食料補完計画

今日の日の出
毎年ゴールデンウイークにジャガイモを蒔いている、今年は少し遅れたせいで種芋が売り切れていた、何とか見つけてきたが「男爵」「メイクイーン」はどこも売り切れ「きたあかり」ばかりが残っていた、2つの店で芽の長いのと短いのが有ったので比べてみることにした。
一種類ではつまらないので「アンデスレッド」を追加、こちらは芋が大きいので半分に切って植え付けた。

小規模の家庭菜園では「ジャガイモ」は作りやすく収穫も楽しく食べておいしい、いつもお世話になっております。感謝
今年は8月になっても雨が降り続いております、雨の合間を縫ってジャガイモを掘りました、写真に写っているのは「男爵」、この他にも「メークイン」「きたあかり」があります、例年なら長雨で腐っていた「男爵」が今年は健在、まるまると太ったLサイズがごろごろ出て来た、しかし割ってみると中心に茶色くなった部分が、それでも今年は豊作だ。感謝

「メークイン」は今年も問題なし、だが「きたあかり」が見あたらない、どうも「男爵」の種芋を2袋買ってしまった様だ。

長雨の日照不足で夏野菜や水稲の作柄が心配されている様だ、ニュースではジャガイモが高値とか、「EDEN」の「男爵」が腐らなかったのは気温が高温にならなかったせいかも知れない、もしかしたら今年の米は不作になるとか、心配である、神様宜しくお願い致します。合掌
 ねずみ年だからって!
今年のジャガイモ大賞はこれで決まりでしょう、某ねずみにキャラに似ているような、ゾウさんの方が似ていると思うとの声有り、食べてしまうのはもったいない、仏壇にお供えしました。

 ハートだよ、良い事ありそう!
準優勝はハート形、良く見ると二つがくっついているようにも見えます、これは何か良い事が有りそうです、こちらもお供えしました。

 ジャガイモ掘ったど〜!
葉っぱが枯れて来たのでジャガイモを収穫しました「きたあかり」「男爵」「メイクイーン」の三種類、ねずみにかじられて大分少なくなってしまった、ねずみ年なのでサービスってか、僕はコロッケが大好きだ。感謝

 バジルの花が咲いた!
スイートバジルの花が咲いた、これも時期が早すぎないか、いつもはもっと大きく育ってから咲いていたと思うのだが、今年はみんな急いでいる、なぜだ。
ジャガイモ達が花盛りだ、左上の白い花はアンデスレッド、皮が濃い紫色で中が白い、家では好評だった。
右上は近頃人気のキタアカリ、まだ食べた事はないので期待したい。

下の二つは男爵芋とメークインと思われる、同じ種類でも種芋の購入先で微妙に色が違うようだ、ジャガイモは丈夫で栽培が容易、収穫も楽しく食べて美味しい、保存もきいて種にも使える、過去に何度も人々の窮地を救ってきたようだ、アンデス原産で遠い旅をしてここまで来たとか、有り難いものだ。感謝

『病は口から入り、争い事は口から出る』
どこに書いてあったか忘れてしまったのだが「あなたの体は、あなたが選んだ物でできています」こんなコマーシャルもあったと思う、「私の体は私が食べた物でできている」のである、当たり前じゃないかと言われそうだがここに「補完計画」の大きなヒントが有るように思う。

『何にもましてあなたの心を守れ、命はそこに源を発しているのだから』箴言4:23
...もっと詳しく
天気の良い日が続いたので、今朝は残ったジャガイモを掘ってみた、メークイーンは大きな芋がごろごろ、細長くなるので土からはみ出てしまったものも多い。男爵はせっかく大きくなったのに腐ってしまったものや肌がガサガサであまり良いものが採れなかった、改良の余地は有るが、ジャガイモの不耕起栽培は十分可能だと思う。昨年は保管が悪く冬に腐らせてしまった、今年は改善したい。感謝
ジャガイモ男爵は、近所の畑でも出来が良くないようだがメイクイーン女王はいたってたくましい、同じ条件で育てたのに一株からこんなに採れている。とーちゃんがダメなときはかーちゃんがガンバル、自然は実に巧妙に出来ているものです。感謝
土寄せが足りなかったらしく日光が当たって緑色に変色、芽まで出ている、変色部分と芽には弱くても毒が有るので厚めにむいて食べるように。注意
これは近所の畑で見つけたジャガイモの実です、思ったより大きくて青いトマトそっくり、実が成る事が有るのは知っていましたが意外としっかりした実です。以前、種から品種改良した話を聞いた事が有りますがこの種からジャガイモが出来るのでしょうか、もらって来年蒔いてみたいような、、。
半月ほど前まで、あれほど茂っていたジャガイモが今ではご覧の通りの状態、近所の畑も似た様子なので収穫時期が来ているようだ、しかし、長雨のせいか病気のようにも見える、てんとう虫だましも随分と発生していた。試しに掘ってみたら十分な大きさになっている。週末に掘ってみようかお天気様と相談中。何故かこの時期のてんとう虫は以前より逃げ足が速い、近づくところりとテントウしてしまう、どうやって学習するのだろう。
EDENで栽培中のジャガイモです、映っているのはほぼ不耕起、表面施肥による男爵芋、この他メイクイーンあり、土寄せ、草取り、害虫の駆除が主な作業、部分的には被害が有るがおおむね順調、肥料は鶏糞、少量の化学肥料、落ち葉、入門者にも比較的作り易い。(今の処無農薬)
完全不耕起も一部試験中。