食料補完計画

EDEシリーズ
EDENの電力はソーラー発電で作られている。

ソーラーパネルは友人C氏に頂いたもの、約40ワットと小振りであるが夜間の使用が殆ど無いため今の処不自由は無い、冬場は雪が積もるため下のつっかえ棒を外すと垂直になる、それでも日差しが低いためある程度は充電できる様だ。

バッテリーは車用を流用、専用の「サイクルバッテリー」なる物が有る様だが、高価なので使っていない、上に見える白い小さな箱は「チャージコントローラー」バッテリーの過充電を防いでいる。

メインの使い道は、画像にも有るように雨水を溜めたタンクからの手洗い用ポンプの動力源、各種電動工具の充電、インバーターで100ボルトに変換している、近頃のインバーターは小型で高性能だ、車用のシガレット用のプラグを使って分けている、メーターは「電圧計」「充電電流」「使用中の電流」を知る事が出来る、いずれはもう少しバッテリーの容量を増やしてパソコンや照明にも使えるようにしたい。感謝

久し振りに手洗い用のポンプ(ホームセンターで購入した「バスポンプ」を流用、980円なり)を使おうとしたが動かなかったので調べてみたらヒューズが切れていた、原因は別の小屋に繋がる電線のつなぎ目が引っ張られてショートしている、メンテナンスは大切である。
しばらくぶりにEDEシリーズに新機種が導入された。
メーカー・・HONDA
動 力・・・4サイクルガソリンエンジン
排気量・・・90CC
燃 料・・・レギュラーガソリン
出 力・・・2.4ps/4200rpm
重 量・・・22.5Kg
刈 幅・・・約420ミリ
備 考・・・手押しによる前進、過去に導入した参号機は刈幅は500ミリあり能率的では有ったが、重量が重く細かい取り回しが大変だった、今回の八号機は刈り幅も手頃で軽くて使い易い。
刈り取った草を収納するボックスを自作して取り付けているのは、刈り取った草を肥料として使う為、今回の出来はまあまあだが多少改善が必要、65点位か。
...もっと詳しく
メーカー・・・Apple
モデル名・・・Macmini
C P U ・・・PowerpcG4-1,25Ghz
O S  ・・・OS10.3.7
メモリー・・・1GB
H D D  ・・・40GB
モニター・・・IBM15インチ
EDENの大事なメンバーを忘れておりました、Macmin、見た目は小つぶですが働き者です、ブログの作成はもちろん、仕事でも活躍中、Windows2000も起動できて、会計ソフトを使ってます。コンピューターウイルスには遭遇した事がないのはMacのお陰でしょうか、これからも宜しく。
...もっと詳しく
EDENの電力はここで管理されている、格納庫の屋根にあるソーラーパネルで発生した電気をチャージコントローラー(バッテリーの上の白い箱)で調整して下の12V-40AHのバッテリーに充電している、この他に予備としてEDE零号機(トラクター)のバッテリーにも繋がっており常時充電している。12Vで使える装置は、左上のシガーソケットで分配して使用、ここから司令本部にも送られている、100V-130Wのインバーターで100Vも供給できる、主に電動工具の充電器で使用。バッテリー電圧、充電電流、負荷電流が常にメーターで確認出来る。左下は大型の電動工具を使う時に使用している発電機、EDE八号機である、4サイクルガソリンエンジン、100V-16Aの出力がある。
EDENで使われている充電式の電動工具達です、バッテリー内蔵で動作するのでEDEシリーズに加えるか検討中。
芝刈機は、畑プランターの根元の草刈り・インパクトドライバーは長い木ネジ、ドリルドライバーは穴開け、木ネジ・マルノコは木材の切断に使っている。
共通しているのは、どの工具も低価格のモデルであることと芝刈機以外は12Vで使える事、中央に見えるのが自称「アンビリカルケーブル」低価格モデルは一般的にバッテリーの容量が少なく、力も弱い傾向に有る為制作してみた、大容量のバッテリーから直接電力を供給出来る、ケーブルが有るので使いにくくなるが特にマルノコでは大きな効果があった。
本家のEVAシリーズも内部電源と外部電源が有り良く似ている。
作戦行動中のEDE四号機、本日の作戦は、「自宅の周囲から刈り取った草をEDENまで運搬」である、EDE四号機は小型特殊車両の登録がなされており、一般道路の走行が可能、ウインカーが無いのでパイロットの手による信号が必要。
作戦行動中のパイロットは、画像のからわかる様に、手と足にG.O.Mフィールドを展開、頭にバイザーを装着、雨天の場合にはK.A.Pタイプのスーツを着用する。
