HOME > 個人的なこと

仙台城祉と少し怖い話

(住宅関連のお話ではありません。息抜きにでもして頂ければ幸いです。)

この前、ある方と仙台城祉に行ってきました。

お天気の良い日で、鳶が気持ちよさそうに青空に弧を描いていた。

意外と知られていないのですが、この仙台城は実は平屋建てだったのです。

普通、お城と言うと天守閣があって、遠くを見渡せる様に高くなっている。

しかし、仙台城の立地は峻険な地勢をしているので、天守閣は必要としなかった。ようです。
正宗公は伊達男として有名ですが、実は戦略性を重視した武将でした。派手さやパフォーマンスは必要な時しかやらなかった。

しかし、この仙台城は良くできた山城で、前方を広瀬川で防御し、
後方は滝の口渓谷の崖で防御されている難攻不落の要塞です。

今はあの自殺スポットで有名な「八木山橋」があるので後方からも容易には行けるのですが・・・・。


ところで話しは急に変わりますが、この八木山橋について私自身が怖い体験をした事を思い出しました、その話を聞いてください。

アレは二十数年前、私は当時高校生でした。八木山にある私立工業高校に通っておりました。

確か、地質学の研究で滝の口渓谷を調べる為、八木山橋の真下まで降りて行ったのです。(学校の先生も一緒にです。)

橋の下には何と驚くべき事に比較的新しいスニーカーが落ちていました。

そういう時、男子高のワルガキは、不届きにもそれを使ってはしゃぐのです。

私も例外ではございませんでした。

・・・・・・それから数ヵ月後・・・・・


私には八木山に住む友人が結構おりました。確か、中間試験が終わり、試験休みの気の抜けた秋の夜。

友人宅で男子校特有の馬鹿話に火がつき、結構遅くまでお邪魔してしまいました。時間で言えば10時頃・・・・。

私はオレンジ色のホンダ・タクトと言う原付スクーター(すごく調子のいい)にまたがり急いで自宅に帰りました。

八木山ベニーランドのカーブでもすごく快調だった・・・・・。

ところが八木山橋にさしかかる頃、なんとなく嫌な空気が漂いました。前からも後ろからも車が来なく、橋を渡るのは私のスクーターだけ・・・・。

こんな不気味な所はサッサとやり過ごそうと橋を急いで渡ろうとすると、

急に橋の中央でエンジンが!

「ビイイイイイ・・・・プスン・・・ビイイイイイ・・・・プスン・・・・プスン」

とすごく調子の良かったスクーターが止まりそうになったのです。

物凄い恐怖感が私の体を縛りつけました。

その時ふと、橋の下でのスニーカーではしゃいだ出来事が走馬灯のごとく思い出し、心の中で「スイマセン」と叫びました。

バイクは重力の力も有り何とか橋をこえました。そうしたら不思議な事に・・・・

エンジンはまたいつも通りの快調な音を取り戻しました。

秋の涼しい夜なのにイヤな汗が背中を濡らした。

世の中には人智を超えた出来事もある事を知りました。


それから二十数年過ぎますが、僕が夜遅くにこの橋を一人で渡った事は

・・・・・ありません。(実話)



2010.04.08:t-yana:コメント(0):[個人的なこと]

4月1日の誕生日


4月1日は皆様ご存知「エイプリルフール」です。

小学校低学年までウチのオフクロが「今日は私の誕生日」

と言っていたが、「真っ赤なウソ」だと思っていた。

でも、ある時に車の運転免許証を見せてもらって納得した。

4月1日生れの方は誕生日を信じて貰うのに、随分と苦労をした事でしょう。

そしてもう一つ不思議な事が4月1日生れの方はなぜ?学年が先になるのでしょうか。

ワタシも4月生まれなのでずっと不思議に思っていました。

オフクロに聞いても解らずじまい。

興味心旺盛なワタシが調べた所によれば、民法143条に関係しているとの事。

民法143条の規定
『最後ノ週,月又ハ年ニ於テ其起算日ニ応答スル日ノ前日ヲ以テ満了ス』

ということですから、4月1日に6回目の誕生日を迎える人は、その前日の3月31日に6歳になるのです。

法律的にはそうなる様です。

でも、当の本人は何か関係ないような~感じなのですが・・・

しかし、オフクロも深層心理的には4月2日生れに憧れがあったと思います。

なぜかって?

