食料補完計画

爺ちゃんの畑を見に行ったら、ジャガイモの葉っぱがてんとう虫に食い荒らされてボロボロになっていた。
まだ被害の少ない部分も有ったのでビニールの手袋をして潰し始めたが、ふと過去の記憶が蘇って裏側を見てみた、そこには蛹の状態のてんとう虫がわんさかといるではないか、どおりで見える虫の数の割に被害が大きかった訳である。

今朝潰した数だけでも100匹を軽く越えると思われる、、、殺生な!である。

帰ってネットで「てんとう虫」について調べてみたが、今まで知らなかった様々な事実が判明した。

「ladybug の lady は聖母マリアのこと。」これは思い掛けない発見である。

「テントウムシ(天道虫・紅娘・瓢虫)」てんとう虫は「天道虫」と書くのですね、私はてっきり「触ろうとすると手足を引っ込めて転がり落ちる」ので「転倒虫」かと思っていました。汗

へ〜!そうだったのか。

テントウムシダマシ〔天道虫騙し〕とは
「テントウムシダマシ」とは俗称で、テントウムシ科に属する「ニジュウヤホシテントウ」と「オオニジュウヤホシテントウ」のことを指す。
「テントウムシ」はアブラムシなどの害虫を食べてくれる【益虫】という印象が強いが、この「テントウムシダマシ」は肉食ではなく草食のテントウムシで、ナス科の植物を好んで食べるので【害虫】とされている。
2017.07.10:shibuchin:[メモ/使 徒]
暑中お見舞い申し上げます
 
 先日 高畑町が36度超えを見かけましたので
恐らく白鷹町もそれなりの暑さではと、

暑中お見舞いに伺いました。

shibuchinさん 「おあつーうございます。」
梅雨はどちらに・・という感じですが戻ってくるのでしょうか?ね

収穫の画像を拝見し、献立は何に〜、お手製のお料理はご家族の舌鼓に、どんな変身するのかしら、楽しみですね。

この🐞さんのことですが 驚きますね。
肉食、菌食、草食と種類があり、生物農薬(初めて知りました)に
されているとは、侮れない🐞さんなのですね。

shibuchinさんの一番の驚きが伝わってきました。聖母マリア様に繋がろうとは、
🐞さんの展開と外套で「展套むし」で。。

話のおちはありませんが新知見になりました。

shibuchinさんの記事からホツマツタエのことを少しずつ読ませていただいて、(簡単に理解はできそうにありませんが)
楽しく読ませていただいております。
 
つぎの話はご存知でしたら教えてください。

湯殿山と高野山と関わりがあるような話を聞いたこと、ありますか?

道教、仏教この辺りの関連で知りたいことがあり、今回マリア様がイシスと関連しているとの話。

(キリスト教は元の形が存在していて原型はエジプトに・)
そんなふうを見かけて頭にあったもので。

まだまだ 整理出来ずバラバラの状態なのですが
なんとなく時代の流れはつながり始めているかな?

*返信は御手すきの時にいただけると有り難いです。

わたしが生活している場所をお知らせしたことは無いかもしれませが、夏の暑さでは、有名な地点の近くです。
後でバラシますのでお待ちください。

では、いつもありがとうございます。
ご家族のみなさま、shibuchinさん 暑さ対策をぬかることなく、この夏をぶじにすごされますように・・・




2017.07.12:真砂:修正削除
ドラゴン
こんにちは。

暑い日が、、と言った処ですが当方の仕事が「精密研削加工」なので夏場は25度以上になりません(1/1000ミリの精度の加工をするためエアコンは必須です、日本工業規格では長さの基準になるゲージが20度を基準にしているので厳密には20度が理想的なのですが、、肌寒いです、25度を超えてくると熱くて機械の操作がだれてきます、30度以上では仕事はしたくありません)夏は涼しく過ごさせて頂いています。

「テントウムシ」が「マリア様」と関係が有ったのは意外でしたが、「オニヤンマ」と言うか「トンボ・ヤンマ」が英語で「ドラゴンフライ」なのも???ですね、何かつながっているぞ?みたいな。

今朝も「ズッキーニ」を収穫してきました、家族5人では食べきれない程の夏野菜の収穫が始まりましたよ、近所で野菜を作っていない人にお裾分けをするのですが、最盛期には一斉に似た様な収穫物で溢れます、昔は漬け物などの保存食にしたのでしょうが今はあまり作りません(茄子やキュウリも塩っぱく漬けておいて冬に塩抜きして食べていましたが、今では冷蔵庫での浅漬けが殆どです)食生活も変わりましたね。

真砂さんのお住まいも暑い所ですか、暑いと言えばここ十年ぐらいで流行って来た「苦瓜・ゴーヤ」が我が家でも普通に栽培出来るのは意外でした、以前は「南国の(沖縄)野菜」みたいなイメージでしたから。

野菜を沢山食べて、暑い夏を乗り切りましょう、山形名物「だし」をアレンジした「夏野菜どんぶり」の季節がやってきます。

そうそう「聖母マリア様」といえば携帯で撮影したオニヤンマの画像をメールでパソコンに送ったのですが届きません??確認してみたらメールのアドレスを間違えて「阿部さん」という女性の知人の方に間違えて送っていました「阿部=アベ」?その人は今時貴重な「紬の機織り」を仕事にしている方です、住んでいる場所はキリスト教にも御縁のある場所です、ハタオリと言えば「七夕」が過ぎたばかりで「ホツマツタエ」でも「機織り」は重要な意味が有ります。

マリア様は今、大きな働きをしている??様です?、そんな気がします。
「ファテマの奇跡の記念日5月13日」「白鷹山の虚空蔵祭り5月13日」偶然にも同じ日です。

「ホツマツタエ」のおもしろい処は「特殊な能力の無い人にも志が有れば道の奥に至る学びの機会を提供している」事だと思います「ミカサフミ」の冒頭に書いてあります、これは他ではあまり見られないユニークな存在ですよね。



2017.07.14:管理人:修正削除


▼コメントはこちら
名前

件名

本文

URL

画像

編集/削除用パスワード
※半角英数字4文字で自由に入力下さい。


手動入力確認イメージ
※イメージ内の文字を小文字の半角英字で入力して下さい。



 ※ 投稿後、すぐに反映されます。