪単価80万円=総額1600万円

  40坪×坪単価60万円=総額2400万円

 

このように、

坪単価は、家が小さくなればなるほど必然的に高くなり、

大きくなればなるほど必然的に安くなります。

 

ですので、家の価格を坪単価で判断することは、

決して出来ないという事になりますよね。

 

では、坪単価に比重を置いて家づくりをしてしまうと、

一体どのような家になってしまうのでしょうか?

 

1.後々の出費が増えてしまう

 

先程の話の通り、

家の面積が大きくなればなるほど、

坪単価はどんどん安くなっていきます。

 

しかし、家の面積が大きくなればなるほど、

建築コストは、坪単価とは逆に

どんどん高くなっていってしまいます。

 

さらには、面積が大きい=体積も大きくなるので、

冷暖房効率も下がることになります。

毎月の電気代までも高くなってしまうんですね

 

また、家が大きくなれば固定資産税も高くなりますし

後々のメンテナンスコストも必然的に高くなってしまいます。

 

土地に関しても、

家が大きくなれば、その分広い土地が必要になり、

土地代にも多くのコストがかかってきますし、

土地の固定資産税も高くなってしまいます。

 

その上、外構工事のコストや、土地の管理の手間なども増えてしまいます。

 

坪単価に惑わされて、無駄に大きな家を建てる事は非常に危険ということですね。  

 

その2:チープな家になってしまう

 

家が大きくなると、

それに連動して建築コストが高くなってしまいます。

それが原因で予算をオーバーしてしまう見積になってしまった場合、

材料のグレードを落とさざるを得なくなってしまいます。

 

より安価な断熱材を使うようになってしまったり・・

より安価な外壁材を使うようになってしまったり・・

より安価な床材を使うようになってしまったり・・

 

結果、大きな家でもチープなつくりになってしまうのと同時に、

それぞれのグレードをおとした事により、

将来のメンテナンスコストが高くなるリスクも生じます。

 

いかがでしょう

 

坪単価が安い家は、

一見、お得な感覚で家を手に入れたように感じますが、

実は、イニシャルコストもランニングコストも高くついてしまいます。

 

一方で、坪単価が高い家は、

一見、割高に家を手に入れたような気分になってしまいますが、

実は、逆にイニシャルコストもランニングコストも安く済みます。

 

ですので、これから家づくりをされるあなたは、

家の価格を、坪単価ではなく総額で判断するようにして下さい。

そうすることで、本当に暮らしやすいコスパに優れた家が

建てられるようになるでしょう。

2019.12.26:taru_nobu:[コンテンツ]

【年末年始のお知らせ】

 

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

弊社では誠に勝手ながら、下記日程を年末年始休業日とさせていただきます。

 

 

■年末年始休業日

2019年12月29日(日) ~ 2020年1月5日(日)

 

 

期間中のお問い合わせは、専用フォームへご連絡お願い致します。

いただいたお問合せにつきましては、営業開始日以降に順次回答させていただきます。

 

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

 

 

                                   

 

2019.12.26:taru_nobu:[コンテンツ]