食料補完計画

~新人百姓君の場合〜
近頃畑に近づくと何やらよい香がしてくる、探してみると見事に育った2種類のバジルがその源であった、バジルは寒さに弱い、収穫された様子が見当たらないがこれからどうなるのだろうか。
久しぶりですね、新人君の畑の様子を見た処、しっかりと秋野菜の準備ができていました、私の畑と違って手入れが行き届いています。
左端の「春菊」は食べごろです、お裾分けしてもらい美味しく頂きました、ここには写っていませんが「バジル」が沢山植えてあります、畑に行くと何処からとも無く良い香がして来ますよ、後日レポートします。

田んぼも脱穀作業があるとか、一輪車を借りていきました、もうすぐ新米が食べられそうです。
先頃の強風でトマトの雨よけが大破してしまった新人君の現状である、どうやら雨よけは諦めた様子で有る、代わりに丈夫そうな支柱が立ててある、品種は加工用の「サンマルツァーノ」と「グリーンゼブラ」の二品。

並んで植えてある茄子達も大きくなってきたがどうも例年より遅れている様にも思える、これからは雑草の管理が大変になるが新しく導入された管理機が威力を発揮している、かな。
雨の降らない日が続いていたが一転して思いがけない大雨となった、おまけに強風も吹き荒れた、心配していた「トマトの雨よけ」はやはり大破してしまった、前の画像と比べて欲しいが折れ曲がった支柱が痛々しい。

今の処トマト自体に大きな被害は無かったのだが、彼が心配していたのは壊れた雨よけを作り直す資材の費用の様である、今年は色々と農業資材を揃えた為に出費が多いとか、追加の投資はなかなかきびしいようだ。
新人君改め「暫定YM君」の農園の様子、今年は自前の「管理機」を購入した事も有ってか作付けの仕方が随分と整って来た様に感じられる、今までは「実験と自家用」と言った感じだったが今年は「販売」を意識している様だ、がんばれ若者。激!

手前、雨よけと右隣が「トマト」その隣2列が「茄子」右端は蔓物用のネットが張ってある、その奥が「ジャガイモ」その奥にも色々と植えてある。
トマトの「雨よけ」は収穫期の「実割れ」対策として有効だが、設置の手間と強風による倒壊の恐れが有る、本人もそれを心配していた。
今年も畑仕事が始まった、今まで新人君と呼んでいた Y君だがそろそろ新人は卒業して新しい呼び方にしたいと思う、何が良いだろうか、農園に名前はついていない様だが名前が決まるまで「YM農園」にしておく。

今朝行ってみたらトラクターで耕耘作業をしていた、大型の機械は作業が速い、他でもやっているのかサクサクとこなしていた、何だか毎年少しずつ畑が広くなっている様な気がする、きっと隅々まで耕しているせいだろう。

今年はどんな作物に出会えるのか、彼の農園は毎年変化している。
お久しぶりです、管理人も無事にフィリピンから帰って来ました、私のエリアは秋野菜を栽培していないので新人君の仕事を紹介します。

左上は今年沢山実った「白なす、紫なす」です、まだ実は残っていますが食用には向かない様です。

ブロッコリーとカリフラワーが育っています、ブロッコリーはもうすぐ食べられそうです。

大根その他も植えてあります、これから寒くなり霜が降りて甘みが増して美味しくなるらしい、大きく育った物は凍死してしまいますが、小さな物は雪の下で冬を乗り越えて春一番に花が咲きますよ。
久しぶりに新人君の畑を覗いてみたら秋野菜の準備が始まっていた、もう既に芽が出ているところも有り、これから蒔く場所も準備されていた。

ネギの奥に生えている葉っぱの無い枝は「ごま」である、この画像では見えにくいがもう収穫期なのではないだろうか。

新人君の畑の赤いオクラは背丈が3メートルほどにも成長した、ちょっと小柄な彼は届くのだろうか、オクラの手前は「モロヘイヤ」。

白い茄子はまだがんばっている、採れすぎて食べきれなかったのか「肥塚」で良く見かけた。
新人君の畑の夏野菜も本格的な収穫の時期を迎えている、また一部では次の作付けの準備も進んでいる、毎年何かしら見た事の無い作物が作られていて興味が絶えない、本人は少し迷惑しているようだが地主の権限でレポートしている。

春の葉もの野菜の場所が耕耘されていた、何か植えてあるので見てみると「バジル」である、奥の方には先に植えて現在収穫中の「バジル」が見える、使い道を聞いてみた処「バジルペースト」なる物を作るらしい、私が今栽培しているハーブは「バジル」と「香菜」の二つだけ、いまいち使いこなせていない。

葉っぱの形からてっきり「米茄子」だと思っていたのだが実が付いてみると「白なす」と「うす紫なす」であった、どうやら販売を予定しているようだが虫に付けられた傷が有ると商品にならないらしい、商品は見た目が命?なかなか大変だ、傷物を分けてもらって食べてみたい。

実はこのなす、右下の草ぼうぼうの状態の中で育っている、根元はビニールマルチで守られているが前回7月27日に報告してから2週間もたっていないのに雑草で見えなくなりそうだ、茄子も無事に育っている様なので雑草との混植もありかもしれない。

