白鷹町中山の熊野神社の獅子頭彫り師

  • 白鷹町中山の熊野神社の獅子頭彫り師
時々、パソコンの蔵から古い情報を見つけ、虫干しのように広げてみると、ちょっとした発見がある。

以前、白鷹町中山の熊野神社の獅子頭の顎の亀裂修理を依頼された際に、獅子の木口に陰刻記名を発見

した。

「荒砥 㔫山又兵衛 文政十一年」とあるが、荒砥を調べると左山姓は見当たらない。以前ブログにも紹介

しているはずだが旧漢字の「㔫」を「丸」と呼んで「丸山」と読んでいた。荒砥に丸山姓は存在している。

今見てみると記名は「㔫」に見える。







中山熊野神社の獅子頭の形を見ると、眉は鮎貝八幡型、目尻下がり具合で荒砥深山神社、鼻の穴は広野観音

耳の形は荒砥新山だが、耳の軸に布を巻き付け御下げ髪状になっている。又それは、バネのように耳が獅子

の動きで上下し中山独特の伝統である。

何故、このような慣例があるのか不詳であるが、萩野の二代目制作した際、萩野の獅子の耳は棒で、その

棒に丸く切った和紙に毎年例祭日を書いて記録する慣例があり、それと関連があるのかも知れない。和紙の

代わりに布切れを用いて記録している事もあるだろう。




2022.10.29:shishi9:[コンテンツ]

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
  • 新着コメント
今日 145件
昨日 116件
合計 66,672件