隣に見えるのがF.A.Tと呼ばれる成長促進材のプラントである、F.A.Tは各種生物体を原料に発酵等の作用を使って作られる。
これまでは、動力源を持ったEDEシリーズを紹介してきたが、本当の働きの者はこの道具達だろう、長年の経験で使い込まれたデザインはシンプルで実用的である。
「恵 天」では雨水を溜めて使っている、洗面台の水は、バスポンプでタンクから供給。
なんとBGMのラジオが「BOSE AW-1」である、外見からは想像出来なような良い音がする、カセットが壊れたジャンク品を購入、ラジオの他に外部入力も有るので「iPod」を繋ぐこともできる、太陽光発電の12Vで使えるご機嫌な1台。
メーカー・・HONDA
動 力・・・4サイクルガソリン機関
排気量・・・25cc
燃 料・・・レギュラーガソリン
出 力・・・0.8Kw/7,000rpm
重 量・・・6.2Kg
搭乗員・・・無し 肩掛けタイプ
刈り払いの機能は六号機と同じ、こちらは肩にかけて使用するタイプ、主に初号機パイロットの「僕」が使用している、ハンドルが両手を広げて操作出来るので力が入れ易い。
刈り払い機のエンジンは、小型軽量で出力の大きな2サイクルタイプが主流であるが、これは珍しい4サイクルタイプである、値段は少し高くなるが普通のガソリンが使えることと、4サイクルエンジンのメカっぽさが好きだから、パワーはもう少し欲しい気もするがエンジンスタートも楽で使い易い。
メーカー・・RYOBI
動 力・・・2サイクルガソリンエンジン
排気量・・・20cc
燃 料・・・混合ガソリン 25対1
出 力・・・調査中
重 量・・・調査中
搭乗員・・・無し パイロットが背負うタイプ
EDEシリーズの中で、草刈り作業に特化した仕様の一種、高速回転したチップソーがアームの先端に付いている、背負うタイプと肩掛けタイプの2つの形態が有る。
EDE参号機よりも背丈の高い植物の刈り倒しに使われるが、動作中は大変危険である、以前「Oyaji」の作業中に同行していた犬が不用意に近づき接触、他界している。
メーカー・・調査中
動 力・・・4サイクルガソリンエンジン
排気量・・・調査中
燃 料・・・レギュラーガソリン
出 力・・・調査中
重 量・・・調査中
搭乗員・・・なし
作付け前や除草の為に、畑を浅く耕耘するときに使用する、梅雨時のこの時期はお世話になっています。
メーカー・・HONDA
動 力・・・4サイクルガソリンエンジン
排気量・・・96cc
燃 料・・・レギュラーガソリン
出 力・・・5馬力
重 量・・・調査中
年 式・・・車体に昭和43年の検査証あり。
搭乗員・・・座席がベンチシートなので2名?
歩行用トラクタ、テーラーとも呼ばれる、昭和40年代頃までは至る所で見られた、耕耘、代掻き、運搬、動力、照明など多目的に使える便利な機械、トレーラーを牽引して走る姿は絶滅が危惧される、「幸運来」と呼んでいる人がいた。
最高速度は15Km毎時、まったりとしたそのスピード感、トレーラーに立ち乗りする開放感は、車社会に慣れた現代人には新鮮かもしれない、小さい頃「Oyaji」の運転する耕耘機が大好きだった、僕の原体験はここから来ている様な気がする。
動 力・・4サイクルガソリンエンジン
排気量・・不明
燃 料・・レギュラーガソリン
出 力・・4馬力
重 量・・調査中
搭乗員・・無し
本来は芝刈機らしいが、恵天では主に草刈りに使用、奇麗に苅れるので菜園のガーデン化計画のきっかけになった。
動 力・・4サイクルガソリンエンジン
排気量・・660cc
燃 料・・レギュラーガソリン
出 力・・調査中
重 量・・調査中
搭乗員・・2名
パイロットは主に「Oyaji」使い方が過酷(よく山菜採りに出かける)なのかクラッチは要調整、他人には乗りにくい。
ホンダ スーパーカブ カスタム 
動 力・・4サイクル ガソリンエンジン
排気量・・90cc
燃 料・・レギューラーガソリン
出 力・・6.8PS/6,500rpm
重 量・・調査中
搭乗員・・2名
特 徴・・低燃費 
世界的な名車らしい、メンテナンスが楽で信頼性が高い、雪の無いシーズンは殆ど毎日乗っている。
初号機パイロットは、「Boku」(僕・・1,自分のことを言う語、2,しもべ)恵天の世話を命ぜられている。
一般的にトラクターと呼ばれている。
動 力・・ディーゼルエンジン
燃 料・・軽油
出 力・・17馬力
重 量・・不明
搭乗員・・1名

多目的に使える小型特殊車両、主に後部のロータリーで土壌の耕耘を行う
大きな面積を短時間で耕耘できる、効率的な反面何かが失われる様な気がするのは何故か。