二獅子頭新作のお披露目

  • 二獅子頭新作のお披露目
新しく黒獅子が二頭誕生した。
目の前で塗り立ての獅子たちが輝いている。双子の様に区別が付きづらいが
頭の高さや目の出具合で判別出来るが、自分も写真では判別が難しい。



大きな歪みも出ず口の開閉もスムーズ。重さも六キロと大きさの割には
軽量化し、要所へのFRPの補強も施し強靭な構造作りに成功している。
金箔には水性アルコール系保護剤を塗布し擦れによる剥離を防いでいる。













軸棒の脱落防止の栓は、竹を削った物を穴に打ち込んでいたが、ねじ式
の金属ビスで防止している。タテガミはヤク毛150gを植毛し、時には顔
を覆い、歯打ち時には忿怒の表情を露わにする。基本的には伝統的な様
式なのだが唇や顎の曲線が、今までに無い険しい表情を見せている。












総宮系の獅子は一見すると愛嬌あるだが、熟練した獅子振りの手による
と鬼気迫る霊獣に化身する。決して激しく、勢いばかりの動きではなく
動と静、緩急を心得た所作を熟練者は心得ているのである。

間も無く依頼者に獅子の引き渡しを行う。名残惜しい様でもあり、これ
からの激務を案ずる産みの親の心境である。
2019.06.25:shishi7:[コンテンツ]

この記事へのコメントはこちら

以下のフォームよりコメントを投稿下さい。
※このコメントを編集・削除するためのパスワードです。
※半角英数字4文字で入力して下さい。記号は使用できません。
今日 39件
昨日 188件
合計 113,059件