食料補完計画

日々のお世話
我が家の爺ちゃんの影響か、隣家の夫婦も今年から家庭菜園を始めた、今までは家の周りに小さな花壇くらいの規模だったのだが、今年は裏の高台の畑の一部を使う事になった、畑仕事は初めてとの事、今はキュウリくらいしか目立たないが、他にも数種類栽培している、時々レポートしてみたい。
今年は色々な事情が重なってしまい、畑仕事がお休み状態になってしまった、先に紹介した野菜の苗達も「Oyaji」の畑に植える事になってしまった、暫くぶりに見回ってみると「ズッキーニ」は元気に育っていた、枝豆もトウモロコシも植えてあった、ジャガイモも育っていたが草が多い、「Oyaji」に感謝である。

今年は「空梅雨」かと思われたがここ2日ほど前から雨が降っている、野菜も草も一気に成長だ。

手前のカボチャは「新人君」の畑、ていねいに藁がしいてある、昨年辺りからトマトや茄子は他の畑で栽培しているらしい、ちょっとがっかり、葉っぱ物が多くなったが時々お裾分けを頂いている、有り難うございます。
昨日は天気が良かったので息子と一緒にジャガイモの収穫を行った、私がいもを掘って息子が集めて一輪車に運ぶ段取りだったのだが息子は早々と「芋洗い」を始めてしまった、きっと洗濯好きの嫁さんの影響の様な気がする、案の定途中で飽きてしまい彼はおやつの時間、後は私の一人作業となってしまった。

まだ全部掘り上げた訳では無いがコンテナに一つちょっとと言った処か、連作障害なのか以前より収量が少ない気がする、今年は特に低温のせいか初期の生育が良く無かった。

ジャガイモの料理と言えば我が家では「コロッケ」が人気がある、今年も新ジャガが食べられた。感謝
近頃は気温が上がって来たせいか作物の生長も早い、雑草なんかもっと早いが。
2、3日前から気になっていたズッキーニの収穫に行ってみた、丁度いいサイズである、スーパーの店頭では一本100円位で売られている、エンドウ豆が思いの外多く取れた、でもカメムシに鞘の表面を食べられた様な傷が多い、エンドウはもう収穫が終わろうとしている。
今年は試しにジャガイモの間にメロンを植えてみた、メロンのツルが成長して来て隙間が無くなって来たのでその部分のジャガイモを掘ってみた、時期的にはいつもより一ヶ月くらい早いのだがそれないに成長している、今年は少ないと安心していたてんとう虫がこの頃目立つ様になって来た、まだ幼虫なので葉っぱの裏を返してみないと居場所が分からない、暫くは駆除(一匹ずつ指で潰している)が必要だろう。
トマトとししとうは漸く実が付き始めた、でもあまり生育はよく無い。

今日は、今年一番のまとまった収穫になった、これからは大好きな「夏野菜」のシーズンが始まる。感謝
去年、自然にこぼれた種が発芽してカボチャの様な芽が出て来た、そのまま育ててみた処この様な実が付いた、形が細長くて色合いもズッキーニに似ていたので大きくならないうちに収穫して食べてみた、味も似ている気がするがちょっと違うようである、品種改良されたF1作物は採種した種を蒔くと原種に戻ると読んだ事が有る、でも食べられない訳では無い様だ、このまま様子を見てみる事にした。感謝

それにしても色が「緑と黄色」ついいつもの癖で「ミ」と「キ」を連想してしまう、だじゃれの言葉遊びは嫌いではないがちょっとはまり過ぎかもしれない。

今日は13日の金曜日、テレビでは「となりのトトロ」の再放送が有る、一体何回目だろう、夏休みが近くなると「ジブリ=熱風」がやってくるのだ、あれっトトロが見えない大人になってしまったのはいつ頃からだろうか。

よく考えてみれば、先の将棋の記事、トトロが見える様な世界観の中では不自然ではないのかもしれない、もうすぐお盆も近い、先祖の霊が家へやってくるのだと言う、そんな非科学的?な年中行事を全国一斉に真面目に伝えている日本(日本だけでは無いと思うが)、多分みんな口に出さないだけで本当は信じているのかもしれない、今更改めて聞かれても困る、きっとそうだと思う、でなければつじつまの合わない事が多すぎるのだ、私だって誰かに聞かれても上手くは説明出来ないだろうし、見えないのは私だけなのかも知れないし。

でももうすぐ誰にでも観える様になるのだろう、多分これでいいのだ。

こんな事を書いていたら何故か妙に「私は日本に生まれて良かったのかも知れない」と思えて来た、先祖帰りしたF1のズッキーニはその事を教えてくれたのかも知れない。感謝



この記事を書いてからも今一つすっきりしないと思っていた処、こんな考えが浮かんで来た「お前は人一倍我が強く物分かりが悪いから神示(ふで)で事細かく説明しながら色々な人達を出会わせてここまで引っ張って来たのだ、皆より一周遅れていたのを先頭を走っていると勘違いしていた事が漸く分かったか、自分が正しく他が間違っている、その思い上がりが穢れだと気が付くのはなかなか大変であろう、ここからが本当の学びである」と、皆様有り難うございます。
ちょっとショックだったけれど、何だか気が楽になったようにも思える、でも「思いと言葉と行動」が一つになるにはまだまだ遠い道のりの様な気がするのだが。反省
先のブログでエンドウ豆の収穫が近い事を載せたが、今日は早速収穫してみた、もうしっかりと食べごろになっている、今年は種を蒔く時期が遅かったせいか一気に実り短期間で終了なのでは無いだろうか。

