食料補完計画

EDENの全貌(定点観測)
暫くサボっていた定点観測です、ジャガイモ、とうもろこし、枝豆などは収穫が終わり草が生えています
トマト、なす、オクラ、バジル、ししとう、などが収穫中です。
しかし雑草達の生育はすごいものです、放っておくとあっという間に作物が見えなくなります、何度も刈られて短くなっても種が出来る、しかし地球の緑はこの生命力に支えられていると思うと感慨深いものが有ります。
雑草とは呼ばれているけど、人間の都合で崩れた植生のバランスを時間をかけて再生していく最初の開拓者達の姿です。感謝
久々の晴れ間をぬって今日はEDENの草刈りをしました、今日の作業はEDEシリーズ参号機が担当、振り返ってみると丁度2週間ぶりです。クローバーが15センチメートル位になった頃が刈り頃、時々雨が降るので葉っぱに水滴が残っておりロータリー内部に付着して大変刈りにくい状態、全部刈らずに作戦終了。畑プランターの雑草は、カマによる刈り取りと根元のむしりで処理「上農は草を見ずして草を取る」らしいですが、EDENではまだ「草に追われて草を取る」状態。精進
EDENの全貌と題して、毎週土曜日に菜園の定点観測を始めました、定点とは言っても全体が見えにくいので比較的変化の有ったアングルで見渡してみます。この時期は植物の生長が早く、育ち盛りです。
眺めてみて何か足りない感じがしました、「花」です、どうも野菜の花は白や黄色など地味めな感じが多い様です、今年は花を植える余裕が有りませんでした。ガーデニング指向と言いながら誠にお恥ずかしい。
「恵 天 EDEN」の全貌です、草ばっかりじゃん、数年間荒らしていた畑には「くず」「よもぎ」「イタドリ」などが繁茂していた、EDEシリーズ五号機で浅く耕耘した処も有るが、草を刈っただけの所にいきなり植えた部分もある、連作障害対策のローテーションの為にそのままのエリアもある。(家庭菜園にはちょっと広すぎる)
参考にした書籍によると、不耕起栽培を始める前に一度耕耘してからとあったが深耕せずに始めてしまった、土壌が出来てきて、普通に収穫出来るまでは数年かかるらしい、初期生育も遅れる様なのでこれで良いのかもしれない。(^_^;
奥に見えるのが作業小屋に偽装した「指令本部」と「格納庫」、EDEシリーズや各種の装備が待機、施設は太陽光発電で作られた電力を用いている、照明、情報機器(ラジオです)各種装備(充電式の電動工具など)を作動させる、大型の電動工具や非常時にはEDE八号機(発電機)がバックアップ。