こちらの「赤いオクラ」も随分成長した、前回は雑草に埋もれそうだったのが今では人の背丈を超えてしまった、このオクラは実も随分と大きくなる、新人君定番の作物だ。

この他にもレポートしたい所が盛り沢山な畑である、私の畑よりずっと活力が有る、これらの野菜がどこへ旅立つのだろうか、それも興味が有る、真っ黒になって働く彼にエールを送りたい。一杯やろうぜ!
前回の報告から2週間経った、植物の生長は早いものだ。

左上、米茄子ばかりかと思っていたら白い茄子も混じっていた、それにしても大きな葉っぱがぐんぐん出て来た、収穫が楽しみだ。

右上、ミニトマトも支柱の高さを超えてまだ延びている、下の方には赤く食べごろのトマトが収穫を待っていた。

左下、トウモロコシも花盛りである、下の方の実も大きくなって来た、もうすぐ美味しいトウモロコシが食べられるが一足先にやってくる奴らに注意が必要だ。

右下、赤いオクラは緑のオクラに比べると実も草丈も随分大きくなる、2週間前に苅った草が同じくらいに成長している、しかしオクラはその倍くらいの背丈だ。
となりの低い作物はアマランサス、背丈が低いのは一度収穫されている為である、こちらも放っておくと大きく成長する。

今年は今までに比べると随分と手入れが行き届いているようだ、炎天下の作業には気をつけてほしい、汗をかいた後はビールが旨いだろうな。
今朝は涼しくていい気持ちだ、畑に行ってみたら新人君がもう来ていた、草を刈っている、以前は山の下刈りもしていたらしく草刈りは得意なようだ、作物を上手に避けながら手際よく苅っていた、だんだん手際も良くなって来たようにも見える。

近いうちに一杯やろうぜ!
...もっと詳しく
新人君の畑の様子をもう少し報告したい。

緑の中でひときわ目立つのが「赤しそ」赤紫が奇麗だ、多分おいしい梅干しに使われるのだろう。

スイカも成っていた、小玉スイカのの様である、からすにやられるか、草で見えなくなるかここからが勝負だ。

こちらは「スイートバジル」結構においがきついがトマト料理と相性が良いらしい、なかなか丈夫なハーブである、ここは奇麗に草取りがしてある。

「はぶそう」昨年も栽培していた乾燥させてお茶で飲めるらしい、かなり大きくなる。

「アマランサス」エジプトのクレオパトラも美容と健康の為に愛用したとか、刻むとネバネバする、青臭さが少ないのでそのまま摘み取って食べても美味しい、ちなみに「ホツマ」の「アマテル神」は富士山に生える長寿の薬草「ちよみそう、千代身草?」を愛用していたそうだがこちらはもの凄く苦くて誰でも食べられる物ではなかったとか、もしかしたら小食が健康の秘訣だったりして。

スイカとカボチャの様子、草さえなんとかすればなんとかなる、もう一手間。

また暫くしたらレポートしたい、誰か覆えんしてあげると彼も喜ぶだろう、でもこのブログ見ているのだろうか、ブログが話題になった事が無いのがちょっと寂しい。

...もっと詳しく
今日は新人君の畑の様子をまとめて紹介したい、この時期は発育が旺盛でぐんぐん育つ、雑草も育つ、ここで十分な手入れが出来ると恵みの収穫がもたらされる、踏ん張りどころだ。

畑の全貌は緑一色、収穫が終わった葉ものところは放任状態なのでもう区別がつかない。

トマトはもう支柱の先端まで成長している。

米なすも大きな葉っぱが出て来た。

キュウリも支柱の上まで延びている。

トウモロコシは背丈を超えて花も咲き始めた。

赤いオクラも急成長、マルチがしてあっても根元は草で見えなくなって来た。

何が違うのか、私の作物とは育ち具合が随分と違う、多分肥料と気合いの差が出ているのだろう。

暫く振りのいい天気だ、お昼休みに畑へ行ったら新人君が草刈りをしていた、もう少しで大豆が草に隠れて見えなくなるところだった、草刈りが済んだら今度は草むしり、大豆の株間から草を引き抜く、草が大きくなると大豆まで抜けてくるのだ。

見回してみると大豆の草取りはまだ良い方である、左下の画像は「エゴマ」のようだが草が株間に紛れ込んでいる、草の形も似ている、この場合は草取りと間引きを一緒に行い生育に適した株間にする、隣にはネギも植えてあったがこちらも大変そうだ、しかし今のうちにしておかないと、作物が見えなくなってからではもう絶望的である、がんばれ新人。

右下は「オクラ」のマルチ栽培、薄手の黒いビニールシートで地面を覆うと草が出なくなる、肥料の効きも良く発育も良くなる、直接口に入る訳ではないので「除草剤」よりは安全で効果も高い、使い古しのビニールゴミが出るのが難点だが上手に使えば管理はかなり楽になる。
新人君の畑も近頃は葉もの野菜の収穫に追われている、彼の場合は出荷して生計の一部になっているので気合いが違う、気を抜くとあっという間に育ってしまう、野菜も雑草も、時間との戦いだ。

こちらもジャガイモが花盛り、隣の芝生が良く見える。

カボチャにスイカ、こちらもこれからの世話が収穫の良否を決める、草取りをさぼると何を植えたかわからなくなる、今まで何度も経験しているが手の付けようが無くなる、がんばれよ、そして一緒に美味しいスイカを食べようじゃないか。期待