だって、ワタシの誕生日は4月22日で2が二つもあるから・・・・

母上様、そして4月1日生れの皆様、お誕生日おめでとうございます。








2010.04.01:t-yana:コメント(0):[個人的なこと]

星に願いを

  • 星に願いを
過ぎた話しですが、12月13~15日はふたご座流星群が見れたそうで。

我家の娘達(中1、中3)も珍しく外に出て、ご近所さんの迷惑も考えず、

「キャーキャー、ワーワー」と。

ワタシはポツンとひとりで一杯やっておりましたが、

たまには星でも見てみるかと、外に出て長女に近づくと。

おもむろに長女が手を合わせ「○○高校に合格しますように・・・・・」

そうか、流れ星に願い事を念じる為か。

現実的なビジネスの世界で生きていると、

夜空を見上げたり、流れ星に願いを祈ったりする行為は、

頭の中から完全に抹殺されている。

久しぶりに星空を見上げて、

娘の為に「○○高校に合格しますように」と、

祈りが通じれば良いのですが。

2009.12.16:t-yana:コメント(0):[個人的なこと]

ボクサーへの誤解

  • ボクサーへの誤解
BOXING ボクシング 拳闘
(意味)
二人の競技者がリングの上で、グローブをはめた拳で、互いに打合い、
ダメージを与えて勝敗を競うスポーツ。


(住宅関連の話しではございません。気分転換にでもなれば幸いです。)


「昔、ワタシはボクシングをやっていました。」と言うと、

皆さん「えっ、イメージが変わる」とおしゃいますが、

ボクサーを「悪いやつ」「ケンカ好き」「暴力主義的」

と思っていませんか?

確かに、元世界チャンピオンが恐喝事件でどうたら、こうたらや・・・・。

ヤンキー崩れが多いのは認めますが、すごくマジメな人達も多いのです。

ボクサーで程々のキャリアを積むには、

きついトレーニングに耐えなければなりません。

前にも申し上げましたが、結局ボクシングは「自分自身との戦い」です、

きついトレーニングに耐え抜いて行くには、ある程度、勤勉で我慢できる力が必要です。

それは「いわゆるマジメ」であると言う事です。


(ワタシの考えを申し上げれば・・・)

やはり人間は、話合いで互いの存在を認め、協調共存できる道を模索し、

実行する事が大事だと思います。

人間は連鎖する生き物ですから、一人勝ちと言う状況は長くは続かない。

あなたが誰かを泣かせたりすれば、必ず何処かで仇を取られるものです。

長い目で見て、互いに良い事を話合いで決着させる。

それが大切です。

それでも、もしあなたが、誰かにダメージを与えたいのなら、

ボクシングでもして下さい。(自分も殴られるけど)

好きなだけ、殴りっこが出来ますから。(但し、リングの中だけですけど)

(余談)

私が知るボクシングをやる方達

東北大生、銀行マン、営業マン(これは多い)

土木建築技術系(これも多い)、電力会社(少ない)、住職(超少ない)。

2009.12.07:t-yana:コメント(0):[個人的なこと]

THIS IS BOXING

  • THIS IS BOXING


最近、CRE戦略だとかROAだとか、ムズカシイ事を書いていましたが、

本当はこのボクシングネタが書きたかった。

仕事とはあまり関係が無いので・・・・・(社長スイマセン)


内藤VS亀田戦について

ある方から「ヤナシタさんは亀田と内藤どっち勝つと思う?」

ワタシ「う~~~ん、わからん。」

ある方「そんな事言わないでさ~どっちだと思う。」

ワタシ「わからんものは、わからん。」

ボクシングだけは戦わないとわかりません。(持論です)

ボクシングの試合後半はハッキリ言って「地獄絵図」の様です。

3分間、アカの他人と殴りっこした人ならわかるでしょうが、

普通は立っているのもやっとの状態です。

それを何ラウンドもするのですから・・・・「地獄絵図」です。

打ち合いでは気合以外の何者でもございません。

また、反射神経的に打出せるパンチをどれだけ持っているか?

それが試合では問われるのです。

だからやってみないとわからない。


テクニックとスピードでは亀田、精神力とスタミナでは内藤であろう。

結果的には亀田の3-0判定勝ちでしたが、内藤選手も良くがんばりました。

普通の選手であれば、後半、内藤選手につかまるのだが・・・・。

いい試合だったと思います。


ボクサーはリングに上がるまで、「恐怖」と「餓え」に苦しみます。

この2つの苦しみは、本当にキツイ。

夜見る夢は、「リングで倒れている自分」か「食べ物」の夢のどちらか。

そんな苦しい思いをしてまで、上ったリングでは、

やけにおっかない顔したヤツが睨んでいる。(やれやれ)

でも、ゴングが鳴ってパンチの交換が始まると、段々と風景が白くなってくる。

見えてくるのは相手のグローブとアゴやテンプル・・・・・・

もらったパンチにも敬意を表したくなる。

もちろん勝てば嬉しい。

しかし、負けた試合でも自分が最高に練習して、

最高に戦えれば(自分自身に逃げずに)、ある程度は我慢できる。

そう言う意味では「本当の敵は自分自身」であろう。

ワタシも最後の試合から十数年経過しているが、

今でもすぐ思い出すのは「負けた2つの試合」である。

しかし、「負けた2つの試合」が自分を支えてくれてる部分もある。

ブカワ君、ボクシングもいいものだよ。

(長くてスイマセン・・・・)


2009.12.01:t-yana:コメント(0):[個人的なこと]