私はどちらかと言えば鞘がぷっくりと膨らんで中のマメの味がする方が好きなのであるが、家の嫁さんはぺったんこの薄い頃の方が美味しいと言っている、私は柔らかめが好きだが嫁さんは固めが好みである、好みが分かれるのは「神様が相手を理解して協力する事を学ぶ機会を与えて下さっているらしい」のであるが結婚してから学んだ事は「協力」よりも「忍耐」で有る様な気がしている。感謝
ズッキーニはカボチャの仲間なのだが蔓が殆ど延びないし小蔓も出ない、とは言っても葉っぱや実が成る分ずつ長くなって行く、葉っぱも大きくなるので問題が起きる。
それは強風に煽られると茎が途中から折れてしまうのだ、茎が一本だけなので折れてしまうとそれで終わりである、折角大きく育ってこれからという時に折れてしまう、実にがっくり来るものだ。

今年は新しい対策として「支柱による直立栽培」を試みてみた、葉っぱの間に支柱を立てて茎を真っ直ぐに立ててみた、今の処は収穫も楽であり畝からはみ出す事も無く良い感じ、このまま度何処までいけるのか見守ってみたい。

今年は妙に育ちも良く毎日の様に収穫出来る、食べきれないのはお裾分け。感謝

何故か縦長の画像が横倒しになってしまいます、ちょっと見にくいですがご了承ください。
ジャガイモやトマトなどが不調のEDENであるが、このところズッキーニやカボチャの生育が良くズッキーニなどは毎日の様に収穫出来る、カボチャは成長して畝に修まりきれなくなったので隣の畝まで延ばしてみる事にした。
カボチャの間にオクラを蒔いてみたがカボチャに負けてしまいそうだ、よく考えてみればカボチャの蔓に阻まれてオクラの収穫が面倒になりそうな予感がする。

まだ収穫のピークとは言えないが随分と収量が上がって来た、今日はキュウリが沢山採れた、食べきれない分はお裾分けである。

元気だったトマトが急に萎れて来た、原因を調べると根元が虫に食いちぎられていた、ある程度成長してからなので手のうちようが無い、引っこ抜いて新しいトマトを植えてみる。

大玉のトマトがやられた、くちばしでつついた痕が有るので鳥による被害だ、丁度収穫間際の大玉トマトがやられた、品種は「桃太郎」鳥の種類は今の処不明であるが妙にカラスの姿が目につく、対策としてはネットで覆う方法が有るが手間がかかる、今年はテグスを張ってみようと思う。

仕事が忙しかったのでジャガイモの世話が疎かになってしまった、てんとう虫が大発生してしまい葉っぱは見るも無惨な状態だ、追い打ちをかける様に雑草も生い茂り草刈りもままならない状態。
ジャガイモは始めのうちは茎が上に延びるが花が咲き終わったあたりから横に倒れてくる、畝間にもかかり芝刈り機が使いにくくなるのだ、てんとう虫のピークは過ぎたようだが被害の少ないところだけはなんとかしたい。

トマトは全体が支柱の上まで届き始めた、これ以上延びない様に芯を止めて実を充実させる、これからが勝負だが下葉の傷みが気になる。

倒れたトウモロコシを支柱で支えてなんとか復活、花も咲き始めた、丁度美味しい頃にやってくる被害にどう対処しようか。

収穫は2日おきくらいでこんな感じだ、中央のは「レモントマト」名前だけ有ってレモンそっくりに写っている、手に取ってよく見ると別物。感謝
枝豆、トウモロコシ、オクラを栽培している場所も草取りをした、後日比較してみたいので画像を掲載。

ズッキーニが食べられる大きさになってきた、油と相性が良く炒め物などがおいしい、もっとレシピを増やしたい。
スイートバジルです、この頃は苗がよく売られています、大変丈夫で急に大きくなりますよ。
強烈な香りがあります、この大きさでも草取りしているとにおいがするくらい、トマト料理と相性がいい様です。今年はトマトを沢山植えたのでバジル君の出番が楽しみです。
オリーブオイルも用意すべし。
...もっと詳しく
EDENでは、ハーブと呼ばれる香草類も少しだけ栽培しています。写真は「コリアンダー」いくつかの呼び名が有る、特徴はなんと言ってもその香り(におい)カメムシみたいとよく言われるそうです、しかしある種の料理には欠かせないらしく病み付きになる方々も多いとか、葉っぱを刻んで料理に載せる場合が多いみたいです、種もスパイスになるらしい、種まきの時かじってみたらピリッとくる味でした。タイ料理には欠かせないのです。この時期は、トウ立ちが早くあまり大きくならないみたい、白くて小さな花が咲きます。
この他には「スイートバジル」「しそ」などが成育中です。