平成28年度 「青年による持続可能な地域づくり推進事業」が始動します!

560.7KB - PDF ダウンロード
 山形県は第6次教育振興計画(平成25年5月策定)の中で、基本目標を「人間力に満ちあふれ、山形の未来をひらく人づくり」とし、テーマを「つなぐ~いのち、学び、地域~」としました。
 「青年による持続可能な地域づくり推進事業」は、地域住民の方々とともに地域の可能性や課題に目を向けて、主体的に学ぶ若者たちを育てていく一つの方策として、今年度新たに立ち上げられたものです。
 この事業のキックオフミーティングとして、下記のとおり株式会社Ridilover代表の安部敏樹さんを講師にお迎えし、講演会を開催します。「リディラバ」ってなに?どんなことをしている人なの?と興味を持たれた方は気軽に参加してください!参加料は無料です。参加申し込み方法等の詳細については、実施要項をダウンロードしてご参照ください。

日時:平成28年7月10日(日)12:45~
   ※参議院議員選挙の日です。投票してからご来場ください!
会場:山形県青年の家(天童市)
講師:株式会社Ridilover(リディラバ)代表 安部敏樹氏
演題:「社会の無関心を打破する!~困り事を共有する世の中に~」
費用:無料
対象:どなたでも参加できます。
2016.06.24:sky:[SKYmeeting]

平成27年度 青年団体活動実態調査集約表が完成しました!

  • 平成27年度 青年団体活動実態調査集約表が完成しました!
347.6KB - PDF ダウンロード
 平成27年度の青年会議では、年間を通じて山形県内で地域活動に精力的に取り組んでいる青年団体をジャンルを問わず広く調査してきました。初めての試みでありますし、調査してくださった委員のみなさんも日々の仕事に追われる忙しい身であるということから、声をかけることができなかった団体さん、抜け落ちてしまった団体さんも多いことと思います。しかしながら、協力いただいた団体さんについては、「具体的な活動内容」・「どのような意識を持って活動に取り組まれているか」・「目標とするところ」といったところまで踏み込んで回答していただくことができました。ご覧になって、関心を持たれた団体さんがありましたら、山形県青年の家(担当:須藤)を通じて連絡を取ることも可能です。是非、気軽にお問い合わせください!
【トップ写真:天童アートロードプロジェクト提供】
2016.03.31:sky:[SKYmeeting]

平成27年度 第3回青年会議を開催しました!

  • 平成27年度 第3回青年会議を開催しました!
527KB - PDF ダウンロード
 平成28年2月21日(日)に、第3回青年会議を開催しました。今年度の「青年交流事業」における全県レベルの「青年会議」と各地区レベルの「SKY地区チーム」の活動を総括し、今後の山形県の青年による地域活動の支援体制をどのように構築すべきかを探る会議です。会議の詳細については、PDFをダウンロードしてご覧ください!
2016.02.22:sky:[SKYmeeting]

平成27年度 県外先進事例視察報告①

  • 平成27年度 県外先進事例視察報告①
1MB - PDF ダウンロード
 12月5日(土)・6日(日)に新潟県燕市で開催された「今宵サミットinつばめ」に、青年会議を代表して中川拓也委員(白鷹町)と平井裕士委員(米沢市)に参加していただきました。
 青年会議委員の役割の一つに、興味深い県外の若者活動を視察して参考になる取り組みについて報告することで、山形県の青年活動を活性化し、より有意義なものにしていく契機にするという任務があります。
 今回は、手を挙げてくれたお二人に、日本全国で(東北芸術工科大学デザイン工学部コミュニティデザイン学科の教授陣も務めている)「studio-L」の助言を受けながら街づくりを進めている地方自治体が集まって活動報告等を行う「今宵サミット」を視察していただきました。
 各地方自治体で積極的にまちづくりに参画している方々ばかりがあつまる事業ということで、活発に議論や情報交換がなされていました。参加した二人の委員も、きっと良い刺激を受けたことと思います。
2015.12.06:sky:[SKYmeeting]

平成27年度 「地域貢献青年育成セミナー」を開催しました!

  • 平成27年度 「地域貢献青年育成セミナー」を開催しました!
1.8MB - PDF ダウンロード
 11月14日(土)・15(日)に山形県青年の家を会場にして、平成27年度「地域貢献青年育成セミナー」を開催しました。事業構想のために青年会議委員のみなさんに集まっていただけたのはわずか2回だけでしたが、それでも「山形県の若者たちが必要としている『学び』」について、ある程度のコンセンサスは得ることができました。多くの委員が共通して取り入れたいといっていたのが、「フィールドワーク」と「プレゼンテーション」です。そうした声を可能な限り反映させて事務局で調整を図りながらプログラムをつくりあげました。
 山形県教育委員会主催の「青年交流事業」は、今年度で7年目を迎えます。「地域貢献青年育成セミナー」は、これまで継続して参加してきてくれた青年たちが、高校生や大学生さらには一般の青年たちとともに学びあうことを通して、青年層のネットワークをより一層拡大し、彼らの身に着けてきた様々なスキルや知見を後に続く青年たちに継承していくことを目指しています。
 1泊2日の限られた日程の中に、やや詰め込みすぎた感は否めませんが、このセミナーを通じて、参加者のみなさんに何らかの「気づき」や「学び」を提供できたとしたら嬉しく思います!
2015.11.16:sky:[SKYmeeting]